•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

そろそろ扇風機を粗大に出すか・・・
DCモーターフルリモコン扇風機  -- 2017-07-15 Saturday。
18年物扇風機

この写真に写っている扇風機は、2001年頃に買いました。
つまり、住み始めてから初めての夏に買ったのでした。
昨今、古い扇風機が内部モーターの劣化によりショートして火災が発生する案件がある。
耐久性は、使用環境にもよるがおよそ10年くらいのようです。


と言うことは、うちのは約1.8倍ですね。
いつ発火してもおかしくないです。


そう思いつつ、昨年に新しい扇風機を買ったんですよ。
DCモーターフルリモコン扇風機  -- 2017-07-15 Saturday
でも、こいつは日本製。
愛着もあって手放したくないんですよ。
そんなことを言って火事になったら・・・というリスクも考えると手放した方が良いかも知れませんね。
今夏、昨年買った扇風機を使わず、古い扇風機を取り出すのは、もう私の癖ですね。

昨年買った扇風機のインプレッションはこちらです(^^)

DCモーターフルリモコン扇風機 ファースト・インプレッション  -- 2017-07-28 Friday



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::家電製品 | comments (0) | trackback (0)
アプリとハードウェア
これが原因で、中古のZ3 Compactに切り替えたわけでもあります。
疑惑からほぼ確信に変わりつつあるのですが。
と言う話し。


普段何気なく使っているスマートフォンやタブレット。
そのままでは何も使えないので、Google PlayiTunesからアプリをインストールして使っていると思います。


アプリのインストール数は関係有りません。
それは、ストレージエリアに保存されるので、容量が上限に来ても問題ありません。
(ただし、OSが素早く次のアプリを呼び出したりデータ保存をするため、ストレージエリアをいくつか使いますので20%くらいは残した方が良いでしょう。)

問題は、個々のアプリが要求するスペックが、購入当時よりも高くなってきているんじゃ無いかと思います。
これにより、アプリが定期的に自動更新されるたびに、該当アプリを起動するとハードウェアの要求に耐えられなくなり起動が遅くなる事象が出ているんじゃ無いかと思います。

実際、SO-04E feat. Hatsune Mikuを購入当初は何ら不満がなかったのですが、OSを4.4.2にバージョンアップして半年したくらいから、メインで使っているFacebookやTwitter、他アプリの起動が遅くなりました。
タスクの切り替えも緩慢になり、無音カメラを立ち上げた後、タスク切り替えでTwitterを出すにしても遅かったです。
これが原因で、中古のZ3 Compactに切り替えたわけでもあります。
切り替えてからそのもっさりする原因は、今のところ解消しています。

こうした経験とこれまで対応した経験からすると、個々のアプリに機能追加したり、セキュリティー対策したりして、肥大化していったことが原因じゃないかなぁ。と思います。
なので、持論としては、発売後5年経過した端末は、いかなる条件であっても、素直に端末を買い換える必要がある。
と考えます。

余った端末は、カメラ専用にするとか、ソフトウェアパスワードアプリ専用とか、普段あまり使わないようなアプリだけをインストールしておき、それ以外は全部削除してしまう使い方が良いかと思います。
そう言う意味では、我が家にはXperiaスマホが3台と雷神1台有ります。
acroHD→インターホン兼地震検知情報専用端末
・ZR→各種ランダムパスワード生成アプリ専用端末
・Z3 Compact→メイン機(SNS投稿、5chブラウザ、カメラ撮影など)
雷神→サブ機(ゲーム、活動計、家電リモコンなど)
ですね。

そろそろ、acroHDを引退させて、acroHDが専用としている機能をZRに移行させて、机の上から撤去しようかと思います(^^)
こうしたシンプルな使い方をしている限りでは、6年前の端末でも十分活躍してくれますよ。えぇ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
700MHzによるテレビ受信障害対策工事
予定時刻になり、クルマが1台横付けされた事がわかり、こちらも構えて待っていたのですが、待てど暮らせどインターホンを鳴らしません。
700MHzによるテレビ受信障害対策

以前、こうしたブログを取り上げたところですが、先月、それらしき作業員がうちに来ました。
けど、怪しそうな人だったしアポイントメントがなかったので居留守を使いました。
そして、ポストに投函されていた所に電話をしたところ、電話先のおじさんから自宅に伺って作業を行いたいとのことだったので了承。
日時を決めてその日を待ちました。


