•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

タワーマンションの善し悪し
最後に固定資産税。
先日、実家に帰ったときに出た話。
マンションはさほど気にならないのですが、タワーマンションは住む場所によって問題があるそうだ。
(全てのタワーマンションを否定するものではないので、これから書くことが当てはまらない人は問題ない。)

まず、通勤する人の悩みはエレベーター。
とにかく朝マンションに出るまで時間がかかるらしい。
マンションの住人が、ほぼ同じ時間帯に出るため混雑するという。
タワマンによっては、高層階、中層階と低層階用エレベータがありますが、エレベーターの台数は設置面積から限られる上、朝はほぼ各駅停車になるそうです。
まぁ、100世帯以上のタワマンならではの事でしょう。


続いてタワーパーキング。
クルマ中心の生活をしている人は、自分のクルマを出庫するにもかなり待たされるそうです。
通勤時間帯ともなれば出庫待ちに10分以上待たされるそうです。
忘れ物をしたら大変なことになりそうですね。


次に駅の列車。
以前は、都心部、地下鉄の直上だったりしたのですが、一部では郊外にまでタワーマンションが出来ているようです。
それも、駅近が殆どだったりするのですが、都市部の地下鉄と大きく異なる点は
・これまで優等列車が止まっていた
・ダイヤ改正で最寄り駅の本数が減った、優等列車が無くなった
と言う事案。
これまで、A駅、B駅、C駅と急行が止まっていたのですが、ダイヤ改正で、急行廃止のA駅通過のB駅止まりの特急となり、A駅とC駅には普通電車しか止まらないという不便さが生まれる事案。
こればかりは、鉄道会社都合なのでどうしようもありません。


最後に固定資産税。
平成29年度改正でタワーマンションに関わる固定資産税の取扱が変わりました。

平成29年度改正タワーマンションに係る固定資産税の取扱い

端的に書くと、60m以上の高さを持つマンションは、高層階になればなるほど固定資産税が上がっていく仕組みになった。とのこと。
基本タワーマンションの高層階は、高価格帯物件が多いのですが、それに釣られて固定資産税も上がっていくそうです。
まぁ、高額所得者にはあまり関係無いかも知れませんね。


と言うことで、最上階ではない高層階に住んでいて、毎日自動車通勤する人は、普通のマンションや一戸建てと比べてそれなりの時間を要するみたいです。
そして、郊外型タワーマンションは、現在優等列車で都心まで早く行けると思っていたのに、沿線の通勤人口減少で優等列車が廃止になり、余計時間がかかる可能性があります。
郊外型タワーマンションを購入するときは、デベロッパーが鉄道関連会社が良さそうですね。
鉄道関連会社なら、交通至便をウリにタワーマンションを売り出しているわけですから、優等列車廃止は相当な事情がない限り発生しないでしょう。


全てにゆとりを持った生活をしている人には、ここであげたデメリットは殆ど関係無いでしょうね。
都心部のタワーマンションは、あまり関係無い話しばかりかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
終わったことだから書く
・ナインティナイン。
めちゃイケが先月末で終わったので、最終回の感想では無く、3回前の放送・・・めちゃイケメンバーによるガチ漫才・コントの回を覚えていますか?
私はその前の予告編を見て、「これは面白そうな神回になりそうだな。」と期待したのですが、結果蓋を開けてみれば、ナイナイのパクリ漫才で全てを台無しにしてくれました。

この日にコントをしたのは次の通り

極楽とんぼ
オアシズ
よゐこ
ジャルジャル
ナインティナイン
たんぽぽ

以上6組。
(順番はうろ覚え)

