•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クレアヴォイアンスの伊藤なる人物から削除依頼が来ました
と言う感じで伏せ字にしました。
先週、表記通りのメールが届きました。
物凄くザックリした内容で、会社も差出人も特定できないので、「なる人物」を使っています。
さて、どの記事の削除依頼を出してきているのか、皆目見当つかなかったのですが、何となくこれだろう。と言う感じで伏せ字にしました。
どうして、うちに来たのだろう?と疑問が湧いたのですが、自社をエゴサーチをして来たのかな。と判断しました。
(実際、検索上位に来ました。今は圏外。)
しかし、中途半端な伏せ字だったのか、翌日にも翌々日にも伏せ方が足りない!とメールが来ました。
(なぜ中途半端な伏せ字にしたのかは後述)


削除依頼はごくごく一般的なので、私も対応したのですが、最初に届いたメールが、本来非公開であるメールアドレスに来たことで、私は、「?」と思いました。
と言うのも、宛先が差出人と同じで、私宛じゃないんですよね。
それで、メッセージの詳細ログを見ると、2つの非公開メアド(Bcc宛と思われるアドレスとリターンパスのアドレス)が記載されていたんですね。
さらに最初のメール到達記録が、自社のメールサーバーではなく私のメールサーバー。

おやおや、これは尋常じゃねえな。
もしかして、自鯖のセキュリティー突破してメールアドレスが流出したのかな?とか、不正アクセスされちゃったのかな?などを削除依頼の件よりも先に考えました。
不正アクセスされたら所定機関に届出もしなくちゃならないですしね。

そこで、メールログやアカウントログを確認したところ、ざっと見て不審な点が見当たらないんです。
(念のため、それらのログは別に保存しました。)
なので、中途半端な伏せ字で様子を見ることにしました。

そして翌日届いたメールは、公開用メールアカウントで来たので、もしかして、最初に届いたメールは
「俺は貴様のメールアカウントを全て知っている。」
と依頼者の技術力を誇示したかったんでしょうかね。
わざわざ、そんな事をしなくても、ちゃんと、公開用メールアカウントに送ってきたら良いのに。
公開用メールアカウント以外から依頼がくると、こっちも差出人の削除依頼が本当に正しいのか、悪戯なのかどうか迷うんですよ。

削除依頼は、公開用メールアカウントへ速やかに送っていただきたいものです。
余計なことをすると、かえって不審を抱くことになり、対応が中途半端になったり未対応になるケースもあります。
また、削除依頼は確実性を高めるためにも、記事番号を明示してほしいものです。
そうじゃ無いといつまで経っても対応が終わりません。

その後、クレアヴォイアンスの伊藤なる人物からのメールは届かなくなりましたので、削除完了です。
余談ですが、この方、恐らく方々にメールを投げていることだろうと思いますが、未だに検索上位で「出会い系ホスティング事業者」が混じっていますね。
法的手続きを進めるのでしょうか。
要チェックです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
YouTubeもTwitterも
pic.twitter.com/Q5y7N0MmXl — ライブドアニュース (@livedoornews) February 25, 2019 。
自由を謳歌してきたインターネット。
しかし、行き過ぎた表現で問題が露わになり、大手サイトを中心に規制が盛り込まれました。




これは、YouTubeを例にした動画ですが、Twitterもこの通りです。



いやはや、自由を謳歌したツケですね。
なんでも、今の小学生、将来の夢はYouTuberが上位にランクインしているとか。
夢が合って良いですが、彼らが大人になったとき、YouTubeはどうなっているでしょうね。
何となく、ニ●●コ動画のように衰退していくのではないか。と危惧します。
ニ●●コ動画もYouTubeも、結構面白い番組や懐かしい動画、手の込んだ作品もあるので、テレビで嘘八百を垂れ流す情報番組(全部とは言いませんが)より面白いんですよ。


