•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

携帯の4年縛りもそうだが光の長期分割割引も検討を
こちらの方も公正取引委員会は、調査する必要が有ると思うんですけどね。
公取委「4年縛り」調査へ スマホ販売、競争阻害か

これスマホに限った話じゃないですが、光ファイバーの工事費用をこれまで24回分割だったのを50回や36回に分割にし、途中解約すると数万円必要とするやりかたも、問題提起する必要が有るんじゃないかと思います。

NURO光工事費用分割auひかり初期費用分割


各光会社の言い分は、「契約が長期利用に及んでいる。」ともっともらしいことを言いますが、転勤族についてはごく一部の限られた世帯という認識のようです。
工事費用や初期費用を分割相殺するなら、それは提供会社側ではなく利用者側でコントロールすることが一番最適解ではないかと当方は思います。
こちらの方も公正取引委員会は、調査する必要が有ると思うんですけどね。


それにしても、10年前はプロバイダー乗り換えるだけで数万円のキャッシュバック(新規なら工事費無料)が横行していましたが、ほぼ全域に行き渡ったのか、サッパリ見かけなくなりました。
キャッシュバックのためだけに渡り鳥をしていた人は、今頃どうしているのでしょうかしらね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
隣国のことだから知ったことじゃないけども・・・
韓国のお家芸でもある為替操作は、当ブログでも紹介しました。
裏切る文在寅にムチを見せたトランプ


先月末、朝刊の見出しに韓米で通貨協定見直し的な記事を見ました。
「お?」と思ったのは、なんでこの時期に?
もしかして、アメリカ第一主義の影響?と思ったらそうではなかったようです。
前にも書きましたが、3月は殆どニュースを見ておらず、ネット記事も殆どスルーだったので、たまたまこの記事を見たときに思い出しました。


韓国のお家芸でもある為替操作は、当ブログでも紹介しました。
ワロス曲線(2006/04/30 20:38:15)
もう、12年前の記事ですが、ずっと変わっていないんですね(笑)


韓国経済が地味に強いのは、通貨安による輸出なんですよ。
日本が円安によって輸出企業の株が上がるように、韓国企業の殆どは、様々なモノの輸出によって成り立っています。と言っても過言ではありません。
(日本もプラザ合意までは、そうした国だったことを補足しておきます。)
しかも、韓国中央銀行が意図的に為替操作をしてきた事は、既に周知の事実であり、今回の合意でアメリカが釘を刺したのです。
私が、最初に「お?」と書いたのは、よくも韓国がこれに合意したな。と。

日本との約束は平気で破るのですが、アメリカとの約束はちゃんと守られるのかな?
今後の動向にも注目です。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
サラリーマンの可処分所得と消費喚起
ここの層を中心に可処分所得を増やしていかないと、消費が上向かないのではないでしょうか。
税や社会保険料、負担増は会社員に偏る
私はサラリーマンだから実感しているのですが、小泉政権時代の社会保険制度改革で「100年安心」と大見得を切った国民負担と、それから更に失われた10年でサラリーマン世帯の所得が減ってきていることがわかります。


まず、サラリーマンが労働人口(総人口ではないところが注意)が国内にどれ位の割合でいるのか調べてみました。
【出典:日本のサラリーマンの割合!サラリーマンを辞める方法とは?

割合


こうしてみると圧倒的な割合ですね。
正規・非正規が混じっていますが、それでも自営業よりは圧倒的な人数です。
ここの層を中心に可処分所得を増やしていかないと、消費が上向かないのではないでしょうか。
しかし、現実は正反対で、社会保険料や税金が毎年上昇しているため、この10年で3%前後減っているんですね。
取りやすいところから取る。
そのような小手先な施策ばかりした結果だから仕方ないでしょう。

そして、無党派層が選挙で一票を投じないから、こう言う結果を招いていることも書いておかねばなりませんね。

サラリーマンがもっと積極的に国政選挙や地方選挙、市町村選挙に投票すれば、特定層への優遇政策から舵を切り替える可能性だってあるのです。
可処分所得を増やすためにはどうすれば良いか。
自身の実力を上げることも当然あるでしょうが、会社の原資(人件費)に限界があるとを知っておくべきでしょう。
私は、個人の実力を上げる必要が有ることを認めつつも、全体の底上げをしていかないと消費喚起は起こりません。