予定時刻になり、クルマが1台横付けされた事がわかり、こちらも構えて待っていたのですが、待てど暮らせどインターホンを鳴らしません。
一体どうしたのかな?と思って10分くらい経ってからインターホンが鳴りました。


「すみません、こちらのアンテナ、どのように付けられたのか御存知ですか?」

と作業員が仰るので、私は、

「新築工事の時に取り付けられたのだと思います。詳しいことはちょっとわからないですね。」

と答えました。すると作業員は

「あー、もしかして足場がまだ合ったときに設置されたんですかねぇ。すみません、こちらの用意した梯子ではちょっと届かないんです。高所用梯子の手配をしましたので後日改めて作業に伺います。申し訳ございません。」

と言って帰っちゃいました。
仕事道具がなければどうしようも無いので、後日延期と言うことで待つことにしました。


しかし、待てど暮らせど連絡が来ません。
工事断念から2週間後、電話がかかってきて「明日の15時に伺いますね。」と連絡がありました。
やっと工事が始まるのか。と言う安堵感から、待ち構えていました。


今度は、2台のクルマと3名の作業員が来ました。
自宅のリビングに入ってアンテナ受信のチェックをしていました。
外では、梯子を設置して忙しく作業を進めてました。
そして、リビングでのアンテナ受信のチェックが終わり、年配の作業員から「ブースターはどこにありますか?」と聞かれたので、納戸の部屋に案内。
そして、作業道具を持ち込んでいるときに別の作業員から悲報が・・・

「すみません、今元請けの方から連絡があり、何でも転落事故が発生したため全作業中止せよ。と通達がありました。恐縮ですが今日の作業は中止とさせて頂き、後日改めて作業させてください。」

とのこと。
この日の作業は中止で終わりました。


事故による中止とは言え、さすがにこれだけ続くと何か呪われているのかも知れません。
次の工事はいつになるだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
UM-2Gが使えるではないか・・・
要らなくなっちゃったんですが、いつUM-2Gが使えなくなるのかわからないので、予備としておいておこうと思います。
先日、部屋を掃除していたところ、USB-MIDIケーブルが出てきました。

MIDIインターフェース


既にAmazonでは廃番になっているため、事実上販売終了です。
当時のブログで使えなくなったと書いていますが、何故使えなくなったのか理由が書いていません。
何となく、型番をGoogle検索して見ると、Windows 10でも対応していることがわかったので早速繋げてみたところ、あっさりと認識しました。
これを、SC-88Proに繋げてMIDIをならしてみたところ問題なく聞こえました。


実は、Roland ローランド MIDIインターフェイス UM-ONEmk2をそれまで使っていたのですが、たまにMIDIデータが2チャンネル送信することがあって、時々ちゃんと再生出来ない物足りなさがあり、つい先日追加で買ったばかりなんですよ。



要らなくなっちゃったんですが、いつUM-2Gが使えなくなるのかわからないので、予備としておいておこうと思います。
しかし、販売中止になったとは言え、UM-2Gがヤフオクにもフリーマーケットにもないことから、結構レアアイテムになりそうです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
SO-02Gを【中古】で買いました
SO-04E feat. Hatsune Mikuを使い始めて3年半。
SO-04E feat. Hatsune Mikuを使い始めて3年半。
さてと、そろそろインプレッションを書きましょうか


そろそろ使っているアプリがSO-04E feat. Hatsune Mikuでは重たくなってきたことを感じ、そろそろ終了かな。と思い、新たなスマホを検討していた。
そんな矢先、SonyのZ3 Compactが9000円を切る形で中古情報を入手。
早速、ググって探して手に入れました。
御値段は8,980円。


購入店は、携帯市場
kakaku.comから検索して見つけました。
(今はもう既に購入した色の中古販売は無かった。)
最初に購入店からへの注文は5月21日16時前。
16時過ぎに完了したとのメールが届きますが、それ以降何も連絡が無くちょっと心配になりましたが、翌22日12時前に賞品発送の連絡メールが届き、翌23日午前中に商品が無事に届きました。
商品は本体のみで、充電スタンドや充電用ケーブルは付いていませんでした。
充電スタンド(卓上ホルダー)は欲しかったのですが、以前使っていたSO-02Fが使えるかどうか試してみたところ、スカスカではあるけれどもバッチリでしたのでそれを使うことにしました(笑)


