•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

決意表明
しかし、11月に入ってから、色々とWebサーフィンをしていたら、あるキーワードが目にとまりました。
まだ、具体的に明かすことは出来ません。
しかし、11月に入ってから、色々とWebサーフィンをしていたら、あるキーワードが目にとまりました。
これは、ひょっとしてチャンスかも?


なんて思いながら考えて、家族にも相談しました。
「チャレンジしてみたら?」
と言うことで、本気でチャレンジしようと思います。


でも、何から手を付けたら良いのか分かりません(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
仲間は大切であるけど断捨離も必要
また、私は地元県に進学しなかったので、地元県に残った人達の動向が聞けたりして懐かしく浸れます。
先月下旬、2週続けて大阪市内で飲み会があった。
どちらも、楽しい会になったので、帰りの電車は最終電車になるという誤算があった。
ここのところ最終電車に乗る機会はなく、物凄くドキドキしながら帰った(笑)


改めて仲間は大切だな。と思うと同時に、それを維持するパワーは大変だな。と思った。
今は、昔と違ってSNSなどのサービスがあって、それ繋がりで簡単に探し出すことが出来る。
その縁があって、今でも長く続いている。


しかし、年齢を重ねてくると、ある程度人間形成が出来るので、良く言えば懐の深い人間にならなくなるんですね。
私もそうですが、分かっていてもやはり受け入れられないことを、何度も繰り返しやられると不愉快が続くと、「もうこの人とは関わらなくて良いかな。」なんて考えます。
また、冗談の通じない否定をされたり、相手から私のことをどうでも良いと思われると、こちらも無理して繋がろうと思わなくなるんですね。
20年くらい前までは、ずっと続けていよう。と思っていたのですが、年々、私の中でわだかまりが大きくなって断捨離しはじめたんです。


その一方で。
比較的新しい10年来のグループと数年ぶりに会うことになって、それはそれで楽しいひとときを過ごすことが出来た。
実はこのグループは、私の中では新旧2つ存在するのですが、ちょうど新旧入り交じったグループでした。
和気あいあいと飲んで食べて歌って、共通の話題に酔いしれながら、あっと言う間に時間が過ぎてしまった。


もう一つのグループは30年以上前にクラブ活動として知り得たグループ。
この当時、私は自分のことでいっぱいいっぱいで、

・自分の中学校男子と限られた一部の女子
・府内の中学男子で専門種目と専門種目外の一部の男子
・全国大会に出場した男子と極一部の女子

位しか名前を覚えていなかった。
それでも、当時の(女人禁制な???)仲間達が集まると、あれやこれやと思い出を語り、話題が尽きない。
アホなことも真面目なことも、中学時代に戻ったような感じになる。
知らなかった話も色々と出てくるので、いつ来ても新鮮な気持ちに浸れる。
また、私は地元県に進学しなかったので、地元県に残った人達の動向が聞けたりして懐かしく浸れます。


最後は、ここ数年で出来たグループ。
私にとっては、新しいグループ。
共通する話題は、15年前に誕生していて、各々で活動していたんだと思います。
その共通する話題で集まったのが、数年前の話し。
聞いてみると、最近知り得た人が多かったことに驚きました。
また、私の勝手なイメージで、男性が多いと思っていたのですが、初回の集まりは女性が多く驚きました。
その後も何度か集まったのですが、男性と女性が半々な感じです。
そう言った意味では、とても新鮮な感じと私の固定概念は間違いだらけだな。と思いました。


会社にも仲間はいますが、こちらは仲間と言うよりも戦友なので割愛します(^^ゞ


こうして思うと、私は色んな仲間に会ってもらえて恵まれている。とつくづく思います。
特に学生(特に中学生や高校生)をしている人たちに言いたいのですが、その当時に出会えた仲間を忘れずにいてほしい。
全員と仲良くなれとは言わない。
数人だけでも良いから知っておくと、将来、オッサン、オバハンになったときに良いことがあります。
また、その仲間をきっかけに幅を広げると、より多くの人と知り合うことが出来て人脈を作ることが出来ます。
人脈は良いところも悪いところもありますが、それを上手に使えば自分の糧となり、時として助けてもらう事が出来ます。


社会人に出てからも自分の趣味を広げれば仲間と出会えます。
仲間と出会えば、いろいろな話題に触れられます。
どうか、素晴らしい人と出会えますように・・・(,,゚Д゚)†


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (2) | trackback (0)
何でこんな事するのかな?
本屋にしても新聞社にしても、どうしてありのまま出版、報道をしないのだろうか。




