•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クルーズ船も一つ間違えたら大変ですね
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。

大型クルーズ船にたった一人?(複数人説も)の感染者のせいで、数千人が足止めを食らうなんて罰ゲームどころの騒ぎではありません。
優雅で豪華な旅が、地獄の旅へと変わってしまう。
と、毎夜のNHKニュースを見るたびにそう思うのでした。


そして、NHKニュースでは乗船客のネガティブな情報しか出しませんが、過酷な環境下で縁の下の力持ちに動いている乗務員も大変です。
それに感謝している乗船客もいるのに、ニュースのネタにならないからか不安を煽る事ばかりを流します。
頑張っている乗務員の姿も10秒でも良いから報道して欲しい。


持病がある人は、こうした旅行の際、1ヶ月分くらいの薬を持参しといた方が良さそうですね。
一昨日から、ようやく下船が始まりまして、マスゴミが一斉に押し寄せて取材していたのが、毎度の事ながらワンパターンだなあ。と。
NHKが京都に住んでいる夫妻を自宅まで追跡して、プライバシーもへったくりも全くないんやなあ。
取材に応じた夫妻も、今後のことを考えていなかったのかなあ。なんてちょっと心配しています。


他にも顔出しインタビューに応じた人も、顔バレしているわけで帰宅後にご近所さんからどの様な噂が出ないか気を揉みます。
こう言う案件は、被害者のプライバシーを十分に配慮した取材をしないと、二重の被害を生みだしかねないので気をつけてほしいものです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
五月山動物園へ行く
国内に生息するウォンバット8匹のうち、5匹がここの動物園にいるらしいです。
今週初めのことですが、近くて遠い五月山動物園に行って来ました。

五月山動物園


近くて遠いのは、バイクで20分の位置にあること。
そして、交差点でバイクが進入禁止(250m先)であること。
で、なかなかバイクで行きづらい位置にあったからなんです。
なお、クルマで行くことは、毛頭考えておりません。
週末になると、その付近の駐車場は満車で行列待ちです。

動物園開園時間


動物園の開園時間は普通でしょうか?
ちょっと終わるのが早いかな・・・?

ウォンバット


国内に生息するウォンバット8匹のうち、5匹がここの動物園にいるらしいです。
最初、ウォンバットって、コウモリか何かかな?と想像していたのですが、写真で見るとどでかいネズミみたいです(^^)

エミュー


他にもエミューがたくさんいて、餌やりも可能です。

アルパカ


黒のアルパカを初めて見た気がします。
その他にもポニーとか山羊、羊、動物とふれあえる広場とか、ミニ動物園でした。
なお、入園料は無料です。
バイクや自転車の駐輪台も無料。
ちょっと、クセになりそうです。

今日も運動がてらに行ってきます(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)
来夏の東京宿泊は既に地獄の値段で始まっている
「関係ないヤツ来るな」ってことですね pic.twitter.com/oTJc6aqGCn — katamachi とれいん工房 (@katamachi) November 15, 2019 。




いやはや、良い感じで盛り上がっていますね。
来年の東京オリンピック。
私は、チケット2次申込の「も」すら興味がないので、欲しい人はよろしくやってくれ。と言う気分で高みの見物をさせて貰っています。


薄々分かっていたことですが、ホテル料金が良い感じの値段設定されていますね。
ビジホでも1泊3万円って、スーパーバブルじゃないですか?
東京に本社を多く持っている企業は、地方からの出張族にどう対応するのでしょうか。


うちの会社、宿泊費は8,500円が上限なのですが、この時期に出張となると超赤字になりますね。
学会などの講演とかセミナー、研修は、どうするんでしょうか。
会議なんかはテレビ会議とかで何とか出来ますが、こうした祭事ごとはどうしても人が動くことになりますからね。

とばっちりを受けている北海道は札幌。
既に予約争奪戦になっているようで、まだ競技日程が決まっていないのに、どうやって宿を確保できるんでしょうかね。
自由資本主義社会ですから、需要があれば価格が上がるのは当然です。
公共交通機関の大動脈である新幹線も、本当は値上げしたいところでしょうけど、さすがに世論の反発が起きるでしょうね。
同じ公共交通機関である飛行機や高速バスは、需要に応じて自由に価格が決められるので、鉄道会社はきっと苦虫をかみつぶしたような顔をしていることでしょう。


