•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

お盆休み期間中の高速道路あれこれ
追越車線を延々と走る事自体、否定はしません。
今年のお盆休みは、マッタリと取れる余裕はなく、14日までしかお休みがありませんでした。
それでも、地方の墓参りへ行くには高速道路を使うしかなく、何だか今年は色々なところで酷いシーンがあったなあ。と思うところがあったので綴っておこうと思います。


【一般道と勘違いするドライバー】
追越車線を延々と走る事自体、否定はしません。
しかし、(追越車線で自車の)前方がガラガラ(つまり先頭を走る)で、走行車線が適度な車間で空いているときは、速やかに走行車線に移るべきです。
ダラダラではありませんが、追越車線の後続が、延々と連なっているシーンを何度か遭遇しました。(私も追越車線で走っていた。)
こう言う輩が煽り運転を受ける羽目になるんですよ。
警察も上空と連携して、(お盆期間中の取締は難しいですけど)通行区分違反として積極的に取り締まって欲しいですね。


【急な割込】
だいたい100km/h前後で走行中、前車と50m~80mの車間距離で、いきなり猛スピードで割込、そしてブレーキするバカ。(特に左側)
80mくらいなら気持ち余裕があるんですが、50mは余裕なんてありません。
私は、確実にブレーキを踏んで速度を100km/hから80km/hくらいまで落とし、車間距離を開けることに試みます。
危険予測を張り巡らしていても、コンマ数秒の咄嗟の出来事は命取りになります。
頼むから、後ろに入ってくれと、急な割込をしたクルマに言いたいですね。


【合流車のトロイ加速】
私は教習の時、合流するときは加速車線でフル加速して80~100km/hにして速やかに入る。と習ったのですが、十分な加速をせずに本線に入るクルマがあるんですよね。
渋滞や混雑しているときは例外で仕方ありませんが、それ以外の場合、私は彼らの動きを予測しながら、合流をスムーズにするため車間を開けるか、追越車線に移るのですが、全然スピードが乗っていなくて、60km/hくらいでしかも加速車線を短い距離で入ってくるんですよね。
それ、めっちゃ、危ないで。
最近のクルマは、軽自動車も含めて燃料噴射が電子制御なので、アクセルベタ踏みしても、エンジンが壊れることはありません。
「なんびとたりとも、俺の前を走らせないぜ!」と言う気持ちでアクセルを全開に踏んで、加速車線を目一杯使って80~100km/hになったら走行車線に入りましょう。


【バイクのすり抜け】
渋滞時や交通集中による速度低下に頻繁に見られるのですが、走行車線と追越車線の間をバイクが、結構なスピードですり抜けていきます。
あれは、絶対に辞めて欲しい。
渋滞で止まっているときは良いのですが、20~60km/hで走っているときのすり抜けは一番怖い。
だって、クルマはサンドラ(サンデードライバー)が殆どなんですよ?
営業車とかプロドライバーが絶対数で少ない状態なんですよ?
いつ何時、車線変更してくるのか分からないのが、サンドラの特徴の一つなんですよ?
すり抜けるなら、(違反になるけど)路肩走行してもらいたい。
ライダーが律儀に渋滞列に並んでいたら、ある意味尊敬します。
熱中症になって倒れまっせ。


まぁ、こんなところでしょうか。
私は無事に事故せず過ごしましたが、マジで危険で迷惑です。
あと、関係ありませんが、右折レーンで信号待ち中、運転席から空き缶を投げ棄てる輩を見ました。
いや~、久々に見たわ。
白のクラウンマジェスタ。
しっかりと、ドライブレコーダーに保存しましたぜ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
めんたいパークに行って来ました
先週末、かねてから相方が行きたがっていた、めんたいパークへ行って来ました。



先週末、かねてから相方が行きたがっていた、めんたいパークへ行って来ました。
始めはバイクで行こうと思ったのですが、ちょっと、この暑さは厳しいな。と思い、クルマで行くことにしました。
高速道路を使えば30分くらいで着きそうな距離ですが、運転を楽しみたいので一般道の山道を(^^)


久し振りに来た三田(さんだ)駅前は、一段と発展していました。
うちの地元を越えているよな・・・(笑)
と言う位、道も整備されていて、23年前にここを車で毎日走っていたことが懐かしかったです。