本屋さん


これを見て真っ先に思い出したのは、和歌山の書店が新潮45(休刊)に抗議して新潮社の販売をボイコットしたことだ。

新潮社の本を棚から撤去 和歌山の書店、新潮45に抗議


本屋にしても新聞社にしても、どうしてありのまま出版、報道をしないのだろうか。
こう言うことをしても、長い目で見れば結果的に自分(本屋や新聞社)に跳ね返ってくるだけなんだけどなぁ。
本屋なら、コーナーを設けて対決風に並べたら、両方買っていく読者だっているかも知れないのに。
そこまで考えが及ばなかったのだろうか。


新聞だってそうだ。事実を淡々と報道すれば良いのに、記者やキャップの主観や意向が記事の中に埋め込まれてしまうから、偏向報道と揶揄されてしまうのではないだろうか?
両論併記にすれば、読み手側に考えるきっかけとなるんだけどね。


最近、周りが見えなくなってきているんですかね。
こんな事ばっかりしていると、どんどん誌面文化が衰退していくだけなのですが。
特に本屋さん(司書?)が偏った売り方をしたら、どんどんネットの本屋(Amazon)に侵食されていくだけなんですけどね。
自分で自分のクビを絞めるだけです。
町の本屋を守るために、ネットショップに重税を課せという記事もありましたが、これはもはや愚策としか言いようがないですわ。

「ネット書店課税」創設を 実店舗経営者、自民に要望

これに対する反論
「ネット書店課税」要望報道で批判噴出「課税しても町の本屋は戻ってこない」

尚、個人的なことで恐縮ですが、紙の本は既に買っておりません。
唯一、日刊の新聞紙くらいです。
全て、電子書籍で済ませています。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
御用労働組合と政治活動
組合員に残業禁止を指示する残業ストライキと言う、経営者には無害、現場労働者にははた迷惑な争議で会社と交渉します。
うちの会社で恐縮ですが。
うちの会社の組合、定期的に労組新聞なるものが自宅に届けられます。


労働組合


昔は一通り目を通していたのですが、今では古紙回収行きです。
全く目を通しません。
それは何故でしょうか。


目に余るほど政治色をむき出しにしている。


からなのです。
労働組合とは別に政治団体があるので、そちらで全面的に出せば良いのに、ネタがないからでしょうか。
反自民・・・とりわけ、反安倍、九条ねぎ憲法、反原発、ヒロシマ、沖縄、反米軍基地、こんな見出しが数年前から躍りまくっているんです。
そして、国政選挙や首都圏の議員選挙になると、そればかりが誌面に出てきます。
百歩譲って国政選挙を許すにしても首都圏の選挙まで出してくるのは、もはや


アタマがおかしい


としか言いようがありません。
春闘になれば賃上げ交渉や労働環境の改善を掲げますが、私はこれを春闘プロレスと言ってます。
労働組合が掲げた目標を満額勝ち得た実績がありません。
組合員に残業禁止を指示する残業ストライキと言う、経営者には無害、現場労働者にははた迷惑な争議で会社と交渉します。
そして、交渉のヤマ場で妥結するのがこの20年くらいのパターンです。
こんな中途半端な争議をするくらいなら、一日ストライキをやるくらいの気概を見せてほしいものです。


ストライキ


団体交渉というのはそう言うものじゃないでしょうか。
組合員にも会社にも顔を立てるような事をするからおかしいと思います。


ウチの労働組合には、政治団体があります。
しかし、うちの会社に限って言えば、この政治団体への加入が物凄く低い(組合員の数%しかいないらしい)ようです。
(噂では労働組合幹部だけと言うが本当だろうか…)
この政治団体のホームページを見ると、支援している議員がどんな基準で選んだのかよく分かりません。


政治家の癒着


ネットに長けた20代、30代なら、余程シンパシーを感じない限り入らないか、入っちゃうともれなく恥ずかしい。
そんな支援議員が名を連ねているのです。


この支援議員が、最初に書いた労組新聞にもたびたび出てくるのですから、本当に労働組合幹部は政治から距離を置いてほしいものです。
そして、初心に返って組合員本位の組合活動に従事して欲しいと願います。





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
重大発表予告
明日の朝、大事な発表があります。
明日の朝、大事な発表があります。

色々悩みに悩んだ末のことです。

よろしくお願いいたします。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 22:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
携帯電話料金が高い?儲けすぎ?
携帯電話各社は慈善事業でインフラ構築しているわけじゃないんですよ。
官房長官の発言で再び会議が始まりました。

