•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

スマホの入力画面で数値パッドを出力させる方法
参考:HOME HTML5 フォーム 数値の入力欄を作る。
当方、Webによるバイクメンテ管理をしているのですが、スマホで入力する時テキスト入力パッドになるのが面倒と感じていました。
何とかならないかなぁ。と思っていたのですが、時々ドコモのWebアンケートに応じる時、数値入力画面(年齢など)でパッドが数値パッドに切り替わるんですね。
これはもしかして!?と思ってググってみたら、案の定ありました。
html5から対応していると言う事で、最近のWebブラウザは対応済みのようですので早速ソースを追記してみました。


距離 <input size="7" istyle="4" type="number" name="B_run" step="0.01">km



赤下線部がポイントです。小数点入力する時は、stepを入れないとダメのようです。
【html5】 input type=”number” で小数を入力できるようにする

メンテナンス画面(数値表示)



これで、小数点以下も入力することが出来ました。
このままでも良いのですが、過去に入力した数字が出るのが鬱陶しいのも困りものです。
そこで、この様に変えてみました。


距離 <input size="7" istyle="4" type="number" name="B_run" step="0.01" autocomplete="off">km



参考:HOME HTML5 フォーム 数値の入力欄を作る


ついでなので、日付の入力フォームも、こうすることにしました。


日付 <input size="10" type="date" maxlength="10" name="B_day" istyle="4" value="<?php echo $days; ?>">



これをすることにより、後続のvalueの値が無効になりますがこの際無視することにしました。
こんな感じで出ます。

メンテナンス画面(日付表示)

割としっくりきました。
このツールも日々進化しているなぁ。
ちゃんと履歴を残していないのがミソですが(^^ゞ

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Gmailによるメール自動送信スクリプト

Outlookもない…
Mailアプリも面倒…
Gmailアカウントはある…
人向け用スクリプト。

' ***********************************************************
' 使用するパラメータ
' ***********************************************************
strFrom = "わたしです <***@gmail.com>"

strTo = "あなたです <***@hotmail.com>"

strServer = "smtp.gmail.com"

nPort = 465
strUser = "gmailアカウント"
strPass = "gmailアカウントのパスワード"

' ***********************************************************
' オブジェクト
' ***********************************************************
Set Cdo = WScript.CreateObject("CDO.Message")

' ***********************************************************
' 自分のアドレスと宛先
' ***********************************************************
Cdo.From = strFrom
Cdo.To = strTo

' ***********************************************************
' 件名と本文
' ***********************************************************
Cdo.Subject = "件名の文字列 / " & Now()
Cdo.Textbody = "テキスト本文" & vbCrLf & "改行は vbCrLf"

' ***********************************************************
' CC BCC HTMLメール( CC BCC はどちらか片方 )
' ※ 両方指定すると CC
' ***********************************************************
'Cdo.Cc = "ユーザ名@yahoo.co.jp,ユーザ名@hotmail.co.jp"
'Cdo.Bcc = "ユーザ名@yahoo.co.jp,ユーザ名@hotmail.co.jp"
'Cdo.Htmlbody = ""

' ***********************************************************
' ファイル添付あり
' ***********************************************************
Cdo.AddAttachment( "ファイルのフルパス" )

' ***********************************************************
' 設定
' ***********************************************************
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing") = 2
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver") = strServer
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport") = nPort
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpusessl") = true

Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpauthenticate") = 1
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusername") = strUser
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendpassword") = strPass

' ***********************************************************
' 設定の反映
' ***********************************************************
Cdo.Configuration.Fields.Update

' ***********************************************************
' 送信
' ***********************************************************
on error resume next
Cdo.Send
if Err.Number <> 0 then
strMessage = Err.Description
else
strMessage = "送信が完了しました"
end if
on error goto 0

