•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

消費税増税まであと1ヶ月
では、kakaku.comで見ることにしましょう。
大型家電、住宅、クルマ、バイクなどの高額商品は、消費税後の方がお得感が高いかも知れません。


どうも、某クチコミを読んでいると駆け込み需要で値引きが渋いと言うのを散見します。
当たり前ですね。
需要が高ければ、値引きを抑えるのが商売ですから。


来年10月に消費税が上がる前にやっておくこと
【悲報】増税前に慌てて買った冷蔵庫とかは事前にかなり値上げされていた


1年前と5年前の記事ですが、現実に今も起こっていると思います。
では、kakaku.comで見ることにしましょう。





今年初めに発売された4Kチューナー内蔵の43インチテレビを例に考察してみようと思います。
まずは、発売後の価格グラフをご覧ください。

TH-43GX850の価格推移


登場から半年で6万円ほど下落していますが、7月で下げが止まり、8月になって値段が上がっています。
平均価格は6月で下げ止まってから、上下を繰り返しながら上がってきています。
こうしてみると、今買うのは最適解ではないことがわかります。


もちろん、必要に迫られるようなものがあれば、多少値上がっても買うべきであると私は思いますが、消費税増税に当て込んだ買い物は、購入して2~3ヶ月後に後悔すると思いますので、年末商戦くらいまでじっくり検討した方がベターでしょう。(年度末商戦がベストかな?)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ショッピング | comments (0) | trackback (0)
オリジナルストーリーの外伝
また、Fate/stay night Unlimited Brade Worksでも最終話に登場する。
ドラマは全くと言って良いほど見ないので、アニメ・コミックでの話し。
今、私の中で熱いのは、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」と「ロード・エルメロイII世の事件簿」。

「機動戦士ガンダム」を原作としシャア目線で描かれたお話し。
色々と脚色されているみたいですが、ファーストガンダムを知っていたら、とても懐かしくところどころのシーンで「おぉ!」と楽しく見られる。
ファーストガンダムで描かれなかったストーリーを補完しているようにも思える。
声を充てている声優さんも、ファーストガンダムで充てている人が務めていたりする。
かなりお年を召していると思うのですが、良く声が出ている。凄い。
代役とされている方も、適材適所で充てられていて、私は殆ど違和感なく見られます。

オープニングやエンディングも、過去のガンダムシリーズで使われた曲をリメイクしている。
懐かしくもあり、とても良い。

これは、外伝と言うよりもオリジナルストーリーの補完と言った感じですね。
もう番組は終わってしまいましたが、これを見てからファーストガンダムを見るのも悪くありません。


もう一つ、現在も放送されている「ロード・エルメロイII世の事件簿」。
こちらは、「Fate/stay night」の完全外伝版。
主人公であるロード・エルメロイII世(ウェイバー・ベルベット)が、様々な事件に遭遇し解決する。と、原作とは完全にかけ離れているのですが、登場人物がFate/stay nightの外伝から出てきているんです。

主人公の「ロード・エルメロイII世のことウェイバー・ベルベット」は、Fate Zeroの第4次聖杯戦争のライダー陣営で登場。また、Fate/stay night Unlimited Brade Worksでも最終話に登場する。(原作にはない)
「ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト」は、Fate/stay night Unlimited Brade Worksで登場。ゲームでは、Fate/hollow ataraxiaにも登場する。
「獅子劫界離」は、Fate/Apocryphaで登場。
とキャラクター達が出てくるんです。
これらの登場人物が、どのような働きをしているのか、そのオリジナルを見ないと分かりませんが、見事に融合して面白く見られます。

Fate/stay nightの世界観を壊さず、第7話から本題に入り面白さが加速しています。


外伝というと、あるキャラクターをスポットに当て、完全オリジナルストーリーで世界観も全く異なるエピソードが作られていたように思うのですが、今回挙げた2作は、原作の補完であったり、原作の世界観を壊さずに、その後のエピソードを物語として作られたりと、とても私好みに出来ています。

他人の評価というのは、人それぞれなので、これが素晴らしい。とか、これがすべて。なんて決めつけは出来ないと思います。
あくまでも、私の評価で有り押しつけるつもりはありません(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
勝つとか負けるとか・・・
離婚前に必見!子供の親権を勝ち取るスゴイ方法とは?。
たまたま、あるキーワードを検索をしていたら、このページに辿り着いて違和感があった私。


離婚前に必見!子供の親権を勝ち取るスゴイ方法とは?


親権を勝ち取る。まぁ、監護権を勝ち取るでも表現してもいいや。
なんなの?


なんか、勝ち取った先の未来予想図は描けていますか?
引き取った子供が成人するまでのロードマップを描けていますか?
と問いたい。


今の制度で、養育費を子供が成人するまで、もらえる保証はどこにありますか?
某掲示板で読むと、ほっっんとうに養育費絡みで一悶着も二悶着もあります。
それも、一番金がかかる年頃にね。


多分、こう言うサイトを見て弁護士に相談する人って、今、現在しか見ていないと思う。
それで、ストレスが溜まって子に八つ当たりとかするんだろうなぁ。と。(何かのドラマみたいだな。)


片親の殆どは、愚痴を堪えて頑張っていらっしゃる。
しかし、ほんの僅か数%が児童虐待死で、全国ニュースに出てくるんですよね。
(某市のような両親がいても、下道な父親も存在するが。)