んが。


綺麗に整備されているのは、駅前の通りだけでちょっと外れたところは相変わらずでした。
う~ん、やっぱり、見た目大事なのね。。。


さて、めんたいパークなのですが、無料で楽しむにはあまり長居出来なさそうな施設でした。
工場見学できると言うからどこまで見られるのかしら?と思ったのですが、まぁ、休みの日だからかも知れませんが、計量箱詰め作業だけでした。
ちょっと物足りない。。。
ビデオによる見学も出来たのですが、やはり物足りない。。。
お子様向けの工場見学と思った方が良いですね。
あと、売られている明太子は多くの種類があって良かったです。
あれだけ種類が多いと、購入する方も迷いますね。


イートインもありまして、おにぎり明太子と明太子肉まんを食べました。
ジャンボおにぎりと前評判を聞いていましたが、確かに大きかったです。
大きいと食べにくい印象がありますが、その辺も私には全く問題なかったです。
1個380円と、ちょっと高いかな~?なんて思いますが、コンビニの明太子おにぎりよりもはるかに上回る量の明太子が入っているので、十分満足すると思います。
明太子肉まんは、まぁ、うん。こんなもんかな。と言う感じ。1個300円ですが、それならおにぎりの方が良いと思います。
お腹を満たすならね。


1時間くらい滞在して、あとにしました。
そんなに長居出来るところではありませんでした。
家族連れで小さい子供がいれば、この時期、外の噴水とじゃれるくらいの時間はいられると思います(^^)


クルマでも中国道・神戸三田ICからすぐのところなので便利です。
駅から無料送迎バスもでています。
明太子好きなら、是非とも行っておきましょう(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
西山御殿に行ってきました
ツインリンクもてぎの次の日、法事を無事済ませてから、近所界隈を走りました。
ツインリンクもてぎの次の日、法事を無事済ませてから、近所界隈を走りました。
始めは、竜神大吊橋を見に行くつもりでしたが、15時前だというのに手前から渋滞。
時間が勿体ないと言うことで引き返して、西山御殿に向かいました。
しかしながら、行った時間が時既にお寿司。。。


西山御殿の受け付け終了


中に入ることは叶いませんでした。
仕方ないのでお堀の鯉と戯れることに。

それと、藤棚が綺麗でした。

西山御殿の藤棚


中には入れませんでしたが、雰囲気を楽しむことは出来ました。
また、いつか来たいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
ツインリンクもてぎに行ってきました
暫く草レースを堪能した後、ホンダ車が展示されているであろう、Honda Collection Hallへ足を運ぶことに。
GWもいよいよ最終日ですが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、5月1日から相方の法事で北関東に行ってました。
北関東に行くことは、殆ど相方の関係でその周辺しか行かなかったのですが、今回の法事で暫く北関東に来ることないかと思うとちょっとつまらないので、以前から行ってみたかった「ツインリンクもてぎ」まで足を運びました。


ホンダの西の鈴鹿、東の茂木でしょうか。
(かなり適当)


いやぁ、旅館から30分の場所にあるツインリンクもてぎは近かった。
前回、鈴鹿サーキットの事があり、それなりに構えていたのですが、当日は大きなイベントもなかったからか、拍子抜けするくらいにすんなり入場することが出来ました。ただ、会場近くの駐車場がいっぱいだったので、パドックの中に停められることが出来ました。

ツインリンクもてぎ


初めてパドックに入ったのですが(鈴鹿のパレードランは広い駐車場で待たされた)、これから草レースをする方々が、入念に市販車をチェックしていたり、談笑していたりして微笑ましかった印象があります。
それと同時に、今ここで私の車が乱入して、コースを爆走したらどえらいことになるだろうな。とよからぬ妄想をしてしまいました(笑)

パドックからエントランスに向かう路は結構長く、更に上にまで登るにはエスカレーターを使うほど長かったです。
そして、上まで登り切ったところから見る風景は、鈴鹿サーキットと同じ雰囲気を醸し出していました。

レース会場レース会場2レース会場3


途中、空を見ると遠いところでドス黒い雲が来てました。

怪しい天気の茂木町


が、それも遠ざかるくらい晴れ渡って良い天気でした。

雲が遠ざかる茂木町


暫く草レースを堪能した後、ホンダ車が展示されているであろう、Honda Collection Hallへ足を運ぶことに。
3階建てで1階から順に見て回りました。
バイクから始めた会社だけあって、バイクの展示数が凄い。
CBの良さがサッパリわからないけど、たくさん展示されていて来場者も各々撮影していました。
ホンダのホールなのにKAWASAKIやSUZUKIのバイクも展示されていました。