Wscript.Echo strMessage

【動作検証】
Windows 10 Pro


このスクリプトの注意点は、Gmail側が標準で『安全性の低いアプリ』を無効にしていると言うこと。
Google安全性の低いアプリを有効

上記のように有効へ変更してやると送信出来るようになる。
送信出来なかったらエラーが返ってくる親切なスクリプト。
ただし、これによりアカウントとパスワードが流出することによって、悪意による第三者spamの送信となり得るので注意が必要です。
特にスクリプトにアカウントパスワードが書き込むことになるので、扱いには要注意です。
あと、マイクロソフトのAPI?を使っています。
なので、マイクロソフトが嫌いな人はこのワザは避けた方が良いでしょう。
それと、spamメールを送りまくれば、当然足が付くのでバレますよ。。。


参考サイト:VBScript : Windows標準のオブジェクト(CDO.Message)とGMail(Yahoo!メール) を使ってメール送信

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
OutlookとVBScriptによるメール自動送信

以前紹介したメール自動送信は、アプリケーションを使った方法でした。
今度は、Outlookがインストールされているケースを使ったメール自動送信です。

【動作検証】
Windows 10 Pro
Outlook 2010

Option Explicit
'*************************************************************
'* メールテンプレート
'*************************************************************
'*************************************
'* 変数宣言
'* 変数名は使いやすい用にリファクタリングしてください.
'*************************************
Dim olk, item, mailBody, mailSubject, mailAttachment, name, mailAddress, timeZone, byLine, mailTo, mailCc, kaigyo

'*************************************
'* 個人で入力させる項目群
'*************************************
' 名前
name = "aaa"
' 自分のメールアドレス
mailAddress = "aaa@sir-2.com"
' 送信先:TO
mailTo = "bbb@sir-2.net;ccc@sir-2.net;"
' 送信先:CC
mailCc = "zzz@sir-2.net"

'*************************************
'* 初期処理
'*************************************
Set olk = CreateObject("Outlook.Application")
Set item = olk.CreateItem(0)

' 改行コード
kaigyo = vbCrLf

'*************************************
'* 時刻を取得する
'*************************************
timeZone = Right("0" & Hour(Now) - 1, 2) & ":01-" & Right("0" & Hour(Now), 2) & ":00"

'*************************************
'* メール件名
'* 以下の例では日時等も加工している.
'*************************************
mailSubject = "件名サンプル "
'mailSubject = mailSubject & Year(Date) & "/" & Right("0" & Month(Date), 2) & "/" & Right("0" & Day(Date), 2)

'*************************************
'* メール本文
'*************************************
mailBody = "送信テスト" & kaigyo
mailBody = mailBody & "こんにちは、" & name & "です。" & kaigyo & kaigyo
mailBody = mailBody & "改行する時は、vbcrlfです。" & kaigyo
mailBody = mailBody & "標準は添付ファイルを送ります。" & kaigyo & kaigyo

'*************************************
'* 署名を作る
'*************************************
'byLine = "----------------------------------------------" & kaigyo
'byLine = byLine & "業務で使うなら使ってください。" & kaigyo
'byLine = byLine & "部署名変更時は注意!!!" & kaigyo
'byLine = byLine & "----------------------------------------------" & kaigyo
'
'mailBody = mailBody & byLine

'*************************************
'* 添付ファイル(不要の場合はコメントアウト)
'*************************************
mailAttachment = "ファイルフルパス"


'*************************************
'* メール内の設定
'*************************************
item.To = mailTo
item.Cc = mailCc
item.Subject = mailSubject
item.Body = mailBody
item.Attachments.Add mailAttachment
item.Display
' 以下のコメントアウトを解除して、更に上のitem.Displayをコメントアウトすれば、
' メールの画面が表示されずにそのまま送信される。
item.Send

'*************************************
'* 終了処理
'*************************************
Set item = Nothing
Set olk = Nothing

WScript.Quit 0



今回は、Outlook(Outlook Expressではない)2010以降でのメール自動送信スクリプト。
Outlookが起動していないと自動送信しないので要注意。