今、この春闘で賃上げを3%以上を勝ち取る(時代錯誤な語彙だなw)事が至上命題でしょうか。
しかし、どこの労働組合も腰が引けていると言うか、反政府主義みたいに「政府の要請は気に入らん!」みたいに低い目標数値で交渉しているのをみて、労働組合を応援しようとする組合員はいますか?
なんて思います。
誰もが、「えー塩梅にやっておくんなさい。」で無関心になってしまった原因の一つは、組合幹部の鼓舞が亡くなって(無くなってではなく亡くね)しまったんじゃないかと思うんですよ。
それだから、自分の業務時間を潰してまで、組合幹部なろうというナイスガイな組アインがいないんだと思います。
悪い例を出すなら、全共闘時代のような武闘派組合をするくらい、勢いのある労働組合にならないとダメじゃないでしょうかね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (2) | trackback (0)
プーチンの凄いところ?
個人的にプーチンロシア大統領ってトランプアメリカ大統領より好きです。
<露大統領>五輪参加選手に謝罪「守れず、許してほしい」

個人的にプーチンロシア大統領ってトランプアメリカ大統領より好きです。
それは、国内のメディアを通しての情報なので偏っているかも知れません。


彼は、長いことロシアの最高権力者として君臨していますが、あまり国内の混乱というか動乱がありません。
色々物議を醸していますが、政権は安定しています。
政情不安もありません。
また、国内で不穏分子が現れれば躊躇わず粛清に走るところは、北朝鮮に似ていますがあまり濫用しているように見えません。


そして、こうして国の代表として誤りがあれば謝罪するところは、他の国家元首には無いところでもあります。
大統領が関与していると疑われた組織的なドーピングは、徹底的に排除するべきでしょう。
今後再発しなければ、ロシア史において良い意味でも悪い意味でも名を残すのではないでしょうか。


日本の安倍首相と何度も外交を重ねており、安倍首相が政権である間、北方領土問題が解決すれば、歴史的な一ページとして残ることは間違いないでしょう。
アメリカとロシアの関係は、現在冷えていますが、日本が仲介してうまく繋ぐことが出来れば良いのにな。
なんて都合良く思います。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
リニア談合入札で思うこと
あくまでも私の考えなんですが、リニア建設は(一応)民間会社であるJR東海が発注。
「リニア中央新幹線」に関連する建設工事の入札に不正があった疑いがあるとして、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑で、ゼネコン大手の「大林組」を強制捜査。
官製談合を繰り返した結果、規制する法律が入り、その結果、業界団体が壊滅。


あくまでも私の考えなんですが、リニア建設は(一応)民間会社であるJR東海が発注。
事業主が公共団体ではないため、談合であろうが別に良いと思います。


何で良いかというと、これほどの大型案件は、そこら(底)辺の会社が責任を取れないから。
倒産して夜逃げなんてされてごらんなさい。
残された巨大インフラの尻拭いは、滅茶苦茶大変ですよ。
そりゃぁ、代わりの巨大会社が尻拭いをすれば良いでしょうが、どのみちそのツケを払うのは民間会社です。
そして、その収入源は、利用者の運賃です。


「え?巨大ゼネコンが受注してそのまま工事していると思うの?中抜きして別の建設会社に発注しているよ。」
と言うツッコミがあると思います。
えぇ。それ位知っていますよ。
それでも、国内の法律では発注元が責任を負うことになっています。


ITゼネコン業界でも良くあります。
ITゼネコンの場合、国民の身近な所で例えるならば、銀行のオンラインシステムなんかは株式会社NTTデータが元締めなんですよ。御存知でしたか?(^^)
クレジットカードの決済システムCAFIS株式会社NTTデータですよ。
勿論上記はあくまでも代表例ですし決済系のシステムは、他にも多くの会社が使われています。
そもそも、使っている一消費者が「どこどこの決済システムを使っている。」なんて意識しませんよね。
だいたい、どこも同じ。と言う認識だろうと思います。


その括りで、リニア建設だって全区間を一つの会社が落札するのは、滅茶苦茶リスクがありますし、まず工期が守れません(笑)
だから、リスク分散で大手ゼネコン建設会社が分割して受注することが、ある意味自然な流れじゃないかと思います。
南アルプスのトンネル工事を資本金数百万円、大型工事の実績が何も無い会社が落札したら、発注側が不安になりませんか。


あと、ニュースで落札金額が高止まりしているなんてのも見聞したのですが、人件費や資材が東日本大震災以降、ずっと高騰しているところは無視ですかね。
それと、どうしても引っかかっていたのですが、NHKニュースが「工事建設費は、新幹線などの利用者が支払ってい料金が原資になる。不当に高く落札されるのは許されない。」と言っていましたが、


じゃぁ、(JR東海を)利用せず飛行機やバスで移動すれば良いじゃん!


