•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

タワーマンションの善し悪し
最後に固定資産税。
先日、実家に帰ったときに出た話。
マンションはさほど気にならないのですが、タワーマンションは住む場所によって問題があるそうだ。
(全てのタワーマンションを否定するものではないので、これから書くことが当てはまらない人は問題ない。)

まず、通勤する人の悩みはエレベーター。
とにかく朝マンションに出るまで時間がかかるらしい。
マンションの住人が、ほぼ同じ時間帯に出るため混雑するという。
タワマンによっては、高層階、中層階と低層階用エレベータがありますが、エレベーターの台数は設置面積から限られる上、朝はほぼ各駅停車になるそうです。
まぁ、100世帯以上のタワマンならではの事でしょう。


続いてタワーパーキング。
クルマ中心の生活をしている人は、自分のクルマを出庫するにもかなり待たされるそうです。
通勤時間帯ともなれば出庫待ちに10分以上待たされるそうです。
忘れ物をしたら大変なことになりそうですね。


次に駅の列車。
以前は、都心部、地下鉄の直上だったりしたのですが、一部では郊外にまでタワーマンションが出来ているようです。
それも、駅近が殆どだったりするのですが、都市部の地下鉄と大きく異なる点は
・これまで優等列車が止まっていた
・ダイヤ改正で最寄り駅の本数が減った、優等列車が無くなった
と言う事案。
これまで、A駅、B駅、C駅と急行が止まっていたのですが、ダイヤ改正で、急行廃止のA駅通過のB駅止まりの特急となり、A駅とC駅には普通電車しか止まらないという不便さが生まれる事案。
こればかりは、鉄道会社都合なのでどうしようもありません。


最後に固定資産税。
平成29年度改正でタワーマンションに関わる固定資産税の取扱が変わりました。

平成29年度改正タワーマンションに係る固定資産税の取扱い

端的に書くと、60m以上の高さを持つマンションは、高層階になればなるほど固定資産税が上がっていく仕組みになった。とのこと。
基本タワーマンションの高層階は、高価格帯物件が多いのですが、それに釣られて固定資産税も上がっていくそうです。
まぁ、高額所得者にはあまり関係無いかも知れませんね。


と言うことで、最上階ではない高層階に住んでいて、毎日自動車通勤する人は、普通のマンションや一戸建てと比べてそれなりの時間を要するみたいです。
そして、郊外型タワーマンションは、現在優等列車で都心まで早く行けると思っていたのに、沿線の通勤人口減少で優等列車が廃止になり、余計時間がかかる可能性があります。
郊外型タワーマンションを購入するときは、デベロッパーが鉄道関連会社が良さそうですね。
鉄道関連会社なら、交通至便をウリにタワーマンションを売り出しているわけですから、優等列車廃止は相当な事情がない限り発生しないでしょう。


全てにゆとりを持った生活をしている人には、ここであげたデメリットは殆ど関係無いでしょうね。
都心部のタワーマンションは、あまり関係無い話しばかりかも知れませんね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6345
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31