総務省で「モバイル市場の競争環境に関する研究会」第1回開催


安くなることは喜ばしいことですが、この研究会は実りのある成果に繋がるのでしょうか。
私は、今のままで十分だと思います。
ここ数年、携帯電話各社の決算は好調ですが、それは、それまでの投資を回収しているに過ぎません。
そして、利益を配当や人件費に廻したり、次への研究開発費に投資したり、災害などの対策に充当していると思います。


日本国内の特殊な地形に電波をくまなく張り巡らしているのは、割と珍しいと思いますヨ。
これらは、3社が競争した結果だと思うのですが違うでしょうか。
今度、楽天が参入されますが、先行している3社の高いレベルのサービスに、割と厳しいのではないか。と言うのが私の予想です。
毎年数千億円の設備投資は、なかなか大変なことじゃないかと思います。


携帯電話各社は慈善事業でインフラ構築しているわけじゃないんですよ。
もしも、政府が介入するなら携帯電話各社の株を買い占めて料金の主導しましょう。
まぁ、既存会社や株主が大反対すると思いますが。


政府主導で無理矢理料金を下げさせた結果、インフラ会社が維持運用出来なくなってしまった責任を誰が取るんでしょうね。
ソフトバンクにしてもauにしてもドコモにしても、各会社しのぎを削って競争しています。
政府が介入することで市場が硬直化しているように思えるのは私だけでしょうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:23 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
不幸が続くとマヒしますね
3回もお骨を拾うと、人の骨を見るのが苦手な私でも平気になりますね。
私にまとわりつく不幸はどこまで続くのでしょうか。



今年の6月から親族が他界しました。
2ヶ月おきに他界です。
えぇ。10月、先日、伯父が他界しました。
良く分かっていませんが、急死だそうです。

さすがに3回も続くと、悲しみに暮れるなんて事はありませんでした。
生き物はいずれ死にます。
平等にやってくるのです。
遅いか早いかだけの違いで。


気持ちでそうと分かっていても、心が疲れますね。
無茶苦茶しんどいです。
精神的に全く安定しないので、SNS関連の書き込みやシェアは控えています。

3回もお骨を拾うと、人の骨を見るのが苦手な私でも平気になりますね。
火葬技術が上がっているのがよくわかるほど、お骨に水分は全く残っておらずカラッカラになってます。
平成初期の頃、火葬技術が今ほどでなかったのか、単にそこの火葬場が老朽化していたのか分かりませんが、生々しい焼け方だったのでトラウマになりました。
親父のお骨を拾うまでは敬遠していました。

それが、短期間に3回もあるとトラウマが解消されましたね。
何度も見たくはありませんが、今では平気になりました。
やっぱりマヒしているんでしょうね。
ふー。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
最低賃金は上がれど控除は劇的に上がらず
エンゲル係数の計算方法・推移、年収別のエンゲル係数平均と目安。
ここ数年、最低賃金がうなぎ登りに上がっているようです。
アルバイトやパートさんにとっては嬉しいことですが、実は、全てがプラス方向ではないようです。

例えば、これは極端な例ですが、これまで時給800円で働いていた者が、改定によって時給1,000円になりました。
しかし、第3号被保険者であるため、上限が130万円に抑えることを考えます。
単純に計算すると、これまで年間1,625時間働いてもOKだったのが、1,300時間にしなければなりません。
良く言えば300時間働かなくても良くなった。悪く言えばもっと働けるけど、それ以上は働けない。

よく、コラムニストが言うのですが、この制度を撤廃せよ。と言い、全てのアルバイト、パート労働者にも厚生年金保険を適用せよと言います。
そうなるとどうなるのか。
当然、アルバイト、パート労働者の収入が減ります。
その上で企業も折半で負担しなければならなくなります。

アルバイト、パート労働者は、実収入が減った分(上限が撤廃されたため)より多く稼ごうとします。
しかし、企業の負担も鰻上りになります。(事務作業も繁雑になるでしょう。)
このことにより、厚生年金保険料の収入が増えますが、将来、彼らが年金受給者になったとき、年金財政の負担は大きくのしかかることは避けられません。

ただ、社会保険料の負担ばかりがデメリットではありません。
負担した分、その応分が個人に返ってくることも考えた方が良いでしょう。
(例えば障害年金の適用が、第3号被保険者の場合1級と2級が、第2号被保険者だと3級が適用されるとか。)

また、103万円の壁、130万円の壁、そして、2018年度の税制改正からできた、150万円の壁があります。
下記のサイトに詳しく書かれているので、ご一読を推奨します。

