•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

本日、新名神高速道路三重県内全通!
これにより、慢性的に渋滞していた東名阪四日市~鈴鹿区間が解消されるようです。
今日の16時に亀山西JCT~新四日市JCT間が開通します。
これにより、慢性的に渋滞していた東名阪四日市~鈴鹿区間が解消されるようです。

ようです。」と予測的な描き方をしていますが、絶対に解消するやろ。
関西で言えば、中国自動車道の宝塚トンネルの渋滞が解消するくらいの勢いでしょ。
私も何度か巻き込まれましたが、関東から深夜の帰り、お盆明けの東名阪はスイスイだったのですが、上りは四日市から大渋滞。
その距離は、亀山JCTを超えて甲南PAあたりまで断続的に渋滞していました。深夜にですよ?

NEXCO西日本、定例会見。新名神 川西IC~神戸JCT開通1年で宝塚渋滞は5~9割減少

私も、東名阪の渋滞にはほとほと困っていましたが、これで解消されるとなると万々歳です。
そして、次の渋滞メッカは、名神高速道路の瀬田西JCT~草津JCTと予想しています。
特に新名神高速下り、名神高速道路と合流する部分の草津JCTで混雑するでしょうね。
今でも時折渋滞していますが、今後顕著にでると思います。
某巨大掲示板では、名神高速道路・京都南IC~草津JCTが万年渋滞するのでは?と危惧していますが、私はそれよりも短いと予想。
今年のGWに使う予定なので、気が向いたらレポートしたいと思います。


さて、東名阪の渋滞が解消されるにあたって、三重県区間はかなり快適になるでしょうね。
なお、開通記念式典には出席しません(笑)
それにしても、いつになったら昨年の開通記念式典の写真を送ってくるのだろうか?
御願いメールを出して返信が来たのが2/14。
それから、また1ヶ月が経過しているよ。
催促してみるかな(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
2019年版バッテリー覚え書き
【Address V125:BC-CF46A】。
恒例の覚え書きです(^^)
2018年版作成するの忘れてた。。。

【Lead110EX】



【FORZA(MF08)】



【Address V125:BC-CF46A】



【FIT Hybrid(GP4)】


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
使い勝手が悪いままに終了
駐車場のキャッシュレス化は、滅茶苦茶普及すると思っていたのですが、こちらもパッとしませんでした。
「フェリーでETC」は広まるか 乗船手続き簡略化、ETC以外でも可能?


「フェリーでETC」と言えば、神戸~高松港を結ぶジャンボフェリーでした。
最初にこの記事を見て、「ん?サービス終了?」と思って本家ホームページを見るとありました。

サービス終了のお知らせ

あー、全く普及しなかったもんなぁ。と。
導入当初、ETCを使ったキャッシュレスが普及すると思って会員になったのですが、結局一度も使うこと無く終わりました。
フェリーでETCは、斬新でいいアイデアだと思ったのですが、使える航路が少なかったのが残念ですね。
まぁ、等級別のある寝室では、システム構築するには難がありましたからね。

駐車場のキャッシュレス化は、滅茶苦茶普及すると思っていたのですが、こちらもパッとしませんでした。
ガソリンスタンドのキャッシュレス化もいいアイデアと思ったのですが、非IBA登録車と分別するのが難しかったんでしょうね。
どちらも、ETC設置に金をかけられないという問題もあったんでしょうね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 15:57 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
1ヶ月が経過・・・(苦笑)
この件について、今年の1月5日にディーラーへ問合せしたのですが、今日現在、何ら答えが返ってきません。
クルマナビ2回目の地図更新で気付く  -- 2019-01-11 Friday

この件について、今年の1月5日にディーラーへ問合せしたのですが、今日現在、何ら答えが返ってきません。
やはり、5年目を過ぎたあたりから顧客から乞客に扱いが変わるのでしょうか。
まぁ、スバルは購入してから顧客から乞客扱いに変わりましたが。
あぁ、もしかしたら優良顧客としてディーラーに購入客を紹介していないから、乞客扱いにされちゃったのかな。。。


忙しくてその場凌ぎの返答だったのなら、今年の車検から違うところに出すことも検討しなければなりませんね。
「工場装着のETCは●●メーカーで有ることが分かり、△△メーカーにすると改善します。
ETC2.0も付いているので、これを機会にどうでしょうか?」
と言うような提案があれば、気持ちよく取引できるのですが、それすらもしない。うんともすんとも言わない。忘れ去られている?

