•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

バイクメンテナンス<LEAD110 EX プラグ交換>
毎度お馴染みのLEAD110EXさん。
ふと、e整備メンテナス帖を見てみると、前回プラグ交換したのは、2015年11月で6107.9kmだった。
プラグ交換の推奨距離は5000km。現在、15000km弱・・・。
10000km弱も走っていることが判明したので、慌てて交換することにした。
前回は、バイク屋さんでやってもらっていたんですが、今回は自分でやってみることにしました。


LEAD110EX フロント

毎度お馴染みのLEAD110EXさん。
今回プラグ交換をするにあたって、プラグソケットを紛失したので、Amazonさんの方で購入しました。
どれにして良いのか分からないので、適当にポチッとしました。





前回、プロの交換を生で見ていたので、プラグ位置とか手順は把握済みです。


LEAD110EX フロントサイド

まずは、向かって左側(エアクリーナーがある方。アクセルスロットを廻す側)のネジ2本を取ります。
ネジ1本は、タンデムステップの下に隠れています。
ネジが取れたら、黒いカバーを右側にスライドさせます。


LEAD110EX プラグ2

スライドさせたら、オクにプラグキャップが見えます。
矢印部分がそれに当たります。
私はそれだけでなく、ステップボードの黄色い部分のカバーも外しました。
掌や拳が大きい人は、外した方がベターかと思います。

そして、プラグソケットを被せ、レンチでひたすら緩めていきます。
とにかく、このLEAD110EXの狭さは尋常ではありません。
明らかにメンテナンスを考えていない設計と言ってもよいでしょう。
歴代(JOG/SEPIA/LEAD50/LEAD100)を乗り継いできましたが、プラグ交換でプラグを抜くのに1時間くらい格闘したのは、このバイクが初めてです。


やっとの事で抜けたのですが、今度は新しいプラグを差し込むのも一苦労!(笑)
軍手をはめての作業で、なかなか手が入らず、物凄く狭い空間でネジを廻せないので、プラグソケットを入れるとポロリと落ちてしまう。
なかなかの難儀で仕方なく素手で少しずつ廻しました。


LEAD110EX プラグ2

格闘することさらに1時間。
ようやくスッポリはまってくれました。
後は逆のことをすれば良いだけです。


ここまでの作業時間は2時間。
なんせ、手がなかなか入らないので、メットインケースを取り外そうかと考えたり行動に移したりしました。
結局、メットインケースを外すのにも苦労しそうなので断念。
ステップボードの横のカバーを外し、アンダーカバーを足で押さえながら、下からグリグリとやりました。
そしたら、ネジが2本余って焦るし・・・(^^)






思い当たる節のところをもう一度外したら、案の定2箇所ぽっかり空いていたので、余ったネジで締め直しました。


さて、プラグの焼け具合を見ました。


LEAD110EX プラグ焼け具合LEAD110EX プラグ焼け具合2


まぁ、良い感じじゃないでしょうか。
でも劣化しているので替え時であったことは間違いないですね。


次やるときは、ショップへ行ってやってもらおう。。。
やり方は分かっていても、プラグの取付が死ぬほど面倒だ。
そう誓うのでした(笑)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31