•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

更新館
・トリップアドバイザー。
私が中学生の頃、県外遠征で宿泊したのは2回だけです。
そして、2回目の宿泊先は、この更新館


何で覚えているのかというと、これがまたローカルなネタなのですが、エロエロとあったんですよ。
えぇ。エロエロと(笑)


この当時、東京国立競技場でジュニアオリンピックと言うものが10月にありまして、その時の宿泊先がここだったのです。
先日の飲み会で思い出したんです。


飲み会から日が経ったある日、ふと思い出してググってみたんですよ。
この情報化社会なら、きっと更新館のホームページがあるはず!
と思って期待したんですよ。
そしたら、全然ないんですよ(涙)


無いどころか、クチコミや評価が最低ランクに近いんですよ。
Google
トリップアドバイザー
いまチカ

正直、泊まった記憶はあるけどスタッフ対応までの記憶は全くないんです。
だから、いつの日か近いうちに泊まってみたい衝動に駆られてしまっているんですよ(笑)
確かに、ここはホテルではなく旅館。
しかも、扉ではなくふすま。鍵なんてありません。
(あと他校の先生に怒られたことも…)
そこまでは覚えているんですよ。


恐いもの見たさに泊まってみたい。
しかも素泊まりで4000円台は安い。
さらに駐車場も無料だし。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
飛行機の定時運行率と所要時間を論考
先日、スカイマークを利用したときに、「定時運行率No.1」というポスターを見て、「あっそ」的に見ていました。
先日、スカイマークを利用したときに、「定時運行率No.1」というポスターを見て、「あっそ」的に見ていました。
定時運行とは、読んで字のごとく時刻表通りに発着しました。なのですが、「そりゃぁ、今まで1時間で着くところを1時間15分にしたら、定時運行になるよな。」と思えたからです。


物的証拠がないので信用出来なければ別に構わないのですが、例えば羽田⇔伊丹・関空の発着時間は、1995年頃は60分でした。
(出張で頻繁に利用していたのでよく覚えています。)
距離も飛行機としては短いので東西ともに60分(九州になると多少変わる)なのですが、羽田が滑走路を増やしてもこの時間は変わらなかったと思います。
それで、キッチリキッカリ60分で発着したのか。と言うと、(スカイマークではなくてJALで)伊丹発が5~10分遅れることが日常茶飯事でした。(羽田発はそうでもなかった。)
また、当時は「ジャンボジェット機」が主流でしたので、搭乗時間に時間がかかったのも普通でした。


それがいつの頃からか、この区間の発着時間が一部70分に拡大されているんですね。
恐らく空の渋滞が起因していると思うのですが、それを見越した時間設定にするなら、「定時運行率No.1」なんてどの会社も唱えると思うんですよ。
だから、あまりアテにしない方が良いかと。


先日も関西に帰ってくるときは、予定よりも5分早く着いたんです。たかが5分。されど5分。
やっぱり、余裕を持ったダイヤ編成にしているのでしょうね。
過密ダイヤにして重大インシデントを起こすよりかは全然良いのですが、何かこうしっくりときません。


そうそう、これを書かないと行けませんでした。
ただ単に批判するだけでなく、航空会社も努力していることを。
それは、機内への搭乗の仕方についてですが、今まで搭乗する順番が

1.小さなお子様や介助が必要なお客様
2.一般のお客様

でした。
それが、

1.小さなお子様や介助が必要なお客様
2.窓側のお客様
3.真ん中のお客様
4.全てのお客様

と言う順番でした。
これを考えた人、素晴らしい!
お陰で機内ではスムーズに座ることが出来ましたし、満席の便が15分以内に終了しました。
飛行機の機種が小さいのもあるでしょうけど、機内はそれ程混雑することはなかったです。
スカイマークならではだと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
地方空港万歳!
いつも、羽田から出発するときは、滑走路まで行く時間と離陸するまでの時間が異様に長いのを感じてました。
先週末、法事のため茨城へ飛行機で行って来ました。
最後に飛行機に乗ったのはいつだっけ?
と過去のブログを漁っていたら見つけました。

台風…  -- 2013-09-17 Tuesday

そうそう、台風で着陸先が変更されるんだっけな。
関西空港は分かるにしても、羽田空港はあり得ないだろ。
と、当時、登場する人達は呟いていました。



今回、地方空港間を利用して、私は一つ気付きました。


地方空港ほど、搭乗完了から離陸までの時間が短いと言うことを。


私が飛行機を頻繁に利用したのは、1995年頃から5年あまり。
主に、羽田を起点とした各地方空港+伊丹空港、関西空港、新千歳空港。
いつも、羽田から出発するときは、滑走路まで行く時間と離陸するまでの時間が異様に長いのを感じてました。
伊丹空港もそうですね。
関空は、あまり利用していないのでそれ程イメージがない。