103万の壁と130万の壁、150万の壁とは?知らないと損する「収入の壁」

しかし、心理的な負担から、税金(所得税・住民税)や社会保険料の負担をしたくない人が多いと思います。
それならば、全ての負担適用を、130万円から200万円に一律すれば良いと提案します。
これを適用するのに夫(または妻)の収入を1200万円以上は非適用にするとより公平性が保たれるのではないでしょうか。

一時的に税や社会保険料の収入が減りますが、所得が低い層ほど消費が活発なので、結果的に消費税などの間接税で税収が上がると考えられます。

エンゲル係数の計算方法・推移、年収別のエンゲル係数平均と目安

また、iDecoなどで将来の年金積立による投資も活発になるでしょう。
でも、目先の税収や保険料が減るという理由で、なかなか上げられないのは、長期的な視点が欠けているのではないでしょうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
人生のターニングポイント
実は、この年の夏、北浜の百貨店の一角にコンピューターゲームの体験コーナーがあって、何故かボーイスカウトの社会見学として触れたのがきっかけで、コンピューターという物がどういうものか知っていた。
私が今の業界に入って25年。
考えたら四半世紀になるんですね。。。


私がこの業界に入ることを決定づけられたのは、大学生の頃に親父と話しをしたからですが、そのきっかけを作ったのも親父でした。
忘れもしない1982年の冬に「コンピュータ(当時はパソコンと呼ばれていなかった)欲しいか?」と聞かれた。
実は、この年の夏、北浜の百貨店の一角にコンピューターゲームの体験コーナーがあって、何故かボーイスカウトの社会見学として触れたのがきっかけで、コンピューターという物がどういうものか知っていた。
だから迷わず「欲しい!」と返事して、11月下旬から12月上旬にかけて我が家にCZ-800Cが届いたのである。


最初は、説明書を読むもサッパリわからず。
カセットテープがあったので、それをラジカセで聴く物だと勘違いしたけども、「ピ~ヒャララララ~」と雑音でサッパリわからず(笑)
小学生には難易度が高いと思いつつも、説明書を1から読みながらやって青いラベルのカセットテープを挿入して起動することが出来た。
(黒いラベルはサンプルプログラム集だった。)


しかし、出来ることは凄く限られていて、子供心に体験したかったゲームに辿り着けなかった。
すると、親父は会社からマイコンBASICマガジンに掲載されていたプログラムをコピーして持って帰ってきてくれた。
それを必死に打ち込んで、デバッグして、動いたときは感動ものだったのを覚えている。
これまで、電子ゲームは大変効果でお金がかかる(安くても8000円くらい?今の貨幣価値で言うと20,000円弱か?)のに、1~2ページのプログラムを打ち込んでデバッグしたら出来るんだから。
そして、この雑誌を探しに本屋へ行くと300円で手に入れられることを知った。
私の小遣いで十分買える金額だったので迷わず購入。(その後2000年くらいまで約17年間購入した。)


そこから独学でプログラムをひたすら打ち込み、覚えたコマンドや変数で改悪したりして学びました。
高校受験時にはマイコンを隠されて、全く出来ない1年を過ごし、高校に入ってからはクラブが多忙で触れず。
大学に入ってようやく少しだけ触れる時間が出来ましたが、この頃には大学寮でファミコンやらPCエンジンやらで充実していました。
でも、中古屋でX1Gを買ったのだけは覚えています。


学生時代にテレビゲームを浴びるように遊んで、将来はそっち方向に進むことに身を固めていました。
しかし、親父と話しをしたときに、テレビゲームではこの先何年もめまぐるしく変わるから、そっち以外に進んだ方が良い。
と言うことで、今の業界に入りました。


いわば私のターニングポイントは、1982年の冬にあったのでした。
あの時、親父がPCを買ってくれなかったら、きっと私は違う業界に進んでいたと思いますね。
どんな業界に進んでいたかって?
それは、秘密です(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
サラリーマン辞めて独立起業しよう!
もしも、日本国内の(公務員を除く)サラリーマンの半分が会社を辞めて独立起業したらどうなるのか。
一頃、こう言ったバナー広告や、Google検索したときに広告で上位に出てくるのを目にしました。
また、有名どころのブログやニュースサイトでは、独立起業ヽ(´ー`)ノバンザーイの記事や方法を事細かに記されています。
正直、私は独立志向なく、組織の中で異端児派(鼻つまみ者)としてしぶとく生き残る派です。
サラリーマン


そこで、ふと思いました。
もしも、日本国内の(公務員を除く)サラリーマンの半分が会社を辞めて独立起業したらどうなるのか。と。
こちらの情報によると、労働者人口は6682万人(2018年度第1四半期)
そのうち、サラリーマンは5953万人。
サラリーマンのうち公務員は、2018年4月現在で約275万人。
(意外と少ない気がする。)
そこから引いて半分にする。
2839万人が起業する。
起業家


もしも、この急激な産業構造の変化が起きるとどうなるのか。


私なりに考えたけど、法律とか制度がそのままであると仮定した場合、いろいろな社会福祉が破綻するのでは?

