•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Bluetoothハンドセット購入!
届いたのは、先月の3月29日なのですが、取りあえずメインスマホとiPod touchの両方にペアリングを済ませました。



現在使っているSBH-50の電池の保ちが、本気でアカンようになってきました。
なので、最新のSBH-56にしようか迷いましたが、SBH-50の仕様よりも劣化しているので、海外製のSBH-54を購入する事にしました。
SBH-54ゴールドSBH-54ゴールド2


見た目、ローズピンクのように見えますが、これは、撮影しているデジカメに反射しているからだと思います。
ブラックでも良かったのですが、ゴールドの方が安かったのでこちらを選びました(^^ゞ

SBH-50とSBH-54

ちょっとピンボケしていますが、随分と小型化されました。
小型化された分、電池容量も若干減っています。
【連続待ち受け時間】
SBH-50:約460時間
SBH-54:約300時間

SBH-56でも価格がSBH-54の半額で良かったのですが、どうも見劣りしてましてね。
届いたのは、先月の3月29日なのですが、取りあえずメインスマホとiPod touchの両方にペアリングを済ませました。
海外輸入版なので、日本語表示ができないのはご愛敬。
もう暫く使ってみて、近いうちにファースト・インプレッションを書きたいと思います(^^)





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
時代がもう少し早ければ・・・
今の時代ならスマホとスマートウォッチがあれば、GPS上でどこを歩いたのかを記録することが出来る(代表がGoogle FIT)し、参考程度にしかなりませんが血圧とか24時間計測することができます。
あと10年早ければ・・・
と思うことが一つあります。


それは生前、父が定年退職後、日課としていた散歩と万歩計をマメに記録し、毎年年末に新聞にして我が家で公表していました。
私は、あまり興味なかったのでよく覚えていませんが・・・(親不孝者その1)


今の時代ならスマホとスマートウォッチがあれば、GPS上でどこを歩いたのかを記録することが出来る(代表がGoogle FIT)し、参考程度にしかなりませんが血圧とか24時間計測することができます。
当時は、アプリも開発されず、スマートウォッチも高嶺の花でした。
今なら、間違いなくプレゼントしていたことは言うまでもありません。(親不孝者その2)


父のことですから、きっと使いこなすことは間違いないでしょう。
そして、Excelでデータ管理をして年末の家庭内新聞で公表していたことでしょう(笑)
こればっかりは、どうしようもないですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
スマホが更に進化
この類いのスマホは、私見ですがニッチ市場のような気がします。
縦折りスマホ「Galaxy Z Flip」の海外版が直輸入、実売21万円


各所からの既報通り、ついに日本市場にも出ました。
いや~、凄いですね。
どの程度の需要があるのか不確かなのですが、価格もゲーミングパソコン並みでビックリです。


私は、今のスマホに満足しているので、折りたたんでまで必要としないですね。
同じ折りたたむなら、ブックシェルフ型の方が良いような気がするんですけどね(^^ゞ


この類いのスマホは、私見ですがニッチ市場のような気がします。
ドコモが2画面スマホをブックシェルフ型で出しましたが、結局後継機種は出ませんでした。
私的には、良いアイデアだと思ったんですけどね。


それにしても、5Gのスマホもボチボチ発表していますが、軽く10万円を超えてきますね。
データ通信料金の低廉化は、良い感じですが端末がこれほど高いとちょっとね・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
4T-C40BJ1のセカンド・インプレッション
Pnasonicの5倍モードで視聴していますが、アニメもバラエティーも全く問題ないですね。
4T-C40BJ1のファースト・インプレッション  -- 2020-01-18 Saturday

新春特売で実質、49,800円で購入したAQUOS 4K対応テレビです。





あれから2ヶ月が経過しましたので、動画配信サービスを中心に色々と書きたいと思います。


まず、Fire TVにインストールしている各アプリとの比較です。

最初にYoutTubeの違いです。
基本的には変わらないので、操作はいたってシンプルです。
配信されている動画も、登録しているチャンネルはHD画質でも4Kテレビでは滲みもなく違和感なく配信されます。
液晶パネルが倍速モードではありませんが、YouTubeに限っては別に不満はないですね。