この中で面白かったのは、たんぽぽ>よゐこ>ジャルジャル>極楽とんぼ>(見えない壁)>ナインティナイン。
終活に入ってからのたんぽぽは、物凄く頑張った。感心するほどに頑張った。
極楽とんぼも今は舞台で頑張っているそうなので、それなりに山本さんが頑張ってくれていた。
よゐこのシュールさも変わらず。
ジャルジャルは、どこかで見たようなコントだった。
そして、ナインティナイン。
どんなネタを見せてくれるのかと思ったら、最後までパクリを通した。
正直ガッカリ。
ネットでこの放送回の感想を調べると、賛否両論だった。
ナインティナインと言えばパクリ容認派と、そうで無い派とガッツリ別れていた。
私は「そうで無い派」の考えだったので、見てガッカリ。
もう、彼らにまともな漫才なんて見られないんだろう。
と期待してた。

最近、テレビ出演している芸人の漫才やコントなんてホント見なくなったから、たまにこう言うのはやるべきだと思うな。
かなり前に日曜日の夕方にテレビを見ていたら、前座でキングコングが漫才をやっていて、キンコン西野がこう言うのにはテレビに出るんだな。とちょっと感心した。
そう思うと、昔やっていた「はねるのトびら」が終了したのは痛いなぁ。とつくづく思う。

最終回でテツandトモが登場し、その当時を振り返っていたんだけど、パクられた本人も悩ませるのだから相当なもんだろう。
それにも懲りず、矢部っちが「またやる!今度は完コピで!」と言うのだから、この先期待しない方が良いな。

まあ、それはさておき、めちゃイケが終わった今、それぞれレギュラーメンバーはバラバラになって、色々なところで活躍するだろう。
めちゃイケを糧として、各メンバーが更なる飛躍を期待したいですね。
しかし最終回5時間超えの放送は、感動もしたけどしんどいわ。
むしろ、毎週やってくれた方が良かったわ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
JR茨木駅リニューアルオープニングフェスタとオフ会幹事
イコやん・・・正式名称、イコカモノハシと言うJR西日本のキャラクターを共通とした集まりで、私は今回3回目の参加でした。
今週初め、4月1日にオフ会の幹事をしました。
昨年も7月に幹事をしましたが、今回は全く違う分野のオフ会でした


イコやん・・・正式名称、イコカモノハシと言うJR西日本のキャラクターを共通とした集まりで、私は今回3回目の参加でした。
3回目にして幹事をすると言うのは、やっぱり緊張しますね。
自分が初心の頃を思い出しましたが、1人でやるにはやはり苦労が多い。
これまで、何度かそのオフ会で幹事をされていた方にアドバイスをいただきながら、開催にこぎつけました。

この日は、JR西日本の茨木駅リニューアルイベントがありまして、そこにイコやんが登場すると言うプレスリリースがありました。

JR茨木駅リニューアルオープニングフェスタ

一通りの式典が終わった後、イコやんといばらき童子が巣に帰り(裏に回る)、その後再び登場するまで出待ちしていたのですが、なかなか登場しませんでした。
やっと出てきたところで再び人が集まりました。

イコやんといばらき童子

私はイコやんを見ているだけで十分満足。
新年度最初にイコやんを見られたので、今年度もイコやんと色んな場所でたまに出会いたいですね。

その後、共通の話題を持つ仲間と会場へ移動。
恒例となりつつある、イコやんの祭壇がこちら。

イコやん祭壇

参加者の皆さんがそれぞれのイコやん(他、スマイコやん、イコ太、イコ美など)グッズを置いて記念撮影会がありました。
今回は、これまでにない大人数(いつもは7~8人が16名)でしたので、写真は大量のグッズでした。
そして、思い思いにイコやんについて語り合い、あっと言う間に2時間超えて3時間近く滞在しました。
参加者の皆さんもご満足いただけて何より。

幹事としての責務は果たせたと思いつつも、全員を確認せずに移動してほったらかしにする事案もあったりして、これは次回幹事をするときに気をつけないとあかんな。と。
また、これは言い訳にしかならないんですが、前日にも店と確認したにも関わらず、ランチセットメニューが使えず事前告知していたよりも割増になってしまったこと。
反省すべき点も多かったです。