こうした規制が厳しくなると、今のテレビ番組と同じようにつまらなくなっていき、ユーザーがどんどん離れていきます。
しかし、必ずどこかで似たようなサイトが生まれるんじゃ無いかと思います。
これは、必然と言っても良いでしょう。
ただ、幅広くユーザーの支持を得るには、拡張出来るAPIを用意出来るかが鍵じゃないでしょうか。
出来ることならスポンサーを入れずに維持できることが理想ですね。
その為には、課金制度が必須になりそうですね。慈善事業ではやれませんから。
いくらにするかが課金システムの難しいところだと思います。

これまで、スポンサーが入ったことによって凋落したシステムをみてきました。
闇雲に事業を拡大せず、プラットフォーマーとして淡々と運営していくことが、良いのではないでしょうかね。
経済的な視点からすると、相反するんですけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
インターネット光回線サービス10Gbps雑感 (2)
インターネット光回線サービス10Gbps雑感  -- 2018-02-10 Saturday。
インターネット光回線サービス10Gbps雑感  -- 2018-02-10 Saturday

昨年のこの時期くらいに書いていたなぁ。
と思い振り返りネタ。

さて、インターネット光回線サービスの10Gbps標準化はいつやってくるのだろう。
恐らく2020年頃には普及するんじゃないかな。と予想します。


まだだ。まだ、1年残っている。。。
しかし、この1年、LANカードのIFは少しずつながら出てきており、価格も1万円台にまで下がってきました。
でも、廉価帯マザーボードに標準装備はされていない。
この1年で登場しますかね。



仮にPC側が対応出来たとしても、ハブ(イーサスイッチ)側がまだまだ高い。
これをサクッと解消する方法は、無線LANの新規格である11axに有線LANポートを10Gbps標準化すること。
一部の無線LANでは、既に搭載されているけど、まだまだこれから。
この1年で2~3万円台で登場したら普及が進みそうな気がするんだけどなぁ。

今年後半くらいから、10GbpsのネットワークカードやUSBが出てくるんじゃないかと思います。

これは、全くハズレましたね。
ネットワークカードは出てきていますが、USBタイプはまだまだですね。


今年は、(スケジュール通り行けば)無線LAN新規格が秋口から冬にかけてドラフト版として登場します。
これは、1Gbps以上の速度が出ることが前提になるので、有線LANポートが1Gbpsのままだと、それがボトルネックになってしまいます。
個人的に有線LANの方が無線LANよりも冗長性、安定性、信頼性が高いので、このドラフト版とセットで10Gbpsの普及を加速してもらいたいですね。

んで、インターネット光回線サービスの10Gbps化は、2020年くらいに黎明期から普及期に入ってほしいです。(私の願望)
それまでは、まだまだと言った感じでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
v6プラス設定解除方法と速度測定
ちょっと気になっているのは、v6プラスに切り替わってからは、ONUはこの状態。
ドコモ光 for So-net に変えてから2ヶ月。
特に問題もなく使い続けています。


ちょっと気になっているのは、v6プラスに切り替わってからは、ONUはこの状態。

v6プラスオン状態のONU


自動的にv6プラスとしてONU側で(勝手に)設定されてからは、何も触ることが出来ないので、もしも、v6プラス側で通信障害が発生した場合、切替手段(So-net)が分からないと困るので、ちょっと調べてみました。
答えはここに書いてありました。

v6プラスの通信速度が振るわない件&PPPoEに簡単に切り替える方法

http://onuのアドレス:8888/t

これを入力すると、一風変わった画面が出てきました。
そして、左メニューから「●高度な設定」をクリックします。

ipv4メニュー01


そして、右側を下にスクロールして、【IPv4 ON/OFF設定】の「IPv4の一時停止」にある「機能停止」にチェックを入れます。
そんで、【設定】ボタンをクリックします。