参考サイト:[VBS:備忘録]よくあるメールテンプレをVBSで作成する方法の一例

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Windows版バックアップスクリプト
これまでLinuxでファイルのバックアップをしてきたのですが、Windows10になってからは、専らrobocopyによるバックアップです。
これまでLinuxでファイルのバックアップをしてきたのですが、Windows10になってからは、専らrobocopyによるバックアップです。
しかし、このrobocopy。オプションを付け間違えるととんでもないことになるので慎重に使わなくてはなりません。


とは言っても文法さえ間違えなければ、恐るるに足らず。なんですけどね。
バックアップを取って、その結果をメールで送る。と言うスクリプトを作成しました。

robocopy [コピー元ドライブ] [コピー先ドライブ] /MIR /R:0 /FFT /COPY:DT /xd "System Volume Information" "$RECYCLE.BIN" /DCOPY:D /LOG:[出力先ログ] /NP
C:¥smail.exe -d -h[メール送信サーバ] -f[ユーザー名] -s[メールタイトル] -F[出力先ログ] [xyz@abc.ne.jp]

これで完了です。


こいつのポイントは、smail.exeですね。
これは、文字通りLinuxで言うsendmailみたいな物です。
もちろん、sendmailのような使い方ではなく、独自なのでオプションコマンドを知っておく必要が有ります。


なによりも、このソフトウェアは送信専用ですので注意が必要です。
このソフトの使い方については、リンク先に書いてあるとおりです。
それ以上でもそれ以下でもありません。
一度使い慣れると、もう手放せません。


話を戻してrobocopyのバックアップでドライブレターごとバックアップする時は、必ずオプションを付けておく必要が有ります。
ブロッククォートにある赤太字部分です。
このオプションがないと、メールログにこんな内容がもれなく付いてくることがあります。
2017/07/24 06:00:00 エラー 19 (0x00000013) コピー先ディレクトリを作成しています Z:\$RECYCLE.BIN\
このメディアは書き込み禁止になっています。

2017/07/24 06:00:01 エラー 19 (0x00000013) コピー先ディレクトリを作成しています Z:\$RECYCLE.BIN\
このメディアは書き込み禁止になっています。

ゴミ箱とかシステムボリュームをバックアップする必要は無いので、予めバックアップ対象外にしておくと良いでしょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Let's Encryptの自動更新スクリプト-メール送信版-

半年程使って問題ないので、スクリプトを公開したいと思います。
Let's Encryptの自動更新
これが大元です。

#!/bin/sh
touch /tmp/e_result.log
systemctl stop postfix.service > /tmp/e_result.log
systemctl stop apache2.service > /tmp/e_result.log
/[certbotのあるフォルダ]/certbot-auto renew --force-renew >> /tmp/e_result.log
systemctl start apache2.service >> /tmp/e_result.log
systemctl start postfix.service >> /tmp/e_result.log
mail -s `hostname`" is a result.(lets Encrypt)" [送信先メールアドレス] < /tmp/e_result.log
rm /tmp/e_result.log


メールサーバーとWebサーバを一時的に止める必要が有ります。
Webサーバを止めない方法もありますが、うちは現時点でさほど重要では無いので、月初めの明け方4時30分頃に一瞬だけ落ちます。
これで、更新忘れをすることもありません。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Teratermマクロの改良
ちなみに、Teratermマクロコマンド集は、こちらにあります。
我が家には2台のメインサーバーがあります。
1台はクラウド型で遠隔地にあります。
どちらもLinux Debianタイプです。
不定期にWindowsのようにパッチ更新をするのですが、ログを残していませんでした。
そのため、先日の記事(Webalizer改良)を紹介するときも、ちょっと手間がありました。


今回はログを保存するためのコマンドとパスワード直書きの修正です。
また、コマンドを使うタイミングについて注意を書きます。
ちなみに、Teratermマクロコマンド集は、こちらにあります。
前回の記事、マクロを掲載していますのでそちらと見比べると良いかも。
TeraTermマクロによるLinuxサーバー自動アップデート



