•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

雇用・利子および貨幣の一般理論 ─まんがで読破─
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。


2015年06月15日発売
2018年08月31日購入
2018年09月11日読了

10円で購入(笑)
活字だけのケインズの本は読みませんが、マンガなら何とか読めるかな。と思い読むことに。
ところどころ、何度も読み直して頭に叩き込む所作がありましたが、全ページ理解することができました。
これを読んで、真っ先に脳裏に浮かんだことは、2008年のリーマンショックで日本経済にダメージを食らうことに、当時首相だった麻生さんが打った経済政策です。
1000円高速とか、アナログ放送終了にあたっての家電買い替えエコポイントとか、エコカー補助金とか。
内需消費拡大を政府が積極的に推し進めたのは、ケインズ理論に基づいたことなんですね。
このマンガを読むと、活字恐怖症には理解しやすく出来ています。
ただ、ケインズ論で何故不景気になると緊縮財政になるのか。と言う所が、このマンガでは触れられていません。
そこは、もっと勉強しろということなのかな(^^ゞ

それと、この理論では政府の積極的な財政支出が国民所得向上に繋がり、GDP(国内総生産)が増える事が書いてあります。
そう思うと、来年秋に予定されている消費税増税について、ケインズ論で言えば愚策となるんじゃないでしょうか。
消費税が上がるたびに景気に冷や水をぶっかけ、超愚策とも言えるデフレマインドを維持する事が、エリート集団財務省の考えならダメだと思うのですが。


こう言う時こそ、お隣中国の財政政策を見習うべきなのでは?
5~6年くらい前から、一部の経済学者から中国経済が破綻すると言われ続けていますが、一向に破綻する気配がない。

中国バブル崩壊後、大相場がやってくる -- 2013/07/12 6:00

「中国 バブル崩壊 経済学者」で検索すれば、2018年の記事がたくさん出てくる。
でも、これってシャドウバンキングや不動産バブルと言われた2012年の頃から、ずーっと名の知れた学者が中国経済が崩壊すると言い続けています。
中国の統計が怪しいと言う論調も同意しますが、事実、こんにちまで大規模な内乱は起きず中国経済が来ています。
日本が統計を操作すること断固反対ですが、ちょっと学んだ方が良いのと違いますかね。


少し話が逸れてしまいましたが、経済学の一般理論を学ぶにはとても良い一冊だと私は思いますよ。


お奨め度:★★★★☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
ふらいんぐうぃっち【7巻】読了
脱兎システムの件(くだり)と茜ちゃんのだっさい異名が面白かったですね。



2018年09月07日発売
2018年09月07日購入
2018年09月08日読了

その日(0時過ぎ)に読むつもりが、すっかり忘れて翌日に読んで、心が穏やかになり即了(笑)
心がすさんできたときの1冊と言えよう。
6話収録で発行ペースが1年と、物凄くスローペースなのですが、どの話を読んでも楽しく読むことができ、読後に心が洗われるような気持ちになります。
登場人物も1話ずつ深掘りされていて、そして面白く作られています。
脱兎システムの件(くだり)と茜ちゃんのだっさい異名が面白かったですね。
個人的には、今の作品レベル(画力よりも内容)を維持しつつ、1年1巻ペースを半年1巻ペースにしてくれないかな。と。
次回も購入は間違い無しです。
(噂レベルですが次回は、上の単行本にはドラマCDが付くようです。)


お奨め度:★★★★★


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
Fate/stay night [Heaven's Feel](6)
Heaven's Feel の最新巻。



2018年08月04日発売
2018年08月04日購入
2018年08月04日読了

コミックス感想ウィーク!最終日!
Heaven's Feel の最新巻。
やっと発売だよ。前巻では春頃発売と書いてあったのに、もう夏真っ盛りだよ!
どれだけ待たせるんだよ!ゴルァ!!ヽ(Д´ )ノ