次にHulu。
Huluのアカウント管理がしっかりしているからか、Fire TVでログアウトしないとAQUOS 4K対応テレビで視聴することができません。
これは、Huluの仕様だと思うのでHuluの改善を願いたいところですね。
AQUOS 4K対応テレビで見ることが出来ないので、Fire TVから視聴しています。(少なくとも私は.)
私がHuluで視聴しているのは、「ちはやふる3」だけなのですが、画質がHD画質だからか画面全体の色味が薄いような気がします。

次にAmazonプライム・ビデオ。
こちらは、Huluと違ってアカウント登録さえ済ませれば、普通に視聴することができます。
しかし、Amazonプライム・ビデオの動画画質がSD画質だと、残念ながら視聴に耐えられないほど滲みが酷くて見ていられません。
特にアニメが顕著に表れています。
HD画質でも、何だか画質全体が引き伸ばされた感があるのですが、「見られたらオッケー」レベルの人ならそれでOKかも知れません。
ドラマや映画の方は、実はまだ見ていないんです。
25分くらいで済む面白いドラマがあれば教えて下さい(^^)

最後に、あまり視聴することのないAbemaTV。
殆ど、テレビのザッピングみたいなことでしか使っていないので、正直なところよく分かっていません。
普通に見ている分には、遜色ないです。


つづいて、BD/HDDレコーダー2K用からAVアンプを通して4Kアップリンクした映像について。
最近のBD/HDDレコーダーは4Kアップリンクが自動的に付いていますが、我が家には未だにDMR-BW890を使っています。
なので、AVアンプを通しての4Kアップリンクは必須です。
Pnasonicの5倍モードで視聴していますが、アニメもバラエティーも全く問題ないですね。
動画配信サービスでは、アニメの色味が薄いのも、BD/HDDレコーダーではそんなことなかったです。
情報量の差という奴なのでしょうか。


最後にPlaystation3でのゲーム視聴。
起動時のトップメニューは4Kアップリンクされていますが、とても綺麗ですね。
PS3でも4K対応は何となく嬉しい。
先週末、namco Generations GALAGAを1時間ほどプレイしましたが、とても迫力があって面白かったです。
この辺りは自動的に画面サイズが切り替わるようなので、滲みとかぼやけることはなかったですね。


とまぁ、概ね視聴する分には満足しています。
しかし、動画配信サービスでは、動画ソースがSD画質だとブロックノイズが酷いので、そろそろ4Kに焼き直しするなどを検討してもらいたいところですね。
もしくは、ソフトウェアで自動的にそのサイズに画面を切り換えるとかね。(無理に4Kに引き延ばしせず、SD画質のサイズに切り換えるとかね。)


よく、家電量販店で倍速パネルとの違いのデモをやっていますが、細かいところを気にしない人ならば別に無理に倍速パネルの4Kテレビを買う必要ないと思います。
エンドスクロールが気になるとか、映画やスポーツ観戦で気になる人なら、倍速パネルの4Kテレビを買った方が幸せかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
おうちクラウドディーガ DMR-BRT1060のセカンド・インプレッション
そうなると、DiXiMと言うアプリしかないですね。



購入して2ヶ月以上経過しましたので、その後の顛末を書きましょうかね。
主にマイナスな事を中心に3題。


以前、スマホからでもキーワード予約が出来ると書きました。
おうちクラウドディーガ DMR-BRT1060のファースト・インプレッション  -- 2019-12-06 Friday

見るだけでなく番組予約をする事も出来るので、思い立ったときが吉日のように録画することが可能です。
ただ、WebサイトのDimoraのようなキーワード予約が今一歩といった感じです。
このスマホから番組予約機能は、プレミアム会員にしか出来ない事が後日判明。
となるとですね、DMR-BW890で出来ていたDimoraからのキーワード予約機能が、DMR-BRT1060では出来ないようです。