さて、本体ですが【レベル5】ってどういうレベルなのかわからないのですが、写真の通りほぼ綺麗な状態でした。
SO-02G オレンジ


ちょうど充電コネクタとmicroSD挿入スロットにキャップがありませんでした。
microSDキャップなし


これで9,000円を切るなら上出来でしょう。
このまま使い続けるには防水性に難があるため、どうしたら良いのかドコモに問い合わせました。
Web上で問い合わせを行い、メールで回答を受けたのですが、ドコモショップにて無料で取り付けてくれるとのこと。
何だその程度の手間なら楽勝だな。と思って、ドコモショップに電話をして在庫を確認してもらったところ、あると言う事なので翌日の昼前に取り付けて貰うことで取り置きしてもらいました。

翌日、取り付けて貰った上にハマりにくくてゴミがあるので掃除もしてもらいました。
こう言う点では、MVNOよりMNOの方が安心感があるんだよね。
SIMフリー端末も良いけれど、端末まで面倒が見られないのがMVNOのデメリットなところ。
その分費用を抑えているから当然なんだけどね。
キャリアと同じサービスを求めるならそれなりの対価を払いましょう。
それにしてもドコモショップにはあまり行きたくないのだが、先月はよく行った方だな・・・(笑)

とちょっと話が逸れました。
早速、ガシガシ使ってみたので、SO-04E feat. Hatsune Mikuと比較感想。
まず、Z3 Compactを名乗るだけ合って小さくなりました。
私の手のひらサイズなら片手操作ができます。
バッテリーの保ちも、心なしか良いようです。
各種アプリも取りあえずサクサクに動くようになりました。
画面も画素数もスペックは全く同じなのですが、何故か一回り小さくなったので、画面も小さくなったように見受けます。

発色も良し。中古端末とは思えないのが良いですね。
あと、これまで使えなかったNFCが使えるようになりました。
取りあえずSBH-50のハンドセットフォンと接続も一発。
でも、普段はiPod touch 5Gがメインだけどね・・・(笑)
ヨドバシゴールドカードとモバイルdポイント、マクドナルドを登録しました。
iDは、装着しているSIMの電話番号と異なるためNG。
まぁ、N-02Cがあるから良いんだけどね。


これで、2年くらい使い倒そうかと思います(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::スマートホン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
N-02Cが壊れる・・・
そうなると、ドコモショップへ駆け込んで、電話やメールデータと電子マネーの移行を御願いするしか他にありません。
大破なんて大袈裟に書きましたが、実際はそれ程でもありませんでした。
すんません。


N-02Cチタンメタリック


「大破」を引用したのは、
・生前父の肉声が留守録で残していた
・著作権関係のメロディーを多数残していた
と、端からどうでも良いけど、自分にとっては大事な物が一瞬で消え去ったため、「大破」という言葉を使いました。


7年5ヶ月使い続けたN-02Cチタンメタリックは、天寿を全うしました。
電源を入れても、液晶が全く映りません。
そして、その状態でどこもケータイリンクで情報を引っこ抜こうとしても、認識してくれません。
そうなると、ドコモショップへ駆け込んで、電話やメールデータと電子マネーの移行を御願いするしか他にありません
電子マネーはいくつかあったのですが、メインで使っているのはiDだけでしたので、それ以外は全て放棄しました。


以前、外装交換で電子マネーがリセットされて返ってきて、その際設定が死ぬほど面倒臭かったのですが、ドコモショップでもスムーズに移行することが出来なかったため、結局自分でやる羽目になりました(苦笑)

【教訓】
電子マネーは、基本ドコモショップでは出来ない

不幸にも端末が壊れ、壊れた端末のiD利用取消が出来ない場合は、dカードセンター(ゴールドカードの場合、dカードゴールドデスク)に電話をして、設定解除の依頼をすることになります。
再設定が可能になるとメールが飛んできます。それまでは、携帯(多分スマホも)によるiD決済は不可能です。
本体が使えない間は、dカードによるiD決済を代行してもらいましょう。