さて、来年の東京オリンピック。
うちの会社では、東京宿泊出張時にどういった対応をするのでしょうか。
楽しみです(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
第32回・関西矯正展に行ってきました
しかし、それも程々にして朝のコッペパン販売時間が近づいたので移動。
これも恒例化していますね。

第31回・関西矯正展に行ってきました  -- 2018-11-11 Sunday
第30回・関西矯正展とイコやん  -- 2017-11-12 Sunday
第29回関西矯正展に行ってきました  -- 2016-11-13 Sunday

今回で4回目。
例年は初日だけ行ってたのですが、今年は2日目の日曜日(11/10)に行きました。
(他の記事の関係で遅いupになったのはスマヌ)

コースは例年通りのコース。



細かいところで違うので新たに作り直しました(^^ゞ
今回は、2ケツで行くことにしたので、前回2時間かかったが今回は1時間ちょいで行けるとにらんでたんですよ。
んが、新御堂筋の親大阪駅過ぎを先頭に、名神高速のガード下まで大渋滞。
最初は、どこかで事故でもやらかしたのか。と思っていたのですが、どうもそうでは無い流れだったので、突き進んでいくと3車線のうち2車線を道路舗装工事で、1車線に塞がれていました。
まぁ、こちらは原チャリなので、ヌルヌルッとすり抜けて進んでいったのですが、車だとあの区間を抜けるのに相当な時間を要したと思います。
なお、帰りはもっとえげつない渋滞になっていて千里中央まで伸びていました。

渋滞区間を過ぎるとガラガラでスイスイ~。
御堂筋もあまり信号に引っかからずに難波まで来ました。
年に1回しか行かないのですが、土地勘があまりないので信号が赤に変わって停車したときにスマホで位置を確認。
音声が出るようにしていたのですが、インカムを付けていたのであまり聞き取れず。
けど、大和川に差し掛かったところで左折して、大通りを右折してひたすら走ったところで、「ん?ここを左折だったかな?」と言う勘はあったが、たまたま赤信号で再度スマホ確認。
その勘は、当たっていて無事に到着しました。
結局、1時間40分かかり、最初に欲しい物販店に行ったところ、特に欲しいと思える商品がなく、ICOCAメンバー(通称:イコラー)と久しぶりの再会にマグネットスマイコやんをチョイス。
少しだけ談笑するも、他にも見て回りたいところがあったので、後ろ髪を引かれる思いであとにして、自衛隊さんが必至に隊員募集に声がかかりました。
日頃の災害対応に労いの言葉一つ出来なかった。
まだまだだなあ。オレ。。。

イラクに行ったとされる車両


この写真は、イラクに行ったときの車両と説明を受けました。
しかし、それも程々にして朝のコッペパン販売時間が近づいたので移動。
けど、これだけは撮影しておかなくては!と思って、パシャリ。

第32回関西矯正展


コッペパンは、滅茶苦茶並んだのですが、スイスイ流れていくので待たされ感はそれ程ありませんでした。

パン販売


パンも買って、古くからの友人と合流。
再び、キャラクター達がいるところへ。
前日に、今回のイコやんは、スマイコやん(白い奴)との情報が流れており、この日もそうでした。

突かれるスマイコやんスマイコやんと戯れる子供クチバシを触られまくるスマイコやん


のんびりとイベントを鑑賞したり、野点でお茶を一服したり。

野点券お茶と山茶花(さざんか)


そうそう、毎回やっているのですが、性格診断テストもやりました。

性格診断テスト


ほぼ、変わらないですね。
ずっと残しているので、一度全部引っ張り出して見比べると面白いかも知れませんね。

四国のB級グルメも堪能したところで、昨年からの課題事項であった、将棋の駒を買いにもう一度行くことに。。。
しかし、将棋盤はあっても駒は探せど探せども見つからなかった。
聞くところによると、既に完売したとのこと。
ぬぅ、土曜日に行くべきだったか。
とまぁ、嘆いても仕方ないので来年来ることにしよう。
昨年の時点で品質について調査済ですから(^^)