また、機会があればオフ会をしたいです(^^)
参加された皆様、ありがとうございました。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
明けても暮れても森友森友・・・
昨日から新年度ですが、昨年度末の国会は明けても暮れても森友祭でした。
昨日から新年度ですが、昨年度末の国会は明けても暮れても森友祭でした。
その間、世界情勢はめまぐるしく変化しており、ヨーロッパ・アメリカがロシア外交官追放、北朝鮮が中国に電撃訪問、アメリカが中国に対して鉄鋼類の輸入関税引き上げ、それに対して中国もアメリカの農産物に対して関税引き上げ、と、一つ間違えれば戦争になりかねない事態になっているのに、マスゴミはそれを殆ど報じず(全くではない)、一部の誌面は森友祭。
国会でも、それに乗っかる維新以外の怒阿呆野党は、何も結果を出せない証人喚問でパフォーマンスをしていました。

正直、3月のTVニュースは殆ど見ませんでした。
見たところで何も得るものがないからです。
もっとやるべき事はたくさんあるだろう。と。
憲法改正論議、地方議会改革、少子化対策などやることはオンパレードです。
国の将来を見据えて昨年秋、一票を投じたのに、一地方問題をあたかも国政の問題として取り上げるマスゴミや維新以外の怒阿呆野党は、歳費を返しやがれ!!!
と私は怒っています。

森友で何も成果が得られなかったら、次は年金問題で国政を停滞させるんですかね。
こんな事で議員特権を振りかざすなんて、ホント呆れ果てますわぁ。
ちょっとは、この人のサイトを読んで勉強したらどうなの?

森友でガーガー騒いでないで、なんで野党はこういう法案を出さないの?

そうそう、マスゴミが誌面を割いている支持率。
あれ、殆どアテにならないですね。
一日中暇を持て余してテレビだけを情報源としている層による支持率なんて、殆どマスゴミの印象操作に洗脳された人達が回答したような物。
ネットでは、圧倒的に正反対ですので面白いです。
TwitterやFacebookで、アンケートを採ると全然違いますよ。
これは、右翼左翼関係なくね。
(あぁ、非公開しているアンケートはアテになりませんから。)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
ヤフーJapan(ソフトバンク)の行方
当ブログでは、Yahoo! JAPAN、総元締めであるソフトバンクの多方面にわたる事業拡大について、ダイエーの二の舞いになるのではないか。
当ブログでは、Yahoo! JAPAN、総元締めであるソフトバンクの多方面にわたる事業拡大について、ダイエーの二の舞いになるのではないか。
と言うことを繰り返し書いて来ました。


ダイエーとヤフー(2004/10/12 23:49:56)
ソフトバンクは第二のダイエーとなりうるか?(2008/11/10 19:02:26)
あ・・・(2013/10/24 09:18:14)

過去3回書いていますので、今回で4回目。
一番初めに書いた時は、今でも鮮明に覚えているのですが、当時から買収攻勢をかけていました。
そんな、ソフトバンクが先日、ソフトバンクモバイルの株を公開する旨を発表したのですが、殆ど自転車操業状態の会社にこの株を公開したところで終わる(上場ゴールと言うらしい)んじゃないですかね。
ヤフーやソフトバンクモバイルの総元締めであるソフトバンクには、財務面での懸念が多く報道されています。
最近の懸念する報道はこちらでしょうか。

ソフトバンク親子上場の方針 「NTTとドコモ」より「懸念の声多い」理由

現在は社債や借り入れに頼っていて、相次ぐ巨額買収や投資で有利子負債は14兆円に膨らみ、低金利の下でも利払い費は年4600億円(2017年3月期)に達し、今後は金利上昇が予想される。
現時点では、金利が0%に近いので借金しても殆ど利息がかからないのですが、さすがに14兆円も抱えて利払いだけで4600億円は異常でしょう。
記事にも書いていますが、金利が1%でも上昇すれば、あっと言う間に1兆円を超える利払いになり、雪だるま式に負債が増えていきます。


無借金経営が必ずしも良いとは言いませんが、誰も孫社長の借金をストップさせることは出来ないのでしょうか。
まるで本能と欲望のままに企業を買収しては、次の大型事業案件の買収に乗りかかる。
そんな風に見えます。
足下は万全とは言えないのに・・・。