【1】追加した部分と解説
username2 = 'root'
passwdfile2 = 'c:\hogehoge2.dat'

gettime timestr "%Y%m%d-%H%M%S"
sprintf2 filename '%s_hogehoge_autoupdate.log' timestr
最初のusername2とpasswdfile2は、rootユーザとそのパスワードファイルです。
gettimeとは、今の時間を取得するコマンドです。これを、timestrと言う変数に入れます。
"%Y%m%d-%H%M%S"とは、西暦年月日時間です。
WindowsのVBAと混同しやすいのは、Teratermの場合“%Y”だけで2017と4桁取得します。
“%m”なら2月なので02と2桁取得します。
VBAだと“%mm”と入れないと、【02】と入らず、【2】だけになってしまいます。
その要領でTeratermマクロに入れると、例えば2017年2月10日8時43分5秒の場合、2017YYY02m10d-08H43M05Sとなります。

sprintf2とは、引数をセットするコマンドです。
filenameという変数に、timestrで取得した時間に_hogehoge_autoupdate.logを加える。
と言う事です。これで、filenameには、20170210084305_hogehoge_autoupdate.log が入ります。
これでファイルネームは完成です。

msg = 'Enter password for root user '
strconcat msg username2
passwdkey = username2
strconcat passwdkey '@'
strconcat passwdkey hostname
getpassword passwdfile2 passwdkey password2
これは、rootユーザー用のパスワード作成です。
ファイルが存在しないときに出てきます。root用のパスワードをボックスに入れてください。


【2】ここまでは変数の初期設定。
次はログを記録するためのコマンドです。
; カレントディレクトリを変更する
changedir 'E:\log\teraterm'

logopen filename 0 0
logwrite 'Log start'#13#10
logwrite '*****************************************************'#13#10
まずは、カレントディレクトリを変更します。
標準はTeratermがインストールされたフォルダに入ります。
これはあまり望ましくないので、別のフォルダを作成してそこに入れましょう。
上記の例では、Eドライブのlogフォルダのteratermのフォルダに入れます。

logopenとは、ログファイルを開くイメージがあるが書き込むためのコマンドである。
filenameは、変数である。
その次にある「0 0」とは何か。
最初の0は、<binary flag>とき、受信した漢字、改行文字は変換されてファイルに書き込まれ、エスケープシーケンスは書き込まれない。
次の0は、<append flag> とき、ファイル <filename> がすでに存在する場合、そのファイルに追加して書き込む。
まぁ、同じファイル名になることは絶対にないので、appendflagは無視しても良いだろう。

logwrite とは、ログに書き込む文字列のことである。
これはシンプルなコマンドである。
ちなみに#13#10とはエスケープシーケンスと考えられる。
#13がCR、#10がLFじゃないかと思います。
これがないと改行されずに、この後に続き文字が書かれる。


【3】今回赤太字が修正したところ。
wait msg
sendln 'su -'
wait 'パスワード'
sendln password2

この赤太字のところにパスワードを直書きしていた。
もしもこのマクロが外部流出したら一巻の終わりである。
それを防止するために暗号化で外部ファイルに置いた。


【4】最後の設定。シンプルとしか書きようが無い。
解説をするまでもないが解説しておこう。
logclose
closett
end

logcloseとは、ログ取得を終了すること。自動的にファイルは綴じられ、以降のログは取得されない。
closettとは、Teraterm自身を終了すること。自動的に画面が閉じられる。
endとは、マクロの終了。まぁ、儀式的な感じですね。


なお、【3】を挿入する場面は、必ず、connectコマンドのあとに入れること。
この前に入れると、changedirコマンドで絶対にエラーになる。
結構この辺りで苦戦したのですが、あちこち入れ替えることによって判明しました。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
robocopy…
私は定期的にデータバックアップを行っています。
私は定期的にデータバックアップを行っています。
データというのは、mp3とか写真とか資料とか。
ローカルのハードディスクに置いてあるものを、普段使っていないハードディスクへ週1回バッチを動かしてバックアップを取っています。
その時、タイトルにもあるとおりrobocopyコマンドを使うと便利です。
普通は、copyコマンドでも十分ですけどね。


