•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クルマのレンタカー・カーシェアリング・残価型設定ローンなどなど
しかし、カーシェアリングとかは、そうした人が不在な為、「利用者は傷を付けない」前提の性善説で通っているので、もしもの時が面倒くさそうです。
レンタカー、カーシェアのトラブルに注意-事前に保険等の契約条件、車体の傷等を念入りに確認しましょう-


ちょっと古い情報だけども、(私にとって)大事なことなので記事に起こしておこう。
まず、最初に最近のクルマは非情(非常ではなく)に高い。
軽自動車で乗り出し200万円超えることがザラに当たり前のようになり、大衆車と言われているコンパクトカーも300万円近くするようになった。
10年前からサラリーマンの平均年収が200万とか300万とか上がっていれば、「高いなぁ。」とは思わないんだけど、殆どと言うか僅かに上がる程度しかない。
(ちなみに私はマイナス100万円!)
まぁ、その辺は個人の能力差が妙実に出ているわけで、その辺についてはちょっと置いておこう。


で、ディーラーもクルマを買ってもらうためにあの手この手で、今では残価型設定ローンを薦めてくる。
金利も1%台~3%台で、普通のローンとあまり変わらない。
ただ、残価型なので3年や5年後に乗り換える前提なら、その半額か6掛けくらいの価格で買えると錯覚する。
営業マンは、「携帯電話の分割みたいなもんですよ。」と言ってくるけど、スマホ分割代の10倍は、今の私には無理どす。
しかも、所詮クルマはクルマ。
数多く距離を走れば、それなりに傷の一つや二つ、単独事故から人身事故に遭遇する確率は高くなるわけで、そうなると新車購入時に設定していた残価格が大きく下がってしまい、余計な出費を払ってしまう羽目になるリスクがある。


なので、私は残価型設定ローンやリースもそうだけど、この類いは断固として拒絶する。


我が家のマイカーは、とにかく近年の年間走行距離が5,000km以下で酷いときは2,000km台にまで落ちているので、正直言ってレンタカーとかカーシェアリングの方が、よっぽど安上がりに済むとさえ思っている。


2017年度からの維持費用


ここに、2012年FIT Hybrid RSの維持費用を2017年度(2017/4~2021/3)から付けてみた。
自損事故を1回やらかしていて約18万円強の出費を強いられていたが、それを差し引いても100万円近くの費用がかかっている。
たった4年間でだ。
2017年度までは、真面目に点検パックに入っていたのだが、それでも一年間当たりの走行距離が5,000km以下になることが多いので、2019年度の車検では点検パックに入るのをやめた。
2018年度の高速代が12万円と突出しているが、これは相方の家族に不幸があったため、何度か神戸~水戸を往復したからである。
(たまたま、私が鬱を発症して長期間休職していたこともあるので、こうしたことが出来たとも言える。)
2020年度は、高速代が0円、ガソリン代も2018年度の3.5分の1にまで落ちているが、それでも年間7.4万円ほどのコストがかかる。
車検の年になると2倍以上に膨れ上がる。
正直に言えば、クルマを単なる移動の道具と思うようになれば、レンタカーやカーシェアリングで十分と考えている。
相方の強い反対で、やむを得ず乗換を考えずに今年の車検も通す事にしている。
ユーザー車検にしてしまえば、点検費用分ガッツリと減らすことが出来るんだけど、あいにくその時間とメンテをケチって故障で高く付けたくないのでしたくない。
かと言って、半年ごとの点検では過剰整備なので不要。この辺は、1年点検で十分と考えている。


救いなのは、このFIT Hybrid RS がハイブリッド車であるため、現行制度では13年目以降の自動車税もそのままなのである。
恐らく致命的な故障や事故がない限り、このクルマを廃車するまで走らせるつもりでいる。
その次に買うのは、4ドアセダンハイブリッドと考えている。
それも、中古車である。新車は考えていない。
あくまでも、買うならばである。