フラッと回ると、ヤクルトの出店が。。。
昨年は無かったような気がしたのですが、曜日違いの出店かな?
お肌の水分と血管年齢を調べて貰えると言うことでやってもらうことに。。。
お肌の水分は、平均35%に対して33.4%。平均的ですね。と。
しかし、血管年齢が・・・

61歳

やばいよ!やばいよ!(出川風に)
先日の人間ドックでも言われましたが、ちょっと運動を始めようと思う。
毎朝体重計に乗ることも実践しよう。。。


帰りは渋滞も無く1時間ちょっとで自宅に着くことが出来ました。
片道46kmもあるのに1時間ちょいとは、平均時速40km/hくらいですかね。
やはり、新御堂筋の効果が大きいですわ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)
昔の海外旅行あれこれ
それで、「え?」と驚いて、名刺をいただき、片言の英語で、「My father works at SHARP!!」と言うと意気投合(笑)。




Twitterでこれに反応してしまいました。
1980年代に遡るのですが、当時、コロラドへ高地合宿に行ってたんです。
その時、現地の日本人にチケットを手配してもらって(何でも日本で買うよりも10万円くらい安いらしい。それでも、エコノミーで往復2~30万円くらいだった気がする。)、日本(成田)から旅立つときは、特に何も無かったのですが、現地の日本人コーチから「帰る2~3日前に航空会社に電話しないと予約キャンセルされるから、ちゃんと電話しておけよ。チケットに電話番号書いてあるから。」と半ば脅し(しかも笑いながら)とも取れる恐怖に、コインを持って電話して予約確認をしたのでした。

まだ、その頃は大学生でもなかったので、クレジットカードを持つ事が出来ず、旅行小切手(トラベラーズチェック)を持たされました。
リンク先を見ると、2014年に販売終了したとか。
何だか時代を感じさせられますねえ。
銀行で一生懸命サインしたのが何もかも懐かしい・・・


あと、海外から国内への通話をするとき、当時は、
・公衆電話
・ホテル部屋からの電話
の2通りしかなかった(当時は携帯電話なんてものが存在してなかった。)のだが、ホテル部屋からの電話は交換手数料が高いと言うことから、わざわざ公衆電話からかけていたんです。
日本の公衆電話のように、複数の硬貨が投入出来るのですが、アメリカから日本への通話料金が全く分からず・・・
取り得ず、10ドル分を25セント硬貨に両替をしようとホテルに頼んだところ、5ドルまでしか変えられなかったと記憶する。
最初に25セントを入れられる分だけ入れて、国際電話をかける。
暫く話していると、「ジャラジャラ」と大きな音を立ててコインが落ちていき、慌てて25セントを投入する作業に追われる(笑)
この時、アニメパタリロを思い出し、主人公が日本から母国に山のように積んだ10円玉を入れるシーンを思い出した。

通話が終わって、コインが1枚も戻ってこなかったので、その場を去ろうとするといきなりベルが鳴る。
慌てて受話器を取ると、「今通話した人かね?お金が足りないよ!あと3ドル分払って!」と言われる。勿論英語で。
しかし、この3ドルというフレーズがよく聞き取れなかったので、取りあえず手持ちの硬貨を全部投入して、逃げるようにしてその場を立ち去ったのは恐い思い出である。


もう一つ、1回目のアメリカ合宿の時だったかな。
3週間コロラドに滞在して残り1週間をロサンゼルスで行うというもの。
最初にも書いたとおり、当日の搭乗手続きをしようとしたところ、なんと雪で欠航というお知らせ。
なんてこった!と思ったが、航空職員さんがすぐに別に便を手配。
雪で欠航しているのに、なんと30分後くらいの飛行機に割り振られた。
座席番号を見ると、随分と前(一桁台だったと思う)だったので、何となくラッキーと思っていたんだけど、その座席は「ビジネスシート」であった。。。
エコノミーではなくビジネスシート。
座り心地も全然違うし、料理も温かくてうまい!
そして、何より驚いたのは、私のとなりに座っていた人が、親父と同じ会社だったという。
何で分かったのかというと、機内で移動中ヒマなので、電子手帳でゲームをしていたんですよ。
そう、シャープの電子手帳。
確か、PA-8500だったと思います。
それを見た隣の人が、「私はこの会社に勤めているのだが。。。」と話しかけてきたんですよ。
それで、「え?」と驚いて、名刺をいただき、片言の英語で、「My father works at SHARP!!」と言うと意気投合(笑)
こちらは、ゲームのカードから翻訳辞書に差し替えて、もう覚えてはいないですが楽しいひとときを過ごしました。