そのrobocopyの使い方は、copyコマンドとほぼ同じです。
オプションコマンドを使うと更に便利。
覚え書きで一応書いておきます。

/MIR…バックアップ元とバックアップ先を同じようにします。これが無いと重複するファイルがあるとおじゃんになります。個人的には必須ですね。
/R:x…xには数字が入ります。無いとコピーに失敗すると100万回再チャレンジするので時間の無駄です。多くて1。そうで無ければ0で良いです。
/FFT…バックアップ元と先のファイルの更新時間を比較する時、2秒の誤差を許します。バックアップ先がWindowsなら不要オプションです。
/DCOPY:T…フォルダコピーしたときのタイムスタンプもバックアップ元と同じにします。これは案外便利ですよ。標準でつけた方がベター。
/LOG:”ログファイルのパス”…読んで字のごとく、ログファイルを出力します。これが有ると無しとでは、何かトラブルがあったときの対策手段になります。必須。
/SEC…Windowsのセキュリティー情報もコピーします。バックアップ先がWindowsでない場合不具合があるので要注意。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:10 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
TeraTermマクロによるLinuxサーバー自動アップデート

ちょっとマニアックなテクニックを。
TeraTermと言うソフトウェアを知っている人向け。

LinuxはWindowsと違って、不定期にアップデートが行われる。
勿論、セキュリティーインシデントが発覚すれば速やかにアップデートされるので、Linuxサーバー管理をしている人なら、たいていMLやWeb巡回で気付いたときにしているだろう。
(場合によってはしてはいけないものもあるが。)
そのたびに、Telnetでコマンド叩いては面倒くさいので、チョロッとマクロを作ってみた。
オートアップデート化は、便利さの反面時として危険性を伴う(特にパスワードファイルの流出)ので注意して使って欲しいな。
青太字部分を適宜変更してください。このマクロは、sshで22(標準ポート)を使っています。変更している場合はここも適宜修正を。
また、このコマンドはDebian系ですので、Fedora/FreeBSD系はコマンドが若干違うのでご注意を。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
username = 'user';        ←ログインする時のユーザー名(root除く)
hostname = 'hostname';    ←ログインするサーバー名
passwdfile = 'c:\windows\system32\hostname.dat';   ←ハッシュ値パスワードの保存先
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

msg = 'Enter password for user '
strconcat msg username
passwdkey = username
strconcat passwdkey '@'
strconcat passwdkey hostname
getpassword passwdfile passwdkey password

msg = hostname
strconcat msg ':22 /ssh /auth=password /user=';       ←22がポート番号標準
strconcat msg username
strconcat msg ' /passwd='
strconcat msg password

connect msg

msg = 'user@servername:~$ ';       ←user部分とservernameをそれぞれ正しいものに変更
wait msg
sendln 'su -'
wait 'パスワード';       ←日本語化されていない場合は、passwordだと思う(^^ゞ
sendln 'abcabcabc';      ←rootのパスワードをベタで書いているが望ましいことではない(^^ゞ
msg = 'root@servername:~# '; ←rootログイン後のコマンドプロンプト名に変更する
wait msg
sendln 'aptitude update'
wait msg
sendln 'aptitude upgrade -y'
wait msg


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 18:35 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
Outlook VBAを作ってみた
 今秋のある日の阪急電鉄梅田駅。
最近、迷惑メール関係でメール送信事業者に送るたびに、送信者のメアドと受信日時とメール本文をコピペするのが面倒くさいので、次のサイトを参考に自分なりに作ってみました。(殆どコピペ+αなんですが…)
◆Outlook VBA(Outlookメール情報をExcel一覧化) 好きなものあれこれ
Outlook からメールヘッダの情報を収集する(1) ちょさかのひとりごと
Sub 選択メールの情報をExcel出力()
Dim myOlApp As New Outlook.Application
Dim myOlExp As Outlook.Explorer
Dim myOlSel As Outlook.Selection
Dim MsgTxt As String, a As String
Dim Files As Variant, oF As Variant
Dim myExlApp As Object, oNewWb As Object, oSel As Object
Dim i As Integer, j As Integer
Dim lSubject As String
Dim lMsg As String
Dim lSentOnBehalfOfName As String
Dim lSenderName As String
Dim lReplyRecipientNames As String
Dim lFrom As String
Dim lTo As String
Dim lCreationTime As String
Dim lHeader As String