と、前置きが長くなりましたが感想を(笑)
この巻では戦闘シーンは巻の最後だけ。それ以外は、士郎の日常が描かれています。
もう、だいぶ日が経ったので、原作と映画第1章と混在していますが、少なくとも原作から少し話しを膨らませ(脱線し)つつも、しっかりと戻してきています。
どうしても原作と映画と並列して比較しまいがちですが、コミックスの物語としてもこれはありかな。と言う感じですね。
そして、作者が映画版を見た影響をこの巻にも込められています。
ここは、私的には原作に寄せて欲しかったなぁ。と思っています。
さて、ランサーと裏アサシンとの対戦を挟んだところで、次巻に続く。と。
今回は、あとがきがなかったのですが、前巻のあとがきで公約を果たせなかった気まずかったんですかね。
次巻は、映画第2章が始まる前に出ることを期待したいです。


お奨め度:★★★★☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
-カバチタレ!3-(20)
しかし、火災保険で修繕費用が満額出ないなんて、正直言って怖いですね。


今回は火災と重過失、個人賠償責任保険と保険に関する内容です。
正直内容が複雑でわかりにくかった。と言うか、依頼者が勝手に恐喝まがいなことを先走っていたり、ここ最近続く綺麗にまとまった解決になっていない印象があります。
しかし、自動車保険の特約にそんなのがあったとは・・・。
私も自動車保険を確認したのですが、そのような特約はありませんでした。
まぁ、必要と思えない特約でしたので・・・。
しかし、火災保険で修繕費用が満額出ないなんて、正直言って怖いですね。
私も今一度確認しなくてはなりません。
普通は満額出ると思いますからね。


発売日:2018年7月23日
購入日:2018年7月20日
読了日:2018年7月25日

お奨め度:★★★☆☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
小学生がママでもいいですか?(1)
「まほろまてぃっく」で有名?な漫画家さんの新作シナリオ。



2018年07月06日発売
2018年07月20日購入
2018年07月23日読了

まほろまてぃっく」で有名?な漫画家さんの新作シナリオ。
息子が成人して社会人でバリバリ働いている年齢に、幼い頃に亡くした母が小学5年生に転生して再会する。
再会してから小学5年生の女児(中身は息子の母親)が、色々と世話を焼いて息子の私生活を調べる。
時には母親らしく息子に優しく接したり、朝ご飯を作ったりする。
個人的には心温まるストーリー。
ネタ的には新鮮なのですが、女児が成人男性の世話を焼くという設定がどうも好きになれません。
次の展開次第で2巻で打ち止めかな。
しかし、一度読み終えてから、再読してしまいました。
なんでやろ?
画がかわいいからかな?


お奨め度:★★☆☆☆


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(3)



前巻から半年後の発売。
ちょっと間が開いてしまって忘れたので、どんな内容だったのか1巻から読み直しました。

3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(1) 読了  -- 2017-09-08 Friday
3×3EYES 鬼籍の闇の契約者(2)読了  -- 2018-01-02 Tuesday



八雲と三只眼と再会するところから始まります。
闇と光の対立。そして忍び寄る三只眼の鬼眼王化。
そして、西洋魔術と東洋魔術の対戦。
色々と目が離せなくなってきました。
この巻では戦闘シーンと回想シーンがてんこ盛りで、同じ時間軸でハーンとベナレスが共に行動するなど、これまでの3x3EYESファンからすると、読みどころが多くて早く続きが気になります。
3x3EYESが好きな人なら、1巻からまとめて購入した方が良いでしょう。
この巻だけなら分からないですからね。
早く次巻が出ないかワクワクしますね。

発売日:2018年7月20日
購入日:2018年7月11日
読了日:2018年7月22日

お奨め度:★★★★★

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
中間管理録トネガワ(1)
と思ったら、カイジシリーズでした。


2015年12月04日発売
2018年07月09日期間限定で無料にて購入
2018年07月14日読了

コミックス感想ウィーク!第2弾!
昨日のはたらく細胞(1)と同様、期間限定にて購入。
中間管理職あるある話しっぽいですね。
こちらも、現在、深夜アニメで放送中。残念ながらウチのエリアでは放送されず(*´д`;)…
将来DVDが出たらレンタルで借りるかな。