あぁ、そうか。
ここでETCを買い換えられたら、クルマ本体の買い替えが先延ばしになるから提案しないだけか。
確かに少し先を考えてみるとそうですな。

前記事にも書いたとおり、困ることではないのですけど、急に困ったときに即答、対応してもらえないのではないか?
と不安にさせるようであれば、営業プロとして失格だと思うんですけど、いかがでしょうか。
これ以外にも、、HTCの任意保険表示未更新も、2年前からたなざらしのままです。

新車を買う見込み客ではないという判断から塩対応に変わったんでしょうね。
今週末、一度だけ電話して変わらなければ、今後のお付き合いを考えよう。

贔屓していたディーラーも随分と品質が落ちたもんだなあ。
残念で仕方ない。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
クルマナビ2回目の地図更新で気付く
クルマナビの地図更新が終了を告げる  -- 2018-12-07 Friday。
昨年12月にディーラーオプションナビの地図更新を行いました。

クルマナビの地図更新が終了を告げる  -- 2018-12-07 Friday

この更新は有料だったのですが、その前に1回目の車検時に無料更新があったんです。
で、昨年末に気付いたのですが、ナビからETCの料金情報が見られなくなっているんですよ。
何故かグレーアウト。
販売店ダイアグを見ても、ETCがOFFになっているんですよ。

情報画面のETCシステム画面のETC販売店ダイアグのETC


無料更新前では確かにETC情報を見た記憶があるのですが、無料更新から有料更新までの間、全く気付かない(使うことがなかった)で昨年末に気付いた次第です。
特に重要視することでもないのですが、

・無料更新時に使えなくなってしまったのか
・元から私の勘違いで非対応だったのか

このあたりをハッキリしたいと思ってディーラーに行ったんですね。
そして、サービスの人がわざわざ一旦ナビ配線を取り外してリセットをかけたのですが、結局変わらなかったようです。
原因不明という奴ですね。
メーカーに問い合わせて確認するので時間がかかるそうなのですが、果たしてどちらが正解なのでしょうね。
私の勘違いだったら、それはそれでちょっと悲しかったりします。
ETC装置はメーカー工場で装着されたものなので、こちら指定じゃありませんからね。
工場装着のETCは、どこのメーカーだったんだろう?

まあ、ナビでETC情報が見られなくても、Webで料金確認が出来るので、今すぐ困るわけではないんですけどね。
結局のところ、ETCを2.0に買い換えなさい。と言うお告げなんでしょうかね(笑)


この件については、判明次第続報を書きたいと思います。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
祝・新名神高速道路部分開通1周年!
祝・部分開通◆新名神高速道路  -- 2017-12-11 Monday。
祝・部分開通◆新名神高速道路  -- 2017-12-11 Monday
あれから1年が経過しました。
この部分開通のお陰で、我が家の行動範囲は180度変わったと言っても過言ではありません。
とにもかくにも、急いで京都へ行きたいとき、また、相方の実家へ帰るときには、最大限に高速道路を利用しました。
特にETC深夜割では、最寄りICから10分で着くところなので、相方の実家から帰宅するときは、うまく時間調整をして帰ってきました。
今年度だけでETCマイレージが10,000マイルを超えましたよ(笑)
普段は、失効するのが関の山だったのに(笑)

2018年度マイレージ


やはり、自宅から10分以内にインターチェンジには入れるのは、影響がデカイですね。
また、市内の東西交通も高速道路インター線の県道が出来たお陰で選択肢が増えました。
南北を進むときのルートが増えて時短効果もあります。


ただ、町内から国道へ通じる道の交通量がかなり増えました。
そして、主要市道の道路の傷みが滅茶苦茶進みました。
また、これまでT字路交差点だったのが、十字交差点になったため、この夏くらいから右折渋滞が目立つようになりました。
それで、市は対策工事を始めました。
今月末には工事が完了するそうですが、果たして渋滞解消に繋がるでしょうか。

いずれにせよ、これまで高速道路を使って東へ行くには、中国豊中まで行かねばなりませんでした。
そこへ行くまでに1時間くらいかかることがあり、利用しやすい環境とは言いがたいものでした。
それが解消されただけでも、本当に便利さを実感します。
これからも、定期的に利用していきたいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
クルマナビの地図更新が終了を告げる
前車のエクシーガはPanasonicのナビを使っていたのですが、車検を迎える前に売り払ったので、地図更新をしていません。
更新終了告知


以前から、今年はナビの地図データを更新するぞ!と息巻いていましたので、いつ更新するのかワクワクしながら待っていたのですが、、、
まさか、今年で更新終了するとは夢にも思いませんでした。