てツッコミを入れたんですが。間違ってますかね。
そりゃあ、この手の話しは極論なんですけど、新幹線や既存鉄道の維持コストだって、社員の給料だって、利用料金が原資じゃん。
それでも足りないから、JR東海は建設資金として、国から借金しています。
3兆円の財投借り入れ完了 JR東海


国が支援しているだけで、借金を返せなくなったら取り上げられるんでしょうか。
いや、きっと支援して生かされるんでしょうね。
さて、リニア完成の頃日本の人口は1億円を切って輸送力も落ちているような気が…|・∀・)・∀・)…


まぁ、それはさておき、建設会社を叩きまくって(公共工事をあれこれと削減)国力を弱体化させ、今また、こうした事に私は残念だなあ。と感じるわけです。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
原資はどこから…?
しかし、冒頭、PPI チーフ・エコノミック・ストラテジストのマイケル・マンデル氏が仰っていた購入補助抑制により買い替えサイクルが滞り、結果として技術革新が進まないのではないか」と言うのはその通り。
「端末購入補助」は“悪者”なのか、総務省の方針に疑問

この記事と最近の携帯電匙業者各社の決算報告から察するに、明らかに0円端末を止めてから好決算となっている。
幅広い料金設定も、結局は端末価格の高止まりで、現状変わっていない。
ライトユーザーや長期利用ユーザーにメリットがあると言うが、どこを見てそう言っているのかわからない。
福永氏は「値引きというメリットの減少分を補うだけのユーザー還元が行われているかどうかは分からなかった」と指摘している。

まさにこの通りだと思う。
ユーザー還元なんて、せいぜい新料金プランの期間限定ポイントくらいなものだ。それも数千ポイント。
長期利用ユーザーへの還元なんてほぼ無いに等しい。
逆に縛りがきつくなったくらいか。

 ITジャーナリストの石川温氏は、「購入補助の規制は間違っている」という立場。「ユーザーの流動性がどんどんなくなっている。総務省の意図と逆の効果がでているのでは」と指摘する。

 その主張は、購入補助の規制によって、キャリア間での競争がなくなり、販売にかかるコストを節約できる状況になった。ユーザーにとっては、端末が買いにくくなり、“2年縛り”以上にきつく縛られる(拘束期間が長い)プランが登場するような状況になっているというもの。

 石川氏は、「大手キャリアの間で競争があり、MVNOという選択肢もあるという市場環境が理想的」と説明。現状をキャリアの間での競争が無くなったことで、大手キャリアの“サブブランド”が「MVNO潰しに走っている状況」になっていると指摘する。

まさにこれ。
結局のところ、UQやY!MobileがMVNO潰しをやっている。
火を見るよりも明らか。


もちろん、行きすぎた「端末購入補助」にチェックしないとならない。
しかし、冒頭、PPI チーフ・エコノミック・ストラテジストのマイケル・マンデル氏が仰っていた
購入補助抑制により買い替えサイクルが滞り、結果として技術革新が進まないのではないか」
と言うのはその通り。
また、キャリアが独自OSをひっさげて販売しているなら別だが、日本国内ではAndroidとiOSが市場を独占している。彼らのさじ加減によって、将来のセキュリティーを担保される保証がどこにもない。


よって、端末を長く(だいたい3年を目安)使っているユーザーと、長期利用ユーザー(同一キャリアで10年以上)を掛け合わせて、「端末購入補助」を増額してはどうかと思う。
例えば、同一端末利用年数x係数(例えば、1年未満10,000円、2年未満20,000円、それ以上30,000円)+契約利用期間x係数(例えば、5年未満1,000円、10年未満3,000円、15年未満4,000円、20年未満5,000円、21年以上7,000円)にして最大15万円引きにしてやれば、長期利用ユーザーにメリットが生まれる。
その反面、ユーザーがMNPをするユーザーが減るかも知れないが…。


端末は、Windowsのように気軽にアップデート出来ないので、3年位を目安に買い換えるのがベターだと思いますね…。
問題は、その原資をどこから引っ張るのだが…。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
iPhoneブランドに傷
 米アップルがスマートフォン「iPhone」旧機種の動作速度を意図的に遅くしていた問題の波紋が世界に広がってきた。
iPhone速度抑制、世界に波紋 仏で予備捜査


先日、こう言う記事を書きました。
姑息と言えば姑息


どうやら、世界中に波紋が広がっているみたいですね。
訴訟提起や予備捜査やら。
まぁ、意図的に速度を落としたのですから、当然の結果でしょう。


私がどうも解せないのは、バッテリーを交換することで速度がこれまで通り維持されるのか。
と言うことです。仮に交換して維持が出来たとしても、2年後には同じ現象になるわけですよね。
だから、あまり電池交換は意味がないように思うのです。


