•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

今日からBS4K放送開始
今日からの放送にあたって、各有名家電メーカーがBS4K内蔵チューナーテレビを廉売すると思っていたのですが、パネルだけを買って海外で生産するサブメーカーが43インチでHDR10付きの液晶テレビを8万円で売るくらいでした。
静かな、静かなスタートですね。
そんなこと思うの俺だけか(笑)

今日からの放送にあたって、各有名家電メーカーがBS4K内蔵チューナーテレビを廉売すると思っていたのですが、パネルだけを買って海外で生産するサブメーカーが43インチでHDR10付きの液晶テレビを8万円で売るくらいでした。
私のSNS界隈で見るとあまり盛り上がってなさそうです。


私が録画するときに愛用するDimoraで番組表を見てみました。
前日の11/30にこの記事は作成しているのですが、何と番組表が見当たりません!
あれ?もしかして、現行のBSデジタル放送と同じチャンネルなのかな・・・?

ググってみました。
すると、各局で番組表が公開されていました。

NHK
BS朝日
BSフジ
BSテレ東
BS-TBS

この5局で始まるようです。
ざっと見た感じ、番組表が見やすかったのはNHKだけで、それ以外は推して知るべし。と言う感じですね。
全然やる気がないような印象です。

ながらテレビ


アナログ放送からデジタル放送に変わるような変化ではないし、既にBS4K内蔵チューナーがない4Kテレビを持っている人が多いので、視聴率なんて調べると限りなく0%に近いんじゃないでしょうかね。
本格的に始まるのは、来年のラグビーワールドカップと再来年の東京オリンピックが販売合戦になるのでしょうね。
でも、劇的に販売台数が増えるとは到底思えないなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 10:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
【実写版】君の膵臓をたべたい
既に見終えてましたが、実写版映画のDVD「君の膵臓をたべたい」を見ました。



既に見終えてましたが、実写版映画のDVD「君の膵臓をたべたい」を見ました。
その感想を書きたいと思います。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
2018年10月から視聴するアニメ
2017年10月からのアニメ  -- 2017-09-27 Wednesday。
昨年、こう言うのを書いていたので覚え書きとして。

2017年10月からのアニメ  -- 2017-09-27 Wednesday

※2018年7月からの続き?
毎週日曜深夜
つくもがみ貸します
つくもがみ貸します

毎週日曜深夜
進撃の巨人 Season3
進撃の巨人 Season3

10/14(日)深夜限り
BEATLESS
BEATLESS

※2018年10月より
毎週月曜日深夜
あかねさす少女
あかねさす少女

毎週月曜日深夜
走り続けてよかったって。
走り続けてよかったって。

毎週月曜日深夜
ゴールデンカムイ2
ゴールデンカムイ

毎週火曜日深夜
異世界居酒屋〜古都アイテーリアの居酒屋のぶ〜
異世界居酒屋

毎週火曜日深夜
CONCEPTION
CONCEPTION

毎週水曜日深夜
INGRESS
Ingress

毎週金曜日深夜
宇宙戦艦ヤマト2202
宇宙戦艦ヤマト2202

毎週土曜日夕方
ラディアン
ラディアン

毎週土曜日深夜
うちのメイドがウザすぎる!
うちのメイドがウザすぎる!

※昨年、見る予定だったけど重複してみられなかった番組
毎週火曜日深夜
URAHARA
URAHARA

毎度直感だけで選んでいるんだけど、見事に日・月・火に集中しているな。
これ以外にも深夜バラエティーを予約していたりするから、視聴する時間が大変なことになりそうだ。
家族が予約する番組と重ならなければ良いのだが。。。

これを全部見るかは、10月に一通り見てから決めるかな。
多分、全部視聴するのは難しいので。
いくつかは、途中で止めるかも知れない。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:42 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
池上彰氏のパクリ騒動から#METOO運動へ
池上彰さんのネタ取り、テレ朝から私にも来ましたよ。
先週、こう言うのをSNS内で書きました。





その後注視していたのですが、次々と・・・とは行かず、ポツポツと #METOO になりつつあります。
















ここで注意するべき点は、制作会議の場で
・池上彰氏が制作スタッフ陣に指示して言質取りをしたのか
・制作スタッフ側が都合の良いストーリーを作るために勝手にしたのか
という点です。

前者では池上彰氏が明確に否定しております。
池上彰氏、疑惑に「あってはならないし、ありえない」 「他人の意見を自分の意見に...」主張へ反論

これが真実だとすると、制作スタッフ側が番組を作るために仕方なくやったんだと考えられそうです。
しかし、疑惑の発端となったフジテレビでも否定をしております。
池上彰氏の番組に子役が出演し疑問 フジテレビは台本による演技を否定

