•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

2017年版ハイレゾはどうか
昨今、パソコンやiPodなどで聞く音楽形式はmp3と言われているもので、これは低音域と高音域をカットしてファイルサイズを圧縮しています。
過去にも書いたのですが…。
2~3年前からハイレゾ音楽が流通しています。
これは、簡単に書くとCD音源以上の音質が得られる。とさえ言われています。


昨今、パソコンやiPodなどで聞く音楽形式はmp3と言われているもので、これは低音域と高音域をカットしてファイルサイズを圧縮しています。
CD音源がフルサイズだと80分。ファイルサイズにすると700MBと言われてます。
MP3音源にすると、音域のレート(簡単に書くと低音域と高音域のカットする高さ)にもよりますが、700MBなら130曲程度。だいたい、500分前後収録することが出来ます。


これがハイレゾの場合、全くの逆でCD音源以上に細かく、更に低音域と高音域が人間の聞き取れる範囲以上に収められるわけです。
コンサートホールで聞くような感じでしょうか。
当然、ファイルサイズにすると物凄く大容量になるわけです。
しかし、どの程度大きくなるかは、残念ながら私には分かりません。


過去にダウンロード(FLAC形式)して、聞き比べをしたのですが、正直言って音の広がりが得られる効果は有りませんでした。
10年以上前、ちょうどCD音源からmp3へ移行していたとき、mp3で聞き慣れた状態でCDで聞き直すとその効果の違いははっきりしていました。
ビールで言うなら、本物のビールと第3のビールくらいの違い。
音の厚みがCD音源の方が断然上だったんです。
それが、聞き比べの出来るサイトから同じファイルをダウンロードして再生してみたのですが、どっちもどっちと言った感じで違いは全く得られませんでした。


ハイレゾ再生するときは、それなりの環境も用意した方が良さそうです。
音の出口がハイレゾ非対応では、トヨタ・ランドクルーザーに660ccの軽自動車エンジンを積んでいるのと同じです。
特に高音域再生の出来るスピーカーやヘッドフォンがないと、その効果は得られないんでしょうね。



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | 音楽 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/5739
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30