ipv4メニュー02


設定が完了しました。と言うメッセージに切り替わり完了です。

ipv4メニュー03


こんどは、http://onuのIPアドレス/ を入れるとこの様に設定がいじれます。

v6プラスオフ状態のONU


画面を見ての通り、IPv4のPPPoE接続が出来ています。
折角なので、前回できなかった速度測定をやってみました。


v6プラスオン時の速度結果】プロバイダーがAU

v6プラスオン時の速度


v6プラスオフ時の速度結果】プロバイダーがSo-net

v6プラスオフ時の速度


あまり大差はないみたいです。計測時間は、日曜日の21時頃です。
もっと大きく差が出るのかな?と期待していたのですが、それ程でも無かったので、適当にv6プラスオンオフで切り換えて使おうと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
So-net キャッシュバック
・現金キャッシュバック 15,000円(翌々月の15日以降)。
昨年11月にドコモ光に変えて、So-netをプロバイダーに選びました。
この時、転用手続きとして、
・dポイント 5000ポイント(1ヶ月半後を目処)
・現金キャッシュバック 15,000円(翌々月の15日以降)
・プロバイダー独自ポイント 10000ポイント(7ヶ月後自動付与)
がもらえる特典を享受しました。


昨今、現金キャッシュバックが貰えないと言うクチコミを散見していたのですが、私は、何一つ問題なく受け取ることが出来ました。
So-net ももらえないと騒がれている一つのプロバイダーでして、私も注意深く、用心深くチェックしていました。

んが。

先週15日に、So-net のメールアドレスではなく、サブメールアドレスの方に「【重要】【So-net】キャッシュバック 受取手続きのご案内」と言うタイトルで来ました。
早速、内容を確認し、「▼キャッシュバックのお受け取り 」に書かれているURLをクリックしました。
※注意:これから貼っている画像に書かれている番号や名前は全て架空です。実在する番号、人ではありませんのでご注意ください。

(1) ログインを済ませると、まずは注意事項の説明です。流れを掴んだら、右下の「キャンペーン確認ページへ」をクリックします。

so-netキャッシュバック手順01


(2) ダラダラ長いキャンペーン情報ですが、それが私の選択したことなので。
赤い囲みの部分をクリックしてさっさとキャッシュバックを受け取りましょう。

so-netキャッシュバック手順02


(3) ソネット de 受取サービスのご案内です。用意するのは、キャッシュバックを受ける口座番号だけですね。
ただ、一部の金融機関では受け取ることが出来ないようです。ご注意を。
確認が取れたら、「次のページへ進む」をクリックします。

so-netキャッシュバック手順03


(4) 規約及び注意事項のご確認ページです。
念のためクリックして読んでおきましょう。
そして、「同意する」をクリックして、「次のページへ進む」をクリックします。

so-netキャッシュバック手順04


(5) 受取口座名義が間違っていないか確認します。
漢字やアルファベット、数字や特殊文字の場合は、全て全角カタカナに変えてやります。
それが出来たら、「次のページへ進む」をクリックします。

so-netキャッシュバック手順05


(6) 振込金額を確認して、「次へ」のボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順06


(7) 銀行を選びます。主要三メガバンクはクリックするだけで済むのですが、そうでない場合は、五十音から頭3文字の銀行名を入力して「検索」ボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順07


(8) ここでは、振込先金融機関に間違いがないか確認し、問題が無ければ金融機関のボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順08


(9) 続いて支店名を検索します。
ここでも五十音から頭3文字の支店名を入力して「検索」ボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順09


(10) 支店が見つかればその支店のボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順10


(11) 今度は、振込先の口座種別と口座番号を入力します。
入力を終えたら「次へ」のボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順11


(12) 振込情報に誤りがなければ「振込実行」ボタンをクリックします。

so-netキャッシュバック手順12


(13) 無事振込依頼が行われ完了です。

so-netキャッシュバック手順13


(14) 念のため、インターネットバンキングで振り込まれているかどうか確認したところ、きちんと振り込まれていることを確認することが出来ました。

入金確認


ここまでの一連作業は15分くらいでしょうか。
画面キャプチャーを取得する際に、最初のログインページを撮り逃したこと以外は、全て取得しました。
ポイントは、So-net のメールアドレスではなく、サブメールアドレスの方に届いたことですね。
巷で評判の悪いGMOは、GMOのメールアドレスに広告DMに紛れて送られてくるようですが、So-net のキャッシュバックはそう言うことはありませんでした。
しかも振込は即日だったのでとても好感が持てますね。

