•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クルーズコントロール機能を生かそう
私の場合、前方を7割(車間距離保持)、後方2割(不審車確認)、その他1割と言った感じです。
ここ数年、ホンダ車に限って言えば、軽自動車から高級車まで「クルーズコントロール機能」が標準で付いています。
どうも、この機能を生かしきれていないクルマが多く、また、教習所では多分習わないことから、使い方が分からないから使わないんだと思います。

この機能、高速道路で使うと

・右足を常時ブレーキペダルに添えたり、交通状況に応じて右足をペダルから離すことが出来る
サグ部(リンク先のアニメが分かりやすい!)でも速度が落ちずに走る
・燃費向上が望める
・速度は気にせずに周囲の交通状況に集中していられる

と言うことで、身体の疲労度を軽減したり、交通事故抑止や渋滞抑止効果もあったりするんですよ。


まず、クルーズコントロールと言う機能を簡単に説明します。
一定の速度(たいてい40km/h以上、110km/h以下)をボタンでセットすると、その速度を維持する機能です。
一般道は、ストップ&ゴーが多いので信号が殆ど無いバイパス道で使うと良いと思います。でも、あまり推奨しません。
この機能は、高速道で、いかんなく発揮します。


走行車線で一定速度での巡航は、周囲の交通にプラスという側面があるんです。
また、自身の運転に安全を寄与します。


私の場合、前方を7割(車間距離保持)、後方2割(不審車確認)、その他1割と言った感じです。
メーターは殆ど見ません。その他1割の中の2割くらいです。
あまり薦めないのですが、一定速度を維持する走法は、トラックの後ろを走るのが一番です。
トラックの最高速度は90km/H(例外あり)なので、70~80mくらいの車間距離を空けると、周囲の交通状況やトラックの先の車まで見えるので楽ちんなんですよ。
リスクがあるとすれば、小石が飛んできてフロントガラスにヒビが入る。と言う位でしょうか。
ただ、十分な車間距離を空けていれば、そのリスクも低減することが出来ます。
(未だかつてやられたことがない。)

トラックの先の車がブレーキペダルを踏んだら、トラックも減速する(と予測する)ので、自車のクルーズコントロールを一旦キャンセルしてエンジンブレーキで減速し、トラックとの車間を詰めます。
一定の速度(トラックとの車間距離が広がってくる)で保てるようになったら、再度クルーズコントロール機能の「セット」ボタンを押して速度維持。
トラックが徐々に速度を上げたら、こちらもクルーズコントロール機能の「加速」ボタンを少しずつ押して速度を上げます。
アクセルペダルを踏んで速度を上げるよりも、燃費の観点からしてボタンを押した方が良さそうです。
このボタンを押して加速するとき、ハイブリッドの場合、電気モーターによる加速とガソリンによる加速の2パターンあります。
たいていは、電気モーターによる加速が主ですが、「加速」ボタンを連打すると、電気モーターとガソリンの混合で加速するようです。
自分でアクセルペダルを踏むよりか、燃費が良さそうです。


これを繰り返すことで、先日(5/2)の満タン給油では、23.88km/Lをマークしました。
瞬間最高燃費は、25km/Lでした。(東名阪道亀山JCT~鈴鹿IC区間)
帰りは交通集中による停止渋滞が点々とありましたが、それでも20.77km/Lでした。


そして、何よりもクルーズコントロール機能があって良かったな!と思えるのは、サグ部分です。
アクセルペダルを踏んでいたら気付かずに速度が落ちていたポイントでも、一定の速度で走ってくれます。
自車速度が落ちないかわりに、前車が速度低下で車間距離が縮まることもありますけどね。
ハイブリッドの場合、電気モーターが頑張って廻して、(速度維持のために)加速します。
ガソリン車の場合は、エンジンの回転数が上がります。(エクシーガで確認済み)


是非とも、「クルーズコントロール機能」の付いている車は、その使い方を覚えてほしいものです。
そうすれば、「あれ?アクセルペダルを踏んでいるのに速度がでねぇな。」なんて違和感はなくなります。
これは、ハイブリッド車、ガソリン車、ディーゼル車関係ありません。
一度、分厚い説明書を開いて確認してみて下さいね(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31