KAWASAKI 500SS マッハⅢ H1KAWASAKI 500SS マッハⅢ H1の紹介


バイクはこれしか撮影していなかったのですが、この馬力にひかれました。
リッター100馬力超えですよ。恐ろしい。モンスターバイクです。
SUZUKIのバイクもエンジン構造がロータリーエンジン搭載と言う事で、ロータリーエンジンはマツダだけじゃないんだな。とスズキの技術力に感心してしまいました。
バイク好きなら、半日くらい時間をかけてみるでしょうけれど、私のバイクライフはスクーターなので、1台も展示されていなかったので小一時間で終わりました。
続いてクルマの方に。。。
もう懐かしさいっぱいの車が展示されていました。

ワンダーシビック


私が免許を取得したときに、実家の車がこれでした。
写真のグレードは25iですが、うちのグレードは25Rでした。
iとRの違いは、燃料供給装置がインジェクション(電子制御)かキャブレターの違いだった気がします。
初めて乗ったとき、このクルマのパワーの無さ、燃費の悪さに驚いたのは今更でもありません。
今でも覚えているのですが、トリップメーターが良くて300~350kmくらいで給油ランプが点灯します。(多分)
満タンにすると公称45リットルに対し32~37リットル。
リッター10km行くか行かないくらいの酷さでした(笑)

化物と称されたZCエンジンのシビック
ZCエンジンのシビックの表記


この酷いクルマだったのに、こいつだけは別格だ。と言うのを友人から知らされてました。
確かにこいつは化物だな。


アコードエアロデッキアコードエアロデッキ全景

免許を取得して、将来お金があったら買いたいなぁ。と思っていたクルマ。
その希望は、ハッチバックから2ドアクーペに変わりましたけど、このクルマに少し憧れていたのは間違いない。
これが展示してあって、思わず感動してしまいました。


ホンダ全盛期のF1カー

Twitterにも呟いたんですが、私の中でホンダF1と言えば、このタイプ。
これに勝るホンダF1は、これから出てくるのでしょうか。
再参入してもサッパリな記録しか残せず、草葉の陰で本田宗一郎さんも嘆いていらっしゃることでしょう。


何だかんだと、タップリ5時間くらい滞在して、のんびりと見ることが出来ました。
鈴鹿の時は、落ち着いてみる暇がないくらいせわしなかったけど、こちらは余裕がありました。
やっぱり、レースイベントがないからなんでしょうかね。
あと、施設は鈴鹿と違って少ないように感じました。
体験型のアトラクションがありましたが、どこも行列でした。

草レース(20分程度のフリー走行)は、頻繁にやっていて、クルマもバイクも各々楽しんでいるように見えました。
この日、国際サーキットコースを有料でRunする事が出来たのですが、熟考の末、次の機会にしようと決めました。

この後、1時間くらい走って宇都宮まで行きました。
そこで餃子を食べることに。
いろいろな味が愉しめて美味しかったです。
今度は、浜松餃子を堪能しなくてはなりませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
鈴鹿サーキットに行ってきました
やっぱり、スポーツイベントがあるときは6時前の出発がベターのようですね。
今週初めの4/21、鈴鹿サーキットへ行ってきました。
たまたま、ホンダディーラーの営業さんから「直前で申し訳ないんですが、優待券いかが?」と言うことでありがたく頂戴しました。
4/20と21の2日間有効だったのですが、相方の都合で日曜日に。
乗り物フリーパスも付いているのですが、私はそう言うモノには興味がなく、4輪のモータースポーツのフリー走行とホンダとトヨタの展示車に乗ったり、写真をおさめたりしてました。
ホンダは車だけで無くバイクもありますから、色んなバイクに跨がりました。

ゴールドウィングゴールドウィングインパネ周り


NSXも展示してあり、順番を待てば乗ることが出来ます。
しかし私には、「近寄るな」オーラがあったので、近寄ることすら出来ませんでした(笑)
レジェンドには乗れたんですけどね(^^ゞ

