•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

違うリビングエアコンと店側の対応・・・
もう一つ、工事業者さんが運んできたエアコン本体の段ボールに「中国製」と言う文字を。
昨日、書いた記事の続きです。
工事の人がやってきて、手際よく設置されました。
何度も書きますが、私が購入したリビングエアコンは、PanasonicのXシリーズです。


中の設置が簡単に終わったので、「フィルター掃除自動排出機能あるわりには既存の穴で十分なんだな。」と思っていました。
その後、所用で外出した後、外の工事が終わりました。とのことで確認し、中のエアコンスイッチを入れました。
そして、ふと気付いたのです。
エアコンのLED表示窓に「ダストボックス」と言う文字を。
もしかして部品の共通化でそうなっているのかな?
と。
もう一つ、工事業者さんが運んできたエアコン本体の段ボールに「中国製」と言う文字を。
確か、Xシリーズって「日本製」だったような・・・。


こうした疑念を残したまま、工事業者さんが「それじゃあ、工事終了サインのための書類を作ってきますね。」と言うことで立ち去った後、テーブルに置かれたマニュアルを見ました。

CS-SX407C2説明書


( 」´0`)」オォーイ!型番違うやないかーいっ!????
1グレード下のやつでした。


ちょちょちょ。
マジですか。マジですか。
あれだけ店員と話し込んでいたのに、違う型番が届くのってあり得ないんとちゃいますか。
と、慌てて領収書をチェック。

上新電機の明細書


こっちもSXシリーズになっとるやないかーいっ!????


マジで?
ホントに?
何時間もXシリーズについて、店員さんも「これが良いですよ。室外機の霜取りで止まる事も無いですし。暖房能力も高いですし。」と言ってたのに。
それより何よりも。


ケーズデンキさんの商談メモにも、しっかり型番書いているのを見せたじゃないですか。


この行為はケーズデンキさんに物凄い背徳感があって見せたんです。
なのに、なのに、こんな凡ミスをするなんて・・・(涙)


慌てて工事業者さんに伝えたところ、その場ですぐに対応していただくことに。
数分後、担当者が不在と言う事で翌日すぐに対応するとのこと。
まぁ、仕方ないので翌日の電話を待ちました。


翌日、朝から待てど暮らせど電話は来ず。
(すぐに対応とは何だったのか?)
午前中に電話が来ると思って家に居たのだが、全く来る気配がない。
仕方なしに午後一番に、少しだけ外出して一旦帰宅したが電話は来ない。
痺れを切らして電凸
念のためスマホにボイスレコーダーを作動させて、通話記録を残しておく準備もした。


すると、現在接客中のため折り返し電話するとのこと。
何だかなぁ。とガックリするが待つ。

暫くして電話が掛かってきた。
店員さんの平謝りで済みませんでした。と。
午前中に電話出来なかったのは、工事業者さんに連絡確認するためなかなか繋がらなかったとのこと。
ようやく話が出来たところで接客が入ったりして今頃の時間になりました。と。
そして、型番を間違えたのは、ちょうどぶら下がっている値札にエオリアXシリーズとSXシリーズが重なっていて、ハンディー端末で読み取ったらSXの方になってしまったと。
そんなバカなことあるかいな・・・と若干不信感があるものの、Xシリーズと無償交換させていただきます。とのことなので、こちらとしても着地点がそこなので快く了承。
工事日を設定して無事に終わりました。


店側の対応として客からしたら当たり前と言えば当たり前。(じゃない?)
もしも間違いに気付かず、だいぶ日が経ってから気付いたことになったら、きっと無償交換がNGで泣き寝入りになっていた可能性がある。
ネット通販の場合、自ら注文した商品が間違えても、クレジットカードで処理をされてしまったら、基本的に自己責任にで買取となる。
(洋服や靴の場合、返品に応じるみたいだけど。)
店舗販売の場合、余程、客側に落ち度(商品の型番を覚えていなかったり、取り付けられた商品を故意に壊したり)がない限り、商品の発注ミスはあり得ない。
ましてやその場で商品を受け取れるようなものじゃない場合、注文したやつと大きく違わない(色とか大きさとか)場合気付く事がない。
ここは、再発防止としてレシートを渡すときに商品名を復唱するべきでしょうね。

