•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

レジレス決済は便利なようで不便
イオンリテール(千葉市美浜区)やトライアルカンパニー(福岡市東区)などが、来店客がデジタル端末で商品のバーコードをスキャンしながら買い物できるシステムをそれぞれ構築し、導入店舗を増やしている。
スーパーで導入が進む“並ばないレジ”、ストレス解消だけじゃない客単価上昇という驚きの効果


何度か経験しているが、完全なレジレスは便利なようで不便なことを経験している。
ちゃんとバーコードを通して置いているのに、何故かエラーで「係員をお呼び下さい。」とスムーズに会計が進まない。
1回あたりの金額が8000円~10,000円くらいになると、何度も係員を呼ぶのでイライラする。


まだ、レジでパートの人がバーコードを通して、精算を専用機でやっている方がスムーズである。
(こちらで手間取ったりすることは1度もない。)
しかし、何故精算が現金専用なのかがイマイチ理解出来ない。
QRコードやクレジットカード決済もやれると思うのに、現金専用精算機が多い。
また、LINEなどの割引クーポンや会員カードを会計前のレジにいちいち見せてバーコードを通すのもおかしい。
現金専用精算機に読み取りバーコードを置いて読み取らせた方が、断然スムーズだと思うんだけどね。
悪用を防ぐためなのかなぁ。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ショッピング | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31