•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

風邪を引いたときは寝る・汗かくに限る
 チームは全国の診療、処方明細書(レセプト)などのデータをもとに2012~14年度に外来診療で処方された抗菌薬と対象の病気などを調査。
抗生物質の6割、効果ない風邪などに処方 自治医大調査

20年近く前に、わりと本気の風邪を引いて、2~3週間くらい長引いたことが記憶にあります。
当時、仕事も結構大変な時で十分に休むことが出来ず、ちょっと回復したら無理して出社をしては、ぶり返して休んでいました。
早く治さねば!と言う事で、転々と病院を渡り歩いたのですが、結局医者から出されるのは抗生物質と胃薬で、何一つ改善しませんでした。


一番最強だったのは、年老いた個人医院(既に廃院)で雑談して薬も出されずに終了でした。
一番最悪だったのは、市民病院で数時間待たされて余計に体調が悪化しました。


それ以来、風邪の引き始めたかな?と思ったら、すぐに休んで無理をせず会社も休みます。
そして、1時間くらいお風呂に浸かります。
(ただし、水分をこまめにとったり、めまいがするならすぐに上がってください。.)
風呂から上がったら、発汗作用を促すために水分を多めにとって、すぐに布団に入ります。
それで、汗をかいたら下着をこまめに替えます。


これを徹底すると、長くても2日くらいで回復します。
一番ダメなのは、身体を冷やすことですね。
風邪を引いたときに、アイスクリームを食べたら余計悪くしました(笑)


もちろん、素人療法なので個人差がありますから、どうしても治らないときは病院に行って検査治療してもらうと良いのではないかな?


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 医者 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29