•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

固定買取制度から競争買取制度へと振り返り
経産省は12年に固定価格買い取り制度(FIT)を導入した。
太陽光発電の買い取り終了へ 入札制度で価格競争促す

やっと国が動くことになったか。。。
この固定買取制度のお陰で、昔、この程度の利用だったら1万円行かなかったのにな。なんて金額になっているくらい、高額に取られています。
その金額は、電気料金の1割以上。
昔は、数百円だったはずなのですが、今は数千円です。
ちょっとどころか、かなりあり得ない。
どれだけ節電対策をしても、この再エネ促進賦課金が重くのしかかると、節電の意味が全くありません。


ふざけるなよな!空き管政権!
そして、あと5~10年すると太陽光パネルのリサイクル問題が発生します。
いや、もう発生しているかも知れません。
これらの負担まで、電気利用者に押しつけるなら発狂モノですね。
設置した家庭に負担させろと声を大にして言いたい。


そして、振り返って欲しいなあ。
太陽光パネルを設置しなかった家庭と、設置した家庭との

電気料金+【太陽光パネル代】+【撤去費用】+【修理・点検費用】

この差額を。
どっちが結局安かったのか。
こう言う振り返りをしてくれる行政監督庁やNPOが、調査して公表も願いたいですね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31