何故かホンダの本拠地にトヨタ車も展示してました。

スープラ


外から見ただけですが、スープラの名に恥じない出来映えでした。
中はもっと凄いんでしょうね。

滞在は4時間くらいで、暑くてバテてきたので、渋滞を喰らう前に退散しました。
鈴鹿サーキットには、この時以来ですかね。

鈴鹿サーキット  -- 2013-04-15 Monday


もう6年も行ってなかったか。
しかも当時は5時起きの6時前に出発。
今回は7時過ぎに起きて8時前に出発。
やはり、前者の方が渋滞に見舞われずに済んだと思います。
今回は、至るかしこに渋滞で目的地に着いたのは11時前でした。

やっぱり、スポーツイベントがあるときは6時前の出発がベターのようですね。
これからはそうしようと思います(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
趣味はドライブ
・高速道路でトラックとの車間距離をどれだけ維持できるか。
私の趣味の一つに『ドライブ』があります。
このドライブで、1回の給油でどれ位走れるのか。も含まれます(笑)
今月は、例年にないくらい走りました。

相方の都合で今月は、3000km以上走りました。
3000kmがどれだけなものかは、こちらのリンクで燃費&走行記録を参照していただければと思います。
近年の月平均は、200~300km程度です。
(2017年3月と11月は特別です。バイクの走行距離を含めても2倍くらいです。それ程多くありません。)

基本的に、運転するのが好きなのでその位の距離を走っても苦とは思いません。
“好き”にも色々ありますが、私の場合、

・いかに燃費よく走られるか
・走っている感じ
・道路情報を逐一収集し考え、いかに渋滞を避けられるか
・高速道路でトラックとの車間距離をどれだけ維持できるか
 ⇒トラックは最高90km/hまでなので燃費走行に最適
・突発的なアクシデントをいかに切り抜けられるか
・スパゲッティー化する高速道路網の走行
 ⇒21世紀初頭、3通り程度しかなかったルートが10通り以上に増えた
 ⇒首都高速を通らなくなった圏央道の開通が非常に大きい
・交通の流れを妨げる乗用車を見て罵る
・危険予測を常にキャッチする
・車に最適なギアをあてる
・どこで休憩するかを考える

等など、単純に目的地へ向かうだけでなく、こうしたことを考えながらハンドルを握っています。
個人的には頭の体操になって良いんですよ。


長時間運転すると事故に遭遇する確率が高くなるのでは?と言う指摘があるかも知れませんが、それはその通りです。
これは車に限らず、歩行者でも事故に遭遇する確率が高くなります。
なので、私は開き直っており、事故遭遇率について殆ど気にしていません。
遭遇してしまったらそれまで。と言う考えだからです。


決まっているルートを走るのもたいくつかも知れませんが、長い距離を走るといろいろなドラマがあるので楽しいですよ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
城崎温泉旅行【2日目】
Pokemon GO活動をしながらクールダウン。
城崎温泉旅行【初日】
の続きです(^^)

翌朝、7時過ぎに目が覚め、少しウダウダしながら朝食会場に向かいました。
写真は撮らなかった(スマホ電池が無くなりかけたため)のですが、程良いボリュームでとても美味しかったです。
味噌汁がうまかったなぁ(笑)


その後、内湯でアルコールを抜くために入り、少しクールダウンをしてからチェックアウトしました。
お知り合い価格なのか滅茶苦茶安かったです。本当に料理長に感謝するとともに、また、行きたい気持ちになりました。


再び料理長と、近くの喫茶店で談笑し、本当に時間を忘れるほどでした。
ホント、おでこがこすれるくらい土下座感謝です。
その後、ちょっと城崎温泉駅を見たかったので立ち寄り。
すると、この日に城崎温泉駅でトワイライトエクスプレス瑞風がくると言うではありませんか!


城崎温泉駅城崎温泉駅 トワイライトエクスプレス瑞風ゲート


しかしながら、到着時間と私達がこれから移動するには、待てる時間では無かったので泣く泣くあとにして、城崎マリンワールドへ向かう事になりました。
城崎マリンワールドは、10分ほどで到着しました。
水族館に入場するのは、一体何年ぶりだろう?
多分、海遊館以来か。
満喫するぞー!と気合いを入れて入場券を買いました。


