•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】
阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】。
阪神高速道路恒例のETC乗り放題パスです。
今夏も前回と違う点は、12月中旬までやると言うこと。


阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】


1枚のETCカードで10回可能なので、複数枚持っている人は10回x複数枚と言うことになります。
有効利用して下さいね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
お泊まり旅行がしたいな・・・
帰省でお泊まりは何度もありますが、旅行でのお泊まりはここ何年かしていません。
帰省でお泊まりは何度もありますが、旅行でのお泊まりはここ何年かしていません。
調べてみると2013年7月に東京へ泊まりに行って以来だわ。


いい加減、どこかに行きたい。
出来ればバイクで。
可能ならフェリーで。
となると、私の中で定番の

・小豆島

になります。でももっと西にも行きたい。
かれこれ10年以上、九州には訪れていない。

・博多

そう言えば、人生の大先輩が定年退職されたけど、まだ仕事を続けているらしい。
遊びに来いとも言われているので、お泊まりで行きたい。

・城崎温泉

ここ数年東ばっかり行っているので、西にも行きたいですね。
近いうちに。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
能勢電がダイヤ改正を実施
ただ、現場(川西能勢口駅)の混雑具合から早急に改正しなければならない案件だったのでしょう。
確か去年の3月にダイヤ改正したはずなのになぁ。と過去ログを探したらありました。


能勢電がダイヤ改正を実施  -- 2017-01-23 Monday


たった1年4ヶ月でダイヤ改正か~。
今回は、能勢電鉄が阪急電鉄に引っ張られる形での改正でしょうか。
ただ、現場(川西能勢口駅)の混雑具合から早急に改正しなければならない案件だったのでしょう。


【主な改正ポイント(引用)】
・平日の平野発の上り始発列車を新設し、また、川西能勢口発下り始発列車を20分繰り上げます。
・平日朝ラッシュ時間帯の特急列車の発車時刻を繰り上げ、利便性向上を図ります。
・平日朝ラッシュ時間帯(8時台)の妙見口~笹部間の列車本数の適正化を図るため、妙見口発の列車本数を増便します。
・阪急電鉄宝塚線の運行ダイヤに合わせて、土・日・祝日の19時台以降の運転間隔を見直します。


今回、能勢電鉄は運用の見直し色濃く出た感じですね。
土日祝日の運転間隔も、実質本数削減ですね。
まぁ、土日祝日の夜間に乗る人がかなり減ったのでしょう。
こりゃぁ、あと5年もしたら15分間隔による更なる削減も待ったなしでしょうなぁ。


しかし、阪急宝塚線の川西能勢口より以西住民はどんどん酷くなるね。
特に宝塚に住んでいる人は、JRへシフトするんじゃないでしょうか。


それよりも、日生エクスプレスが大幅に変わるとなると、JR川西池田との接続が無茶苦茶変わりそうだなぁ。
これは、時刻表を入手して確実に把握しておかないと。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::電車 | comments (0) | trackback (0)
相方の実家へ帰省
首都高を経由せずに圏央道を選ぶのは、。
ゴールデンウィークも終わり、そろそろ五月病を患う頃だと思いますが、皆さん元気に取り戻してきたでしょうか。
私の今年のゴールデンウィークは、相方の実家へ帰省してきました。
相方は茨城県にあるのですが、余程のことがない限り、1人でも2人でも基本的に車で帰ります。
(その次に多いのは、飛行機+電車、一番少ないのは電車+新幹線)
車で帰ると言う事は、誰しもが次に直面すると思います。


・高速道路の渋滞
・長距離運転による疲労


今回、これらをいかに克服出来るかをテーマにしてみました。
(かなり大袈裟だが)


まずは、帰省ルートを立案します。
相方の実家へ帰るには、複数ものルートがあります。
王道は、新名神~名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸~新東名~東名~圏央~常磐 です。
首都高を経由せずに圏央道を選ぶのは、

・東名の町田ICを通過する時間帯には、断続的な渋滞発生する(実際30Km発生していた)
・首都高の渋滞は予測出来ない(過去1度だけノン渋滞だった。)
・首都高を挟むと、全線通したETCの深夜割引(ぶつ切りになる)を受けられない