さて、大破と大袈裟に書いた割に、見た目大して変わっていない証拠として、ひびや欠けた部分の本体を晒しておきます。
7年5ヶ月、ありがとうございました。


N-02Cチタンメタリック上部ヒビN-02Cチタンメタリック折り畳み部分N-02Cチタンメタリック底の欠けN-02Cチタンメタリック上部欠け


それにしても、ドコモショップは相変わらず営業まがいなことをしてくるので辟易する。
これについては、後日書くことにしよう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア | comments (0) | trackback (0)
BSアンテナがいよいよダメっぽい
テレビは、BSチューナー内蔵では無かったので、BSチューナー内蔵のS-VHS(確かHV-BS53を購入した。
我が家には、1992年に購入したBSアンテナがある。
なぜ、その当時にBS?と思いでしょうが、BS放送でオリンピックが見られるからである。
(当時は、NHKとWOWWOWしかなかった。)
テレビは、BSチューナー内蔵では無かったので、BSチューナー内蔵のS-VHS(確かHV-BS53を購入した。
確か、三菱電機製でCMカット(チャプターを入れるのではなく本気でカット。ただしステレオ放送は出来ない)をする奴だった。


そのBSアンテナが激動の平成を渡り歩いて、いよいよ駄目になってキタっぽいのだ。
キタっぽい。と言うのは、雨が降るとブロックノイズが発生して見られにくくなると言う事。
実は、先月の4月からこう言う事象で録画予約が失敗しているんですわ。
特に夜間の降雨は、失敗する確率が格段に高い。


もしかすると、強風によって位置ズレが発生していると言う事も考えられるのだけど、かれこれ26年も使っているのだから劣化していてもおかしくないだろう。
ちょうど、今年の12月からBSデジタル放送で4K放送が始まる時期。
と言うことで、今から準備しても遅くも早くもない。
ただ、ちょうど端境期なので、「もしかしたら、これからもっと良いアンテナが出るかも・・・」という思いで躊躇いもある。





どうするべきか。
もうちょっと悩んでおこうかな。
どのみち、今4Kテレビを買うわけでも無し、4Kチューナー内蔵のBDレコーダーも出ていないしね。
ただ、今後放送される番組が録画失敗したり見られなくなるのはちょっと不味いよなぁ。
と、思いつつも。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
Wi-Fiルーターのサポート期間はいつまで?
Wi-Fiルーターのサポート期間っていつまで? 国内メーカー4社に聞いてみた。
Wi-Fiルーターのサポート期間っていつまで? 国内メーカー4社に聞いてみた
記事やリンク先は、Wi-Fiルーターに限った話になっていますが、それ以外のネットワーク型カメラなどセキュリティに関わるサポート期間って、今一つ明確に定まっていないんですよね。

今回、上記リンク先の国内メーカー4社もサポート対応もバラバラで、安心して使えるメーカーってどこなんだ?と知人から聞かれると、答えに窮する場合があります。
知人から聞かれる場合、たいてい購入前の相談になるので、スペック重視が一つあげられます。
KRACKsのような特殊な事例を除けば、国内メーカーならたいていドングリの背比べのようなレベルで、あとは、自力で解決する能力があるか、使い方をサポートに頼るか。位です。
サポートも千差万別ですし、私自身、殆どメーカーサポートに頼らないので、メーカーサポートの評価は全てネットによるクチコミ情報による収集となります。

それでも、一般家庭で使うにあたり、Wi-Fiルーターをチョイスするならどれか。と聞かれると私は、necのAtermを推薦しています。



しかし最近、光回線の混雑による速度低下から、それを回避するためIPv6を使った接続方法で簡易なルーターはないか?と聞かれると、私の中の選択肢はアイ・オー・データ機器のWN-AX1167GR(2018年4月4日現在)しかないようです。




実は、IPv6での接続には、フレッツ光やNURO、auひかりと違って、いくつかの接続方法があるようです。
私は、どのプロバイダーがそう言った対応ルーターが必要なのか、目下勉強中なんですよ。。。
さっさと接続方法を規格統一して欲しいんですけどね。
困るのは、一般利用者なんでね。
プロバイダー変わったからこれまで使えていたルーターが使えない。なんてのは困りものなんですよ。