まず2839万人分の厚生年金収入が消える。
起業して一人親方なら厚生年金は発生しないので、自動的に国民年金加入になる。
これまでサラリーマンとして勤めていた年収400万円モデルを想定すると、ここのサイトによると約45,000円(会社折半含む)が約16,000円になります。
およそ29,000円減りますから、単純に計算すれば、毎月、82.3億円の収入を失います。
今、サラリーマン出身の退職した世代への年金給付は、あっと言う間に減らされること間違いないでしょう。
きっと、マスコミが年金財政が持たないと騒ぎ立てること間違いない。

次に健康保険料。
これは都道府県によって異なるので一概に高い安いの判断が出来ませんが。。。
厚生年金保険料同じモデルここのサイトによると、年収400万円モデルでは約26,000円(会社折半含む)。
私の地元によると、約23,000円。
約3,000円減ります。これも単純に計算すれば、毎月、約8.5億円の保険料を失います。
企業連合の組合健保だと、あっと言う間に破綻するでしょう。
特に後期高齢者の保険料拠出は、殆ど無理だと思われます。

所得税と住民税。
ここでは、年収400万円独身世帯モデルを例にすると、
所得税 8.56万円(年額)=約0.7万円(月額)
住民税 17.9万円(年額)=約1.5万円(月額)
起業したときの所得税や住民税は、事業の売上げで変動します。
なので、ここでは起業したときの所得税と住民税は考慮しないとして、毎月0.62億円の税収入を確保することが出来ないとします。
税金


これだけでも単純に毎月90億円前後の社会保険料や税金が安定しなくなります。
きっと、それぞれの財政は破綻していくんじゃないですかね。
今の社会資本制度が、完全にサラリーマンむけに振っているだけに。


それだけじゃありません。
トーゴーサンピンと言われている時代、税務職員の業務繁忙は目が回るくらい忙しくなること間違い無しです。
業務繁忙


トーゴーサンピン  -- 2017-11-24 Friday
ここでも書きましたが、税務職員の働き方改革によって、あらゆる業種においてマイナンバーと電子会計を必須にしてトーピンになるんじゃないでしょうか。
ピンというのは、政治家ですね。
彼らは法律を作るのが専門ですから、きっと抜け道を作るはずです。
(でも、政治家以外の業種が全て補足されたら、不自然な金の流れは一発で発見されるんじゃないかな?AIで。)


そして、何よりもいきなり起業した人が、銀行や信金からの融資にすんなり応じるかは、今の時代ほぼゼロです。
余程、銀行員に認められる(成長が期待される。)10年先の現実的な事業計画を立案しなくてはなりません。
最初に融資を期待せず、着実に銀行との取引実績を重ねて信用を得て、新たな事業拡大に融資を得る。と言うのが現実的でしょう。
どんなに素晴らしい事業計画を立案しても、取引実績のない会社とは銀行がすんなりと融資はしてくれません(多分)。
反対にある程度名の通った会社(子会社、孫会社含む)のサラリーマンなら、すんなりと(住宅ローンとか自動車ローンなど)融資してくれます(経験談)。


最後に起業した人は、健康と信用が資本です。
信頼

どちらかが欠けてもダメです。
この両輪がスムーズに進んでこそ、「あぁ、起業して良かったな。」と思えるんじゃないでしょうか。
サラリーマンも、健康と信用は大事ですが、万一欠けても誰かが仕事を進める事が出来ます。
そこがサラリーマンのメリットでもあるわけですけどね。
入院


独立起業すればバラ色になるようなネット記事を多く見るのですが、それなら失われた30年の間にみんな起業してバラ色人生を送っているでしょうね。
実際はそうじゃ無いですからね。
これは私個人の感想ですが、起業している人はサラリーマンなんかよりも鬼の形相で頑張っていらっしゃる方が多いです。
明日食べる分がーッ!
将来、からだが動かなくなったときの貯金がーッ!
この製品の納期がーッ!
めっちゃ、頑張っていらっしゃいます。
余裕のそぶりが殆ど見られませんね。
ただ、仕事の充実ぶりは起業されている方が、殆どではないかな。と思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30