城崎マリンワールド ゲート


それにしてもこの日も暑くて、取りあえず室内へ。
水槽には悠々と魚たちが泳いでいました。

城崎マリンワールド 水槽の中城崎マリンワールド 水槽の中2城崎マリンワールド 水槽の中3

あまりにも涼しそうなので動画も。





館内を順に見ていると、ペンギンもいました。


城崎マリンワールド ペンギン


このペンギン、撮影慣れてしているのか、こちらが構えるとこの様にポーズを撮るのでした。
そうでないと、あちこち歩き回ります。
憎たらしい・・・(笑)

再び外を出ると、お姉さんに寄ってきて餌をねだるイルカがいました。


城崎マリンワールド 餌をねだるイルカ


また暫く歩くと、こんどはフルボルトペンギンの巣が。
たくさん飼育されていました。


城崎マリンワールド フルボルトペンギン1城崎マリンワールド フルボルトペンギン2(卵)城崎マリンワールド フルボルトペンギン3(じゃれ合い)


産卵した卵もあり、温めていました。
ペンギンの卵って、結構大きいんですね。
2個の卵をまとめて温めているのには驚きました。
スマイコやんは言いました。
「お前ら、ぜってー許せねぇー!一匹残らず駆逐してやる!と。」(ウソです)


城崎マリンワールド 亀のオブジェ


少し歩くと、意味不明な亀のオブジェがありました。
あれは一体何だろう?


城崎マリンワールド イルカアシカショー会場


歩いて着いたエリアは、イルカアシカショー会場でした。
時間が間もなくだったので待機。
いざ始まると圧巻でした。


城崎マリンワールド イルカアシカショー1城崎マリンワールド イルカアシカショー2城崎マリンワールド イルカアシカショー3城崎マリンワールド イルカアシカショー4城崎マリンワールド イルカアシカショー5城崎マリンワールド イルカアシカショー6城崎マリンワールド イルカアシカショー7城崎マリンワールド イルカアシカショー8城崎マリンワールド イルカアシカショー9城崎マリンワールド イルカアシカショー10城崎マリンワールド イルカアシカショー11城崎マリンワールド イルカアシカショー12城崎マリンワールド イルカアシカショー13城崎マリンワールド イルカアシカショー15城崎マリンワールド イルカアシカショー16城崎マリンワールド イルカアシカショー17城崎マリンワールド イルカアシカショー18


滅茶苦茶写真を撮りましたが、50枚くらい撮りました。その中から厳選しました。
ちょっと多すぎですね(^_^; アハハ…
でも、凄く良かったですよ。
よくテレビとかで見ていたシーンを普通にやってました。
立ち泳ぎとかジャンプ、そしてイルカがトレーナーを思いっ切り押し上げてジャンプなど。
見ていて圧巻でした。初見なら絶対にオススメしたいですね。


その後もプラプラしていたのですが、だんだん暑くなってきてエアコンの効いたところへコーヒーブレイク。
Pokemon GO活動をしながらクールダウン。
一通り見て回り堪能し、相方が豊岡カバンを見に行きたいと言うことで決定。


13時過ぎに出発し、こんどは相方希望の豊岡カバンへ行きました。
20分ほどして着き、無料駐車場に停めて目的のところへ行きました。
私は、カバンには興味なかったのですが、キーケースを見ていてとても良い作りをしているなぁ。と感心しました。
相方がもう一箇所見て回りたいと言うことで、ちょっと歩いて行くことに。
炎天下の中、帽子も被らずに歩くのはちょっと地獄でした(笑)
そして、臨時休業の札が下がっていて、疲労度倍増(笑)
相方は、気分悪い、気持ち悪い、暑いを繰り返し言い続けて駐車場に戻るのでした。


もう、あとは帰るだけ。
時短のため有料道路を利用する事に。
と言っても、殆ど無料高速道路で使う区間は、遠阪トンネルと春日IC~丹南篠山口の区間だけ。
わざわざ遠回りして川西ICへ行く必要なし。


その途中で、山東PA・・・道の駅 但馬のまほろばへ立ち寄り。
ここではトイレ休憩とやはりクールダウン。
熱いんですよ。暑いではなく熱い。
ちょうど、Pokemon GO活動のモンスターボールが切れたので、運良くポケストップが3箇所、ジムが1箇所と好都合でした。
モンスターボールを補充しつつも、大量に沸くモンスターをスーパーボールやハイパーボールを使ってGET。
1時間ばかり休憩してリスタート。


