•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

これはアカンやろ・・・
橋下徹氏、都構想協力なければ「公明選挙区に吉村大阪府知事」 次期衆院選。
橋下徹氏、都構想協力なければ「公明選挙区に吉村大阪府知事」 次期衆院選




う~ん、これは口が滑ったのか、それともリップサービスなのか。
これを視聴したとき、「おいおい、それは大阪府民に対する背信行為になるぞ。」と思ったんですが。
確かに大阪府内は、大阪維新の会に勢いがあるので、衆参同日選挙が仮にあり吉村府知事が衆議院選挙に出馬しても勝てるでしょう。
でも、それをやらかすと大阪府民は、「この前のダブル選挙は一体何だったんだ?」と疑問視してくるのは間違いない。
結果的には、大阪維新の会にはメリットが殆ど無いと私は思うんですよね。
まだ、都構想の是非を問う住民投票だってあるわけですし、吉村府知事が知事を辞職したら反維新は、「途中で投げ捨てた!」「大阪のことを考えない政党」と騒ぎ立てること間違いなしですよ。

でもまぁ、それでも大阪維新の会は、出直し府知事選挙で、吉村氏の後任候補が勝つと思います。
よほど、反維新候補者が有権者に響く政策論争をしない限り。
(これまでの反維新を掲げた訴えは全て失敗に終わる。)
それに、松井市長が吉村府知事を衆院選の出馬を止めるでしょうね。
それで仲違いになれば、反維新は大喜びでしょうが。


ともあれ、地方の政党は、大阪維新の会のようにもっと有権者に響く政策論争で訴えていかないとダメですよ。
彼ら大阪維新の会が実績を作れば作るほど、ますます既成政党の存在意義が失われていきます。
国政選挙でもそうですが、「なんでも、はんたーい」では、有権者の票は組織票だけで、大多数の無党派層の票が入りませんよ。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 12:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
維新の会代表への質問がほぼ毎日酷い
例の動画を視てから、ほぼ毎日のよう(GW期間中はお休み)に松井一郎氏のぶら下がり会見を見ていますが、記者の質問が酷すぎます。
令和の時代になって最初の記事はこれ。
まぁ、政治って興味ないととことんスルーですが、投票率が低いので少しでも上げるためにも(^^ゞ


例の動画を視てから、ほぼ毎日のよう(GW期間中はお休み)に松井一郎氏のぶら下がり会見を見ていますが、記者の質問が酷すぎます。


↑↑↑
例の動画w


記者の質問レベルが、あまりにも酷い。
たまにクリーンヒットな質問も出るけど、総じて酷すぎる。
何が酷いって、同じ質問を毎日毎日聞いて、ミスリードを導こうと見え隠れするんですよね。
堺市長の件は、本当に毎日のように同じ質問をして、同じ回答が返す繰り返し。
進展があれば、答えも少し変わりますが、ほぼ同じ。
もう少し深く掘り下げて、松井一郎氏を困らせることは出来ないのか。と思うことしばしば。
松井氏も呆れて、「お宅で取材なさってください。」と言われる始末。
あと、他党のトップが変わったことを維新代表としてのお気持ちを質問することもあったけど、他所の党代表が替わったことをいちいち答える必要が有るのか。
こんなのに、丁寧に答える松井氏も凄いなあ。なんて感心してしまいました。
(国政では菅官房長官が定例記者会見で申していますね。)

在阪記者達は、松井氏の失言やミスリードを狙っているようですが、圧倒的に松井氏の方が上手ですね。
(良い意味で)松井代表は狡猾です。

それにしてもインターネットのお陰で、こうした記者会見が見られるのって便利ですね。
平成初期から中期は、メディアの一方向で、都合の良いようキリトリされて報道されていましたが、今では一部始終を見ることが出来ます。
そして、記者のレベルもわかって、こんなのに新聞を読んだり、テレビのニュースを見る価値があるのか?と考えさせられるようになりましたわ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30