ガッデーーーーーーーーム!(蝶野正洋さん風に)



発売年月が2012年7月。
地図更新終了が2018年11月。
結構短いですねぇ。


前車のエクシーガはPanasonicのナビを使っていたのですが、車検を迎える前に売り払ったので、地図更新をしていません。
で、今でも地図データが売られているのか確認してみました。

ブログを検索してみると、CN-HW880Dで有ることが分かった。
発売年月が2009年6月。
地図更新は2017年12月終了?
これが、ディーラーとメーカーの差か。
2年差しか無いんですね。
ディーラー製の方がメーカー製よりも高いが、その分、車内のまとまり感やメーカー保証があるため、地図更新も10年くらいはやると思いこんでいた。
そうか。


6年で終了か


これまで、メーカー製ナビを選択してきた私ですが、これからは7年以上車を保有し続けるならば、ディーラーオプションナビでは無くメーカー製を選択した方が、

・3割ほどメーカー製の方が安く
・機能的にメーカー製優位
・地図データは、2年差で価格差はほぼ4000円メーカー製の方が高い

今後、ナビを取り付けるとき、考慮しなくてはなりませんね。
地図データが割高なのは、毎年更新するわけじゃ無いから別の良いでしょう。

一方、ホンダナビはネット対応していて、

・ユーザーポイントデータ
・事前ルート検索
・ルートデータ保存
・モバイル通信(リンクアップフリー)が無料

をインターネット上でやれば、車にエンジンを入れて同期してルート検索すれば良いだけなんですよ。
特にユーザーポイントデータがネット上でポチポチと登録出来るので、恐らく車を買い換えたときでも、同じディーラーオプションのナビなら移行出来ると勝手に思っています。

これまで、パナナビを使っていたときは、直接ナビにポチポチと検索しては登録し、検索しては登録の繰り返しだったので、バッテリーあがりとか気になって出来なかったんですよ。
幸い、パナナビの優位はユーザーポイントデータをSDカードにエクスポート/インポート機能があり、非公認ながらポイントデータ編集もあったので、ストリームからエクシーガに乗り換えるとき、データ移行はスムーズでした。
エクシーガからFIT2の時は、そもそもFIT2側にデータのインポート機能がなかったため、移行することが出来ませんでした。
その分、インターネット上でポチポチと登録していたんですけどね。


なので、私が今後FIT2を保有し続けながら、ナビの最新地図データを要求するのであれば、

・ディーラーオプションナビをまるごと変える
・メーカー製ナビに変える

のいずれかを選択しなければならないでしょう。
う~ん。
俺的には究極の選択だなぁ。
ディーラーオプションナビだと20万円。
メーカー製ナビだと13万円。
取付工賃は、どっちもどっちだから考慮しないとして7万円の価格差。

ディーラーオプションナビの優位性は
・多分地図データ更新終了しても、公共ポイントデータはモバイル通信で随時更新される
 ⇒実際、新名神高速道路の宝塚北SAは公共ポイントデータとして表示されている
・ネットでユーザーポイントデータやルート編集
・VICS-WIDEの代わりにモバイル通信による渋滞情報更新の即時性

こんなところだろう。
7万円ペイできるかなあ。悩むわ~。
と言うか、20万円ナビが取り付けられるかどうかがポイントですね。

ちなみにメーカーオプションナビ(工場装着ナビ)を見ると、だいたい10年で終わっていますね。
地図データ更新料は、ディーラーオプションナビよりも2割ほど安い。
でも、その分高いからなぁ。
しかも、メーカーオプションナビの発売時期を選ぶし。
(毎年、メーカーオプションナビは新機種を出しているわけじゃないところがポイント)

かなり先の話になるので、その悩むときがくるまで、今のクルマを乗り続けていたら考えることにしよう。
まぁ、クルマを買い換えるかシェアる事になるだろうなぁ。

早速、新しい地図データ更新をするのですが、前回はサクッと地図更新のディスクをもらって、マニュアル通りに自分で更新をしたのです。
しかし、今回は、使い終わった地図データをヤフオクに転売する輩が後を絶たずして起こるからか、一度、ホンダ独自のネット網でキーを発行してからじゃないと更新出来なくなりました。
その為、夕方に行ってもらったら90分以上待つことになるので、営業時間が終わってしまうとのこと。
それで、車を預かってもらい代車を用意してもらって、帰ることになりました。
翌日の夕方に取りに行ってもらって、無事完了。と。
地図更新のディスク代以外に作業工賃も0.2時間取られてしまった。
使い終わったディスク3枚と取扱説明書をもらいました。