90分くらいのんびりと走りながら帰って来ました。
相変わらず走り慣れた道だからかイエローカットして追い越すクルマがいました
ハンドル操作誤ってガードレール突き破って、転落死すれば良いのに。
なんて思いながら走りました。
イエローカットして抜き去ったクルマは、20分後追いつきました。
急いで抜いても結局、追いつくんだよ。バカが(笑)
何で分からないんだろうねぇ。


こうして、1泊2日の温泉旅行が終わりました。
お世辞抜きにして、行って良かったなぁ。と改めて思います。
外湯巡りが出来なかったのは残念ですが、これはまたいずれの機会に(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
城崎温泉旅行【初日】
・コウノトリ但馬空港。
先日のブログにも書いたとおり、学生時代バイトでお世話になった料理長が定年を迎えたことで、ご挨拶しに城崎温泉まで行って来ました。
いつもは、まっすぐに目的地へ行く私ですが、今回は、行きたいところをピックアップして絞り込みました。

コウノトリ但馬空港
コウノトリの郷公園
城崎マリンワールド
豊岡カバンストリート

本当はバイクで行きたかったのですが、連日の獄暑(猛暑を更に行く上の表現)で命の危険を感じたため、クルマで行くことにしました。
毎度お馴染みのルートはこちら。



11時に出発。途中で川西名産のお土産を買いました。
それから暫く走って1時間過ぎたところでランチタイム。


ラ・ムー篠山店で休憩100円たこ焼き


晩御飯を期待していたので、ここでは小食にたこ焼きを12個。200円。
相変わらず安い。
外に出ると暑いのでエンジンをかけてエアコンを付けたままにしました。そうじゃ無いと暑すぎてダメ。
普段は切るんですけど、さすがに熱中症が怖くてね。

たこ焼きを食べ終えてすぐに出発。
今回は有料道路を使わず、ひたすら一般道を走ります。

道中、エアコンをかけっぱなしにしても暑かった。
クルマが止まってもアイドリングストップするのは殆どレアなくらい。
ストップしてもクラッチを切るとすぐにエンジンがかかります。
(普通はギアが入らないとエンジンはかかりません。裏技でクラッチペダルを2回踏むとアイドリングストップがキャンセルされます。)


2時間弱ほどで、コウノトリ但馬空港に着きました。

コウノトリ但馬空港案内版コウノトリ但馬空港

地方空港は静かで良いですね。駐車場は当然無料。
でも、神戸空港のような広い駐車場ではありません。


朝と夕方しか飛んでいませんので、着いた時間はなにをするでもなく空港内の見学です。
早速屋上に出て、滑走路を眺めてました。

コウノトリ但馬空港 滑走路中央コウノトリ但馬空港 滑走路右側

動画を取り損ねましたがセスナ機が飛んでいきました。
気持ちよさそう。
日差しはそれ程強く感じなかったのですが、さすがに長いこといると暑い。
クールダウンのため室内に逃げました。

コウノトリ但馬空港 到着口

中はこんな感じ。
喫茶店や土産物屋がありますが、いかんせん人がいないので閑散としていました。
まぁ、私にしたら居心地が良いので1時間くらい滞在していました。
地方空港あるあるなのですが、Pokemon GOをするとモンスターが大量に湧くんですよ。
神戸空港なんかは、これでもかっ!と言う位出るのですが、コウノトリ但馬空港はそれ程ではありませんでした。
でも、ポケストップとジム攻略でモンスターを置いてきました(^^)


そして、再び出発。
20分強で、コウノトリの郷公園に着きました。
記念館を見学できるかなぁ。と思ったら・・・


コウノトリの郷公園にあるポストコウノトリの郷公園 休園日


なんと、休園日でした!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!
仕方ないので、近くのお土産物屋さんでソフトクリームを食す。
もう暑いんだもの。アイスコーヒーだけでは保ちません。
公園には、こんなオブジェがありました。


コウノトリの郷公園 巣


45分ほど休憩して、いよいよ宿泊先へ!
KKR城崎玄武は、学生時代バイトでお世話になった料理長が定年退職されたので、そのおめでとうと近況報告をするために行きました。
ずっと気にかかりながらも、全然行けてなかったので・・・。

一期一会  -- 2018-07-15 Sunday

20分ほどで着いて久しぶりの再会。
料理長には、出発時にGoogle マップの共有情報を送っていました。
逐一、チェックをされていたようで、LINEで「○○にいるやろ。」「○○あたりやな。」と送ってきました。
こうした返信がくれると、共有情報を送った方も冥利つきますね(^^)
暫くロビーで話しをした後、26年前の写真を持ってきたりして懐かしく談笑していました。


