•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

ドコモは困っていない・・・と思う
他のMNO(auやソフトバンク)は、実質値下げをするのではなく、プランの追加で値下げに応じたと見せかけをするなら、正直言って政府の要請を小馬鹿にしていると思う。
ドコモ困った…値下げプラン余地なく、「格安」受け皿もなく


産経新聞らしからぬ(妄想)記事。
格安の受け皿は、MVNOがあるし。
20GBプランを4,000円台で新設し、無制限プランを7,000円台で見直せば良いのでは?
30GBプランがなくなるけど、auと同額の7,650円の無制限プランを出せば、実質+500円でお得感が高い。


確かにドコモには、格安会社(Y!モバイルUQ MOBILE)が存在しない。
存在しない代わりに、MVNOサービスでは他社に引けを取らないほど豊富に存在している。
だから、わざわざ格安会社のグループ会社を設立する必要は無いし、何よりもMVNOとの違いがなくなってくる。


0SIMのようなインパクトのあるMVNOも結局長続きしなかったし、今よりも安くするとなるとMVNOが立ちゆかなくなる。
もしも、ドコモにサブブランドを出すならば、ドコモショップは利用出来るけども、30分あたり3,000円の利用料を徴収し、全てをオンラインに特化して通話料コミコミで1GBまでなら500円。3GBまでなら1,000円、10GBまでなら2,000円、50GBまでなら3,000円、それ以上の無制限なら5,000円と言うプランはどうだろうか。(シェア出来るのは50GB以上のプランに縛る。)
かなりインパクトは大きいし、若い人を中心に利用しそうだと思う。
何よりも、ドコモショップへの負担を減らすうえ、利用するならお金を徴収する。と言うのが良い。
でも、こんなサブブランドを出したら、MVNOは益々脅威だろうね。
多くのブランドで廃業するか身売りして統廃合が進むんじゃないだろうか。

まっ、これも私の妄想なんだけどね。


他のMNO(auソフトバンク)は、実質値下げをするのではなく、プランの追加で値下げに応じたと見せかけをするなら、正直言って政府の要請を小馬鹿にしていると思う。
だって、値下げじゃなくてプラン追加なのだからね。

だがしかし、ネットの多くで語られている、安定した速度と日本国土をくまなく張り巡らせている電波の維持は、MNOが多額の投資をした結果である。
地下やトンネル、山間部や離島の人が住んでいないような僻地や、富士山のような高いところまで電波を張り巡らせているのは、MNOの多額の投資の結果だよ。
目に見えないサービス、縁の下の力持ちによって今の金額なのだから、ただ単純に世界の料金プラン比較だけで語っては困る。ってもんだよ。


こうした技術に対価をきちんと払って欲しい。
そう言う所を認めてもらえるよう、企業努力で国民に周知するべきじゃないかなぁ。
って、ネットだけ見ると結構やっているんだけどね。
認めてもらえないのが悲しいんだよね。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30