これでキャッシュバックがもらえないと騒いでいる人は、日頃からメールを見落としているのか来ているメールを全て削除しているか、普段メールアドレスを登録していないのかのいずれかでしょう。
キャッシュバックや見落としたくない情報メールは、普段メールが届かないメールアドレスに設定しておくことがベストな気がします。
とりあえず、めでたしめでたしです。

あとは、半年後にSo-net ポイント10,000点が自動加算されるのを待つだけですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
ご当地マチキャラパスポート
ご当地マチキャラパスポート。
先日にも書いたけど、私はごく初期にやっていた頃がある。
ご当地マチキャラパスポート


恐らく5年ぶりくらいにやり始めたのだけど、あまりの過疎っぷりに腰を抜かした。
テレビやリアルでゆるキャラが話題になっているのに、このご当地マチキャラパスポートは、完全に蚊帳の外である。
まぁ、これだけ流行らないのは

・ドコモ回線専用
iコンシェル契約必須(=iモード/spモード契約必須)

であるからだろう。
iコンシェル契約だけでもオープンに開放して、auやソフトバンク、MVNOにも使えるようにすれば、ご当地マチキャラパスポートも活気づくと思うんだけど、まずは、いつサービスが終了してもおかしくないこのサイトを延命(活性化)させるには、ご当地ゆるキャラとタッグを組むことが至上命題だと思う。

ご当地マチキャラパスポートからご意見を出そうにも、それらしいURLもなければメールの受付もない。
となると、ゆるキャラグランプリを開催しているサイトに声をかけるしかないのだろうか。


ゆるキャラグランプリを見てみた。(初めて見た。)
オイマテコラ(笑)
スゴ得コンテンツで絶賛絡んでいるやないか!

12/04【スゴ得】スペシャルスタンプ・壁紙の配信は12月までの限定配信です!


なぜ、ご当地マチキャラパスポートにも連動することを考えないのだ?
折角の既存コンテンツを死蔵させてどうする?
と言う事で、こちらは問い合わせフォームがあったので、近いうちに出来るか出来ないかだけでも声かけしてみます。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
Google アンケートのどこが優れているのか
そこで、NTTコムリサーチとどの位Googleアンケートの方が素晴らしいのかを、実際に画像を並べて比較したいと思います。
以前、こんな記事を書いたと思います。

独断偏見アンケートサイト傑作選!  -- 2018-12-06 Thursday

この時は、ただただ、文字を起こしただけでしたので、実際どの位Goole アンケートの素晴らしさが良く伝わらなかったと思います。
そこで、NTTコムリサーチとどの位Googleアンケートの方が素晴らしいのかを、実際に画像を並べて比較したいと思います。


【NTTコムリサーチ】
一頃は、羽振りの良いポイントもあったけど、Googleアンケートの登場で私の中では急降下。
今では、他人にお薦めするほど、良いとは思っていない。

提携する業者と組むと1日10件程度のアンケートが届く日もあるが、ここのところ提携を組みすぎてシステムがイマイチ。
何がイマイチなのかというと、
・アンケートに答えてもすぐに【回答済】に更新されず、ずっと未回答のままになる
・スパムのように質問が届くので、一体どれが回答済なのか分からず、一つずつクリックしては「回答済です。」という非情なメッセージで時間が費やされていく
・サイトがスマホに最適化されていない
・ポイント付与に幅があるやつは、たいてい最低のポイントが多い(私はこれを詐欺っぽいアンケートと呼んでいる。)

それでも、塵も積もれば山となるし、ポイント交換できる一つにAmazonギフト券があるので、チマチマとやっています。


では、詐欺っぽいアンケートを紹介しよう。

(01)最大33ポイントが貰えると言うのが、果たしてそんなにもらえるのか?