離陸するまでの時間が長くなるのは、当然発着回数が尋常じゃなく多いからで、そうじゃない空港なら殆ど待たされることがありません。
と言うことで、ここで出てくるのが、地方空港間の発着時間。
神戸空港から出発するときは、100%茨城空港へ行くときなのですが、朝も夜も待たされることがありません。
タラップを閉めて、滑走路まで進み、1~2分で離陸スタート。
帰りの茨城空港では、タラップを閉めてから滑走路まで進んで、すぐさま離陸です。

羽田空港や伊丹空港では、こんなの殆ど有り得ません。
羽田は、滑走路への誘導に時間がかかり、伊丹は滑走路が1本しかないので、同じ時間帯に出発する便があれば待ち行列が発生します。
時間を有効活用するなら、地方空港間を発着する便を利用する方が速いのです。


とは言え、神戸から羽田へ行く便と茨城へ行く便とでは、所要時間が殆ど同じなのですが、茨城から東京へ行くには更なる時間がかかるので、輸送シフトはなかなか難しいでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】
阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】。
阪神高速道路恒例のETC乗り放題パスです。
今夏も前回と違う点は、12月中旬までやると言うこと。


阪神高速ETC乗り放題パス【2018 SUMMER-AUTUMN】


1枚のETCカードで10回可能なので、複数枚持っている人は10回x複数枚と言うことになります。
有効利用して下さいね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
川西インター線(県道721号線)の交通量が増えていた
そして、川西インター線である県道721号線は、国道173号線に面している交差点にて多くて4~5台位が10台以上が待機してました。
昨年12月の新名神高速道路開通以降、目視で以下の区間を定点観測していました。



ずっと張り付いて見ていたわけではありませんが、昨日の3月21日の午後一と夕方を走行してみると、明らかに以前とは違うくらい交通量が増えていました。
感覚的に5~10倍くらい増えた感じです。


10倍というと、大層大袈裟のように書き込みですが、本当にそれ位増えているんですよ。
国道173号線はそれ程増えたようには思えないのですが、県道12号線の清和台方面から右折する車は、普段2~3台でした。
それが、先日では7~8台が待機するほど。
そして、川西インター線である県道721号線は、国道173号線に面している交差点にて多くて4~5台位が10台以上が待機してました。
また、川西インター交差点から東へ向かう車も圧倒的に多く、単に県道12号線と国道173号線のバイパス路では無いようになってきています。


今後、間違いなく交通量が増加するでしょう。
増加するにあたって、周辺路の交通量も増加し、県道12号線、国道173号線のそれぞれ南部の渋滞が懸念するところです。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
新名神高速道路の部分全通まであと10日
いよいよ、新名神高速道路★川西IC~神戸JCTまでの開通が、あと10日ごと迫ってきました。
いよいよ、新名神高速道路★川西IC~神戸JCTまでの開通が、あと10日ごと迫ってきました。
以下のイベントウォーキングに参加申込はされましたでしょうか。

平成30年3月18日(日曜日) 宝塚北ハイウェイウォーキング参加者募集!

このウォーキング、これまでにないハードなウォーキングになりそうなので、足指や甲に血豆の出来ている私は戦々恐々としながら申し込みました。
最近では、靴擦れもしてしまいました(。゚(゚´Д`゚)゚。)
もし当たっでも、はたして歩けるのか?俺・・・(笑)


新名神高速道路特設ページもありました。


この開通によって、中国道宝塚トンネル渋滞名物は確実に解消されることでしょう。
そして、新たな渋滞予測として、
【高速道路】
・高槻IC付近
【有料道路】
・箕面グリーンロード大阪方面出口付近
【一般道路】
◆川西IC
・国道173号線多田桜木1丁目交差点付近(南行き)
・国道173号線阪神高速池田線木部IC付近(国道423号線合流交差点)
・県道12号線火打1丁目交差点付近
◆箕面とどろみIC
・国道423号線坊島4丁目交差点付近

を予想します。
行楽日和の渋滞になりそうな気がします。
注視していきたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
航空運賃が…

20年くらい前までは、一人旅行が中心だったので、車で遠出をしない時は、専ら飛行機でした。
北海道なんか、真冬以外の季節に毎年行っていたくらい…。
当時、伊丹空港から新千歳までの航空運賃は3万円くらいだったと記憶するのですが、久し振りにJALのホームページで検索したら、どえりゃあ上がってましたね。
例えば来年1月の3連休初日の御値段、正規運賃は46,300円~…(・o・)メガテン
JALの伊丹~新千歳までの航空運賃


