•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

居場所へ恩返しするという感覚
作者さんの作品は、アニメを通して好きになったから、この作品を全巻買っている。
居場所へ恩返しするという感覚

この記事を読んで感銘した。
そのまんま。
私も多くの居場所を与えてもらったし、その居場所を維持したり放棄したり教えたりを繰り返してきた。


出来ること、出来ないこと。
出来ないことは、無理しても続けるケースと、潔く身を引くことの両方を考える。
出来ることは、自分の限られた範囲でやれることだけをやる。


ただ、それだけ。
無理をした結果、その分の反動が自分に返ってくるしね。
作者さんの作品は、アニメを通して好きになったから、この作品を全巻買っている。(現在進行形)
もちろん、中古本ではなく、電子書籍だ。
夜に明かりを消しても読めるからね。

と。
何でこんな事を書いたかというと、過去に書いたこの記事なんですよ。

2020年のインターハイ開催が危ういようです  -- 2019-02-25 Monday

目標の7億円に対して10分の1にも達していない。。。
なんだかなぁ。
と思うわけです。


私は、全国インターハイを通じて色々な経験をさせて貰ったし、仲間と知り合えることができた。
こう言うのって、経験すると一生ついて回るものなので、是非とも応援したく寄付をした。
経験しないと分からないんですけどね。
無事に開催出来ると良いなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | スポーツ | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7076
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30