こうした理由から、「急がば回れ」精神で圏央道を選んでいます。
特にETC深夜割が使えない事が結構大きく、圏央道が出来るまでのルートは


中国道~名神高速~中央道~長野道~上信越道~関越道~北関東道~東北道~北関東道~常磐道


と、かなり遠回りをしていました。それでも、このルートの渋滞は殆ど皆無でした。
しかし、今回は次の旅行計画を立てました。


新名神~名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸~新東名~東名~圏央~関越~外環~常磐 です。


圏央道の途中、関越道で南下し、外環道を走って常磐道に戻るパターンです。
外環道は、結婚して間もない頃に走ったのですが、正直言って記憶に残らないほどです。
事前に料金サイトでチェックしてみたところ、通し料金で行けそうなので走ってみることにしました。
距離も圏央道一本と比べると、10キロくらい伸びる感じです。





圏央道1本を避けた理由は、

・関越道を越えると2車線から1車線になる
(時折追越し区間がある)
・以前帰りに利用したところ、渋滞に巻き込まれて想定以上に時間がかかった

と言うこと。
特に夜間でこの1車線区間を走るのは、前にトラックでも走ってくれると気楽なのですが、自分が先頭になると後続が気になってしまいます。
(スピードが遅くてイライラしないか。車間詰められて煽り運転されないか。等。)
その点、外環道は全線2車線以上だったはずなので、トロトロ走っても追越車線で抜いてもらったら良いだけです。
てなわけで、走りました。


実際走ってみたところ、走りやすかったことは間違いないのですが、ここで問題発生。
なんと、外環道の大泉JCTを過ぎた先に、料金所があったんですよ。
「ええ?」
と思ったけど仕方なく通る事に。
通しで深夜割引にするはずが、休日割引になってしまいました。

※証拠画像

料金(速報)


まだ確定じゃないので、確定までは騒ぎませんがちょっと解せませんでした(苦笑)
料金が確定してから、改めて書き記したいと思います。


さて、もう一つのテーマ、長距離運転による疲労。
行きは相方と一緒でしたので、それ程疲れはなかったのですが、帰りは相方を残して1人で運転。
過去の経験から、長距離運転の疲労を蓄積しない方法は、多分次の通りだと思います。

・制限速度を守る
・相手との車間距離を十分に空ける
・クルーズコントロール機能があるクルマは積極的に使用
・2~3時間運転したら、最低15分は外の空気を吸って身体を伸ばす

どれも教習所や、高速道路会社が書いている事そのまんまなのですが、ホントその通りなんですよ。
例えば、「制限速度を守る」

一時的に120km/Hを走っても90km/Hで走っても、所要時間はそれ程大差ありません。
単純計算すれば、120キロを120km/Hで走れば1時間ですが、90km/Hでも1時間18分で着きます。
たった18分差です。
そりゃぁ、600キロともなると、前者なら5時間、後者なら6時間40分と1時間40分も差が開きます。
しかし、600キロ区間において、渋滞が一つもないと言うことは、サンデードライバーなら経験上全くのゼロです。
どこかで必ず渋滞に遭遇するか、しなくても交通集中によって120km/Hで走れない区間が発生するはずです。
また、ところどころにオービスがあるため、自然と減速してしまいます。
もちろん、90km/Hで走っても同じ条件に当てはまりますが、その誤差は120km/Hよりも少ないでしょう。

また、眼精疲労も夜間を除き違います。
これは個人差や年齢差が出ると思いますが、高速度で走行していると、瞬時の判断ミスが大事故に繋がるため、通常速度よりも周囲の交通状況を把握(特に覆面パトカー)するため集中します。
すると、目の奥から後頭部、両肩にかけて痛くなるんですよ。
これが極限に来るとスイマー(睡魔)に襲われます。

違反を犯してまでの高速走行は、正直言って何一つメリットがないんですよ。
それなら、制限速度で走っていた方が、絶対にマシというものです。


次に、「車間距離」
交通混雑が始まると、人の心理として割り込ませたくない。が働き、どうしても前を詰めて走る傾向にあります。
高速道路において、車間距離を詰めた状態で走るのは自殺行為と言ってもよいでしょう。
周囲の状況が、前車1点のみに集中し、全体の交通状況を把握出来ていない傾向にあります。
車間不保持の状態で走ると、前の車がブレーキを踏まなくても速度を落とせば、車間不保持の車はブレーキを踏みます。
それが連なっていると、渋滞を生む原因となるんです。
もしも、十分な車間距離を空けていれば、エンジンブレーキなどで徐々に減速することで車間を詰めることが出来ます。
ブレーキを踏む連鎖がなくて済むので、渋滞を生み出さずに済みます。
(ただし、交通量が道路車線数の許容量を超えるときは、なにをしても渋滞になります。)
特にサグ部(下りから上り坂になる部分)では、このワザは有効なので覚えて欲しいところです。