これは、私にとって最低最悪最大の欠陥です。
だって、Dimoraからキーワード予約をしようとするとですね、

Dimoraでの結果


下の方にスクロールするとですね、あたかも無料会員でも録画予約できるようなことを書いています。

プレミアム会員への誘導


しかし、無料会員ではこんな有様ですよ。

スクショを録らせない徹底ぶり


スマホでスクリーンショットを撮ろうとすると許可しないという徹底ぶり。
Panasonic一体どうしちゃったんだよ~。
ハッキリ言って、プレミアム会員にならないとスマホでは使えない代物。
せっかく、追加で買ったのになあ。
スマホでポチポチ入力するのも結構苦痛なのですが、それが物凄くマトを絞って出来ない。

めっちゃショック・・・
こうなると、DMR-BW890が完全に壊れるまでは現役で頑張ってもらわなくては・・・。
これは、私の完全なリサーチ不足だった。


続いて予約関連で。
仕方ないのでDMR-BRT1060の本体からキーワード予約をするのですが、これがちょっと面倒くさい。
Bluetoothキーボードとマウスで直接入力したいくらい、リモコンからポチポチと入力するのが面倒くさい。
これ何とかならんかなぁ。
それでもって、除外キーワードを入れてもしっかり予約に入るし・・・
私の方で何か間違ったキーワードを入れているのかなあ?


最後に予約録画後の処理について。
本体から予約録画されると「おまかせ録画」と言うグループに入ります。(毎週予約録画は別)
私の場合、BDに残したい番組については番組名ごとにグルーピングするのですが、いちいち「おまかせ録画」から解除しなくてはなりません。
DMR-BW890では、そう言うことがなかったのですが、DMR-BRT1060では本体からのキーワード予約をすると「おまかせ録画」というグループに入ります。
説明書を読んでいませんが、ある程度貯まる(どの程度か不明)と自動的に削除されるようです。(グループから外そうとするとそう言う警告メッセージが出ます。)
これもこれで、なんだかなあ。と言う感じ。


なんで、PanasonicはDMR-BW890と比べてこんな劣化機能を搭載したんだろう。
もう、ハードウェアでは儲からないからサブスクリプションという制度を悪用して、小銭を稼ぎたいのかなあ。
正直、ブルーレイ・ハードディスクレコーダーに「おうちクラウド」なんてもんは不要と思う。
写真とか音楽をインストールしても、いずれ買い換えるときに引っ越ししなくちゃならない。
大量にある写真と音楽ファイルをネットワーク経由で移動するとなると、ネットワーク環境とファイルサイズによって時間がかかるんじゃないかな。
私のように割り切れるなら良いんだけど、ほとんどの家庭では割り切れないと思う。
(特に声の大きい家庭では)将来、このおうちクラウドの仕様が変わったときに苦労するんじゃないかな。
番組録画機は、徹底な録画機としてあるべきだと思う。
こうした余計な機能は、将来足を引っ張るんじゃないかなぁ。


と言う事で、不満を3点書きました。
操作については、DMR-BW890とそれ程変わらないのでとっつきやすさは良いのですが、微妙にボタン配列が違うので間違ってクラウド機能ボタンを押したり、録画予約ボタンを探してしまいます(笑)
リモコンは慣れの問題ですな(^^)

あと、スマホでアプリを通して見られる機能もありますが、小さい画面で見るのは苦痛なので評価対象外です(^^ゞ
最低でも10インチタブレットかなあ。
そうなると、DiXiMと言うアプリしかないですね。
持っていますけど、Windowsデスクトップはたまに見ますが、タブレットのライセンスは未活用です(^^ゞ


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
第7世代iPod touchを買いました
シリコンケースが、第5世代のものをそのまま流用できるのが嬉しいですね。
勢いで。。。(笑)




電池が保たなくなってきたので。。。
やはり劣化は否めない。
と言うことで買いました。

7th iPod touch RED


色はどれでも良かったのですけど、直感でこれにしました(^^)
スマートフォンを持つまでは、iPod touchをガシガシ使っていたんですけど、今は音楽を聴くためだけになっています。
聞くためだけなら、iPod classicでも良かったんだけど、Bluetoothが対応していないから買うに至らないし。。。


セットアップは、楽勝。
スマホと違ってシンプルで良いですね。
ただ、アプリがてんこ盛りなのに辟易。
Appleョお前もか。と思った次第。
取りあえず、要らないアプリはアイコン長押して削除。