説明書を見ると、仕方ないですね。
やり方がエンジンをかけたままでやるというのだからやむを得ない。
バッテリーあがり防止だそうです。
家の駐車場でやるとご近所さんに迷惑です。
こんなやり方しかないんですかね。メモリナビ何でだから、ディスクによる更新ではなくSDHCカードによる更新にしたら良いのにな。と思います。
そして、綺麗さっぱり更新されたSDHCカードは購入したユーザーにプレゼントすると。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
やっちゃったねぇ、日産!
先月、カルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に逮捕されるショッキングなニュースが流れました。
先月、カルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に逮捕されるショッキングなニュースが流れました。






私はちょうどこのツイートを見て、目を疑ってしまいました。
コストカッターの立役者だった人が、私腹を肥やしていたとは。。。
正直ショックと残念で仕方ありませんでした。
こんな事なら、もっと役員報酬を上げる株主議決案をオープンに提案するべきだったでしょう。

とは言え、内部告発があって、内部調査を数ヶ月やって、司法取引もあり、東京地検特捜部が確信を持っての逮捕劇なので、証拠は十分揃ったと言うことでしょう。
当人は否定し続けていますが、日産の立役者・功労者だけにショック。。。


ある人は、これを機に株を買い集めてルノーの発言権を低下させるべき。等と言ってますが、日産が国内の株式市場に新株発行を行わない限り、筆頭株主であるルノーの43%である。
残り57%で売買するわけだから、ルノーの影響はさして変わりない。
なので、ルノーの影響力、目先の筆頭株主を引きずり下ろすには、

・ホワイトナイトが登場し、50%以上の株を買い集める ← ほぼ無理。夢想にすぎない。
・日産が新株予約権付を大量発行させて、ホワイトナイトに買ってもらう ← 現実的だがいるのか?ルノーも既存投資家も怒ることは間違いない。
・日産が新たな大口投資家を探し、ルノーに交渉してもらって高値で買い取る ← かなりハードルが高い。
・小口投資家が全員株を放出して、日産の株価を爆下げさせ続け、市場から退場してもらう ← そんな事出来るのか?

私のポンコツ頭では、どれも実現不可能。
やはり、話し合いでルノーの持っている株を手放してもらう事が、一番理想なんだけど、そうなるとルノーが一気に傾くから、ルノーの筆頭株主であるフランス政府が絶対に許さないだろう。
G20でフランスのマクロン氏が安倍氏に注文していますが、日本としては民間のことなので口出しは出来ない。と回答。
そうだよね。日産は民間企業だもの。
フランス政府としては、ルノーを潰したくない思惑見え見えなのがよく分かる。
でも、日本政府としては、推移を見守るしか無いんですよ。

その後の捜査が続く中、ルノー、日産、三菱自動車工業は臨時取締役会を開き、ゴーン氏の処遇について別れました。
日本企業は実質解任。
ルノーは暫定CEOを立てることで当面を乗り切るようです。

日本の報道では、案の定、ゴーン氏の悪意に満ちた印象捜査をどんどん明らかにしていますが、どれも関係者取材なので本当かどうかは分かりません。
今後、日産の第三者委員会や本捜査での起訴(不起訴や略式起訴なら裁判は開かれず)されれば、真実が明らかになっていくと思われます。

私の中で日産は、良くも悪くもない、いわゆる中庸企業にしか見えないので、褒めることもなければ貶(けな)すことも殆ど無いんですよ。
(逆に言えば面白みがない。)
20世紀末に日産がどん底に陥り、救世主のように現れたゴーン氏の采配から復活したときに発売したクルマは、デザイン的に未来を感じた車を連発させました。
最近では、エクステリアもインテリアもマツダがかなり頑張っているんですよね。

自動運転とかEV車とか積極的に出しているのですが、その時だけ盛り上がって後が続かない印象があります。
JUKEとかCUBE、LEAFとか面白い車を出して欲しいな。と思います。
あと、エンジンも。。。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
アクア強いっす!
アクアを買う人がまず候補に挙がるホンダ車と言えば、フィット。
2018年10月の車名別ランキング、乗用車1位はトヨタ「アクア」

アクア強い!
ノートも強いけど、小変更を繰り返ししながら進化し続けているアクアは、一体どこからこれほどの販売台数を稼げるのだろう。
Wikiで改めて確認したけど、2011年に発売されて以降、1度もフルモデルチェンジされていない。
これほど、息の長い車は珍しいなぁ。