この電池交換によって、元の速度に戻ったと言う成功談を知りたいですね。
ソフトウェアが電池の電圧チェックで速度を変えているんですかね?
それなら、最新機種でも同じ事になると思うのですが…?
この辺がよく分かりません。


appleは、iPhoneブランドに大きな傷を残してしまいましたね。
今後、発売されるiPhoneも発売後1年(新しいOSに)すれば意図的に(良かれと思って)速度を落とすのです。
購入する際は、十分吟味して購入しましょう。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
ながら運転は良くないが…
ここ十数年の道路交通法の改正は、罰則の強化ばかりで他の法バランスを著しく狂わせているようにしか思えません。
スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下

飲酒運転の厳罰化がそろそろ法とのバランスが崩れているので、その次の狙い所は「ながら運転」狙いですか。そうですか。
いや、「ながら運転」を推奨しませんよ。
可能な限り、やっちゃいけません。


しかし、何か根本的なところがおかしくないかそろそろ気付いて欲しいですね。
私は思うんですよ。飲酒運転の厳罰化の流れから。。。
飲酒運転をさせないようにするなら、エンジンがかからないような仕組みにすれば良いんですよ。
自動車メーカーなら出来るはず。
安全パッケージを装備する技術はあるのに、アルコール呼気検知機能を装備する気配がない。


交通反則通告制度の一つに【免許不携帯】というのがある。
免許証のICチップとクルマやバイク側のソフトウェア認証させてエンジン始動させる仕組みを作れば、免許不携帯は無くなる。
また、バイク排気量制限や中型自動車などのチェック機能を持たせば、無免許運転や免許条件違反が無くなります。


そして今回。「ながら運転」をするといきなり赤切符を発行するという。
赤切符を発行させるよりも、スマホ没収とか回線停止、回線契約拒否措置をさせた方が良いのでは無いか。
クルマやバイクを繰り返し路外駐車して、駐車監視員にしっかりと貼られ、罰金を納めなかったら車検を通さないなどの措置をするのに、何故スマホ没収、スマホ回線強制解約措置などは出来ないのか。
そうさせても、また契約してしまえば問題ないと思うけど、その都度スマホの購入や回線契約を結ぶのは、かなりの労力だと思う。
それでも繰り返し違反をするなら、憲法違反(契約の自由)をしてでも、契約を結ばせない手段も必要だろう。


交通社会の法強化をするよりも、そもそも「そうさせない」事を未然に防ぐことが、政治の役割ではないでしょうか。
ここ十数年の道路交通法の改正は、罰則の強化ばかりで他の法バランスを著しく狂わせているようにしか思えません。。。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
京都市内の時間貸し駐車場のあるある話
ちゃんと真っ当な時間貸し駐車場もあります。
コインパーキング「夜間最大600円」のはずが… 消費者庁が注意喚起


最初に断っておきますが、京都市内全部ではありません。
ちゃんと真っ当な時間貸し駐車場もあります。
一番安心出来るのは、京都市営駐車場ですね。
1995年頃だったかな?京都四条烏丸にある市営駐車場に停めたことがあって、そこは24時間営業では無く22時頃に閉門されたんです。
仕方なく電車で帰ったのですが、翌日取りに行って精算したら、2~3,000円で済みました。


写真こそ撮り忘れたのですが、2年くらい前、烏丸御池を入り組んだところへバイクで行った時、へんぴなところに民間の時間貸し駐車場があったのです。
その時、平日10分300円と、ちょっと高いなぁ…と思っていたのですが、その横に小さく休日10分600円と書かれていました。
場所こそは忘れましたが(多分、京都市役所近辺だったかなあ?)、そこも平日と休日格差が凄かったです。
観光地だけに足下見ているのでしょうね。
滅茶苦茶なトラップです。


皆さんも京都市内へお出掛けする時は、公共交通機関を使った方が安く済みます。
もしくは、バイクですね。4人家族だと難しいですけどね。
でも、公共交通機関を利用した方が同じ渋滞に巻き込まれるにしても、精神的疲労度はかなり変わると思いますよ。

続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
副業・兼業を容認と言ってもなぁ…
会社員の副業・兼業を容認 経団連が方針転換。
会社員の副業・兼業を容認 経団連が方針転換
トータル的に就業時間が長ければ、結局過労死に繋がるんじゃないのかなぁ。と。
例えば、残業が全くない会社で、1日10時間(休憩1時間と通勤往復合計2時間含む)拘束されて、そこからコンビニで3時間働いたとしたら、毎日とは言わないにせよ、結局超時間労働に繋がるのではないだろうか。


逆説的に副業が本業になってしまって転職する。なんて事もありそうだけど。
そうなれば雇用の流動化に繋がるが、本当にそれで良いのかちょっと考え込んでしまう。


Twitterで書かれていたのですが、専業主婦で子供3人が私立大学に通わせるだけの給料を与えれば済むだけの話しやん!
と言うのが、一番のヒットでした。
もちろん、それだけではありませんけどね…。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:30 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30