早速、通勤で音楽を聴きいているけど、1週間経たずして電池切れ。
あれ?前の機種より短いやん。。。
と思って、設定を見直していたら、Wi-Fiをずっとオンにしていた。
そら、電池喰うわな。
と言う事で、そっとオフ。
基本、楽曲とのリンクは充電を兼ねてケーブルが基本派ですので。。。


シリコンケースが、第5世代のものをそのまま流用できるのが嬉しいですね。
今度は、7年くらい使い倒したいな(^^)

しかし、今思うと128GBでも良かったな。




ふと、これで、wena wrist proの電子マネーに対応出来るのかな?
ちょっと、試してみようと思って見ると、根本的に無理のようだ。

注意事項


ざんねん。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
wena wrist pro セカンド・インプレッション
つまり、スマートフォンとwena wrist proがほぼニコイチでいた状態だった。
前回の記事から2週間経過しての感想です。

wena wrist pro ファースト・インプレッション  -- 2020-01-07 Tuesday


いや、なんでこんな短期間にインプレッションを書くのかというと、最初のインプレッションは冬休み中に経験したこと。
つまり、スマートフォンとwena wrist proがほぼニコイチでいた状態だった。
そして、仕事が始まった1/6から2週間経過して気付いたことを書き記しておこう。


まずその前に、wena wrist proの設定は、次の通り。

【通知設定】
・電話
・COCORO HOME
・Gmail
・iDアプリ
・Google Pay
・Google Fit
・LINE
・Messenger Lite
・Twitter

【Bluetooth接続設定】
Androidを探し続ける

【ディスプレイ設定】
自動表示オフ時間 00:00~06:00

【おやすみ時設定】
オフ
睡眠のトラッキング 22:00~08:00
通知拒否 00:00~06:30

【バイブ設定】


【接続切断時通知】
オフ

にした状態で、昨年12月末購入時にしている。
仕事は基本デスクワークで、スマホとはニコイチの状態である。
通知が来るのはGmailくらいだ。
トイレに行くときと、飲み物を買うときだけスマホと離れる。
家に帰れば、スマホは基本自室。
リビングや寝室には持ち込まないようにしている。
スマホとのリンクは、しょっちゅう切れるので探しまくっている。


だからかこの条件で、電池の保ちは3~4日で残り10%台にまで落ちてくる。
ちょっと、これはいただけない。
と言う事で、スマホとのリンクが外れたら探し続けないことに設定を変えてみました。
それ以外は、そのまんまの設定で。
必要なときにリンクさせたらいいや。と言う事で、どれだけ電池が保つか実験してみました。


1/13朝に満充電でスタート。
1/19 21時時点で残り8%。

wena wrist pro 残りバッテリー


この方法で良いんじゃね?
1週間は保ちますな。


それはそうと、先週の連休の時に、電池の切れた時計が1本合ったので、電池交換をしてもらうついでにベルトを外してもらいました。
外してもらったのは、初代オシアナスとクルージングマスターの2本。
ベルトを外すだけなら無料と言う事でちょっと嬉しかったり。
電池交換もPayPayでお支払い。キャッシュレスは嬉しい。

と言う事で、外してもらった。
ベルトを外した時計達


何とも形容しがたい。

クルージングマスター


こちらは、セイコーのクルージングマスター。
7年前にオーバーホールをしてもらいました。

時計のメンテナンス  -- 2012-04-18 Wednesday

定期的な電池交換は必須です。
今回、この時計の電池交換をしてもらいました。税込みで1,650円。

オシアナス


こちらは、カシオの初代オシアナス。
こちらも、もう16年近く前になりますね。

かなり親切。だけど…  -- 2004-12-07 Tuesday


この時計の電池交換、未だに1度もしたことがありません。
過去に1度だけ、ずっと引き出しにしまっていたが為に、完全に放電してしまったことがあったのですけど、出窓のところに半日おいていたら見事に復活しました。
さすが、ソーラーパネル!
カシオ!(^^)

