•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

オデッセイハイブリッドに試乗
試乗したグレードは、オデッセイハイブリッドEX Package(ホンダセンシング付き)です。
発売から2ヶ月以上経過しましたが、ようやく試乗する機会がありましたので早速レポートしたいと思います。
今回も自由に試乗させて貰った営業さんに感謝です。
試乗したグレードは、オデッセイハイブリッドEX Package(ホンダセンシング付き)です。
アブソルートではありません。
参考までに前回ガソリン車の記事をリンクしておきます。
新型オデッセイを試乗してきました





あれから2年半経過したんですねぇ。と言う事はマイナーチェンジと言っても過言ではないですね。
早速、外観のスタイリングをチェック。
オデッセイハイブリッド・スタイリング前
オデッセイハイブリッド・スタイリング後
オデッセイハイブリッド・タイヤとアルミホイール
あんまり代わり映えしませんね。マイナーチェンジとは言え、スタイリングにメスを入れなかったのは、現行のデザインでオッケーと言う事なんでしょうね。
若干違うところはありますが、パット見た感じでは気付かないと思います。
タイヤはヨコハマタイヤのBlueEarthA34でした。2015年49週目に作られたようですので、殆ど新品ですね。
参考までに、モデルチェンジ後のガソリン車のオデッセイ。(販売店から借用)
オデッセイアブソルートスタイリング


続いてインパネ部分。
オデッセイハイブリッド・インパネ
これは完全にJADE系のインパネと同じでした。ホンダセンシングによって標識認識もします。
悪く言えば代わり映えしない。と言った感じですね。


オデッセイハイブリッド・ディーラーオプションナビ
これはメーカーオプションナビではなく、ディーラーオプションのインターナビ。
これで十分です。メーカーオプションナビはスマホみたいな操作ですが、ディーラーオプションのインターナビはタッチパネル式です。
個人的にはそれで良いです。人差し指で操作する方が咄嗟の操作が出来ます。
今回はすっかり忘れたのですが、コーナーカメラが搭載されていたか確認出来ませんでした。


オデッセイハイブリッド・タッチ操作のエアコンパネルオデッセイハイブリッド・シフトノブオデッセイハイブリッド・運転席から見た助手席にかけてのパネル
エアコンパネルもシフトノブも同じです。最近のホンダは全部同じですね。コスト削減の一環でしょうかね。
デザインはさすがに価格相応に仕上げていますね。私的には悪くないです。一体感があります。

オデッセイハイブリッド・2列目以降のエアコン送風口とLEDライトオデッセイハイブリッド・2列目座席
サクッと2列目以降を運転席から撮影。このあたりもあまり変わっていない気がします。


オデッセイハイブリッド・センターコンソールボックス閉オデッセイハイブリッド・センターコンソールボックス開
グレードに着いてくるセンターコンソールボックス。割と大きいですが何を入れるか悩みますね。
昔なら確実にCDを入れていたと思うのですが。今ならスマホやガラケーでしょうかね。


内装については、特に前席部分に限って言うならば、当初よりも質感が向上していると思います。
続いてエンジンルームを見てみましょう。


オデッセイハイブリッド・エンジンルーム
ガソリン車と比べるとかなりコンパクト化されています。↓ガソリン車。
オデッセイ・エンジンルーム
この辺は誤解して欲しくないのですが、ガソリン車は2.4リッター。ハイブリッドは2リッターなんですよ。
だから、ガソリン車よりもかなりコンパクトになっているんですね。
横に大きいのはハイブリッドシステムが搭載されているからでしょう。
そして、相変わらず隙間が見えます。


オデッセイハイブリッド・エンジンルーム拡大
ほら、地面が見えるでしょ?ちょうど真ん中くらいに…。


オデッセイハイブリッド・ラジエーター部分
ちょっと気になったのは、ラジエーター部分とエンジンルーム部分が完全に切り分けられていると言う事。
この写真がそうですが、エンジンルームと隙間がかなり空いています。


さて、試乗コースはいつもの短距離コース。

最近短距離コースばかりですが、他にも試乗されるお客さんがいるので、仕方ないところでしょう。
それでも30分くらい試乗させて貰いました。
アコードと同じハイブリッドシステムを搭載しているので、割と高級感のある走りと静粛性に期待をよせています。


結果的に、「これでハイブリッドはどうなの?」と言うガッカリな結果に。100点満点中70点でしょうか。
割と高得点なのは、
・ハイブリッドならでは
・質感の向上
・ホンダセンシングが付いている
と言う所ですね。
運転中、エンジンがかかるとやたらとエンジン音が入り込んでくるな。
と言う事に気付きます。もう少し、遮蔽出来たのではないか。と思いますね。
この価格帯ならば努力して欲しいと思います。GRACEでは出来ているんですから。


これまで、ホンダの新型ハイブリッドを試乗してきた、FIT、VEZEL、GRACE、JADE、Accordですが、あまり違いが感じられないんですよね。
ホンダセンシングを試す機会もなく、ただ走っておしまい。と言う感じでした。
これにこの価格を出すなら、ガソリン車のアブソルートを選択するかな…。と思う程です。
特に走りにこだわりがなくハイブリッドが欲しいなら、このグレードで良いと思います。


今回のマイナーチェンジで装備が色々と変わっており、殆どのグレードに8ウェイパワーシートが付いているんです。
これ私にとって、メモリー機能(最低でも2つ)がなければ要らないんです。
家族共用の場合、乗るたびに座席位置を決めるのに時間がかかるから(笑)
これは購入後に気付くと思います。気付いてからは遅いのですが…(笑)


試乗した感想はこれくらいでしょうか。
もちろん、この事は営業さんやサービスマンとの談笑で伝えております。


結局、前回の試乗と同じでお薦めしたいグレードがないというのが結論ですね。 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (6人)
Posted by いぐぅ 05:51 | クルマ・バイク::試乗記 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/5471
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31