どちらが正しいことを言っているのか。
もちろん、両方正しいことを言っているかも知れませんが、両方共嘘をついている可能性もあります。
借りに正しいことを言ったとすれば、騒動の発端となった子役は、将来大物に化けるかも知れませんね。


こうした盗作疑惑もネット界ではざわついていながら、私が許されないなあ。と思うことは、テレビ制作が高尚ぶって視聴者に見せてやっているぞ。と言う姿ですね。
出来ないなら最初からやらなければ良いのです。
今は見ていませんが、似たような番組を2006年頃からリアルタイムで見ていた「たかじんのそこまで言って委員会」でした。
私の見る番組  -- 2006-02-12 Sunday
池上彰氏の番組を見ていないので比較しようがありませんが、この番組も時事ネタを2~3本テーマとして掲げ、パネラー8人が喧々囂々と言い合うものでした。
この番組は、台本なんて殆ど無い(あるのは進行上のものだけ)ので、好き勝手に喋り視聴者がそれをどう捉えるか。考えさせられる番組でした。
そして、そのテーマの裏どりとして必ず有識者を使い、VTRやゲストとして呼ばれていました。
今回騒動の発端となっているようなことは、殆どなかったと思います。
(何度か誤った情報を流したときは、番組の冒頭で謝罪をしていました。)


ところで池上彰氏は、一度、全ての番組から降りる宣言をしていたんですね。
「ないない!」 全番組降板の池上彰 政界進出の情報は真っ向否定も......

これは私もネットニュースで知っていましたから、思い切ったことをするなあ。と同時にジャーナリストに戻る宣言をしていたので、好意的に見ていたんですね。
それから数年で復帰して、再び売れっ子になっているわけです。
私は以前にも書いたとおり、ゴールデンタイムにテレビを見ることはしませんので、池上彰氏がどれほど出演されているのかつゆ知らずですが、ネットニュースでたびたび話題に上がっていることだけは知っていました。

今回の騒動をきっかけに、出演される番組を絞った方が良いのではないかと思います。
そして、池上彰氏本人が関与していないにせよ、何かしらの形で池上彰氏自身から謝罪で幕引きされた方が良いと思います。
(番組名で池上彰氏本人が使われていますからね。)
このまま、済し崩しにダラダラと伸ばしていたら、有識者は誰一人どのテレビ局にも協力しなくなり、結果的にテレビ業界全体のクビを絞める羽目になりますよ。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
在京民間テレビ局とNHK
ちょうど、在京民間テレビ局の朝のワイドショーに始まり、昼のワイドショー、夕方、夜と殆ど見ていました。
お盆で南東北に帰省している間、特にすることもなくほぼ一日朝から晩までテレビを見る機会がありました。
ちょうど、在京民間テレビ局の朝のワイドショーに始まり、昼のワイドショー、夕方、夜と殆ど見ていました。

ここで見た感想は、「首都圏ってこんな内容をずっと毎日見ているの?」と思った次第。
とにかく内容が酷い。
ちょうど、その日は富田林市の強姦魔脱走山口県の2歳児行方不明(発見されて良かった)。徳島阿波踊り内紛群馬県防災ヘリ墜落。をメインにやっていたのですが、朝から夕方まで一本調子でした。情報番組なのに新鮮さが全く見られない。芸能ニュースなんて何も無かった。

しかも朝のパネルを昼にも使い回しをする有様。
情報は小出しで引っ張ってCM。
MCやコメンテーターが番組ごとに変わり、風変わりな意見を言うくらいで、内容は朝から晩まで全く同じ。こんなの見ていたら洗脳されるな。と。
特に酷いな。と思ったのは、阿波踊り内紛で、踊り子代表が「俺達は権力者に立ち向かっている!」と言う構図をありのまま伝わってきて、これは痛いなあ。と。
徳島市側は、赤字を解消しようと今年から変えたのですが、あまり効果が無かったような報道を伝える制作側。
地元のコメントも物凄く偏っていて、明らかに徳島市vs地元民という構図になっていました。
こんな報道していたら、来年から阿波踊りを見に来る観光客が減るんじゃないかな。


これを朝から晩までやっていて、何一つ進展しないのですから、物凄くつまらない。
夜になって首都圏のゲリラ豪雨がネタになったようで、それを全国放送時間帯に放送する始末。
普段テレビを見ない私ですが、こんなのを毎日見させられたら、気が変になってしまいそうです。
まだ、関西の情報番組の方が馴染めそうです。


そして、19時前になってもう見ていられないので、チャンネルをNHKに変えさせてもらいました。
すると、普段ネットからNHKの偏向報道が酷い!と言われていますが、そのNHKが物凄くまともに見られるんですよ。
全国くまなく、要所だけを伝える姿勢が好感もてるようになったんです。