こうしてベルトを外して気付いたのですが、クルージングマスターの方はROLEXと同じラグ幅が20mm。
と言う事で、バンドの付け替えはクルージングマスターに決定。

バンド付け替え


気分によって、時計を取り替えるというのは、wena wrist proにして良かったかな。
と思えますね。




ただ、スマホとニコイチじゃないと効果が半減するところが勿体ないところですかね。
これは、オンとオフを切り換える。と言う意味かな。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
3TBのハードディスクを購入
さすが東芝、同じ価格ならSeagateの4TBでお釣りがくる値段です。
そろそろ、今のハードディスクが一杯になってきたのと、1TBが2本あるのはスマートじゃないので、価格のこなれた3TBのハードディスクを買いました。




普段は、Western Degital社のWD Blueを買うのですが、以前にも紹介しましたがWD社も意外と故障率が高いことが判明。
ハードディスクの故障率が高いメーカー  -- 2018-11-19 Monday


そこで、Western Degital製を選ばず東芝製を探すことにしました。
さすが東芝、同じ価格ならSeagateの4TBでお釣りがくる値段です。




それ程大事なデータはないんだけど、やっぱり失うと痛い(特にデジカメで撮影した写真とか、フィルムスキャンした写真データや動画や記録データ)ですからね。
これらの入っているデータを東芝製へコピーしました。
さすがに時間がかかるな。


クチコミでは、静音性がどーとか言われていますが、私の部屋では東芝製ハードディスクのディスク音より、サーキュレーターのファンが勝っていますので、殆ど聞こえません。
ハードディスク程度の音で五月蠅いとか言ってたら、逆にちゃんと作動しているのかどうか心配になりますわ。
それだったら、素直にSSDを買いなさいと言ってあげたいです(^^)


使い続けたHDDは、それぞれ闇市に流通させましょうかね。
もちろん、データ復元が出来ないような状態にしておいてね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
4T-C40BJ1のファースト・インプレッション
ただ気になったのは、倍速パネルではないからなのか、テレビ放送のエンドロールで下から上にスクロールするときにカクツキが気になりました。


年始めの初売り市(1/2)で買いました。
REGZA Z3500がご臨終間近になりました  -- 2020-01-03 Friday

このセール、1/3までだと思っていたのですが、1/4に入った広告に1/10までのセールになっていました。
売れ行きがそれ程良くなかったのか、それとも逆に良すぎて在庫をかき集めたのかは分かりませんが・・・(笑)
とにもかくにもAmazonよりも安かったのは事実ですし、購入当時のネットショップやkakaku.com相場よりも1万円以上安かったので妥協しました。
ちなみに御値段は、54,800円です。
東芝REGZA 37Z3500を買った時は10万円超えだったのに、更に一回り大きいパネルで4Kチューナー内蔵がその半額とは・・・
価格破壊が恐ろしい・・・


Android TVなので、セットアップが面倒くさいのと、レスポンスが悪いんじゃないかと思っていました。
まぁ、アカウントを持っていなくても使えますが、有った方が何かと便利のようなので、私のアカウントを使用することにしました。
別に家族に見られてもヤバイアプリは無いですし(^^ゞ
映像系アプリがいくつかプリインストールされており、我が家で見るとすれば
・YouTube
・Hulu
・Amaznプライム・ビデオ
・torne
くらいです。
TVerは相方がインストールするかな?

設置した感じ、以前使っていたREGZA Z3500の大きさと殆ど変わりませんでした。

【REGZA 37Z3500の寸法】
916x637x298 mm(幅x高さx奥行)

【AQUOS 4T-C40BJ1の寸法】
915x603x253 mm(幅x高さx奥行)(▲1mm x ▲34mm x ▲45mm)

こうしてみると、若干一回り小さくなった感じですね。
メタルラックが920mm幅なので、45インチは実質無理です。43インチはギリギリアウトかも知れません。
業者さんがやってきて設置をして下さいました。
すんなりラックに収まってやれやれです。
ただ、テレビの下に置いていたセンタースピーカーが邪魔になってしまったので、やむを得ず1段下に置きました。