このコミックスを読むと、役員の命令は絶対服従。部下は金太郎飴ばかり。と言う設定(笑)
部下の名前を覚えるところから始まるんですが、これが結構面白い。
そして、利根川幸雄が社の企画を立ち上げのために部下をコントロールするのに苦労するところから始まります。
また、企画の立ち上げ途中に突然会長が割り込んできて、会議を掻き乱していきます。
読んでいるだけで胃が痛くなりそう・・・(笑)
でも、なかなか面白いです。
ウチの現場では、そのようなことが無いから平和な方かな。。。(だと思う)
面白いけどレンタルDVDを見てから、続きを買うかどうか考えようかしら。


お奨め度:★★★★☆


この作画タッチ、どこかで見たことがあるなぁ。と思ったら、カイジシリーズでした。





こちらもタイトルだけは知っているのですが読んだことはありません。
このカイジシリーズが好きな人は、お薦めなのかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
はたらく細胞(1)
コミックス感想ウィーク!第1弾!。


2015年07月09日発売
2018年07月09日期間限定で無料にて購入
2018年07月14日読了

コミックス感想ウィーク!第1弾!
現在、深夜アニメで放送されていますが、録画するのを忘れたので、将来DVDレンタルする予定です(^^)
医学知識は全くないけど、白血球と赤血球、血小板の基本的な働きくらいは分かります。
それらを含む様々な細胞を擬人化して、コミックスで分かりやすく伝えています。
第1巻では、怪我したときに侵入する雑菌との戦いや花粉症とかインフルエンザの構成になっています。
医学知識はゼロですが読んだ範囲では、どの話しもわかりやすく面白く読ませてもらいました。
このコミックスに出てくる花粉症の話しで薬はやっぱりあれなんだな。
とボンヤリと考えてしまいました。
てか、今年はアレのお陰で薬を飲まずに済みましたけどね!
全5巻なので、金銭的余裕があったらまとめ買いして読もうと思います。


お奨め度:★★★★★


このコミックス、派生(スピンオフ)版があるのですが、どれも興味深いです。






記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
コミックス感想Week!
Amazonプライムで無料で購入したものや、Prime Readingで借りたものから続き物、新作まで。
今週は、先月から昨日まで結構買いまくった電子書籍コミックスの感想を書き綴りたいと思います。
名付けて、コミックス感想ウィーク!

決してネタ切れで勝手に企画したんじゃないですよ~(笑)
単純に先月は多くのコミックスをまとめ読みしたからで、この週にあてただけです(^^)


Amazonプライムで無料で購入したものや、Prime Readingで借りたものから続き物、新作まで。
割と頑張って読みました。
今期アニメ連動企画で、無料で1巻のみ購入するコミックスも数巻購入しました。
続き物でシナリオを忘れたときは、前巻を読み直したりしましたよ。
6作品を取り上げますが、本当はまだまだあるんです。
まだ読み終えていなかったりするんですよ~。
人によっては、拒絶したい作品があるかも知れませんので、その時は軽くスルーして下さいね!
構ってもこっちもスルーしますので(^^)


一番、読んだ時間が長かったのは、やっぱり寝る前かなあ。一番あかんのに(苦笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
衛宮さんちの今日のごはん
そして何よりも、切嗣さんの登場で色々と私なりに思いを巡りあわせました。
毎月1日放送の衛宮さんちの今日のごはん。と言うアニメ。
これまでは、すっかり忘れていて後追いで見ていたのですが、今月は覚えていたのでオンタイムで視聴しました。
あぁ、視聴方法はテレビではなくWeb(動画)配信


今回のお話しは、Fate/stay nightの原作プレイ、Fate/Zeroを含めたアニメ視聴をしている人にとって、うるっときた話では無いでしょうか。
6月と言う事で梅雨の季節にちなみ、背景もそれっぽく描かれていてとても良かった。
そして何よりも、切嗣さんの登場で色々と私なりに思いを巡りあわせました。


切嗣さんの死んだ目は、本当にうまく描けてているなぁ。と思うとともに、切嗣さんの声を担当している小山力也さんの演出もうまい!
切嗣さんの晩年を思うような感じで、アフターストーリーで良いよね。といった感じです。


このアニメ(物語)は、あくまでも食がメインなのですので、Fateの世界観が知らなければつまらないと思います。
是非とも原作をプレイして、そのギャップ感を味わって欲しいですね。
物凄くほのぼのとしたアニメです。





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30