ネット界隈では、孫社長のことを「ペテン師」と揶揄する方もいらっしゃるようです。
私も否定はしません。だって、↓これ、8年前の記事ですがドコモを超えましたか?
所詮、絵に描いた餅(2010/11/23 07:17:18)
他にもペテン師を題材としたネタは多くありますが、思いつきで企業を運営している人にどれだけ乗っかって(投資して)いるのやら。
あと、16年残っていますが、この間に金利上昇局面に入ったら、またこの会社を題材として書こうと思います。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
今日が年度末最後
例年は4月1日が入社式ですが、今年は4月1日が日曜日のため、多くの企業が4月2日にやることでしょう。
3月もあっと言う間に終わり、年度末で引越に明け暮れる民族大移動の日でもあるんじゃ無いでしょうか。
例年は4月1日が入社式ですが、今年は4月1日が日曜日のため、多くの企業が4月2日にやることでしょう。

最近、オンタイムでテレビを視聴する機会がほとんどないのですが、一頃、3月に入社式を向かえる企業があって、「アレって、なんか法に触れ無いんかな?身分はまだ学生なのにね。」と違和感を持ちながら見ていました。
ニュースの論理で言うと、「1日でも早く社会人としての教養を身につけてもらいたく。」なんて、もっともらしいことを言ってた記憶があるのですが、2~3週間早めたところで、そんなに差は出ないと思うんだけど。と思う私は昭和化石生まれ世代なんでしょうね。


どんなに入社式を早めても出来る人は僅か数日で会社の即戦力になるし、出来ない人はいつまで経ってもお荷物社員だし、或いはスロースターターで徐々に力を付けて晩年に発揮する。かも知れません。
むしろ、学生気分としての残り2~3週間をどのように過ごすのかが重要じゃ無いか。なんて、私がこの頃友人と車で九州無茶ぶりドライブ旅行を思い出します。
(当時の卒業旅行は、海外旅行が主流のバブル崩壊直前世代でした。)
今思うに、私はこの時に併行して普通二輪免許か大型四輪免許を取得していれば良かったな。なんて思います。
無意味にテレビゲームに没頭していたのが悔やまれます。
でも、金が無かったのとバイクよりもクルマの運転が好きだったから、免許を取りに行く時間があれば旅行していたかな。


来月から新社会人になる皆さん。
紆余曲折、挫折を多く味わうこともありますし、色々新しい発見で驚くこともあるでしょう。
是非、多くのことを学び社会に役立てるよう、希望と野心を持って下さいネ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
いじっていじっていじりまくってみよう
明日より3月31日までの期間、毎日19時に更新する記事は、過去の記事を掘り起こして、。
明日より3月31日までの期間、毎日19時に更新する記事は、過去の記事を掘り起こして、
弄って
弄って
弄りまくってみようと思います。

今日はその予告です(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
ブログ内のリンク修正をおこないました
どこが良いか分からないので適当に決めたのが、Windows Messengerのアカウント登録していたmsnブログにしていた。
昨日の記事(データベースのバックアップ for MySQL)より、ブログ内にある私(いぐぅ)のリンク記事番を修正しました。
私のドメイン(sir-2.net)以外へ飛ぶ記事については、そのままにしていますが一部は取消線を入れたりしました。
100%ではありませんが、大凡の狂いは解消されたと思います。


このブログは、何度も書きますがシステム上では3代目なんです。
初代は、msnブログ。
2代目は、doblog(サービス終了)
3代目は、ぶろぐんPLUS(システム開発終了)
となっています。


過去記事にも検索すると出てきますが、ここまでの変遷理由は

初代→知人から「ブログが良いよ」とのススメで始める。 2004.10.02~
どこが良いか分からないので適当に決めたのが、Windows Messengerのアカウント登録していたmsnブログにしていた。と言う単純な理由

