•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

逮捕されない限り「容疑者」が付けられないのも分かる
これは私の憶測ですが、恐らくこの元院長は、ほとぼりが完全に冷めるまで入院をし続けることでしょう。
容疑者でなく元院長、加害者の呼び方決めた理由

池袋の事故が起きてから、早1ヶ月が過ぎました。
未だに元院長は、入院中で逮捕されていません。
ネット界隈では「上級国民」などと揶揄されていますが、法律上のルールなんで「下級国民」でも入院し続ければ逮捕されません。

これは私の憶測ですが、恐らくこの元院長は、ほとぼりが完全に冷めるまで入院をし続けることでしょう。
ひょっとすると、死ぬまで入院し続けるんじゃないかと思います。
この元院長は、法律と世間体をかなり熟知されていますね。

これをやられると、浮かばれないのは遺族です。
穿った見方をすれば、法の隙間を掻い潜った卑怯なやり方をされていて、遺族は損害賠償請求訴訟がやりたくても出来ません。
いや、民事訴訟が出来るんですけど、証拠を自分達で揃えないといけません。
気の遠くなるような作業です。

元院長は、こうしたことも計算の上で、病院内で余生を過ごされるんだと思います。
こうした手法は、政治家でもよく使われるんですよ。
最近はあまりニュースで見かけなくなりましたが。

私は、皆さんと同様に、さっさと退院して、警察の取り調べに応じ、遺族に謝罪と賠償に応じてほしいものです。
病院に逃げ込んでほとぼりが完全に冷めるまで入院し続ける行為は、本当に入院をする容疑者(になる)人にとって、迷惑千万なことです。
今回のことで世間が怒り、法改正によって入院しても取り調べ可能になると、それはちょっと違うのではないか。と私は思います。

警察官にしても裁判の開廷是非を決める検察官も、そして「マスゴミ」と揶揄されるマスコミもみんな固唾を見守っているんです。
彼らだって捜査したいはずですよ。
でも、出来ないんです。入院している限り。
そこを分かってもらえたらなあ。なんて思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/6791
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30