NTTコムリサーチ00


(02)今回はアマゾンジャパンらしい。

NTTコムリサーチ01


(03)次々と回答していきます。

NTTコムリサーチ02NTTコムリサーチ03NTTコムリサーチ04NTTコムリサーチ05NTTコムリサーチ06NTTコムリサーチ07NTTコムリサーチ08NTTコムリサーチ09


(04)やっと回答を終えました。

NTTコムリサーチ10


(05)獲得したポイントを確認したところ、3ポイントしかもらえませんでした。

NTTコムリサーチ11


これだけ回答して、たったの3ポイント。
要は、アマゾンジャパンにとって私の回答は、有益な回答ではなかったと言う事でしょうね。


【Google アンケート】
外出すると結構な確率でアンケートが来る、自宅警備員には不向きなアンケート。
しかも使えるのは、Google Play のみだから、iPhoneユーザーには縁もゆかりも無い。
1日に多くて2件。来ない日の方が多い気がする。
先程の【NTTコムリサーチ】と比べると、1回あたりのポイントが3~10日分のポイントがもらえるのが良い点かな。
ただ、事前に何ポイントもらえるかが分からないのが、このシステムの弱点。
それでは紹介していこう。

(01)まずは、アンケートの趣旨説明が入る。これはテンプレートみたいな感じかな。

Google アンケート01


(02)質問が4問続く。

Google アンケート02Google アンケート03Google アンケート04Google アンケート05


(03)質問が終わって31円分獲得です。

Google アンケート06


物凄くシンプルです。
慣れた人なら2~3分で終わるのではないだろうか。
先程の、NTTコムリサーチでは、あれだけ回答して3円分。
Googleアンケートでは、4問答えただけで10倍以上もらえます。


これは推測の域にしか無いのですが、NTTコムリサーチは、(アンケート対象者を)広く(質問を)深く。
Googleアンケートは、(アンケート対象者を)狭く(質問をシンプルに)浅く。を対象にしているんでしょうかね。

NTTコムリサーチは、とにかく毎日メールがやってきます。
(年末年始はお休みだった。)
高ポイントが確実にもらえる質問は、いち早く終了してしまう傾向にありますね。
メールは24時間満遍なく来るので、いちいち対応していられません。
なので、思い切った割り切りが必要だと思います。

けど、未回答だったり回答済、既にアンケート終了なのに未回答が混在するので、未回答を貯めるといちいちクリックするのが面倒くさいです。
そして、スマホのみ回答可能な質問があるのに、サイトがスマホに最適化されていないので、滅茶苦茶見づらいです。

また、「毎日たまるアンケート」と言う広告まがいのアンケートがありますが、毎日ではありません。
この「毎日たまるアンケート」は、詐欺や情弱を狙った広告アンケートで、NTTコムリサーチももう少し質問品質を上げる意味で審査を厳しくしてもらいたいところです。

その点、Googleアンケートは、忘れた頃にヒョッコリ現れてくるので、1日数回スマホを見る人にはうってつけだと思います。
ポイントが(NTTコムリサーチと比べて)貯まりやすく、質問項目が少ない分、使える先はGoogle Playのみで、アンケート依頼数もNTTコムリサーチとは正反対にポイント利用が限定されています。


それでも私が、Googleアンケートを優れていることを書くのは、

・アンケート設問数が多くて5問
・アンケート依頼数が1日有るか無い位
・それでいて、最低でも10円もらえる
・スマホで手軽
・今のところ、詐欺っぽいアンケート内容はない

と言った所でしょうか。
Androidユーザーなら、インストールしても悪くないと思います。
はい。
貯まったポイントは、有料アプリを購入したり、Pokemon GOのポケコインに消費していますね。
また、ポイント有効期限がいつまでなのかわからないのがミソですね。
NTTコムリサーチは、ポイント有効期限がありますね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
独断偏見アンケートサイト傑作選!
NTTコムリサーチ。
ここ10年くらい、スマホやPCでアンケートサイトに行っては、回答をしてポイントをゲット。
ゲットしたポイントを、Amazonギフトカードや、Android Playに課金したり。
中には直接Tポイントやdポイントを増やしたりしています。
その傑作選です。