2代目→知人より「Messenger以外のユーザーからコメントが打てない!」との苦情から良いところはないかと探して行き着いたのがこれ。2004.11.23~(ありがとうございます!)
1ヶ月そこらでの移転です。でも、このサービスが全然イケてなかった。
レイアウトとか背景は自由に変えられる特徴を持っていたのですが、全体的にモッサリ。
表示するにも時間がかかっていて利用者から不評。
そして、最後はサービス会社側でシステム崩壊してそのまま終了に至りました。

3代目(現在)→そう言う訳で、他所のサービスに頼っていたらダメなんだ。と言う理由で、フリーのミドルウェアを探して構築したのがこれです。2005.11.22~(再出発しました)
何度かのバージョンアップを繰り返し、私も好きなスキンを使って、背景を色々変えて遊びました。
今は、PC版、スマホ版、ガラケー版の3種類のスキンに落ち着いています。
いろいろな開発案が前向きにあったのですが、昨年5月に開発終了(ぶろぐんPLUSの代わりになるもの)しました。
個人的には、SSLに対応して欲しかったのですが、その夢は終わりました。


目下、4代目をMovable Typeにしようと目論んでいるのですが、なかなか手に付けずにいます。
取りあえず、私が書いた記事のブログ内リンクや旧ブログ(ドブログ関係)は修正しましたのでご活用いただければと思います。
修正中、結構自分の書いた奴のネタが満載でしたので、発掘してその後の顛末を書きたいと思います(^^)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
業務効率化で残業は削減出来ないし業務量が増えるだけ
プロジェクト規模が大きくなるのに従って、プログラム製造チームが各々ソースをコンパイルして、ライブラリアンに提出していたのだが、コンパイルしたパッケージにデグレーションが頻発するようになった。
業務効率化すれば残業が減るというのはウソ


まずツッコミを入れる前にリンク先を読んで理解して欲しい。
私は経験上、この内容に物凄くなっとくとその通りであると感じた。
私が経験したり聞いたり現場をみたことを書こう。


まず、会社の仕事は増えることがあっても減ることはない。
常に売上げと利益を増やすため、仕事は絶え間なく湧いてくる。
これは、仕方ないというか当然である。
減るときは、リンク記事にも書いてあるとおり会社を畳むときくらいだろう。


あるプロジェクトが立ち上がり、私がそこに招集された。
そこで私は何をするか役割を求められたときに、無知にも関わらずデータベースに手を上げた。
それが結果的に失敗し、私は、端末管理、ソース管理(ライブラリ管理)に配置換えになった。
ここでは、既に一人で切り盛りしていた新人君と2人でやっていたのだが、新人君が会社を辞めてしまい私が1人でやることになった。
プロジェクト規模が大きくなるのに従って、プログラム製造チームが各々ソースをコンパイルして、ライブラリアンに提出していたのだが、コンパイルしたパッケージにデグレーションが頻発するようになった。
このため、プログラム製造チームリーダーと1人親方のライブラリアンの私は、再発防止策をとるため
・UNIX系のコンパイルはライブラリアンに一任
・VB系のコンパイルはプログラム製造チームリーダーに一任
と分担することになった。
これとは別にデータベースチームに居た頃、OracleからMDBに連携するためのツールを作っていたので、その定期更新も私がするようになりました。
(ホントは、データベースチームでやってもらいたかったのだが・・・)

本来なら、VB系コンパイルもライブラリアンがコンパイルすると良いのだが、業務量がオーバーフローしていたためやむなく御願いをするのであった。
この当時、サーバー系モジュールとソース(SQLなど環境系含む)が1,000本、VB系モジュールとソース(MDBやiniなどの環境系含む)が700本くらいだった。
これに、端末にモジュール配信があって、開始当初は60台くらいだったと思う。
当時、ライブラリ管理ツールにはVisual Source Safeを使っていました。