現時点では、新車購入意欲ゼロ。
レンタカーかカーシェアリングで十分。と言うのが私の基本的な考え。
ただ、レンタカーやカーシェアリングでも、消費者庁からお達しが出ているとおり、キズなどで利用者に不測の事態が起きるという問題点が多く寄せられていることを考えると、その選択肢もなくなるのかも。
過去荷渡しが利用したレンタカーでは、借りる前に一緒に傷を確認した上で、鍵を渡されました。
しかし、カーシェアリングとかは、そうした人が不在な為、「利用者は傷を付けない」前提の性善説で通っているので、もしもの時が面倒くさそうです。
そうした不安が無くなれば良いんですけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
その時、気軽に買える値段になっているかな?
 ホンダは23日、2040年に世界で販売する全ての新車を電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にすると発表した。
40年にガソリン車ゼロ目標 ホンダ、日本メーカー初


なかなか、ホンダが思いきったことを宣言されましたね。
私はその取り組みに敬意を表します。


問題は、その価格ですね。
サラリーマンの平均年収がその頃までに2倍くらいになって、車の価格が今のままなら選択肢としてありかもしれませんが、平均年収並みの御値段ならそっぽを向かれるかもしれません。
それよりも、今のクルマは安全規制が厳しすぎて、その分の開発コストがそのまま転嫁されているので、それ程大したことのないモデルチェンジでも、物凄い値段で出してくるんですよね。
そして何よりもEV車の走行距離が、1回あたりの満充電でどの位走るか。満充電までの時間が10分以内。と言う技術革新がないと普及はかなり難しいと思います。
まだ、水素で走るクルマの方が良いのかもしれませんね。


どちらの技術も、ガソリンスタンドのような施設が少ないのが欠点です。
EVについては、道の駅などにポツポツと出来てきているのですが、水素ステーションに至っては殆ど皆無です。
今後、ガソリンスタンドの一部に水素ステーションが出来るイメージを私は抱いているのですが、恐らく規制緩和をしないと難しいでしょうね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
燃費を稼ぐならMT(家族と共同で使うなら)
不慣れな人ほど、アクセルワークが大雑把になるんだもの。
「AT限定免許で十分」は本当か? MT免許で得られる意外なメリットとは
今更と言うか、今の時代にMTとAT限定を論争しても仕方ない。
私はそう割り切っている。
ATの性能が向上しているのは承知しているが、私が免許を取得して四半世紀を過ぎた経験からして、「普段使いでも、長距離移動でも、MTが燃費に最適。」と考えている。


それは、私が公開している燃費データをプレリュードから参照してもらいたい。
メーカー公称の燃費を上回るのは、5MTのプレリュードと6MTのFIT Hybrid RSだけしかない。
長距離運転で頑張っても8割や7割止まり。同じ長距離運転のプレリュードは16km/Lを超える燃費を叩き出している。
この時は、アップダウンの多い北陸道から日本海にそって秋田まで移動していた時だったと思う。
FIT Hybrid RSもタイヤをLE MANS Vに変えてから長距離走行では20km/Lをらくらくと超えている。
STREAM(5AT) や EXIGA(CVT)は、どんなに駆使しても公称値を超えることはなかった。
エンジンの当たり外れもあったと思うが。だ。


普段使いでもやっぱり顕著に現れる。
家族と共同で使うようになったのが2000年後半からではあるが、プレリュードはそこから燃費を落としていってる。
それは、仕方ない。
不慣れな人ほど、アクセルワークが大雑把になるんだもの。
ライフサイクルの変化と流行で、ミニバンへと移行したんだけど、車重の重さ加減もあって燃費の落差が烈しい。
そんでもって、12年ほどミニバンのATに乗ったけど、大人数で乗っているときは楽しいけれど、そうでもなかったらタダの空気輸送で無駄である。
それで、コンパクトカーで流行のハイブリッドにMTという異色の組み合わせで、今に至っている。


紹介の記事では、MT車の下取りがかなり良いと言うが、それは時代のその時々だろう。
流行の車が、ミニバンならその引き合いも多く高く買い取ってくれるが、今の時代(高価買い取り)は、ハッキリ言ってハイトタイプの軽自動車だろう。
ハイトタイプというのは、ホンダのN-BOXのような昔で言う軽バンである。
この軽バンが、今じゃ200万円を超えるというのだから恐れ入る。
でも、一番もっとも売れているし、中古車市場でも引き合いが強い。
昔、もっとも売れている車は、中古車市場ではだぶついて安く買い叩かれるのだけど、そうではないみたい。
スグに売れてしまうので、値崩れしにくいようだ。
勿論、これは今の時代の流行であるからだと私は思う。


