•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

小泉政権の郵政民営化・100年安心年金!ってなんだったんだろうね
早くもその目算が狂ってきて、100年どころか、20年も保ちませんでしたね。
小泉純一郎元首相がやらかした、これらの施策を今検証すると、どれも愚策だったと言えますかね?

郵便法改正で普通郵便の土曜配達が廃止に “翌日配達”も見直しで1日程度繰り下げに
「リスク感度が低かった」 ゆうちょ銀行が不正送金問題を謝罪
「会社全体が狂っていた」かんぽ不正、局員が語る後悔の念

郵政民営化でサービスが良くなる!と言って、2020年前後に起きた事件をあげてみましょう。

・民間サービス参入抑止のまま、郵便は度重なる値上げと配達見直し
・ゆうちょ銀行のデビット・プリペイドカード「mijica」での不正送金が発生
・かんぽ生命で異常なノルマと不正横行

まず郵便。
消費税による値上げは仕方ないにしても、10円未満の端数を何とかなりませんかね?
ゆうパックとかレターパックは10円単位で値上げしているのに、はがきと封書は1円単位。
う~ん、と唸ります。
クロネコメールが撤退した今、市場を独占している郵便は、値上げし放題じゃないですか。
何故チマチマと値上げするのですか?ドカーンと上げたら良いじゃないですか。

電電公社の民営化が成功したような幻想に囚われていませんかね。
あの時は、今のような参入障壁が小さかったから出来たんですけどね。
NTT法で縛り付けもありましたしね。
逆に郵便法では、NTT法の真逆でめっちゃくちゃ守られていますから、早々簡単に参入は出来ません。

あと、現場の声らしきものを読むと、土曜日の配達中止で月曜日の配達が鬼のように大変だとのこと。
3日分を運ぶわけですから、相当現場は負担を強いられることでしょう。
となると、一時期うちのエリアの配達が19時くらいに廻っていたのですが、更に遅くなるのでしょうかね。
配達員に過重労働を押しつけることにならないでしょうか。
ちょっと気の毒というか心配になります。


次にゆうちょ銀行。
こちらは民営化をしても、民業圧迫スローガンの下、サービスを拡充したくても出来ません。
例えば住宅ローンなんかがそうですね。
いっとき、某銀行と手を組んでいましたが、「かぼちゃ馬車事件」で頓挫してしまってます。
不正送金については、明らかにシステムの問題でしょう。
何故気付かなかったのか。開発した会社とゆうちょ銀行間でのチェックが甘かったのでしょうか。
預金制限も民間なのに普通貯金上限額が1300万円、定額貯金も1300万円。
まるでNTTが何かをしようとすると、他の通信会社がヒステリックに叫ぶように、ゆうちょ銀行もがんじがらめに縛られています。
民営化とはなんだったのでしょう?


最後にかんぽ生命。
もう、これは昭和の体育会系ですね。
過剰なノルマと老人へのだまし討ちじゃないですか。
民間の生命保険会社でもそうした事を控えている(契約するのに厳しい)のに、何をやっているんだか。
しかもこれは、マスゴミが紙面で記事にしたことがキッカケで大騒ぎになった案件。
もしも、騒がれなかったら今も続いていたんじゃないでしょうか。
失われた信用はもう取り戻せないと思いますよ。
潔く撤退した方が傷は浅く済むのと違いますか?


それから、100年安心の年金制度。
これも崩壊するんじゃないかとまことしやかに囁かれて十数年。
年金運用は、いっときと比べると順調のようですが、あくまでも運用ですからね。
その資産を少しずつ現金化して、年金に充当してくださいね。
で、現状を見てこの先80年安心の出来る年金制度でしょうか。
早くもその目算が狂ってきて、100年どころか、20年も保ちませんでしたね。
国民(厚生)年金保険料も、これ以上値上げすることは難しい(てか、厚生年金保険料って会社と個人で併せて30%も払っているんですよ?知ってましたか?)ので、消費税を短期間に5%→8%→10%と上げてきましたよね。
上げなくても良いようにするために、保険料を地味に上げてきましたよね。


小泉純一郎元首相、アナタが目指していた郵政民営化とはこういうことだったのでしょうか。
もしかして、アナタが当時の郵政省から掌返しされた恨みから、民営化にこじつけたのでしょうか。
私には、なんかそういう風にしか思えないですわ。
100年安心の年金制度だってそう。
全然安心じゃない。
むしろ不安だらけだ。
子供の数を増やしていかないと、今の制度が成り立たなくなっていくの分かっているのに、どんどん先送りしてヤバイ状態になってきている。


国民のみんなが、「民主党政権に騙された!」と多くの人が思っているように、「小泉純一郎に騙された!」と思う人は意外と少ない。
それぞれの制度について振り返り検証をしないからこうなる。
また、間違っていたことを黙って先送りすることも良くない。
誰かが貧乏くじを引いて、「すみません、これまでやっていたことは間違っていたのでやり直します!」とトップが宣言してやり直すことが必要だろう。
そうじゃないと、どんどんおかしな方向に進んでいくじゃないだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www.sir-2.net/dablg/tb.php/7526
トラックバック

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31