•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

【実写版】君の膵臓をたべたい
既に見終えてましたが、実写版映画のDVD「君の膵臓をたべたい」を見ました。



既に見終えてましたが、実写版映画のDVD「君の膵臓をたべたい」を見ました。
その感想を書きたいと思います。



まず、泣けるかどうかは原作を知っていたら泣けます。
知らなくても感受性豊かだったら・・・かな?


ここからは完全に個人的な感想ですが、

実写化するとダメだな。

です。
ある程度脚色されたり変更するのは問題ではありません。
尺の都合もありますし。
原作で触れられなかったエピソードを補完する意味合いもあったでしょう。
でも、私的には、ところどころ「あれ?」「ん?」「ちょ?」と言った感じで原作の大事な部分?をカットされていることに不自然さが残りました。


ヒロインが亡くなって、主人公がヒロインの家に訪問するシーンが、あの内容では悲しみが半減します。
主人公の彼が彼女にケータイに送ったメールを原作通りにしたのに、自宅に尋ねたときに自身で確認するシーンをカットはないでしょう。
タイトルとリンクする重要なポイントなのに。。。

あと、主人公の彼が号泣するところが演技不足だなぁ。
号泣にも色々演技あると思うけど、内気な自分を変えられた彼女に対しての気持ちってその程度だったんだろうか。
雄叫びをあげるくらいの号泣がほしかったなぁ。
(俺的に)彼女への思いが伝わらなかった。
キャストは悪くなかったですよ。
全てのキャストを知っているわけじゃないですけど。
ガム君は、何かのテレビ映画で見たなぁ。と思ってWikiで調べたら「ちはやふる」の実写版でしたか。にくまんくん。
良い演技でした。個人的に面白ポイント掴んでいたし。
と言うのが私の感想。

あと全体が10数年後のシナリオ追加で原作の色んなところがカットされていて本当に残念。
追加シナリオを入れるなら、2時間30分くらいにしようよ。そうじゃ無いと勿体ない。
ところどころのポイントは押さえられているけど、物語のクライマックスが近付くと、「足りない!足りない!足りなーい!」と思いながら原作で脳内補完し泣きました(笑)

う~ん、こうなるとアニメーションも気になるところ。
既に近場での公開は終わっているみたいなので、レンタルDVDが出た頃に見ようと思います。

個人的に原作を10点満点とするなら

コミックス:10点
実写版:5点
という点数ですね。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6590
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30