•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

表現の不自由展の先にあるもの
津田のタブスタ、前から知ってたけどこれが表現の自由.. pic.twitter.com/vVFiOugoiT — 世の中マン (@v5CC3pnNyhNfIEw) August 1, 2019 일본 최대 규모 국제예술전에 평화의 소녀상이 전시된다 https://t.co/PaUHQMpfa8 pic.twitter.com/g9GJnWG0k2 — 허프포스트코리아 (@HuffPostKorea) July 31, 2019 。
2日前・・・いや、3日前かな?SNSで炎上していました。




ハイヒールで安倍首相と菅官房長官を踏みつけたり、昭和天皇の写真を燃やしたり?、慰安婦像を置いたり、どうもかの国が背後に見えるのは置いとくとして、政治的な主張を芸術と称するのは、どうも違うんじゃないかなあ。と私は思った次第。


もちろん、これが私費で全額賄われるなら、誰も咎める権利はないだろう。
それこそ、表現の自由侵害になる。

しかし、どうやら私費ではなく公費が投入されているそうな。




そりゃぁ、国民・県民・市民から非難の嵐が来ますわなあ。
しかしですねぇ、いくらムカついてもこう言う行為は断じてダメですわ。


慰安婦像展示中止「ガソリン持って行く」と脅迫も


これは絶対にダメ。言論には言論を。芸術には芸術を・・・と言いたいところですが、それが通じる相手じゃないか。
でもでも、危害を加える行為はそれこそ、主催者の思うつぼ。
実際に、「やったぜ!」と言わんばかりに、コメントを出したしね。


俺的には、この「ガソリン持っていく」も主催者側の仕組んだ巧妙な手口のような気がするんだ。。。


この金髪豚野郎は、本当に色々と揉め事を起こすのが得意ですね。
10年位前の一時、私はこの人に欺されていましたが、今では、このお方、左側に針が振り切っているので、何をやるにしても「あら、そう。」くらいにしか見えてません。


結局、この人を監督に任命した人に責任があるんだよなあ。
任命責任というヤツですかね。
どういった経緯で決まったのか、つまびらかにして欲しいですね。
まぁ、それはそれで炎上するかも知れないですけど。


それにしても、この芸術祭に参加している芸術家にケチが付いてしまったのは残念。
これも彼の計算のうちでしょうか。
そうすると、他の芸術家にすれば甚だ迷惑極まりない行為ですね。


最後に私は、どんなことがあっても、主催者や現場職員や来場者に危害をほのめかす行為は絶対にやっちゃダメです。
今は特に京都アニメーションのテロで警察も敏感になっています。
模倣犯を防ぐため、数日、数ヶ月後の早朝に警察が現れて御用になりますよ。
それだけじゃない。
主催者側から民事訴訟も起こされる可能性だってありますし、何一つメリットなしです。


だから、


危害をほのめかす行為は絶対にダメ!


です!


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30