•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

MBS(TBS系列)の偏向報道が酷いらしい
「迷惑おかけした」堺市・竹山市長が辞職願提出。
多分、私が見ているのが偏っているだけかと思いますが、ネット動画界隈では、在阪(大阪の放送局)系列でMBSだけが、堺市市長の政治資金規正法の疑いについて殆ど報道していないようです。
読売テレビ、関西テレビ、朝日放送では、逐次取り上げたり独自取材からスクープ報道をしたりしていますが、MBSだけは頑なに口を閉ざしているようです。

私は、ネット動画でしか見ていませんが、この偏った取り上げ方は、物凄く怖い放送局だな。と感じています。
最初の発覚時は、MBSを含め在阪各局も殆ど取り上げていません(スクープ報道はNHK大阪)でしたが、再三再四の修正報告にさすがにおかしいと思ったのか、メディアが独自調査や報道を始めました。
それでも、MBSだけは独自調査や報道をしてこなかったようです。

真偽が定かではありませんが、昔、大阪市市長を務めていた元MBSアナウンサーの平松邦夫氏が橋下徹氏に選挙で敗れて以来、MBSは大阪維新の会憎しで敵視しているというのを散見します。
それが本当だとしたら、MBSは中立的な立場での報道を、完全に放棄したと言っても過言では有りません。
そして、私はとても悲しいです。

こうした行為にレッテル貼りされると、なかなか剥がれ落ちません。
MBSも在京のTBSと同じ穴のムジナになってしまうのでしょうか。
あの朝日放送も、おはよう朝日ではちっとも取り上げないのですが、動画で見ると夕方では取り上げています。

そう言えば、先の統一地方選挙でもMBSの選挙特番はお通夜状態だったです。
あれこれと屁理屈をこねるコメンテーターを見ていると、とてもとても痛いですね。
有権者をバカにしている発言ばかりで、途中で見るのを辞めたくらいです。
民意の質ってなんなんでしょうね。私にはよく分かりません。

MBSは、このまま維新憎しのまま報道を追求していくのでしょうか。
それはそれで良いのですが、維新以外の政治家の汚職を追求しないと、視聴者はどんどん離れていく一方だと思うのですが。
関西圏の有権者をバカにしない方が良いと思いますヨ。


それはそうと、4/22についに堺市長は辞職を申し出ましたね。
「迷惑おかけした」堺市・竹山市長が辞職願提出

先月の維新の会が提出した不信任案の時に成立しておけば、先の統一地方選で済んだのに、改めて別の日に選挙をする事になり残念なことです。
既に大阪維新の会では、堺市市長の候補者を擁立するとのことですが、対抗馬は暴風とも言われるほどの逆風で誰が立つのでしょうか。



この動画は何度でも共有したい。
一人でも多くの人に見てもらいたい。
別に維新が良いわけではない。
長年馴れ合い政治をした結果、こう言うことになるんだ。と言う教本として、国民や市民は知っておく必要が有る。
長期政権となりつつ安倍自民党も、先の補選で2連敗したことで危機感を持って欲しいですね。

この動画を知ってから、殆ど毎日、松井市長の囲み会見をYouTubeで見るようになりました。
松井市長は大阪をよく分かっていますね。
今の勢いに驕らず、ビシッと対抗馬を立てて有権者に政策を訴え、投票率70%以上を目指しましょう。


 政治資金収支報告書に多額の記載漏れがあった問題を受け、堺市の竹山修身(おさみ)市長(68)が22日、市議会議長に辞職願を提出した。

 竹山市長は「私の政治資金問題で市民のみなさまに大変ご迷惑をおかけした。これ以上、市政を混乱させないため、本日重大な決意をした」と述べた。辞職願は30日付。議会は、今月中に臨時議会を開いて辞職を承認する見込み。
記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6767
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30