•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

Gmailによるメール自動送信スクリプト

Outlookもない…
Mailアプリも面倒…
Gmailアカウントはある…
人向け用スクリプト。

' ***********************************************************
' 使用するパラメータ
' ***********************************************************
strFrom = "わたしです <***@gmail.com>"

strTo = "あなたです <***@hotmail.com>"

strServer = "smtp.gmail.com"

nPort = 465
strUser = "gmailアカウント"
strPass = "gmailアカウントのパスワード"

' ***********************************************************
' オブジェクト
' ***********************************************************
Set Cdo = WScript.CreateObject("CDO.Message")

' ***********************************************************
' 自分のアドレスと宛先
' ***********************************************************
Cdo.From = strFrom
Cdo.To = strTo

' ***********************************************************
' 件名と本文
' ***********************************************************
Cdo.Subject = "件名の文字列 / " & Now()
Cdo.Textbody = "テキスト本文" & vbCrLf & "改行は vbCrLf"

' ***********************************************************
' CC BCC HTMLメール( CC BCC はどちらか片方 )
' ※ 両方指定すると CC
' ***********************************************************
'Cdo.Cc = "ユーザ名@yahoo.co.jp,ユーザ名@hotmail.co.jp"
'Cdo.Bcc = "ユーザ名@yahoo.co.jp,ユーザ名@hotmail.co.jp"
'Cdo.Htmlbody = ""

' ***********************************************************
' ファイル添付あり
' ***********************************************************
Cdo.AddAttachment( "ファイルのフルパス" )

' ***********************************************************
' 設定
' ***********************************************************
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusing") = 2
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserver") = strServer
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpserverport") = nPort
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpusessl") = true

Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/smtpauthenticate") = 1
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendusername") = strUser
Cdo.Configuration.Fields.Item _
("http://schemas.microsoft.com/cdo/configuration/sendpassword") = strPass

' ***********************************************************
' 設定の反映
' ***********************************************************
Cdo.Configuration.Fields.Update

' ***********************************************************
' 送信
' ***********************************************************
on error resume next
Cdo.Send
if Err.Number <> 0 then
strMessage = Err.Description
else
strMessage = "送信が完了しました"
end if
on error goto 0

Wscript.Echo strMessage

【動作検証】
Windows 10 Pro


このスクリプトの注意点は、Gmail側が標準で『安全性の低いアプリ』を無効にしていると言うこと。
Google安全性の低いアプリを有効

上記のように有効へ変更してやると送信出来るようになる。
送信出来なかったらエラーが返ってくる親切なスクリプト。
ただし、これによりアカウントとパスワードが流出することによって、悪意による第三者spamの送信となり得るので注意が必要です。
特にスクリプトにアカウントパスワードが書き込むことになるので、扱いには要注意です。
あと、マイクロソフトのAPI?を使っています。
なので、マイクロソフトが嫌いな人はこのワザは避けた方が良いでしょう。
それと、spamメールを送りまくれば、当然足が付くのでバレますよ。。。


参考サイト:VBScript : Windows標準のオブジェクト(CDO.Message)とGMail(Yahoo!メール) を使ってメール送信

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 05:00 | ソフトウェア::プログラミング | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6023
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31