まず、私がこれまでで一番効率の良いアンケートと言えば、Google アンケートです。(スマホ専用)
Google Play で手に入れよう


来ないときはとことん来ませんが、来るときは1日1~2通程度。
還元ポイントが良い。10~100円の間でもらえます。
設問数は多くて3問。
これ以外に紹介するアンケートの中で一番少ない設問数です。
このお金は、Google Play クレジットに課金されます。
余談ですが、Google Payと併用すると増えるペースが速いみたいですよ。
私はそこまで使っていないので不確かな情報ですが。


Yahoo!リサーチ
マクロミルという会社がやっています。
1日に2~3通程度です。
還元ポイントは、だいたい1~2ポイント。
設問数は、少なくて2問。多いと10問以上あります。
稀に100ポイント~500ポイントが抽選で当たったり、実地モニターとして謝礼金が出たりすることもある。
でも、私は一度も当たったことがない(笑)
還元先はTポイントで加算され1年間有効。


NTTコムリサーチ
もともとは、gooがやっていたんだけど名称変更しました。
1日に多いときで10通くらい。
昔は、2~3通だったのですが、提携案内を安易に承諾したら増えました。
還元ポイントは、非常にまちまちで1ポイント~5000ポイント。
主要は2~3ポイントです。2桁ポイントになると設問数がやたら多いです。
設問数は、1桁ポイントで最大5問前後。2桁ポイント以上になると、10問以上はザラです。
1000ポイント以上の高額ポイントの殆どは、クレジットカードによる申込ですが、ここ数年見ていませんし、随分と下がりました。
最初の頃は記憶するに8000ポイントくらいだったのですが、今は3000ポイントか1000ポイント程度です。
稀に、電話モニターや日記モニター、対面調査などがあります。
これらは、交通費込みで5000円~10000円もらえるようです。
が、当たったことがない(笑)
ポイント還元先は、オリジナルポイントで有効期間は獲得した日から1年です。
この貯めたポイントから、Amazonギフトカードや銀行振込、nanacoギフト、商品券等などに変えることが出来ます。


dポイントクラブアンケート(dポイントクラブ専用)
不定期です。
家人曰く、スマホにポップアップで出てくるよ。と言うのですが、殆ど見たことがありません。
その為、たまに見に行くと終了していたりします。
還元ポイントは2~10ポイントです。
設問数は、多くて5問くらいでしょうか。
多すぎず少なすぎずといった感じ。
ポイント還元先は、dポイントです。
有効期限は、その年に獲得した3年後までだったかな。
ちょくちょく改正されるのでハッキリ覚えていません。


他にもやっていたのですが、これ以上手広くやっても時間がそれで費やされてしまうので、4つに集約しました。
この4つの中で、私が一番押しするのは、Google アンケートです。
程良い設問数で、還元ポイントも他と比べると高いです。
時間が有り余っているのであれば、NTTコムリサーチ。
とにかく、1日あたりに届く質問量が多いです。
提携していないときは2~3通でしたが、今は7~8通が当たり前です。
そして、人気のある高ポイントアンケートは終了するのが早い!
「実施中」なのに、クリックすると「終わりました。」という非常なメッセージが出てきます。

アンケート募集


アンケート終了


この画面が来るとイラッとします(笑)
システムで何とかして欲しいところですね。
しかも、1日だけじゃなく数日間にわたって表示されるので、まとめてやるときにアンケート終了のページに飛ばされて「チキショウ!」なんて思ったりもします。


この4つの中で、私が一番お奨めするアンケートは、Google モニターアンケートですね。
スマホにチョロリーンと表示されるので、「あ、あんけーとしなきゃ」と気付きを与えてくれ、しかも2~3問で終わって10円以上もらえます。
他のアンケートが、その程度の設問では1~2ポイント程度しかもらえませんので、かなり効率良いです。
貯めたポイントで、Google アプリの有料版(買い切り版)を買って、よりスマホを使いやすくしています。
また、Google Playのゲームで課金したり、LINEのスタンプを買ったりするのも有効ですね。
使い勝手が良いと言えます。


