•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クルーズ船も一つ間違えたら大変ですね
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。

大型クルーズ船にたった一人?(複数人説も)の感染者のせいで、数千人が足止めを食らうなんて罰ゲームどころの騒ぎではありません。
優雅で豪華な旅が、地獄の旅へと変わってしまう。
と、毎夜のNHKニュースを見るたびにそう思うのでした。


そして、NHKニュースでは乗船客のネガティブな情報しか出しませんが、過酷な環境下で縁の下の力持ちに動いている乗務員も大変です。
それに感謝している乗船客もいるのに、ニュースのネタにならないからか不安を煽る事ばかりを流します。
頑張っている乗務員の姿も10秒でも良いから報道して欲しい。


持病がある人は、こうした旅行の際、1ヶ月分くらいの薬を持参しといた方が良さそうですね。
一昨日から、ようやく下船が始まりまして、マスゴミが一斉に押し寄せて取材していたのが、毎度の事ながらワンパターンだなあ。と。
NHKが京都に住んでいる夫妻を自宅まで追跡して、プライバシーもへったくりも全くないんやなあ。
取材に応じた夫妻も、今後のことを考えていなかったのかなあ。なんてちょっと心配しています。


他にも顔出しインタビューに応じた人も、顔バレしているわけで帰宅後にご近所さんからどの様な噂が出ないか気を揉みます。
こう言う案件は、被害者のプライバシーを十分に配慮した取材をしないと、二重の被害を生みだしかねないので気をつけてほしいものです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7088
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31