そう思うと、首都圏に住んでいて毎日朝から晩まで在京の民間テレビを見ている人は、物凄く可哀想だなぁ。なんて気の毒に感じました。
こりゃぁ、若者がテレビを見ずにネットを見るのも頷けます。
私は12時間テレビを見続けるくらいなら、ブログ記事を作成するためのネタを探し歩きますわ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
篠原涼子さん
元々彼女は、東京パフォーマンスドールというグループアイドルから歌手デビューしていたことは知っていました。
先日、違法にアップロードされているYoutubeから、ダウンタウンのごっつええ感じの動画を見ていました。
ダウンタウンの面白さについては、賛否両論ありますが、久し振りに見て物凄く腹を抱えて笑いました。

「ごっつええ感じ 世紀末戦隊ゴレンジャイ」と「キャシイ塚本」で検索。


途中から気になったのですが、この当時のYouも若いことは言うまでもなく、篠原涼子さんも滅茶苦茶かわいいなぁ。と思った次第。
元々彼女は、東京パフォーマンスドールというグループアイドルから歌手デビューしていたことは知っていました。
でも私の知識はその程度で、どちらかと言うと小室哲哉プロデュースの「恋しさと せつなさと 心強さと」の方がインパクトありますね。
そんな彼女が、今の放送基準だとセクハラまがいとバッシングされてもおかしくないバラエティーで活躍していました。


それが今では、女優業として活躍されていることは周知の事実ですが、実は私、ドラマを殆ど見ないので彼女の活躍はよくわかっていません。
ただ、たまにCMとか朝の情報番組でチラ見したときに、「随分と大人びた女性になったなぁ。可愛いから綺麗への進化だな。」と思った次第。


ファンでも何でもありませんが、これからもますますのご活躍を祈念します。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
AbemaTV
動画配信というと、Youtubeやニコニコ動画が主戦場となりますが、AbemaTVはそれらとは一線画しますね。
色んな事情で、今年の2月くらいから少しずつ見るようになりました。
ガッツリ見てはいないのですが、先日、相方の実家に帰ったときに、「あぁ、こう言う使い方で見るんだな。」と納得した次第。


どう言うシチュエーションかと言うと、
・テレビが近くになく
・SNSも飽きて
・ゲームも飽きて
・電子書籍も飽きて
・Amazonプライムビデオも飽きて
と言う状態(笑)


スマホで動画配信サービスは、基本「No!」なのですが、他にないので仕方なくアプリを雷神スマホにインストール。
この画面サイズなら、視聴するのも有りですね。
テレビの感覚でザッピング出来るので、つまらなかったら他のチャンネルに切り替えます。
深く掘り下げてみていないのですが、バラエティーとアニメが中心と言ったところでしょうか。
テレビで出てくる芸人が普通に出演しているので、「へぇ、こんなところまでやっているんだなあ。」と感心してしまいました。


動画配信というと、Youtubeやニコニコ動画が主戦場となりますが、AbemaTVはそれらとは一線画しますね。
当面は、私も時間が有り余っているときがあれば、AbemaTVを見ようと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ::動画配信 | comments (0) | trackback (0)
ドラマとアニメとバラエティーと
生前のやしきたかじんさんがやっていた、「そこまで言って委員会」も亡くなられて半年くらいで見るのを止めました。
この頃くらいから、急に深夜アニメを見始めたんだよねぇ。
ドルアーガの塔(2008/04/09 07:20:13)


それまで、だいたいバラエティーオンリーで、深夜アニメはあまり興味なかった。
アニメは好きだけど、そんな時間帯にやっていることを知らなかった。
当時は、impress社のAV Watchと言うニュースサイトから、アニメ新番組を入手していました。
今も四半期ごとに特集でやるのですが、私が見ているのはこちら。

最新アニメ情報:新作テレビアニメ放送スケジュール


ここにピックアップされている番組を全て録画してみるのではなく、気になるタイトルをクリックして興味があれば、Dimoraにてキーワード予約をしている。
何でもかんでも予約しても見る時間が無いので、最初の1話だけを見てつまらなかったらキーワード予約から外す。
と言うことを繰り返している。
これでも、曜日に偏りがあったりするが、週末に一気見するようにしている。
今は、1期あたり5~7本と言った所かな。
最近、5分とか15分で終わるものも増えたので、ちょっと楽。
そして、動画配信サービスが充実してきたので、見逃しても追いかけられるようになったが嬉しい。
けど、動画配信サービスの場合、「後で見よう」という心理が働いてそのまま忘れてしまうケースもある(笑)