一旦部屋に戻って、内湯へ。
殆ど貸切状態でたっぷりと堪能しました。

18時になっていよいよ食事。
やはり海に近いだけあって海の幸がたくさんあります。


城崎玄武 付け出し城崎玄武 お刺身城崎玄武 なすの水物城崎玄武 鯛しゃぶセット城崎玄武 カボチャ巾着城崎玄武 肉巻にぎり城崎玄武 デザート城崎玄武 ごちそうさま


どれも美味しく海の幸も堪能しました。
そして芸が細かい。

城崎玄武 お刺身の芸

料理を更に美味しく際立たせてくれます(^^)
1時間ほど堪能した後、料理長と相方と3人で、近くのスナックへ行き6時間ほど滞在しました。
飲んで歌って喋って。
酔いが物凄く回ってきて、歌っている途中にここ数年色んな人を亡くしたことを思い出し泣いてしまいました。
たくさん愉しんだあとは、もう爆錘でした。

【続く】


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
相方の実家へ帰省
首都高を経由せずに圏央道を選ぶのは、。
ゴールデンウィークも終わり、そろそろ五月病を患う頃だと思いますが、皆さん元気に取り戻してきたでしょうか。
私の今年のゴールデンウィークは、相方の実家へ帰省してきました。
相方は茨城県にあるのですが、余程のことがない限り、1人でも2人でも基本的に車で帰ります。
(その次に多いのは、飛行機+電車、一番少ないのは電車+新幹線)
車で帰ると言う事は、誰しもが次に直面すると思います。


・高速道路の渋滞
・長距離運転による疲労


今回、これらをいかに克服出来るかをテーマにしてみました。
(かなり大袈裟だが)


まずは、帰省ルートを立案します。
相方の実家へ帰るには、複数ものルートがあります。
王道は、新名神~名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸~新東名~東名~圏央~常磐 です。
首都高を経由せずに圏央道を選ぶのは、

・東名の町田ICを通過する時間帯には、断続的な渋滞発生する(実際30Km発生していた)
・首都高の渋滞は予測出来ない(過去1度だけノン渋滞だった。)
・首都高を挟むと、全線通したETCの深夜割引(ぶつ切りになる)を受けられない

こうした理由から、「急がば回れ」精神で圏央道を選んでいます。
特にETC深夜割が使えない事が結構大きく、圏央道が出来るまでのルートは


中国道~名神高速~中央道~長野道~上信越道~関越道~北関東道~東北道~北関東道~常磐道


と、かなり遠回りをしていました。それでも、このルートの渋滞は殆ど皆無でした。
しかし、今回は次の旅行計画を立てました。


新名神~名神~新名神~東名阪~伊勢湾岸~新東名~東名~圏央~関越~外環~常磐 です。


圏央道の途中、関越道で南下し、外環道を走って常磐道に戻るパターンです。
外環道は、結婚して間もない頃に走ったのですが、正直言って記憶に残らないほどです。
事前に料金サイトでチェックしてみたところ、通し料金で行けそうなので走ってみることにしました。
距離も圏央道一本と比べると、10キロくらい伸びる感じです。





圏央道1本を避けた理由は、

・関越道を越えると2車線から1車線になる
(時折追越し区間がある)
・以前帰りに利用したところ、渋滞に巻き込まれて想定以上に時間がかかった

と言うこと。
特に夜間でこの1車線区間を走るのは、前にトラックでも走ってくれると気楽なのですが、自分が先頭になると後続が気になってしまいます。
(スピードが遅くてイライラしないか。車間詰められて煽り運転されないか。等。)
その点、外環道は全線2車線以上だったはずなので、トロトロ走っても追越車線で抜いてもらったら良いだけです。
てなわけで、走りました。


実際走ってみたところ、走りやすかったことは間違いないのですが、ここで問題発生。
なんと、外環道の大泉JCTを過ぎた先に、料金所があったんですよ。
「ええ?」
と思ったけど仕方なく通る事に。
通しで深夜割引にするはずが、休日割引になってしまいました。

※証拠画像

料金(速報)