その他、クルーズコントロール機能や休憩については、長くなるのでまた別の日に書きたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
果無(はてなし)集落
pic.twitter.com/M3IZA3ia4e — いぐやん (@smart_icoca) 2018年4月8日 。
親から「はてなしムラって知ってる?漢字で果無と書くんや。」と聞かれ、そんなの聞いたことないわ。と答えた後、ググって検索したら有りました。
先日、実家に帰省したついでに行く事になったのですが、いやぁ、遠かった。
ドライブルートはこちら。



片道150km。行きは、全部一般道。
帰りは途中から南阪奈道路-近畿自動車道-第二京阪で帰ってきました。
行きは、昼休憩挟んで、ゴール目前で迷って4時間20分。
帰りは、3時間でした。

確かに、果無集落に続く道は、本当にあの世へ行くような道のりでした。
ついた場所はこんな感じ。





熊野古道が世界遺産に認定されていることから、ここもそうみたいでした。





現地は、まだ桜やその他の花が咲いていました。
疲れたからだが癒やされたのに、帰りに無茶苦茶飛ばして抜き去ったのに、交差点で追いついてしまった車を晒しておきます。




それにして、奈良県南部も道がだいぶ整備されてきましたね。
高速道じゃなくても、とても走りやすくて良かったです(^^)
ただ、民家の多いところは走りにくかったですね。
色々と注意せねばなりませんのでね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
週末はツーリングとイベントと・・・
ツーリングマップは、まだGoogleが新名神高速道路を更新していないのでお休みです。
昨日一昨日は、ようやく春らしくなり気温が上がりました。
家の中でじっとしていられず、土曜日に万博、日曜日に神戸空港へバイクで行ってきました。

ツーリングマップは、まだGoogleが新名神高速道路を更新していないのでお休みです。
ヤフー地図も検索に考慮しないしね。


万博の方は、「万博鉄道まつり2018」と言うのがありました。
鉄道にこだわりはないのですが、久しく万博に行っていないことを思いだし、動機付けとして行ってきました。
日本庭園も回ってきて、この年になってもう一つの万博を知ったような気になりました。
それにしても、年末から痛めていた足裏が完治していたら、もっと歩けていたのになぁ。
それだけが残念です。


神戸空港は、新名神を使った場合の所要時間と交通量調査。
神戸へ行には、これまで阪神高速道路北神戸線を使っていたのですが、対距離制に変わってから乗り放題プラン以外で使うことは無くなりました。
それ以外の方法では、一般道をひたすら走る苦行の連続(笑)
出来ることならクルマもバイクも神戸へ行くことは殆どありません。
今回、新名神高速道路から山陽道~六甲北有料道路~六甲有料道路と使ってみました。
まず料金!
何度も書きますが、2018年8月31日までは新名神高速道路の宝塚北SIC~高槻IC間を基点とした場合、最大50%割引になるキャンペーンをやっています。
で、川西IC~神戸北ICの料金が230円!(バイク・軽自動車)なんですよ。
中国池田ICから行くと700円ですよ。
ぶっちゃけ安い。

そして、六甲北有料道路が160円。
六甲有料道路が100円。
これにオフピーク割引というものが有り、50円引き。
つまり、川西から神戸まで440円(バイク・軽自動車)で行けるんですよ。
時間にして70分程度。

阪神高速道路北神戸線(西宮山口東IC~新神戸トンネル経由)を利用すると850円。
およそ2倍の価格差が生まれます。
新神戸トンネル経由の方が神戸空港に最も近いところに出られるのですが、西宮山口東ICまでの距離と時間がかかるので、選択肢として有り得ません。

複合技で、川西IC~新神戸トンネル経由で調べると1210円。
ただし、40分で高速を抜けられますので、20分短縮する時間を買うならこの方法も有りかも知れません。

ちなみに一般道ならR173~R171~R43号線経由の渋滞込みで最大2時間くらい。
距離は50km弱なんですけどね。
1時間440円で神戸へ行けるなら、今年の8月末までですが、何回か行くかな。
なんて思ってしまいます。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)
川西インター線(県道721号線)の交通量が増えていた
そして、川西インター線である県道721号線は、国道173号線に面している交差点にて多くて4~5台位が10台以上が待機してました。
昨年12月の新名神高速道路開通以降、目視で以下の区間を定点観測していました。