プレリュードを下取りに出したときは、たったの20万円だった。
ストリームを下取りに出したときは、30万円だったかな?
エクシーガは、1回目の車検前に出したので、135万円の値が付いた。
そして、FIT Hybrid RSは、ディーラーから40万円と言う下取り価格を提示されている。
そんなに走行していないというのと、比較的綺麗に乗っていると言う理由らしい。
まだまだ、走るつもりなので乗り換える気は毛頭ない。
部品の取替が出来る限り、乗り続けるつもりである。


ホンダから手頃な価格な5ナンバーの4ドアセダンハイブリッド車が出るまでは。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (4人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
LEAD EX タイヤ前後輪を交換
まぁ、紫外線を浴びているような場所に保管していないので、目くじら立てるほどの問題はないでしょう。
2月頭、LEAD EXのタイヤ空気圧点検ついでに溝(スリップサイン)をチェック。
前輪は、写真を撮り忘れたが、もうほとんど残っていない感じであった。
まぁ、前回ほどではないが。

【前回の証拠写真】
LEAD110EX フロント


この写真、5年前の写真なんですよ。
交換してから5年。
その時の距離は、7,608km。
今回交換した距離は、30,190km。
かなりロングライフなタイヤです。

当時の記事はこちら。
LEAD110EXそろそろタイヤ交換時期  -- 2016-07-18 Monday

が。


リアタイヤは、その後のメンテナンス記録を見ると、2019年6月に交換しました。
その時の記録記事はこれ。

LEAD EX リアタイヤ交換  -- 2019-06-11 Tuesday


一応、写真を見ると、まだ大丈夫そうなんですよ。
LEAD EX リアタイヤ


でも、フロントだけの交換は、あまり良くないと聞きますので、今回は前後輪の交換を行いました。
先週末に行ってきましたよ。
ジャパンタイヤセンター。

ジャパンタイヤセンター箕面


昨日まで寒かったのですが、この日はとても良い天気で暖かかったです。
予約もせず飛び入りで行きましたので、結構な台数のバイクが停まっていて、私は4台目でした。
お店の人曰く、「入庫までに1時間くらいかかりますよ。」と言われ、私は了承したので、そのまんま近所でランチを取ることにしました。


ランチを済ませても、そこから更に1時間くらい(合計で2時間)くらい待って、何とか無事に完了。
お店の人から「最初は慣らし運転で飛ばさないでくださいね。」と念押しされて、帰りはMAX60km/hに押さえて走りました。
相変わらず、タイヤの空気圧がキッチリと入れられているので、出だしがものごっついトロイ&重い。。。
タイヤが道路に接地する面積が大きいからでしょうね。
帰りはワザと遠回りをして、タイヤの皮むきと慎重な運転に心掛けて、急発進、急ブレーキ、すり抜けを避けて30kmほど走りました。
慎重な運転に心掛けすぎたからか、帰ったら疲れて昼寝しちゃいましたよ。。。


そして、翌日、タイヤをチェックしました。
2人乗りをしたので、リアタイヤの色がもう削れています(笑)

LEAD EX リアタイヤ新品1LEAD EX リアタイヤ新品2

リアタイヤの製造が2021年の第2週なので、かなり新しい方ですね。
それだけ、かなりの数が出回っているのでしょう。


LEAD EX フロントタイヤ1LEAD EX フロントタイヤ2

フロントタイヤの方は、まだ黄色がうっすら残っていますね。
タップリと溝が残っているので、次の交換までどの位持つのでしょうかね。
製造年を見ると、2020年42週なので若干古いと言えそうです。
まぁ、紫外線を浴びているような場所に保管していないので、目くじら立てるほどの問題はないでしょう。


