•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

そろそろ確定申告の季節・・・
同じ一時金でも、宝くじは10億円ゲットしても法律により無税です。
毎年の事ながら、サラリーマンでも確定申告をすると税金がいくらか戻ってきます。
もちろん、一時金が入るとその分税金がかかります。
(前澤友作元社長の100万円あげる。がそれにあたりますね。)


同じ一時金でも、宝くじは10億円ゲットしても法律により無税です。
競馬で万馬券をゲットすると、ケースバイケースでしょうが、基本的に税金がかかります。
(判例も出ています。)
競馬の馬券の払戻金に係る課税について(--国税庁サイトより)
サッカーくじもどうなのかな?
と、高額当選金に縁が無いので、基本的にそれらは無視しています(^^)


私が、基本的にやっているのは高額医療費の還付金です。
家族で合わせると年間10万円以上の医療費がかかっていますので、僅かではありますが所得税が還付されます。

もう一つは、株式売買の特定口座による売却損失による還付金です。
ただし、この方法はNISAでは適用されません。(売却益も税金がかからないようです。)
こちらの方は、それ程熱を入れてやっていないので、損失する時点で翌年に繰り越しています。
一昨年、ウッカリ更新するのを忘れていて、購入当時より最大で5倍まで値上がったNISA株を特定口座株に切り替わり、(私が持っている株の中で割と)高額な配当に税金がかかるようになりました。
昨年は、その辺抜かりないように、大幅に損をしている株ばかりをNISA株維持として更新手続きを済ませました。
(しなくても良かったかも知れん。..)

最後に、ふるさと納税による申告ですね。
残念ながら、昨年は大幅に年収ダウンしてしまったので、ふるさと納税できるほどの余裕はなく見送りましたので、昨年の確定申告には入れることが出来ません(^^ゞ


とまあ、今年は高額医療費のみの深刻になりそうで、還付金も3,000円以下になりそうです。
あ。でも会社の持ち株制度でもうちょっと積み増しできそうかな?


ん?たかだか数千円のために税務署に行って手続きをしているのかって?
そんな事していませんよ。
マイナンバーICカードと、PASORIから電子申請をしています。



個人の年収にも因りますが、だいたい1~2回で元が取れるんじゃ無いかと。

高額医療費については、ExcelとACCESSで毎回管理しているので、計算に全く抜かりないです。
昨年消費税が上がったことで交通費も少し変わりました。
まぁ、それくらいでしょうか。
面倒なのは、大量に溜まっている領収書を5年間保存しなくてはならないことですね。
これは、法律で定められていますので、もしも査察官が来られたときにはいつでも出せるように保管しておきましょう。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31