ずっと張り付いて見ていたわけではありませんが、昨日の3月21日の午後一と夕方を走行してみると、明らかに以前とは違うくらい交通量が増えていました。
感覚的に5~10倍くらい増えた感じです。


10倍というと、大層大袈裟のように書き込みですが、本当にそれ位増えているんですよ。
国道173号線はそれ程増えたようには思えないのですが、県道12号線の清和台方面から右折する車は、普段2~3台でした。
それが、先日では7~8台が待機するほど。
そして、川西インター線である県道721号線は、国道173号線に面している交差点にて多くて4~5台位が10台以上が待機してました。
また、川西インター交差点から東へ向かう車も圧倒的に多く、単に県道12号線と国道173号線のバイパス路では無いようになってきています。


今後、間違いなく交通量が増加するでしょう。
増加するにあたって、周辺路の交通量も増加し、県道12号線、国道173号線のそれぞれ南部の渋滞が懸念するところです。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
新名神高速道路を走ってきましたよ
一発目は大渋滞するだろうと予測して、NEXCO西日本が募集する宝塚北SIC利用者募集に申し込みしました。
昨日の告知通り、イベントに参加してきました。
えぇ。開通御礼セレモニーに車で。

認定証

記念品もいただきました。
いや、これが目的じゃないですよ。
一発目は大渋滞するだろうと予測して、NEXCO西日本が募集する宝塚北SIC利用者募集に申し込みしました。

当日、かなり早めに家を出て待ち合わせ場所に付いたのですが、のぼりも何も起っていなかったので心配になりました。
んが、暫くすると関係車両が着いて、職員さんが降りてきて点呼を取られました。
受付時と同じ気さくな職員さんで、色々とお話が出来て良かったです。
涙が出そうになりました。
色々(事故が)あっただけに。
また、このイベントでこれまた気さくな方とお話しが出来、仲良くさせていただくことになりました。

早速1周とちょっと走ってきました。
部分開通の時は、ダラダラと等倍速で流しましたが、今回は16倍速にしてみました。



いきなりSICで戸惑いました。倍速なので分かりづらいですが、かなり前の方に行かないとETCを認識してくれませんでした。
ピッと音が鳴ってゲートが開いて出発です。
今回は、宝塚北SICから高槻JCTに向かって走り、大阪方面に向かって名神高速道路下り線に入ります。
吹田JCT手前で中国道の連絡道に入り、そのまま神戸JCTまで走って濃い赤線に沿って高槻方面に向かうのでした。
今日は大渋滞でしたが、いずれその混雑は解消されると思います。
それにしても先頭じゃないけど先頭集団で入って思ったことは、ガランガランで快適に走れたと言うこと。
物凄くリラックスした気分で高槻JCTまで走りました。
神戸JCTまではいつも通り気合い入れて走り、また、神戸JCTから新名神高速道路に入ってからの渋滞で更に気合いが入りました。
動画見ても分かりますが、結構厚かましい車が多かったです。

現在は、2018/08/31までの開通記念キャンペーンで宝塚北SIC~高槻IC区間で入出場すると、高速道路料金が最大で半額までの値引きになります。
宝塚北SIC~川西ICまで普通車140円でした。(多分、休日ETC割引も入っているので、平日は200円です。それでも安い!通常は400円。)
これはちょっと嬉しい。
そして、名物宝塚渋滞もいずれなくなるはず。
初日は、ご祝儀で大渋滞でしたけどね。
どんどん活用したいと思います。

最後に建設に携わった皆様、ご苦労さまでした。
引き続き残りの区間も、事故の無いよう早期開通に向けて頑張って下さい!(^^)ノ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)新名神高速道路開通!
・中国道~名神。
いよいよ、本日15時より、新名神高速道路・川西IC~神戸JCTが開通します!
これまで、多く報道されているので今更ではありますが、改めてこの開通効果がどれ位あるかを書きたいと思います。