他にもアナログならではの事が色々あったんですが、今となってはとても良い経験をしました。
大学を卒業してからは、海外には一度も行ってませんが、近場の台湾には行ってみたいなあ。と思っています。
機会があればね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
新たな道を走ることは新発見に繋がる・・・こともある
その帰りは、R171だったような気がするのですが、もう10年以上前の記憶なので覚えていません。
だいぶ、日中の暑さが和らいできて、バイクでツーリングするには良い季節になってきました。
最近、北摂界隈をツーリングしても、同じルートばかりで飽きてきました。
しかし昨年、台風の影響で国道173号線が通行止めになり(今は暫定開通)、一部開通するまで旧173号線を走る機会があり、とても新鮮に感じました。


そして思ったのです。
新しい路を走ると、新たな発見がある。と。
車の免許を取得してから、日本国内をまぁまぁ走り通しましたけど、高速道路を含めて新しい道を走ると言う事は、新たな発見やワクワクするものがあります。


例えば、実家と家の往復ですが、お急ぎなら阪神高速。一般道なら中央環状を経由するのが定番でした。
しかし今、自宅近くを新名神高速道路が出来たので、出来る限り急いで行くならば、そっちルートもアリですね。
ちょっと道がややこしいですけど、慣れるとショートカットになるのでは?なんて思います。
そういや、ネットフレンドが高槻に住んでいたとき、実家からの帰りにちょっと寄らせてもらったのもありました。
その帰りは、R171だったような気がするのですが、もう10年以上前の記憶なので覚えていません。
R171は、交差点や信号が多く快適に走ることが出来ないので、よほどのことがない限り使いません。

こうして色んな道を開拓することで、頭の中にインプットされて選択肢が増えていきます。
ただ、ザックリとしたルートしか記憶に残らないので、細かいところはナビと併用になりそうです。


今年も、ツーリングで北摂をグルッと走り回ってみようかな。
その時、気になっているルートを走ってみようと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
南紀白浜アドベンチャーワールドに行ってきました
ここには、ペンギンとホッキョクグマがいました。
秋休み最終日は、南紀白浜アドベンチャーワールドへお泊まりで行ってきました。
何か今年は夏休みよりも秋休みの方が充実している。。。


関西在住の人なら知る人ぞ知る。
アドベンチャーワールドの老舗と言っても良いくらい、南紀白浜アドベンチャーワールド。
一度は行ってみたいな~。と思っていたことが実現しました。

和歌山アドベンチャーワールド


かなりの年月が経っているはずなのに、それを感じさせない玄関口です。
ゲートをくぐって右手の鳥かごにハクトウワシがいました。

ハクトウワシ


なんとなくりりしい。。。
暫く見てから進むと、パンダが。

パンダその1パンダその2


名前は忘れましたが、31年ぶりに生パンダを見ました。
31年前は、本場中国の天津の動物園で見ました。
相変わらずパンダは動かない。と言うかダレている(笑)

ペリカン


その後も色々見ていると、もう一つのパンダが見られる場所があると言うことで行ってみることに。

パンダその3(永明)パンダその4(彩浜)パンダその5(彩浜)パンダその6(永明)


こちらは存分に楽しむことが出来ました。
ハーレム王の永明と昨年生まれた彩浜。
永明はひたすら喰っていましたが、彩浜はこれまで見たパンダと違って、色々な姿を見せてくれました。
やはり、若いパンダは快活だな(笑)

暑さでグッタリしている犬


犬たちは、人に触れられたくないからか、逃げるか寝てるかのどちらか。
まぁ、犬たちもストレスが溜まっているんでしょうな。

ペンギンホッキョクグマ


ちょっと暑くなってきたところで、涼しい海獣館に。
ここには、ペンギンとホッキョクグマがいました。
ちょうど、ホッキョクグマの餌やりタイムがあって、その時間を察知したからかソワソワしていて落ち着きがありませんでした(笑)
ペンギンは、色々な種類が展示されてましたね。