さて、肝心の画質の方ですが、特にパッと見た感じこれまで通りです。
2K画質でもそれ程悪いとは思いません。
ただ気になったのは、倍速パネルではないからなのか、テレビ放送のエンドロールで下から上にスクロールするときにカクツキが気になりました。
どのテレビ放送か忘れてしまいましたが、他のエンドロールでは特に発生しませんでした。


4K放送は、まだじっくりと見ていませんが、ザッピングしてみる限りでは、2K放送とそれ程大差無さそうですね。
番組表見ても民放のチャンネルは、テレビショッピングばっかりで全然力を入れていないことが丸わかりです。
先日、番組表を見て5.1ch放送の音楽番組があったので録画予約をしたのですが、何故か録り漏れていました。
4K放送の実力を確認するのに見たかったので、ちょっと残念だったな。
また、機会を見つけて視聴してみます。
やっぱり、5.1chサラウンドで視聴するなら、コンサートライブだよなあ。


動画アプリの方ですが、基本Fire TVで見ることにしていますが、徐々にAndroid TVで見る方に移行しています。
散々、Android TVをコケにしていたのですが、いちいちリモコンを取り替えるのが面倒くさいのでねえ。


あ、そうそう。
このテレビからB-CASカードが添付されていたのですが、挿入するところが一つもありませんでした。
確認すると、ACASチップに変わったようです。
なので、ACASチップが起因とするトラブルがあれば、テレビまるごと修理になると思われます。
それ故に、今までB-CASカードを差し込むと有料放送が2週間くらい無料で見られていたのですが、ACASになってからは一切それがありませんでした(´・ω・`)ションボリ


チャンネルの切替速度も、REGZA Z3500に比べると若干のラグがありますが、感覚的な問題なのでさほど気にするものではないですね。
液晶パネルのドット欠けが一昔前には普通にありましたが、我が家のAQUOSは問題ありませんでした。


ネットとの融合で、Amazon echoによる音声テレビをコントロールすることも出来ます。
最初は、面白がってやっていましたが、私の場合今では普通にリモコンで操作しています。


とにかく機能が盛り込みすぎていて、スマホでも操作が出来るのですがそちらはやっていません。
また、COCORO HomeでIoTを実現するとのことですが、このあたりは自前の商品だけでなく、様々な電化製品に対応してもらいたいところですね。
そうなると、我が家のIPアドレスは一気に足りなくなるかも(^^ゞ


ネットのクチコミでは、Android TVに否定的で私もその一人でしたが、今回2週間近く触ってみて特段問題となるような点はありませんでした。
唯一、鬱陶しいなあ。と思ったのが、File CommanderのアプリがTVの電源を入れると、ランダムにいきなり出てくる点ですね。
鬱陶しいので、アプリからアンインストールしました。
4Kチューナー内蔵40インチテレビが、54,800円で買えたことに非常にコスパの高い商品であると満足感が高いですね。
これからもちょっと色々と触って連携させて、もっと便利な使い方が出来ないか探ってみようと思います。

#4T-C40BJ1
#シャープ4K対応テレビ

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
ロボクルを買いました
見やすいと言えば見やすいのですが、単なる充電台としか使い道がなさそうです。



Amazonでフラッと見ると、面白いものが売っている。
充電台だけど、何かクルクル回るみたい。
シャープ純正で買うと5,000円オーバーだけど、ソフトバンクが出しているやつで買うとその半額弱で買えることが分かった。




早速、自宅の机に置くのにちょうど良さそう。
充電もちょくちょくやることだし。と言う事で、買ってみました。
Amazon echoのような使い方出来るのかな?と期待していました。
しかし、そのような使い方が出来るのは、スマートフォンのAQUOR Rシリーズのみ。
AQUOS SENSE シリーズも対応して欲しかったなあ。と残念に思います。
今出来ることとしたら、こんな感じくらい。

エモパー画面Twitter画面


これくらいにしか用途がなさそうです。
見やすいと言えば見やすいのですが、単なる充電台としか使い道がなさそうです。
スマホケースを付けたままでも充電できるだけの奥行スペースがあるので、こう言う使い方がメインになりそうです(^^)

ソフトウェア改良で、AQUOS SENSE シリーズにも対応して欲しいなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30