一番、非効率なのは、NTTコムリサーチですかね。
これ、マクロミルと提携しているので、Yahoo!リサーチを先にやっちゃうと、既に回答ずみですのメッセージが出るのでポイントが稼げません。
ひところは、クレジットカードや銀行口座開設で高額ポイントがもらえていたのですが、今は全くと言って良いほどありません。
獲得したポイントを現金化したり、ギフトカードやギフトと幅広く使えるのですけど、そこに到達するまでチマチマとやるしかありません。
また、毎日たまるアンケートと称するものがあるのですが、こちらは非常に悪質な手法で広告出稿しているので、私は絶対にやりません。
さらに、毎日たまるアンケートの内容が不動産仲介やマンションオーナー、健康食品や資格取得など、どれもが胡散臭い広告ばかりです。
NTTコムリサーチも随分と質が落ちたもんだな。とガッカリしています。
でも、Amazonギフトカードが欲しいからやるんですけどね。。。


それにしても、(Google リサーチモニターを除いて)都市部に会場を設けて対面アンケートと称するやつが、時々あるのですが、これって一度も当たったことがないんですよ。
本当にやっているんですかね。興味はあるんですけど、いつもハズレです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
ドコモ光 presented by so-net 開通
1.11/06 Club Westでポイントを全部消費(約12,000ポイント分)。
と言うことで、これの続き。

ドコモ光に転用しました  -- 2018-11-21 Wednesday


手続きはこんな感じでした。
1.11/06 Club Westでポイントを全部消費(約12,000ポイント分)
2.11/06 Club Westで転用手続き
3.11/06 転用番号をGET
4.11/06 So-netにWebから申込
5.11/07 翌日、So-netから申込状況確認の電話
6.11/07 数分後にSo-netからドコモ光の転用確認の電話
7.11/13 ドコモからドコモ光契約の書類が届く
8.11/15 ログインIDとパスワード、メールアドレス、特典申込の書類が届く
9.11/15 ログインIDとパスワード変更、スマホアプリダウンロード、特典申込実行
10.11/22 ドコモ光より開通日のお知らせ書類が届く ← NEW!!
11.11/25 v6プラス申込受付完了のメールがSo-netから届く ← NEW!!
12.11/26 ガラケーにSMSがSo-netから届く ← NEW!!
13.11/26 転用工事の終了?
14.11/27 moperaUオプションの解約

昨日、ドコモ光が開通しました。
開通したとなれば、やってみたくなるのはスピードテスト(笑)


スピードテストの条件として、次のようにしています。
・IPv4は、SPEED.TESTサイトで確認
・IPv6は、IPv4経由で上記のサイトから計測
・テスト時間帯は、夜間の混み合う21時~23時
・テスト順序は moperaU -> so-net(IPv4) -> so-net(IPv6)



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
ヤフオク!2018
送料元払いヤフネコ!の場合、落札者へ自動的に送料込みの値段が行くみたい。
これからはこのタイトルに統一させよう。
(自分の記事で検索するとき大変だから。)

前回は、この記事が最後でした。

再びヤフオクへ…(2016/07/27 05:35:58)

2年とちょっとぶりの再開。
今回は、

・ジャンクPC
・外付けハードディスク専用USBケーブルとACアダプターセット
・【送料込み】美品AVサラウンドアンプ
・【送料込み】複合機インクジェットプリンター

の4品。
先月の記事にこれを書いた。

来月からヤフオク出品再開するかな?(2018/10/17 06:00:00)

なので期間限定ではなく、取りあえずこれだけ出して様子見した結果の感想を書こうと思う。


たった2年。
されど2年。

毎回、システムが変わる。
落札はあまり変わらなかったイメージがあるんだけど、出品はダイナミックに変わる。
まず、プレミアム非会員だと出来ない事を列挙する。

・htmlタグが使えない
・自動再出品が使えない
・各種オプションが使えない
・落札システム利用料は10%(プレミアム会員は8.64%)

他にもあるかも知れないけど、出品で気付いた点は以上の通り。
正直、システム利用料は1.36%しか差がないので、プレミアム会員料を考えて私の落札金額からして損と思わない。
さすがに1ヶ月4万円を超えるとプレミアム会員になった方が得なのだけど、それを超えることは、まぁ、ない。
損益分岐点を計算するなら
x × 0.0136 = 499(498.96円を繰上)

x = 499 ÷ 0.0136

x = 36691.176...