鳥鳥その2


続いて鳥たちの館へ。
カラフルな鳥や、色々と野放しにされてました。
人慣れしているので、近付いても「ん?なんだい?何か用?」的に見られました。

カバフラミンゴ


他にもカバやフラミンゴ、サファリパークで草食動物や肉食動物を見て回ったりして、ほぼ1日を満喫しました。
これは、また行っても良いですね。
とても楽しかったです。
自宅から遠いのが難点ですが、泊まりがけなら又次も機会があれば行きたいと思うほどでした。

サファリ系なら、姫路セントラルパークも行ってみたいですね。
1度行ったことがありますが、もう20年以上前になりますね。
日帰りで行ける距離なので、姫路セントラルパークと比較してみたいです(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
日帰りで晴れの国に行って来ました
しかも、新幹線の殆どが東海道新幹線だったので、山陽新幹線に乗ったのは記憶する限り大学生以来かなぁ?。
遅い夏休みを先週土曜日から来週月曜日まで取っています。
14日は、久し振りに虚無感に襲われ、自律神経もおかしくなって、兎にも角にもやる気0でした。
15日も、その傾向があったのですが、朝から予定を組んでいたため、かなり無理をして出掛けました。
16日は、昨日書いたとおり。


さて、17日は当初、19日に予定していた日帰り旅行を繰り上げたのでした。
19日は別の用事が夕方にあったのでね。。。


クルマやバイクの旅行前計画は、ザックリとしか立てないのですが、鉄道の旅行前計画はインターネットの時刻表サイトで綿密に練りました(笑)
こう言うのって楽しいですよね。。。(オレだけかな?)


晴れの国は、あくまでも目的地であって、滞在時間は1時間もありませんでした。
私の場合、鉄道旅行というと車窓を楽しむことが目的ですので。。。


行程は、
行き、新快速のAシートからの赤穂線経由。
帰り、新幹線のさくら号でビューン。
本当は、行きに特急はくと号に乗って、上郡から普通電車に乗って行きたかったのですが、接続が滅茶苦茶悪くて諦めました。
新幹線も何年ぶりだろう。と言う位久し振り。
しかも、新幹線の殆どが東海道新幹線だったので、山陽新幹線に乗ったのは記憶する限り大学生以来かなぁ?
相生より以西まで乗ったとなると、多分、高校生以来じゃないかな?
それ位、山陽新幹線とは御縁がありません。
ここのところ、九州や山口へは、クルマかバイク+フェリーのどちらかでしたからね。
それ位、山陽新幹線とは御縁が遠のいていました。


新大阪までバイクで行って、新大阪からスタート。
大阪まで行って、大阪からスタートしても良かったのですが、どっちにしても新大阪を通るのでね。
ん?なぜ、最寄り駅から新大阪まで行かないのかって?
それは、私の気まぐれ。。。
あと、Aシートの混雑具合が良く分からなかったので、万一、新大阪で座れなかったとしても、大阪駅で座れるだろうと言う予測を立てていました。
まあ、ハズレたけどね。


では、旅の感想を。
Aシートは、だいたい空気輸送でしたね(笑)
新大阪~大阪間は、まぁまぁいましたが、神戸を過ぎたら空気でした。

Aシートの案内


乗務員2名が到着駅ごとに回ってました。
新大阪~大阪間は乗務員交代からか、見回りはありませんでした。
私が、チケットをいただいたのは大阪駅を過ぎたところでした。

Aシートのチケット


シートの快適さは、多くのYouTuberが伝えているので省略するとして、私の身長でも十分な座席感覚で快適でした。
リクライニングが有るのとないのとでは、やっぱりしんどさが違いますね。
これを500円払うことに抵抗があるかというと、そうでもないと思います。
まぁ、大阪~尼崎みたいな乗り方は、さすがにしませんが、尼崎~京都なら払っても良いかな。と思います。
Wi-Fiもフリーで使えるのですが、これ、前後の車両でも電波拾えたら使えるんじゃないのか?と思いました。
セキュリティーに問題のあるフリーWi-Fiですが速度に不満はありませんでした。

