•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

てるみくらぶでクレジットカードを使った人向けまとめ2(2017/08/21Updated)
ここから先は、 dCARD(旧DCMX・ゴールド含む)利用者 を前提とした内容とします。
2017/08/21更新分
2017/07/23更新分
2017/06/13更新分
2017/05/07更新分
2017/04/14更新分
2017/04/12更新分

更新頻度が多くなったので分けました。
ここから先は、dCARD(旧DCMX・ゴールド含む)利用者を前提とした内容とします。
前の記事を知りたい人は下記からどうぞ。
てるみくらぶでクレジットカードを使った人向けまとめ


◆dCARDから通知が来る◆

本日、帰宅すると郵便で届いていました。
dCARDの封書1

割り印していることから、かなり重要な書類です。
dCARDの封書2

住所を見ると、支払抗弁権行使するところの住所(dCARDの場合)になっています。
dCARDの封書3

中身については、こんな感じ。
別添は割愛しています。
てるみくらぶの件でdCARDからのお知らせ1てるみくらぶの件でdCARDからのお知らせ2
読んで字のごとく、「てるみくらぶ」と「自由自在」のご利用代金請求保留に関わる確証類の提出通知です。

◆提出期限◆

2017年4月21日までに投函する必要が有ります。
家族会員で離れて住んでいる場合は、速やかに連絡をして書類を送ってもらうようにしましょう。
10日程度猶予がありますが、あっと言う間に日は過ぎていきます。


◆更新情報◆
・債権者集会のお知らせ通知が届いたようです。
 しかし東京でやるので遠方の人は行けないですね。
 交通費を出してくれるなら行くのですが。

・本日(2017/04/14)必要書類を書いてポストに投函しました。
・今後の対応は直接私じゃ無いと思いますので更新は滞るかも知れませんが、何かわかったら随時更新します。

・本日(2017/04/12)、dCARDより連絡がありました。
・内容は、通知書を送ります。旨の話だけでした。
・こちらから質問として、「必要事項を記入して返送したら、支払わなくて良くなるのか?」と聞くと「それは分からない。」と、どうやら債務を抱えたままのようです。
 つまり、請求される恐れもあるので注意しておきましょう。
 それは、完全に債務が消えるのは最低でも5年ですので、請求がある場合は支払える用意をしておきましょう。
 参考:債権の消滅時効と時効中断の方法
・役務提供を受けていないのに支払わなければならないのはおかしい場合、少額訴訟を起こすしかありません。

・提出してから2ヶ月近く経過するが、何一つ音沙汰がない。
 先日、三井住友VISAカードは請求しないことで決着したとの情報をキャッチ(実際に通知文書が届いたらしい)した。
 それなら、と思い本日(2017/06/13)dカードセンターに問合せを行った。
 調べてから後ほど回答すると行って1時間後、連絡があって、担当者より口頭で「請求しない。」と言う回答をいただいた。
 そして、「請求しない旨の文書」を後日、発送するとのこと。
 ようやく終わったという感じです。

・先月に担当者から「請求しない旨の文書」を送ると言われてから1ヶ月。
未だに届きません。
本当に請求しないのかどうか、再度確認するためにdカードセンターに問い合わせました。
(どうでも良いけど)ナビダイヤルは複数の階層に分かれているから面倒だな…。
dカードゴールドデスクにかけてもどのメニューを押せば分からないから、結局、総合お問い合わせ先(0120-800-000)から転送の転送でした。
担当者はシラカワ(ヒラカワ?)さんで、やはり請求はしないそうです。
順次発送しているのでもう少し待って欲しいと。
請求しない旨の通知にそんなに時間がかかるのか?と聞いたところ、やはり時間がかかるとのこと。
急いで確認したい場合は、平日の9時~17時で06-6223-1341までかけて欲しいとのこと。
ちなみに書類は、親会員に届くとのこと。家族会員カードで請求されて、離れて暮らしている場合は、親会員に確認してみて下さいネ。

さてと、もう少し気長に待つか…。



長らくお待たせしましたが、ようやくドコモから通知書が届きました。
届いたのは8月20日(日)でして、ちょっとゴタゴタしていて更新が遅くなりました。
証拠書類としてこのようなものが届きました。
めでたしめでたし

てるみくらぶの件

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 21:22 | マネー | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/5871
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30