厳密に計算すると、毎月、およそ落札合計金額が36,692円を超えたらプレミアム会員になった方が得になる。。。よね?
私の落札合計金額は、それにも遠くはるか彼方なので、プレミアム会員じゃなくて良いのだ。


それはさておき。

出品システムが前回と大きく変わった点はいくつかある。
それを列挙すると(プレミアム会員は分からないので割愛)

・画像が10枚までOK
・カテゴリーがタイトルから判断してくれる ← これは素晴らしい!
・商品の状態が細分化されている ← 来年から「中古」という括りがなくなるらしい
・配送方法が出品者持ちだと、若干送料お得
・匿名配送が可能になっている ← それしか出来ない
・商品価格を調べてくれる ← 相場観が分かるがないものは分からない
・Yahoo!かんたん決済のみ ← 他に選択肢がない!

ざっと気付いたのは以上の通り。

次に落札決定後のやり取り。
落札後、ヤフオク!システムメールが来るのはいつも通り。
驚くのは、これまで手動で地域を調べて落札金額+送料を、取引ナビでやると思ったら、完全匿名性で不要に。
送料元払いヤフネコ!の場合、落札者へ自動的に送料込みの値段が行くみたい。
そして、落札者が振り込むと、Yahoo!かんたん決済のメールが届いて、入金予定日が「落札者からの受取連絡」まで受け取れないという仕様!?

【注意:落札金額は架空です】

ヤフオク!入金予定日が!


これまでは、遅くとも2~3営業日後に口座へ振り込まれていたのですが、なんと落札者が受け取らないと入金出来ない仕組みに変わっていた。
Oh!なんて事だ。
あまり考えたくないが、落札者が難癖付けて受取連絡を押さなかったら、ずっと入金されないままになってしまう。
そして、出品物を取り返すのが大変なことになりそうだ。
これは高額商品を出すのに、かなりのリスクを伴いそうです。

そして、落札者が受取ボタンを押して、すぐに入金されるのかと思ったら、約1週間も待たされる。
うちは、そんなに急いでいないので、1週間くらい待たされてもどうって事無いけれど、正直言って10年前なら

「銀行に振り込みましたー!」
→「ネットバンキングで確認OK」
→「確認出来たので送ったでぇ~。」
→「届いたでぇ。評価しておきますわ~。○┓オオキニ」
→「評価確認したよ~。○┓オオキニこっちもしますわ~。」

この時間はだいたい3~4日で終わっていた。
平日日中帯なら即時入金の即日発送が王道パターンだった。
平日夜間帯なら翌営業日に入金されるので、最大3日(GWや年末年始除く)程度待てばOKだった。
自転車操業している人には、かなり待たされるので、これはかなりしんどいだろうなぁ。


何よりも、ここ数年、スマホ系オークションサイトが増えてきたからか、ヤフオクの勢いが目に見えて落ちているのが分かります。
私自身、これまで1円スタートとか相場程度からスタートさせて上限無しにしていたのですが、今回は相場観を重視したり、送料込みの値段や即決価格を設定しています。
それでも、ウォッチリストに入る数が無茶苦茶少ない。
私の値付けが間違っているのか、ヤフオクに来るユーザーが激減しているのか、どっちか(イヤ、どっちとも?)のような気がします。

事実、私自身よく出品していたカテゴリーで、入札が20や30とか入っていたのに、チラッと見た感じせいぜい多くて20くらいです。
入札も凄く少ない。あまり付いていない感じ。
もしかして、違うカテゴリーに移行しているのか、楽天みたいに細分化されて分からなくなっているのかな?

そうした危機感から、ヤフオク!は、プレミアム非会員でもシステム利用料をちょこっと上げて、出品者の利用をしやすくしたのでしょうか。
しかし、あまりにも落札者寄りの考えに偏りすぎたシステム変更に、出品する側としてはかなり抵抗のあるシステムですね。
初期の頃のシンプルなシステムが一番良かったなぁ。
まぁ、詐欺も多かったけどね。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31