今回。初めて18切符以外で山陽本線と赤穂線を使ったのですが、さすがに期間外だとガラガラですね。
曜日・時間帯にも因ると思いますが、姫路~播州赤穂~岡山と誰一人私の横に座る人はいませんでした(笑)
山陽本線と赤穂線が合流する駅では、かなりの立ち客が出たのですが、ラッシュアワーのような混雑ではありませんでした。
平日昼間のJR宝塚線下りよりも混んでいたけど、2両編成と7両編成では当然違いますわな。

駅の風景


何か禁止シールが貼ってあったのですが、こんな寂しい駅に昇る奴いるのか?
あ~、いるからシール貼っているんだな。なんて思いながら眺めてました。

日生(ひなせ)駅


日生駅で行き違いで暫く停車。
そんなにマジマジと見ていなかったのですが、日生港と駅がすぐそこなんですね。
(赤穂線全通しは2度目で、初回は暗かったので覚えていない。)

赤穂線で気付いたのですが、相生から播州赤穂まで気にも止めてなかったのですが、播州赤穂を過ぎてからの電車の揺れが昭和時代を思わせるような揺れっぷりで、「どうした?」と言うか、私が小学生の頃に体験した揺れを思い出すくらいでした。そう言う作りなのかどうか分かりませんが、何だかノスタルジーに浸れました。


11:54に新大阪を乗車する事、15:01。約3時間を経て岡山駅に着きました。
長いようであっと言う間だったなあ。山陽本線だともう少し早く着くんですけどね。
特に岡山に用事はないので、その辺をブラブラしたのですが、トイレに行く以外に本当に用は無く。。。
16:03のさくら号に乗るために40分前に新幹線改札を通過。そして、喫茶店でお茶をしてました。

桃のお菓子


せっかく岡山に来たのに、手ぶらで帰るのもどうかと思い、お土産屋さんで物色。
備前焼のイコやんが売られているのですが、あいにくの売り切れ。
桃のお菓子を買って、ホームに上がりました。。。

新幹線の岡山駅


岡山から新幹線に乗ること自体初めてかも知れない。
(広島は小学生の修学旅行がある。)
ちょっとだけワクワクしながら新幹線を待ちました。
ホームには、500系の新幹線が停まっていました。

500系新幹線


てっきり、500系新幹線は、ハローキティーだけだと思っていたのですが、そうじゃ無かったんですね。
ちょっと安心。。。

さくら号入線


暫くしてさくら号が来ました。
車内は撮影しませんでしたが、何だか指定席とは思えないほどに、豪華な造りでした。
座り心地も良し。
座席幅も良し。
乗り心地も悪くありませんでした。

さくら号から望む明石海峡大橋


30分もかからずに明石海峡大橋が見えてきて、「あぁ、旅ももうすぐ終わりなんだな。」なんて事を考えながら撮影。
新大阪には定刻の16:48に到着。
この車両は、折り返しみずほ号鹿児島中央行きへと変わりました。

山陽新幹線では色々ビックリしました。
ジングルは九州新幹線仕様?(当たり前か)だし、ワゴン販売のお姉さんが、大きなゴミ袋を持ってゴミを回収するし、フリーWi-Fiが当たり前のようにあるしで、随分と変わったなあ。と感心してしまいました。
自宅を出発してから帰宅までの7時間半の旅でしたが、久し振りの鉄道(特に新幹線)も悪くないな。と思いました。
今度岡山へ行くときは、後楽園に行かないとね。


そうそう。今回。キャッシュレスにチャレンジしました。
まぁ、現地は駅周辺しか移動していないので、可能と言えば可能でしたね。
乗車券はみどりの窓口でクレジットカード払い。
特急券はインターネット予約でクレジットカード払い。
有料シート、ランチ、お土産、喫茶店、自販機は、ICOCA払い。
で、現金は1円も出しませんでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
まさにその通りである★正論
「韓国人観光客激減」は長い目で見れば、日本のためになる理由。
「韓国人観光客激減」は長い目で見れば、日本のためになる理由

この記事は大変良く出来た記事である。
九州の観光事情を掲載されているが、関西にだって同じ事が言えよう。
関西・・・特に大阪は、訪日観光客の1位2位が中国と韓国である。
この上位2カ国が圧倒的に占めているので、政治情勢で来なくなったとしたら、当然のことなが影響は大きく受けることになる。