ここのお店は、タイヤ交換専門店だけあって、タイヤ交換時にわざわざホイールを綺麗にしてくれるんですよ。
なので、フロント前後輪の御値段が14000円ちょいなので高いと思わないのです。
レシートもキッチリ出してくれて、タイヤだけならフロントが4,400円(税込み)、リアタイヤが4,477円(税込み)です。
あとは部品と技術料ですね。
高いと思うなら自分でやることですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (12人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
今の国内自動車メーカーでトヨタ車以外各社には何も期待できない
これは、ホンダに限った話では無くて、日産自動車もエルグランドとトヨタアルファードの二大巨頭と言われたのに、今じゃスッカリ見る影もない。
2021年1月の車名別新車販売ランキング、前年同月比2倍で「アルファード」が乗用車3位に


正直な話、最近、国内の自動車メーカーで期待できる、ワクワクさせる車と言うとトヨタくらいしかいない。
ホンダ派の私ですら、今のホンダには残念ながら、軽自動車専売車メーカーにしか思えなくなった。
軽自動車も悪くないですよ。装備もデザインも。スポーツカーも出しているし。
しかし、コンパクトセダンは撤退するし、上級セダンもサッパリだし、ミニバンに至っては衰退しているし、ハッチバックのFIT4だけが何とか藁にもすがる思いで頑張っている感じ。
これは、ホンダに限った話では無くて、日産自動車もエルグランドとトヨタアルファードの二大巨頭と言われたのに、今じゃスッカリ見る影もない。
日産自動車も唯一、ノートが上位に食い込んでいるがそれ以外(の売れ行き)はサッパリである。
三菱自動車、かつてはRV王者パジェロが至る所で見かけたが、国内では廃番に。
いすゞ・・・今の子には分からないだろう。


トヨタだけが、国内自動車業界を牽引して頑張っている。
この牙城を崩すには、その他のメーカーが切磋琢磨して技術革新をして行かねばならない。
でも、国内の販売が人口減少をあらがう事が出来ず、マーケットを国外へと向けられてしまっている。
残念だから仕方ない。と受け取るのか。
それとも、どこかのメーカーが新規参入して、トヨタの牙城を崩すのか。
ムリだろうなぁ。


ここ数年、某アンケートで自動車購入に関するアンケートが毎月あるんだけど、これまで「新車」をターゲットにしてきたけれど、今じゃ「中古車」で十分と思えるようになった。
軽自動車は、全く考えてなくて普通か小型車を考えているけれど、自動車もハードウェアからソフトウェアへと軸足を移している事もあり、あまりソフトウェアに頼りすぎた作りに怖さがあるからだ。
今のクルマは、走るソフトウェアと言っても過言ではない。
特に安全装備に関して、ハートウェアはカメラとレーダーで解析とブレーキ操作やアクセルワークがソフトウェアの両輪になっている。
ソフトウェアは完璧に作ることは出来ない。
どの自動車メーカーも「(安全装置は補助装置なので)過信しないで下さい」と文言が付けられている。
過信はしないけど、「誤作動」や「誤認識」は必ずある。
この「誤作動」や「誤認識」を人間でリカバリーできるかが重要である。

本来そうした装置は、人間のヒューマンエラーを補助するためなのだが、機械にもマシンエラーが存在する。
何故ならソフトウェア装置を作るのは人間なのである。
人間にはヒューマンエラーが存在する。
なので、ソフトウェアにもバグが存在する。
ソフトウェア=機械=マシンエラーが起こりうる。

だから、私の中では程々に装備の整った平成末期から令和元年くらいのクルマを中古で探すことに決めている。
それが、この先数年なのか十数年になるのか分からないけれど。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
本当に半額になるのだろうか?
でも、議員連は、この半額にするための一里塚としていたんですね。
バイクの高速料金が普通車の半額に!? 2021年4月から新料金プラン実現に向け調整中

年明けに見た記事で、最初に驚いたと言うほかにないので残しておく。
このタイトルを読んだとき、「眉唾、眉唾~~~♪」と思っていたが、政治家がしっかりと動いていた。
これが実現するとなると、正直言って嬉しいし、最近ご無沙汰であったFORZAでちょっと遠くを日帰りすることも考えられる。