無事、サービスはカットオーバーしたものの、毎週のようにバグ修正や機能拡張によるソース修正でリリースがあり、そのリリースも22時からと言うルールでした。
当時の月間残業時間はゆうに30時間を超えていました。
その後、機能拡張で大規模改修の受注が入り、既存プログラムの修正と新規ソース追加が重なり、ソースの二重管理が始まりました。
一時期は、最大で5重管理にまで膨れあがり、さすがに私1人では何も出来なくなる状態に陥り、当時の課長に人員補充を要請しました。
しかし、要員補充は遅々として進まず、代わりにインフラ担当であった社員が兼務することになったのですが、当時、グループ会社を含む全社で人員の入替を行うイベントが発生し、そのインフラ担当社員は「もうすぐ俺いなくなるし・・・」と常々話していたので、教えるだけ無駄感が出てきたので必要最低限だけレクチャーする形になりました。

この間、私が業務効率化で出来たことは、
・UNIXのシェルプログラムで自動コンパイル化
くらいでした。
そんな暇があるくらいなら、ソースのデグレチェックや多重管理のデグレ防止、クライアント端末へのモジュール未配信状況チェックと促進連絡(配信されないとクライアント側でエラーになる)に明け暮れてました。
この間に私が業務改善すべき取り組み事は
・プログラム製造チームが納品するソースをライブラリフォルダへ自動コピー化(何と、申請用紙を見ながら手動でコピペを繰り返していました。)
・モジュール配信パッケージのバッチ処理化
・リリース手順の自動化(手操作が多く、要員がオペレーションミスを頻繁に起こして夜中叩き起こされてました。)
・プログラム製造チームに申請用紙を手作業から自動化
・他諸々


ようやく、全社イベントも大規模改修のリリースも終わったところで要員が2名補充され、とにかく基本教育を徹底的に教え込み、自分の業務量を限りなく0にするため、日々レクチャーを繰り返しました。
そして、自分の時間が確保出来て業務改善の取り組み開始。
先に挙げたものを3~4年かけて取り組み、改善して仕上げました。
何でこんなに長い期間で取り組んでいたのかというと、時々の情勢において仕様変更をしたり、ツールの改良を続けていたため。

これで、一月の残業時間はピーク時でも20時間程度に治まりました。
そして、3人体制と言う事もあり、十分な長期休暇や突発的な休暇でも対応出来るようになりました。
また、閑散期に突発的な仕事依頼(200台の端末のセットアップ等。勿論セットアップ費用としてお客様からお金をいただいています。)も受けて対応し、時間外削減、そして自己研鑽への充当など余裕が出来ました。
要員補充されてからドラスティックに改善をしましたが、会社からの評価は散々でした。
ただ、この頃は業務効率化で残業時間とオペレーションミスの低減化で、自身の成功例として自負しました。
(これが後の命取りとなるのだが。)


その後、異動がありましたが、何処も炎上系プロジェクトばかりで、手操作によるやり方が主流でした。
私も改善しようと試みましたが、ドクターストップで身体を壊し、その年のボーナス評価が「病気で1ヶ月休んだから。」という意味不明の理由から最低と下され、心まで見事に死んでしまったのは言うまでもありません。

それから数年後、違うところに配属されたところは、これまで3人でやっていた所を2人でやることになり、ここも手操作による業務で手一杯となる部署でした。
そこでも、手操作からオートメーション化を3年かけてやり、業務量は削減出来たのですが、他のチームから暇そうに見えたからか、業務平準化という名の下で割り振られることに。
閑散期の時は良いのですが、業務平準化ですから追加なんですわ。
そこから効率化をすれど、やっぱり業務量が追加される。
これで、給料なり評価なりが上がれば良いのですが、ちっとも上がらない。
まさしく、精神論で頑張ってくれと言わんばかりにハッパをかけていくわけですね。
そうなると行き着く先は、ちょっとしたトラブルで崩壊。
また、業務効率化で出来上がったものを変えたくない(業務が追加されるので変えられない。とも言うが。)から、システム更改時にまた手作業に舞い戻ってしまう。
オペレーションミスの削減や空いた時間で自己研鑽がしたいがための時間が業務追加されるので、はっきり言って業務効率化で残業は削減出来ないんですよ。