Set myOlApp = CreateObject("Outlook.Application")
Set myOlExp = myOlApp.ActiveExplorer
Set myOlSel = myOlExp.Selection

'新規ブック作成
Set myExlApp = CreateObject("excel.Application")
Set oNewWb = myExlApp.workbooks.Add
'一覧整形
myExlApp.ActiveWindow.Zoom = 85
With oNewWb.sheets(1)
.Cells.WrapText = True

.Range("A1:I1") = Array("件名", "受信日時", "送信者表示名", _
"送信者", "", "FROM", "TO", "内容", "ヘッダー")
.Columns("A:A").ColumnWidth = 50
.Columns("B:B").ColumnWidth = 18
.Columns("C:C").ColumnWidth = 30
.Columns("D:D").ColumnWidth = 30
.Columns("F:F").ColumnWidth = 30
.Columns("G:G").ColumnWidth = 30
.Columns("H:H").ColumnWidth = 100
.Columns("I:I").ColumnWidth = 100
.Rows("2:2").Select
End With
myExlApp.ActiveWindow.FreezePanes = True
With oNewWb.sheets(1)
.Range("A1").Select
End With

i = 1
'選択されているメールの添付ファイルを保存
For Each oSel In myOlSel

lSubject = oSel.Subject '---件名
lCreationTime = oSel.ReceivedTime '---受信日時
lSentOnBehalfOfName = oSel.SentOnBehalfOfName '---送信者表示名
lSenderName = oSel.SenderName '---送信者
lReplyRecipientNames = oSel.ReplyRecipientNames '---返信先メールアドレス
lFrom = oSel.SenderEmailAddress '---送信者メールアドレス
lTo = oSel.To '---宛先メールアドレス
lMsg = oSel.Body '---メール本文
'---PropertyAccessor クラスのインスタンスを取得します。
PropName = "http://schemas.microsoft.com/mapi/proptag/0x007D001E"
Set oPA = oSel.PropertyAccessor

lHeader = oPA.GetProperty(PropName) '---ヘッダー

i = i + 1

oNewWb.sheets(1).Cells(i, 1).Value = lSubject
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 2).Value = lCreationTime
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 3).Value = lSentOnBehalfOfName
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 4).Value = lSenderName
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 5).Value = lReplyRecipientNames
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 6).Value = lFrom
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 7).Value = lTo
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 8).Value = lMsg
oNewWb.sheets(1).Cells(i, 9).Value = lHeader

Next

myExlApp.Visible = True

p_Error:
Set oF = Nothing
Set oSel = Nothing
Set myExlApp = Nothing
Set oNewWb = Nothing
Set myOlApp = Nothing
Set myOlExp = Nothing
Set myOlSel = Nothing
MsgBox "終了しました。総数:" & i - 1
End Sub

Outlook2010で検証したのですが、バッチリ取得出来ました。
これで何がどうなるかというと、選択(複数も可能)したメールから「件名」「受信日時」「送信者表示名」「送信者」「返信先メールアドレス」「送信者メールアドレス」「宛先メールアドレス」「メール本文」「ヘッダー」を吸い出します。(本家本元は、他にも添付ファイル等の情報も吸い出します。)


Outlookなら簡単に出来ますね。このサイトを公開してくれた方に感謝感謝です。
これで、手軽にどんどん迷惑メールを公開してやろうと思います。
Thunderbirdからも簡単に出来るなら、ちょっとチャレンジしてみましょうかね。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 19:56 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30