と、話題が逸れちゃいましたが、Wi-Fiルーターのサポート期間は、重大なインシデントでない限り製造打ち切り後5年程度で良いと思うんです。
(そう言う意味では、国内メーカー4社は好意的。)
実際は、7~10年くらい使っていると思いますが、さすがにそこまでのサポートは製品にコストが跳ね返ることになります。
それに、24時間365日付けっぱなしの製品なので電源周りの部品劣化も始まると思います。
そして、無線LANの高速化された新規格も出てきますしね。
経済循環するためにも、定期的に無線LANルーターを7年から10年スパンで更新していきましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
iPodは永遠に不滅です
今でも、iPod touch 第5世代で散歩や通勤途中で聞いていますし、iPod touch 第4世代はカーオーディオ用として定期的にPC同期をして新しい音楽を取り入れています。
私とiPodの出会いは今から約13年前に遡ります。

iPodを買いました(2005/08/12 22:05:59)


その後もインプレッションを色々書いています。

iPodインプレッション(2005/08/24 21:37:47)
リモートコントローラー for iPodとiPodを使って1ヶ月の経過レポ(2005/09/09 16:08:34)
iPodのその後…(2005/12/06 18:54:30)


iPodとの出会いまでは、CDプレーヤーかMDプレーヤーで聞いていました。
CDプレーヤーはウォークマンに次いで長く愛用してきたけど、MDプレーヤーはさほど長くなかった気がする。
未だにMDメディアもあるしね。もう使わないけど。
当時、新しいPCに買い換えて間もないときに友人から、「これからの音楽は、PCフォーマットで聞く時代になるよ。」と言われ、手持ちCD100枚弱ほどをwmaフォーマットにして保存しました。
が、それはiPod購入で無意味となり、iTunesソフトウェアでmp3に5時間くらいかけて変換しました。

なかなか、iTunesで邦楽が出てこなかったので、当時はひたすらレンタルCDでmp3変換していました。
そして、現在に至る。
今でも、iPod touch 第5世代で散歩や通勤途中で聞いていますし、iPod touch 第4世代はカーオーディオ用として定期的にPC同期をして新しい音楽を取り入れています。
まあ、最近聞く音楽というと、アニソンかクラシックのどちらかなんだけどな。
それもレンタルが殆ど。
どうも購入するのに躊躇いがありましてね。
ネットレンタルだと旧作が100円とか50円の時があるんですよ。
それを思うと購入にまでは至らなくて。
mp3を買うくらいならCDを買いますしね。

iOSについては、ここ数年散々こき下ろしていますが、音楽プレイヤーとしては最高の端末です。
これからもこれは変わらないでしょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ハードウェア::オーディオビジュアル | comments (0) | trackback (0)
2005年以降のPC用液晶モニターを振り返ってみよう
2005年当時、デスクトップ用PC液晶モニターが進化しないことに嘆いていた。
進化しない液晶モニタ(2005/02/14 17:10:36)
液晶モニタのはなし(2005/03/11 15:41:33)
大型液晶モニタも格安に…(2008/06/04 07:44:44)
液晶モニタのはなし(2)(2011/09/27 07:06:56)
4Kモニターのファーストインプレッション(2016/07/05 05:19:24)

2005年当時、デスクトップ用PC液晶モニターが進化しないことに嘆いていた。
翌月、ドイツの家電見本市でも改善する見通しがなかったことに嘆いていた。
それから3年後の2008年、一気に技術革新が始まり、17インチSXGA5~7万円の相場が、24インチWUXGA6万円に。
更に3年後の2011年、22インチハイビジョン画質が2万円を切る!
そして5年後の2016年、28インチ4Kが4万円を切りました。


11年で17インチ→28インチに、5万円→4万円切り。
この進化は凄いとしか言いようがないでしょう。
2005年当時、あんなに嘆いていたのに(笑)
今は、完全にデスクトップ用PC液晶モニターがノートパソコン用液晶モニターよりも2歩くらいリードしていますね。
でも、ノートパソコンについては、スマホやタブレットが台頭しているので、ノートパソコン用液晶モニターの進化は厳しい達位置かも知れません。

だからと言って、デスクトップ用PC液晶モニターが安泰かというとそうでもないでしょう。
これから5年後には40インチ8Kが3万円切りで売られるのでしょうか(^^)

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 19:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31