こう言う考えが浸透してしまった行き着く先は、「手作業でいいんじゃない?」と考えることを辞めてしまうんです。
そして、オペレーションミスの増加、業務繁忙と悪循環になると思うんですよ。

やはり、残業時間削減は、トップダウンで強く推進していくことが、リンク先記事の通りだと思います。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
学校給食を聞く事ってセンシティブなのだろうか
そう言えば、給食費ってどうやって集めていたのだろうか。
私の問いかけ方が間違っていたのかもしれない。
そう思わざるを得ない、先日のこと。


きっかけはこのブログ記事から始まった。



国産食材重視と子供の栄養のどっちが大事か、優先度間違ってる日本



これは、横浜市の小学校給食について、今非常にヤバイ。
そのやばさの原因を詳細に述べられていた。


ふと、これって横浜市だけの問題だろうか。
もしかして、地元は大丈夫なのだろうか。
そう言えば、給食費ってどうやって集めていたのだろうか。
と、色々と分からないことが出てきたので、地元中学校を卒業したOB・OGのLINEグループに聞いてみることにした。
内容はこんな感じ。
こんばんは。
ちょっと伺いたいことがあります。覚えていたり今の事情を知っていたら教えて欲しいです。

https://www.landerblue.co.jp/blog/?p=37463
まず、このブログを読んで欲しいのですが、ふと、自分達が小中学校の時、学校給食の給食費ってどうしていました?親に聞いたところ覚えていないのですが、一頃騒いでいた給食費未納問題とか色々思い出してきて、当時、給食費ってどうやって払っていましたっけ?
このブログを読んで驚いたのですが、ちょっと国産縛りにするのって酷いですね。最近の交野市給食事情もどうなんでしょうか。


メンバーは22名。そのうち1名は中学校恩師も入っている。
既読は付くものの、質問の仕方が悪かったのか、答えはなかなか出なかった。
私の日本語が悪かったからか(笑)

急いで知りたい情報でもなかったし、ここ暫くLINEグループの活動も停滞気味だったので、一石投じて活発になれば良いな。と思っていたら、コメントが付いた。
絵文字を使っているので画面キャプチャで公開。
(尚、発言者は隠させていただきます。)

回答


ニックネーム登録なので、コメントを付けた人がOB・OGと言えど誰か分からない(OBと思われるが先輩か同期か後輩か分からん)。
さらにお前呼ばわりされ(^^ゞ、厳しい?ツッコミに、改めて丁寧に説明をしようかと私は考えた。

が、もしかしたらコメントした人は頭に血が上っているかも知れない。
今すぐ説明してもダメかも知れん!
2日ほどおいて気力があれば説明しよう。と日を開けることにした。
けど、こういう人に何を説明しても言葉尻を捉えて、LINEグループが荒れるかもしれないな。と思えるようになり放置することにしました。
この楽しいツッコミに誰一人応えなかったしね・・・。


結局、自分で調べるしかなくて、Googleで地元学校給食の献立を検索すると、すぐに見つかりました。
画像の写真は2018年1月の献立内容。
2018/01/19の献立2018/01/23の献立2018/01/24の献立2018/01/25の献立


日によって格差はありますが、横浜市の給食を見るとかなりマシですね。(それでもタンパク質が少ないような気もします。)
けれども、文科省通達で国産食材80%以上使用と言う縛りは受けていそうです。
また、給食費について探していたところ、市のHPで公開されていました。
このところ野菜高騰で大丈夫なのか心配です。(多分、市の補助が入っているんだろうと思います。)
給食費の支払い方法についても、今は口座振替だそうです。
我々の時代もそうだったんだろうか。
親に聞いたところ覚えていないそうです。
私が給食費を学校に持っていった覚えがないので、多分口座振替か振込だったんでしょうね。


まぁ、ちょっと調べれば分かったことなので、自分としては解決したのですが、仲間内でこうした話題に誰も触れないのは、何でだろうなぁ。と思った次第です。
やっぱり私の聞き方が悪かったんですかね。
ネットコミュニケーションって難しいですね。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30