よくここで、店に追加サービスをさせたら・・・と言う意見もありますが、取りあえず取り付けたエアコンを使っていますし、無償で交換されるわけですから別に要らないかと。
過剰要求なんかしたら、逆に恐喝になって警察のご厄介になる可能性がありますよ。
そりゃあ、エアコンが使えなくて精神的苦痛を受けた。と言うならば話は別ですけどね。


最後まで気持ちよくクレーム交換出来たのは、
・馴染みとなった店員さん(直近で冷蔵庫の買い替えをした。)
・その場で買わず、1回目は商品の特徴などをじっくり説明を聞き、2回目に概算見積もり、3回目に商談というプロセス
・何度も「この機種ですよね。」と念押し
・工事業者さんが私と同い年でフランクに話しかけてくれる
をしたからでしょうね。
フラッと寄って型番を覚えずに商品を決めていたら、きっと間違って届いた商品を気付かずに使い続けていたかも知れません。
(ここが、ネット販売と違って怖いところ。)


今回、買い替えの動機は、昨日の記事にも書いた(リビングエアコンを買いました・・・が)とおり、
暖房で急に送風で冷たい風が来ないこと
なんです。
工事業者さん曰く、「省エネの差は大したことない。」とのことなのですが、それは受け入れるとしても、
暖房で急に送風で冷たい風が来ないこと
は譲れないんですよ。
そうじゃなかったら、まぁ、CS-SX407CSの最安値がXシリーズより1グレード下なのに、2万円弱ほど高いので我慢するんですけどね。。。

CS-SX407C2の最安値】
CS-SX407C2の最安値


CS-X407C2の最安値】
CS-X407C2の最安値


取りあえず、無事無償で商品交換出来て良かったです。
工事業者さんは、憤っていましたけどね。
ワシらプロでやっているのに、何の落ち度もなくやり直しさせられるのは、プライドを傷つけられた気分になると。
まぁ、そりゃそうですな。
そのお怒りは、ごもっともですね。

工事完了後、納品書をいただいたのですが、ここで「あれ?」と思う点が。

1回目の工事完了書2回目の工事完了書


工事代金(¥15,000)分、本体価格が値下がっているんですね。
多分、やり直し工事でもシステム上、工事代金が必要であるため本体から値引いたんでしょうね。
こりゃぁ、販売店員さんもインセンティブが殆ど貰えないんじゃないですかね。

そうそう、最初に書いたのですが、
中の設置が簡単に終わったので、「フィルター掃除自動排出機能あるわりには既存の穴で十分なんだな。」と思っていました。
なんですが、結構細かったです。追加に穴開けしなくて良かったです。


さて、今度ジョーシン電機へ行ったときの店員さんは、私にどんな対応をして下さるのだろうか。
ちょっとだけ楽しみです。

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::家電製品 | comments (2) | trackback (0)
コメント
真正直に「安い方に変えました(テヘペロ」
なんて言いませんわねぇ。
しかも、電話が遅れた理由もなっていないですし。
こんな商売をすると、どんどんネットに流れていくんですよねぇ。
Posted by いぐぅ管理人◆USE/M2W7f2 | MAIL | URL | 18/02/23 09:50 | hDns9MnI
まぁ間違えましたって言うけどね。私は10年前だけど同じシリーズの6kW買ったけど5kwのやつをつけられた。設置直後までにクレームしないと基本売ったもん勝ちという、よくある手らしいです。
Posted by Ackin | MAIL | URL | 18/02/20 21:22 | T34oB2EM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6265
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30