京阪神を通過しない人にはあまり馴染みがありませんが、岡山から京都の間を結ぶ最短の高速道路は、
・山陽道~名神

・中国道~名神
しかありません。
この区間で有名な渋滞箇所は

●中国道宝塚トンネル
●名神高速天王山トンネル

2箇所です。
名神高速の天王山トンネルは、私が免許を取得した頃から4車線化になるまでがもっとも酷く、4車線化されてからはそれ程印象がありません。
中国道の方は、私が免許取得した頃、宝塚トンネルの渋滞よりも、宝塚ICや中国吹田ICの出口渋滞の方が記憶に残っています。
これは、IC渋滞の殆どが料金所でのやり取りに時間と交通集中によるものなんですね。
ETCが整備され、IC渋滞が殆ど解消されたタイミングで、主要ICを除く殆どの箇所でなくなりました。

では、宝塚トンネル渋滞がいつから目立つようになったのか。
渋滞するタイミングは、岡山方向は午前中。
大阪方向は夕方から夜にかけて発生します。
私もハッキリ覚えていないのですが、記憶するに阪神淡路大震災前後くらいではないかと思います。
もしかすると、その前から発生していたかも知れないのですが、あまり記憶に残っていません。

岡山方面の渋滞は、長い登坂による速度低下です。

上り坂に入る
→速度が落ちる
→車間が詰まる
→ブレーキを踏む
→後続もブレーキを踏む
→渋滞が出来る

と言った感じです。交通量が少なければ、当然渋滞は発生しません。
この渋滞が発生すると酷いときは、中国池田ICまで続きます。
また、登り切ったところで速度取締機が設置されているので、そこでブレーキを踏む輩もいて更なる悪循環を生み出しています。
そこを過ぎるとだいたい渋滞がなくなっています。

大阪方面の渋滞は、もうかなり有名ですが、下り坂を行った先に見えない上り坂があるんです。
なので、岡山方面と同じく、長い登坂による速度低下です。
更に下った先がブラインドカーブになっているので、

急に詰まる
→急ブレーキ
→後続も急ブレーキ
→渋滞が出来る

と、最悪長い下り坂で追突事故にもなる原因もはらんでいます。


まぁ、それも今日で終わりなんですけどね!


新名神高速道路の開通によって京都や滋賀へ向かう人にとっては、これらの渋滞を回避出来る道路が出来たので、行楽地からの帰りは楽になると思います。
私は今日のイベントに参加する予定です。
また、開通記念イベントで高速料金が割安になるので、クルマでグルッと1周しようと思います(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
速度超過違反ホイホイツーリングw
そこへ、白バイが速度違反の取締でコッソリ追いかけます。


昨日も天気が良かったので、所用でJR茨木駅まで行ってきました。
所用というのも、前夜に万博周回コースはかなり危ない・・・という投稿があり、「そういや、学生の頃くらいから随分と走っていないな。どうなってんだろう?」と思い走ってきました。


確かにバイクで走るには、新御堂筋よりもかなり高度な判断力と運転捌きが必要であると感じました。
この周回コースは、右回りの一方通行なのですが、左右に駐車場の出入り口があるうえ、場所によってはブラインドカーブ的なところもあります。
そして、制限速度が60km/hなので割と速いです。
瞬時の判断とハンドル捌きがないと事故に直結します。
昨日も行楽日和でたくさんのクルマが、駐車場の入り口に列をなす・・・渋滞していました。
基本真ん中を走っていれば安泰ですが、途中で左折専用レーンに変わったりするので、運転が不慣れな人は前方の標識に注意を払わなければなりません。
そこへ、白バイが速度違反の取締でコッソリ追いかけます。
行き帰りとも周回コースを使ったのですが、1台捕まっていて車線を塞いでました。
お陰で渋滞になっていて迷惑!白バイも誘導するなら、もう少し違うところに停めろよ。と私は憤りました????

他にも大阪中央環状線の万博付近は、覆面パトカーによる取締もあり、ここはずっと昔から取締りして変わらないな。と思いました。
まぁ、中には100km/hを超すバカもいるので仕方ないですね。
でも、昼間に取り締まるんじゃなくて夜にやれよ。と常々思います。
夜の方がバカスカ捕まえられるよ。

と言うことで、JR茨木駅へ行った理由は、現地調査です。
西口はあまり変わっていませんでしたが、東口は随分と様変わりして驚きました。
私が想像していた東口ではありませんでした。
随分と近未来的な感じで、個人的には好印象です。
駐輪場もたくさん整備されていたので安心ですね。

3/10に引き続き一筆書きではなく、そのまま行き帰りほぼ同じコースで帰ったのでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ツーリング | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31