九州の観光事情を良く読んで、大阪も台湾や東南アジア、インドなど近隣諸国から訪日してもらうように、自治体は積極的にアピールしておくべきである。
そうすれば、上位2カ国が政治カードをチラつかせても全く問題ない。
むしろせいぜいするのではないだろうか。


佐賀県のようにタイから団体観光客を呼び込むことに成功しているんだよ。
だから、他の自治体も頑張ってPR活動すれば、落ち込んだ分を回復することだって可能だ。
と私は思うんですけどね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
お盆休み期間中の高速道路あれこれ
追越車線を延々と走る事自体、否定はしません。
今年のお盆休みは、マッタリと取れる余裕はなく、14日までしかお休みがありませんでした。
それでも、地方の墓参りへ行くには高速道路を使うしかなく、何だか今年は色々なところで酷いシーンがあったなあ。と思うところがあったので綴っておこうと思います。


【一般道と勘違いするドライバー】
追越車線を延々と走る事自体、否定はしません。
しかし、(追越車線で自車の)前方がガラガラ(つまり先頭を走る)で、走行車線が適度な車間で空いているときは、速やかに走行車線に移るべきです。
ダラダラではありませんが、追越車線の後続が、延々と連なっているシーンを何度か遭遇しました。(私も追越車線で走っていた。)
こう言う輩が煽り運転を受ける羽目になるんですよ。
警察も上空と連携して、(お盆期間中の取締は難しいですけど)通行区分違反として積極的に取り締まって欲しいですね。


【急な割込】
だいたい100km/h前後で走行中、前車と50m~80mの車間距離で、いきなり猛スピードで割込、そしてブレーキするバカ。(特に左側)
80mくらいなら気持ち余裕があるんですが、50mは余裕なんてありません。
私は、確実にブレーキを踏んで速度を100km/hから80km/hくらいまで落とし、車間距離を開けることに試みます。
危険予測を張り巡らしていても、コンマ数秒の咄嗟の出来事は命取りになります。
頼むから、後ろに入ってくれと、急な割込をしたクルマに言いたいですね。


【合流車のトロイ加速】
私は教習の時、合流するときは加速車線でフル加速して80~100km/hにして速やかに入る。と習ったのですが、十分な加速をせずに本線に入るクルマがあるんですよね。
渋滞や混雑しているときは例外で仕方ありませんが、それ以外の場合、私は彼らの動きを予測しながら、合流をスムーズにするため車間を開けるか、追越車線に移るのですが、全然スピードが乗っていなくて、60km/hくらいでしかも加速車線を短い距離で入ってくるんですよね。
それ、めっちゃ、危ないで。
最近のクルマは、軽自動車も含めて燃料噴射が電子制御なので、アクセルベタ踏みしても、エンジンが壊れることはありません。
「なんびとたりとも、俺の前を走らせないぜ!」と言う気持ちでアクセルを全開に踏んで、加速車線を目一杯使って80~100km/hになったら走行車線に入りましょう。


【バイクのすり抜け】
渋滞時や交通集中による速度低下に頻繁に見られるのですが、走行車線と追越車線の間をバイクが、結構なスピードですり抜けていきます。
あれは、絶対に辞めて欲しい。
渋滞で止まっているときは良いのですが、20~60km/hで走っているときのすり抜けは一番怖い。
だって、クルマはサンドラ(サンデードライバー)が殆どなんですよ?
営業車とかプロドライバーが絶対数で少ない状態なんですよ?
いつ何時、車線変更してくるのか分からないのが、サンドラの特徴の一つなんですよ?
すり抜けるなら、(違反になるけど)路肩走行してもらいたい。
ライダーが律儀に渋滞列に並んでいたら、ある意味尊敬します。
熱中症になって倒れまっせ。


まぁ、こんなところでしょうか。
私は無事に事故せず過ごしましたが、マジで危険で迷惑です。
あと、関係ありませんが、右折レーンで信号待ち中、運転席から空き缶を投げ棄てる輩を見ました。
いや~、久々に見たわ。
白のクラウンマジェスタ。
しっかりと、ドライブレコーダーに保存しましたぜ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29