確か旅行会社がホテルとセットで29,800円で売り出していたような気がしたな…。
と思って探してみた。

阪急交通社の2泊3日の旅行代金

これは、阪急交通社の2泊3日フリープラン
連休初日は高いけど、それでも往復航空代金を考えると安い。
しかも、連休2日目にすると半額にまで下がる。
ツアーで行った方が断然安いのだ。


一人旅で気軽に航空手配旅行は厳しい時代になったようだ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
初めて走る圏央道と上下集約型パーキング・サービスエリアの考察
それが、圏央道(東名高速~常磐道間)がほぼ全通したので、先日のどの位の時間がかかるか帰省時に走ってみた。
いつも、東名高速道路から首都高を経由して常磐道に向かう時、重体渋滞に悩まされることがある。
それがいやで、遠回りになるけれど、いつも中央自動車道から北関東自動車道を経由して常磐道に向かって走っていた。





それが、圏央道(東名高速~常磐道間)がほぼ全通したので、先日のどの位の時間がかかるか帰省時に走ってみた。
時間帯が平日の夜間で遅かったのもあり、比較的空いていた。
海老名JCTからつくば中央JCTまで、マッタリ走って2時間弱だったと思う。
首都高速なら東京ICから三郷ICまで4時間はたっぷりかかっていただろう。





従来のコースと圏央道コースをそれぞれルート作成してみた。
Google マップで検索をしてみると、この様な結果が出た。


結果


40kmほど遠回りするのだが、走行する時間帯にもよって渋滞は殆どないと言っても良い。
かなり快適でサンデードライバーでも安心して走る事が出来るだろう。
ただ、久喜白岡JCTから以東は1車線区間になるので走行時の運転には注意が必要。
暫定区間らしいので早く4車線化が望まれます。
(交通の妨げにならない速度で走行する必要が有る。)


首都高の迷路のようなJCTを走る人が怖いなら、迷わず圏央道を使った方が良いでしょう。
首都高も渋滞さえ無ければ、走るのに楽しいところなんですけどね。


それともう一つ。
新しい高速道路が出来ると、気になるのはパーキング・サービスエリア。
一昔前までは、上下線別々に出来ていたのですが、最近は一体型になっています。
これ、50年くらい前にやっていれば、トラックの運ちゃんが泣いて喜んでいたと思うのですが、殆どがETCになってきているので、不正通行が減ったと判断してのことなんでしょうね。
多分、それは副産物だと思うのですが、逆走防止という観点もあるのでしょう。
私は個人的に良いと思っています。こうすることで、用地買収は1箇所で済みますし、工期も短く済みます。
また、店を1箇所に絞ることで雇う人数も少なくて済みます。
良い事ずくめですね。
ただ、上下線によっては側道からパーキング・サービスエリアまでのランプが物凄く長いので、注意して走行しなければなりませんね。

近々開通(高槻JCT~神戸JCT)する新名神高速道路のパーキング・サービスエリアも同じようにするようです。
開通が楽しみです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 05:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)
自宅から京滋バイパスまでのルートを考察
先日、愛知までドライブした帰り、高槻付近の事故渋滞を避けるため、京都縦貫道経由で帰ったのですが、ふと気付いたことがあります。
先日、愛知までドライブした帰り、高槻付近の事故渋滞を避けるため、京都縦貫道経由で帰ったのですが、ふと気付いたことがあります。
それは、大山崎JCTから自宅まで帰る時(またはその逆)、どっちの方が速いのか。
距離的にどっちの方が短いのか。
Google先生に調べてもらいました。


★いつも使っている中国豊中ICから入るルート
中国道経由


★京都縦貫道の亀岡ICから入るルート
京都縦貫道経由


7kmほどしか変わりません。
時間にしても4分程度。
でも、中国豊中ICに入るまでの道のりは、信号が多いし、かなりの確率で交通集中による渋滞に巻き込まれるし、インターチェンジに入るまでの時間に40分くらいかかります。
それなら、亀岡ルートの方が速いんじゃ無いか?と、例年この時期になるとバイクで洛北に行くことがあるので、だいたい道は分かっています。
亀岡から40分くらいで着いたので、精神衛生上、こっちルートの方が断然良さそうです。


だがしかし!


来月12月10日に新名神高速道路・川西IC~高槻JCT開通でそんな悩みを一気に吹き飛ばしてくれます(^^)
あー、楽しみだ。早く12月10日にならないかな(^^)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 05:00 | 旅行::その他 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31