•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

バックアップスクリプトの改修

と言うことで、以前メモ書きにしておいたバックアップスクリプトの改修に着手しました。
当然、スクリプトを触る前にバックアップしておくことは言うまでもありませんが。
気がついたら、もう8世代バックアップしていることに気付きました(苦笑)


スクリプトの内容は、敢えてセキュリティ上公開できませんが、だいたい、先日のメモ書きレベルで修正はほぼ終わりました。
難関だったのは、送信した内容で日本語文字が化けてしまう。と言うこと。
最初は、出力されたフォーマットの文字コードの問題か?と思って、UTF-8からS-JISに変えてみたのですが、ダメ。
いや、なんか添付ファイルでくっついて来ちゃって、それを開けるとちゃんと読めるという不思議。
ひょっとしたら、読んでいるメーラーが原因なのかな?と思ってエンコードを探すも設定が無し。
ググってみたら、やっと見つけてメーラーの設定をやったら直りました。
なんだ、ちゃんと表示されるやん。
でも、その都度直さなくちゃならないのが面倒なので、やっぱりS-JISに変換させて添付式に送る事にしました。


これで、何とかバックアップスクリプトの第2段階が終わりそうです。第3段階はバックアップスクリプトの統合ですね。
ホスト別にバックアップするディレクトリや消去処理をするので、これをやっちゃえばほぼ完了と言えるでしょう。



まぁ、今のところバックアップする対象ホストは、2つだけなんですけどね。
最終的には、ホストサーバを含めて5台サーバのバックアップを取得することが目的です。
しかし、バックアップ先のUSBメモリの容量を増強(最低でも32GB化。現行は8GB2本)+高速化しないことには、現状は難しいでしょう。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (7人)
Posted by いぐぅ 22:43 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/3404
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30