•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

「eスポーツ」に違和感
もしこれが、Wiiスポーツなど、コントローラと身体全体を動かす事で、「プロライセンス」を付与するなら納得するんです。
2ヶ月以上前のネタですが、未だにこの「eスポーツ」という表現に馴染めない私です。
「eスポーツ」と言うよりも「プロゲーマー」の方が物凄くしっくりきます。

「日本におけるeスポーツ発展の大きな一歩」 日本eスポーツ連合(JeSU)発足

この記事を見て、改めて思うのですが、スポーツというと身体を動かす事じゃないかと。
汗のかかない、脳内だけを汗をかくなら、テーブルゲームである「麻雀」、「トランプ」、「花札コイコイ」等も入るはずです。
「e」という文字が入ることで、こうしたアナログ的なゲームを排除し、パソコンやビデオゲームのみとするにしても、これらのテーブルゲームも実在するので、入れるべきじゃないかと思います。


それでも、私は「おかしい」と思うんですよ。
もしこれが、Wiiスポーツなど、コントローラと身体全体を動かす事で、「プロライセンス」を付与するなら納得するんです。
実際、私もやったことがありますが、座ってじっとコントローラーを弄るよりも、全身を動かすので身体が熱くなって汗をかくんですよ。
PS3でも似たようなゲームがありますが、こちらもそこそこに汗をかきました。
これなら、「eスポーツ」と名乗っても良いと思うんです。


でも、下記のようなタイトルが「プロライセンス」を付与するのは、贔屓目に見ても違和感ありまくりです。

プロライセンス認定タイトル。闘会議ではこれらのタイトルでプロライセンスが発行される

何か間違った方向に「eスポーツ」がもて囃されそうな気がして、個人的にはガッカリ感が先行します。
早々に廃れなければ良いんですけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31