と思って調べてみると、近々フルモデルチェンジがあるようですね。
あれ?確かプリウスもフェイスリフトを変更して11月か12月に販売するという噂があったような。
モデル末期とは言え、アクアがこうして上位に名を連ねることに敬服します。


アクアを買う人がまず候補に挙がるホンダ車と言えば、フィット。
初代、2代目とバカ売れしたフィットも3代目は、開発期間が短すぎたのか度重なるリコールで失速。
何度か試乗したのですが、決して悪い車じゃないんですよ。
初期の頃は、単月で3万台を超える販売台数を記録していたんですよ。
それが今じゃベスト10に載るのがやっと。
そんなフィットも来年フルモデルチェンジするそうです。
石橋叩いて勢いを伸ばしてほしいところです。


んで、フィットが伸びないのはホンダ車購入層が、全部N-BOXに流れているんじゃないのか?
と私は思うんですね。
N-BOXの商品力は高いことに否定はしません。
でも、フィット買い替えのユーザーまでもが喰われている気がするんですよ。
だって、価格帯は同じなんですよ。
安いハイブリッドとN-BOXターボがほぼ同じ価格帯です。

そうなるとね、次に考えるのは維持費なんですよ。
圧倒的に軽自動車の方が安いに決まっているじゃないですか。
いくら燃費で勝るフィットハイブリッドでも、自動車税とか軽自動車よりも高いです。
1回あたりの給油量もフィットの方が大きいですしね。
トヨタもダイハツOEMの軽自動車がありますが、あちらは完全にオマケです。
アクアとは全然被らないし商品力が違いすぎます。

まぁ、これは私の完全な妄想ですがどうでしょうか。
さて、近々フルモデルチェンジするアクアは、今を維持しながら破竹の勢いで売れまくるのでしょうか。
期待が大きいです(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)
定期点検と消耗品の交換は必須
ネットにしても親族にしても、時々クルマやバイクのメンテナンスや整備について、「おかしいやろ?」と思うことが良くあります。
先週、満6年の1年点検を済ませまた、FIT君。
やっと4万キロを超えたのですが、相変わらずエンジンは好調ですね。
やっぱり、ハイブリッド+MTという組み合わせは最高ですわ(笑)

FIT7年目


20代の頃と今では、クルマに対する興味がかなり薄れてきているのですが、やるべき事はキッチリとやって公道を走っています。
ネットにしても親族にしても、時々クルマやバイクのメンテナンスや整備について、「おかしいやろ?」と思うことが良くあります。
親族については、万一、火の粉が自分に降りかかるかも知れないので、嫌われてしまおうが口酸っぱく言っています。


例えば、代表的なのはタイヤ交換時期。
サイドウォールが削れていたりヒビが入っていたり、スリップサインが出ていたら全部交換を推奨します。
(ケースバイケースで1本だけでも良いかもしれませんが、ある程度年数が経過している場合は、全部変えた方がコストパフォーマンス的に良いです。)
結構、平気な人が多くてビックリします。
「まだ、滑らないから大丈夫。」
「金が無いから。」
なんて事をよく耳にしますが、本人が自爆するだけならまだしも巻き込まれた方は災難です。
地面と接しているので、運転操作の一番の要です。
年2万キロ走っていた頃、2年に1回ペースで交換していました。
あの頃は日常的にクルマを使っていたので、タイヤには気を配っていました。
今は、指摘されるまで交換しないくらい、随分とズボラになってしまいましたが。


次に多いのはオイル。
オイル交換は最低でも1年に1回か、ガソリン車なら前回の交換から1万キロ、ディーゼル車なら5千キロの早い方で交換ですね。
良く言う新車から1ヶ月、または1000kmでオイル交換はしなくて良いでしょう。(在庫車は別)
オイルが劣化すると、最悪エンジンが壊れてしまいます。
人間で言う血液のような物ですから、あまり距離を稼いでいなくても定期的に交換してやりましょう。
自分で交換するにしても3,000円程度。その交換を怠って数十万円の出費は本末転倒です。


その他日常点検は運転者が、運転する前にチェックしますが、最近の車は性能と耐久性が向上していますので、余程シビアコンディションでなければ半年に1回くらいで良いと思います。
空気圧点検くらいでしょうかね。


クルマやバイクは、10年前と比べると滅茶苦茶性能が上がっています。それにつれて価格もうなぎ上りです。
頻繁に買い換えるならまだしも、長く乗るならばメンテナンスは怠らないようにしましょう。
面倒くさいなら購入した店で、対価を払って丸投げしましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31