その逆で、「ドラマ」は殆ど見ない。
強いてあげるなら「相棒」だけ。
相棒」は10月から3月の半年間放送されるので、だいたいこれで事が足りる。
それ以外は、池井戸潤作品もたまに見るくらい。
コミックス原作の「ドラマ」は90%見ない。
近年コミックス原作の「ドラマ」で許せたのは、日本テレビ制作の「らんま1/2」だった。
オリジナルストーリーで面白かったし、割と役者が原作に忠実だったし。
同じ高橋留美子さんで同じく日本テレビ制作の「1ポンドの福音」は1話だけ録画したけど止めた。
どうも、バラエティーから知るジャニーズが入るとダメですわ。


「バラエティー」と言えば、私は「めちゃイケ」。3/31に大団円を迎えるが、5時間以上の放送はちょっときついですな。
オンタイムでは見ずに翌日以降に見ようと思います。
めちゃイケ」が終わると、いよいよ在京キー局の「バラエティー」は、見るものが全くないな。
在阪キー局の「バラエティー」は、殆ど準深夜か深夜枠。
面白くない回もあるけど、だいたい許せる範囲。

生前のやしきたかじんさんがやっていた、「そこまで言って委員会」も亡くなられて半年くらいで見るのを止めました。
何でやめたのかというと、やしきたかじんさんが難しい話しを分かりやすく、しかも面白くスパイスを利かせて話す所が良かったんです。
最右翼番組と揶揄られていますが、みんな右に降りすぎてシラケるんです。
降りすぎるところをやしきたかじんさんが、右に向きながらも行きすぎず、そして視聴者に語りかけるトークをするので、凄く勉強になったんです。
やしきたかじんさんが番組を休んでおられる間、辛坊治郎さんが一人頑張っていましたし、私も頑張ってオンタイムで見ていたのですが、どうも場の流れに飲み込まれていく感じがして無理でした。
本当にやしきたかじんさんという関西のスーパースターを失ったのは、在阪キー局にとってはマイナスだと思います。
正月の特番だったと思うのですが、やしきたかじんさんと上沼恵美子さんが二人でトークショーしたときは、とても面白かった記憶があります。
何の番組だったんだろう・・・。もう一度再放送して欲しいです。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
AI-TVの感想
毎週録画予約して、若手芸人のバラエティーを視聴した感想を書きたいと思います。
放送開始してから1ヶ月。
毎週録画予約して、若手芸人のバラエティーを視聴した感想を書きたいと思います。


AI-TV


話題のAIを要素に盛り込んで、若手芸人と融合するバラエティー番組です。
見たところ、まぁまぁ面白いのですが、ロケとゲストとのひな壇トーク、そしてコント、漫才と盛りだくさんです。
これが、どこまで続くのか先行き不安があります。
AIと言っても、何となく予め用意されていたシナリオに沿っている印象が強く、別にこれと言った新しい印象は持ちませんでした。
このAIが廃れていった時(浸透して当たり前となれば良いのですが)が正念場となりそうです。


やはり、深夜番組だからか番宣が無いのが良いですね。
番宣のためにゲストが来てつまらないトークで終始終わる。と言ったゴールデンタイムならではのバラエティー感がないのが良いです。
あと良くを言えば、身体を張った企画もあれば良いのになぁ。と思います。
個人的に四千頭身を応援します。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
真夜中の百貨店
主演の俳優つーか声優なんですが、見た目も声も渋くて好きな、大塚明夫さん。
と言うドラマを御存知でしょうか。
BSデジタル放送で昨年やっていました。


真夜中の百貨店


実は、かなり(2年くらい)前に知っていて、録画するのをすっかり忘れていて、気付いたのは放送最後から4話分のみ。
仕方ない。
レンタルで見るかな…と思ったのですが、待てど暮らせどレンタルDVDどころかセルDVDすらありません。
何でも売っているAmazonでも検索したらご覧の有様(笑)

Amazonで「真夜中の百貨店」を検索した結果

主演の俳優つーか声優なんですが、見た目も声も渋くて好きな、大塚明夫さん。
知る人ぞ知る、お父さんも声優で大塚周夫(ちかお)さん。

声優さんが俳優や女優として表舞台(特にテレビ番組)に出ることを私はあまり望まない(ギャップがありすぎるという理由から)のですが、この番組を初見したときから、まさにピッタリな配役だなぁ。と思った次第です。
残念ながら、2017年3月に放送が終了してしまいました。
続編や再放送を期待したいのですけどね・・・。
実在する百貨店とコラボしているので再放送が無理なのかなぁ。


せめて、動画配信だけでもやって欲しいです。
もちろん、Amazonプライムビデオで(^^)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31