まだ確定じゃないので、確定までは騒ぎませんがちょっと解せませんでした(苦笑)
料金が確定してから、改めて書き記したいと思います。


さて、もう一つのテーマ、長距離運転による疲労。
行きは相方と一緒でしたので、それ程疲れはなかったのですが、帰りは相方を残して1人で運転。
過去の経験から、長距離運転の疲労を蓄積しない方法は、多分次の通りだと思います。

・制限速度を守る
・相手との車間距離を十分に空ける
・クルーズコントロール機能があるクルマは積極的に使用
・2~3時間運転したら、最低15分は外の空気を吸って身体を伸ばす

どれも教習所や、高速道路会社が書いている事そのまんまなのですが、ホントその通りなんですよ。
例えば、「制限速度を守る」

一時的に120km/Hを走っても90km/Hで走っても、所要時間はそれ程大差ありません。
単純計算すれば、120キロを120km/Hで走れば1時間ですが、90km/Hでも1時間18分で着きます。
たった18分差です。
そりゃぁ、600キロともなると、前者なら5時間、後者なら6時間40分と1時間40分も差が開きます。
しかし、600キロ区間において、渋滞が一つもないと言うことは、サンデードライバーなら経験上全くのゼロです。
どこかで必ず渋滞に遭遇するか、しなくても交通集中によって120km/Hで走れない区間が発生するはずです。
また、ところどころにオービスがあるため、自然と減速してしまいます。
もちろん、90km/Hで走っても同じ条件に当てはまりますが、その誤差は120km/Hよりも少ないでしょう。

また、眼精疲労も夜間を除き違います。
これは個人差や年齢差が出ると思いますが、高速度で走行していると、瞬時の判断ミスが大事故に繋がるため、通常速度よりも周囲の交通状況を把握(特に覆面パトカー)するため集中します。
すると、目の奥から後頭部、両肩にかけて痛くなるんですよ。
これが極限に来るとスイマー(睡魔)に襲われます。

違反を犯してまでの高速走行は、正直言って何一つメリットがないんですよ。
それなら、制限速度で走っていた方が、絶対にマシというものです。


次に、「車間距離」
交通混雑が始まると、人の心理として割り込ませたくない。が働き、どうしても前を詰めて走る傾向にあります。
高速道路において、車間距離を詰めた状態で走るのは自殺行為と言ってもよいでしょう。
周囲の状況が、前車1点のみに集中し、全体の交通状況を把握出来ていない傾向にあります。
車間不保持の状態で走ると、前の車がブレーキを踏まなくても速度を落とせば、車間不保持の車はブレーキを踏みます。
それが連なっていると、渋滞を生む原因となるんです。
もしも、十分な車間距離を空けていれば、エンジンブレーキなどで徐々に減速することで車間を詰めることが出来ます。
ブレーキを踏む連鎖がなくて済むので、渋滞を生み出さずに済みます。
(ただし、交通量が道路車線数の許容量を超えるときは、なにをしても渋滞になります。)
特にサグ部(下りから上り坂になる部分)では、このワザは有効なので覚えて欲しいところです。


その他、クルーズコントロール機能や休憩については、長くなるのでまた別の日に書きたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)
果無(はてなし)集落
pic.twitter.com/M3IZA3ia4e — いぐやん (@smart_icoca) 2018年4月8日 。
親から「はてなしムラって知ってる?漢字で果無と書くんや。」と聞かれ、そんなの聞いたことないわ。と答えた後、ググって検索したら有りました。
先日、実家に帰省したついでに行く事になったのですが、いやぁ、遠かった。
ドライブルートはこちら。



片道150km。行きは、全部一般道。
帰りは途中から南阪奈道路-近畿自動車道-第二京阪で帰ってきました。
行きは、昼休憩挟んで、ゴール目前で迷って4時間20分。
帰りは、3時間でした。

確かに、果無集落に続く道は、本当にあの世へ行くような道のりでした。
ついた場所はこんな感じ。





熊野古道が世界遺産に認定されていることから、ここもそうみたいでした。





現地は、まだ桜やその他の花が咲いていました。
疲れたからだが癒やされたのに、帰りに無茶苦茶飛ばして抜き去ったのに、交差点で追いついてしまった車を晒しておきます。




それにして、奈良県南部も道がだいぶ整備されてきましたね。
高速道じゃなくても、とても走りやすくて良かったです(^^)
ただ、民家の多いところは走りにくかったですね。
色々と注意せねばなりませんのでね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行::ドライブ | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30