ツーリングプランが出てきたときも、魅力的だな~と思っていたんですが利用はしていなかったんですよね。
でも、議員連は、この半額にするための一里塚としていたんですね。
気付けば、年々範囲が広がっていくので、どうしたのかな?とは思っていたんですが。


あとは、高速道路会社間を跨がるツーリングプランも出して欲しいですね。
これも、時間の問題ですかね。


それと、二輪版ETC普及も目指して欲しいですね。
そろそろ、初期の頃に購入した人達は、買い替えの時期に来ているのでね。
(もうすぐ、旧規格のETCが使えなくなるんですよ。)


署名活動もやっていました。
私も署名しました。
よろしければ、ご協力をお願いいたします。


二輪高速料金半額化



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
ナンバープレートの図柄について
そのナンバープレートでは、市のキャラクターがガッツリ描かれているのですが、私はとても恥ずかしいので、自賠責シールをそこに貼って隠しています。
国交省、日本を元気にする新全国版図柄入りナンバープレートのデザイン案を募集


私は、正直言ってナンバープレートは「シンプル派」です。
何も脚色されていない、味気のないナンバープレートが好きなんです。
なので、図柄入りのナンバープレートには拒否反応を示します。


実際、LEAD EXを新車で購入したとき、ナンバープレートをシンプルなものにしてくれと懇願しましたが、残念ながら受け付けてもらえませんでした。
そのナンバープレートでは、市のキャラクターがガッツリ描かれているのですが、私はとても恥ずかしいので、自賠責シールをそこに貼って隠しています。


別にやるなとは言いません。
しかし、普通のシンプルなナンバープレートも残して欲しいのです。
そう思うユーザーは少なくないはず。
もしかして、私が特殊なのかなぁ?


特に原付のナンバープレートは、市町村によって様々なので(主観的に)ダサいデザインが可能なので、そうなってしまうと、次の原付バイクの購入に躊躇いたくなります。
出来れば、選択肢として用意してもらい、どちらかをユーザーに選んでもらう方が、角が立たずに受け入れられると思うのですがどうでしょうか。
地元のホームページを見ると、残りわずかですが旧ナンバープレートも発行しているそうです。
次買い替えるときは、バイク屋に強く念押ししておかねば・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
2020年版バッテリー集
【ADDRESS】。
すっかり忘れていた、我が家のモーターサイクルエンジンのバッテリー備忘録。
だいぶサボっていたな。。。


【FIT Hybrid RS】



【FORZA MF08】



【LEAD EX】



【ADDRESS】



こうして、色々見てチョイスしてみたけど、バイク用の台湾YUASAって結構安いよね。
そして、バイク用のバッテリー容量と車のバッテリー容量が全然違うのに、クルマの方がバッテリー安いタイプもある。




記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
車のボディーコーティング
これについても、担当営業さんに言ったところ、廃車で全く使われていなかったメンテナンスキットをいただきました。
よく、クチコミサイトで車の値引きについての質問があります。
値引きについては、まぁ、人それぞれ地域それぞれ時期それぞれなので、テンでバラバラなのですが、コメントレスする際にボディーコーティングをサービス(無料)させよ。と言うアドバイスがあります。
実際、私もFIT Hybrid RSを購入する際の交渉材料として、ボディーコーティングを無料にしてもらった1人です。

このボディーコーティングとは、一度施工すると終わりじゃないんですね。
コーティングを維持するために、定期的なメンテナンスを行わなければならないんです。
それもディーラーの点検や車検時に、施工点検を受ける必要があるそうです。(ワイは知らなくて、かなりあとで知った。)


しかし、無料で施工サービス受けると点検がないんですよ。
つまり、施工は無料だけどその後の点検なしが大前提なんです。
(ただ、対価を払ったらその後の無料点検があるかどうかは不明ですが。)

それでも良いなら、別に構わないのですが、やっぱりメンテナンスをしないと1年くらいでその効果が薄れてくるんですよね。
(最近のはガラスコーティングとか言って数年持つそうですが、やっぱり定期的なメンテナンスは必要だそうです。)
実際、一度クレームを出して再施工をしてもらったことがあるんですけども、担当営業さんから「これで効果が無かったら諦めて下さい。」と言われました。
また、メンテナンスパックを貰っていないので、自分でメンテナンスも出来なくて困ったんですよね。
これについても、担当営業さんに言ったところ、廃車で全く使われていなかったメンテナンスキットをいただきました。
それで、ちょくちょくやったら一定の効果がありました。


なので、ボディーコーティングを無料にするサービスには、その後のメンテナンスやメンテナンスキット、点検については無いケースがあることを知っておくべきです。
だから安易に「ボディーコーティングを無料にしてくれたらハンコを押す。」と言うのは使わない方が良いです。
また、ボディーコーティングをするなら専門業者にやって貰った方が安く付きます。
もちろん、専門業者も定期的なメンテナンスを請け負ってくれるはずです。
(請け負わない業者なら、始めからボディーコーティングはしないことです。お金の無駄。)


自分が、次にクルマを買うときにコーティングをするかどうかを考えると、多分しないですね。
対費用効果とか以前に、これらの点検も必要で場合によっては費用がかかるので。
下取りには有利かも知れませんが、下取りなんて千差万別。
1~2年で乗換なら、コーティング有無での差は殆ど無いのでは?
ガンガン走行すれば、コーティングなしだと傷が付きやすいですけど、その分過走行で査定は下がりますしね。
過走行分の元をコーティング代でカバー出来るかどうかは疑問です。


私は、FIT Hybrid RSでボディーコーティングの体験をしましたが、確かに効果は絶大です。
ボディーコーティングの施工は否定しません。
洗車時の汚れは、水圧で全部流せますし、拭き上げも楽ちんです。
私の場合、そう言うのって最初の数年で、だんだん物臭になってきて、今では洗車はガソリンスタンドの自動洗車機で水洗いで、拭き上げもせずに自宅まで帰って自然乾燥です。
いや、俺はそこまで横着しないぞ!と言う人なら、私はボディーコーティングをする事に全く否定しません。
でも、横着する人なら最初からボディーコーティングしない方が良いと思います。
もっと、別にお金をかけた方が良いと私は思います。

最近、ホント運転する機会がなくなったので、かなり横着になっています(^^ゞ


異論、反論は認めます(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
間違いだらけのコミュータ選び
随分と昔に5ちゃんねるのバイクスレで知ったんだけど、情報量が豊富で読んでいて面白く、ついつい興味のないスクーターにも目をやってしまう。
間違いだらけのコミューター選びと言うサイトがある。
随分と昔に5ちゃんねるのバイクスレで知ったんだけど、情報量が豊富で読んでいて面白く、ついつい興味のないスクーターにも目をやってしまう。
私も普通自動車免許を18歳の時に取得し、原チャリ小僧?として17年間走り回っていたんだけど、普通二輪AT限定免許が出来てからは、それを取得して中古のリード100を買ったのが馴れ初め。


その後、リードEXに乗り換えて現在に至っているが、黄色のリードEXは本当に私にとってベストチョイスである。
不満があると言えば、平地での最高速が82km/hくらいで限界が来ると言う事。
宝塚北SAの12%の上り坂なんかは、アクセル全開でも30km/hくらいしかでない非力なのだ。
でも、そんなところに行くのは、気分転換な時だけなのでスピードが出なくても気にしない。
普段の街乗りや、バイパスで交通の流れに乗ってくれたら十分である。
例外として、新御堂筋を走るのはなかなかスリルのある冒険を楽しみたい時に使う。


それで、まだまだ先なんだけど、次にスクーターを買うときこう言うサイトがあるとどれを買おうか参考になる。
私の場合は、専ら積載性重視なのだが、後継車種のリード125がヘルメットを満足に収納出来ない。との評価から、次期リードに期待をしている。
今後当たり前のようになるんだろうけど、給油メーターがデジタルなのは、私的に受け入れがたいかなぁ。
でも、こう言うサイトは、最後1つのランプでどれ位残っているかまで掲載されている。
なので、非常に参考になるのだ。
(決して、鵜呑みにはしないが。)
ただ、買う買わない以前に、読み物として面白いので、スクーター好きなら読み物として、読んでみると良いかもね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31