一事が万事みたいな事で、親権や監護権を獲得しても、子供の未来は暗そうだ。
そんなネガティブ思考に入ってしまう私は、かなり疲れているのだろうか。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
proftpd de BAN!
なので、proftpdサーバーに次の一文を追加した。
最近、と言うかここ3ヶ月くらい?FTPサーバーへの不正アクセスが急増し、その都度、fail2banがメッセージを送ってくる。
最初の頃は、1日に2~3通だったんですが、ここ3ヶ月くらいは、1日20~30通位届くので尋常じゃない。
その殆どが、中国・韓国・台湾と東南アジア系ばかり。


よくよく考えたら、私がFTPサーバへアクセスするのは、ごく限られたプロバイダー(1つじゃないよ)であることに気付いた。
なので、proftpdサーバーに次の一文を追加した。
<Limit LOGIN>
Order allow,deny
Allow from *.@@@@@.@@.jp,*.@@@@@@@@@@@.@@.jp,*.@@@@@@.@@.jp,14.@@@.0.0/@@
Deny from All
</Limit>

これでproftpdサーバーを再起動したところ、ピタッとメールが来なくなった。
念のため、効果を確認してみたところ、割と効いているようだ。

アクセス拒否


この調子で、今度はメールサーバーも対策をしたいですね。
こちらも、毎日のように届くので、締め出してやりたい。
ただ、ftpと違って、色々なアクセスポイントからログインするので、絞り込むのが非常に難しいのがネック。
国内のアクセスポイントのみの設定にしても良いのだが・・・


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム::linux | comments (0) | trackback (0)
私とパソコンの出会い

それは、小学5年生か6年生の夏のことである。
ある地区イベント学習でコンピュータに触れる催しが、大阪の天満橋(松坂屋?)であって、その一角に数台のマイコンが置かれて、ゲームが出来る仕組みになっていた。
当時、ファミコンがまだ出る前で、ゲームウォッチかテレビに直接繋いでやる(しかもビデオ端子みたいなものはなく、アンテナケーブルに接続して1chか2chに合わせるやつ)テニスやブロック崩しが主流だった。


それが、コンピュータと専用ディスプレイの組み合わせで、音こそ出なかったと思うが、無我夢中にはまってしまった。
しかし、小学生の思いは熱しやすくて冷めやすい。
当時は興奮したけど、すぐ他のことに夢中になって忘れていった。


そんな出来事から、小学6年の11月(だったと思う)。
親父が「コンピューター欲しいか?」と聞かれ、私が「ウン欲しい!」と言ったのを覚えている。
すると、翌12月にマイコンが家に届いた。
超感激である。


届いたマイコンは、X1。
今では当たり前になっているが、当時は画期的だった、テレビを視聴しながらマイコンを見ることが可能なマシンである。
しかも、キーボードでチャンネルやボリュームのアップダウンも可能、もちろん、テレビとマイコンの切り替えも可能なのだ。
当時、マイコン+専用テレビディスプレイ+専用グラフィックボード=30万円もした代物である。
今の貨幣価値に換算すると、多分、70万円くらいしたんじゃないだろうか。
今思えば、どこにそんなお金があったんだろう?と不思議に思うのだが、親父はちゃんと約束を守ってくれた。


分厚いマニュアルを片手に読み始めるのだが、そこは小学生。内容はサッパリわからん。
OS言語テープとデモテープが2本付属されていて、本来そのテープは、マイコンに読み込ませるためのテープであって、一般のカセットデッキで再生すると、ノイズにしか聞こえないのである。
それを知らず、私はこのテープは、「音読してくれる説明書のテープ」と思い込み、ひたすらノイズ音を聞かされるプレイを弟と味わうのである(笑)

それでも、何とか小学6年生なりに取説を読んで理解し、初めてこのテープがマイコンに読み込ませるとわかり、読み込ませること数分。
そこに現れたのは、Hu-BASICというプログラミング言語であった。
次に、デモテープに入れ替えて、LOADコマンドを入力して、RUNを実行。

w(゚o゚)w オオー!

とそれなりに感動したものである。
しかし、そこは小学生。すぐに飽きる。
最初の1週間くらいは、毎日のように取説とにらめっこしていたのだが、デモテープにゲームが無いことがわかると感心が次第に薄れていった。

そこで、親父が会社から持って帰ってきたのは、マイコン雑誌の一部をコピーしたプログラムであった。


これが私とベーマガの最初の出会いである。


「このプログラムをちゃんと打つ(入力する)と、ゲームが出来るみたいやで。」
と言う親父の一言に、小学生はちんぷんかんぷんな英文字とキーボードの格闘が始まる。
今のキーボードの文字配列と当時のキーボード配列は、若干違うが英文字、かな文字は同じである。
JIS配列と言われている奴かな。
とにかくひたすら打ち込む。
そして、一通り打ち込みが終わると、一旦SAVEするのである。
しかし、どのテープに保存して良いのか分からないため、使われていない音楽テープに保存した。

プログラマーなら分かるのだが、真の作業はここからである。
そう。
RUNを実行すると出てくる。

Syntax error in XX
Type Missmatch in XX ←これはうろ覚え

この文字が出てくるのである。
いわゆるデバッグというヤツだ。
誤っている箇所を直すのだが、小学6年生にそのエラーの意味を分かるはずがない。
のだが、マニュアルは親切にもエラーの一覧表が載っていた。
これが苦行だった。
速くゲームがしたくて、必至にキーボード配列の英字を探しながら、しかもクソ真面目に大文字で入力するもんだから、Syntax Error のどこが間違っているのか探すのに一苦労だった。
(Hu-BASICは、小文字で入力してそのコマンドが正しいと自動的に大文字に変換してくれる。また、短縮コマンドもあって、PRINT = ? が同義語だったりする。)
でも、こんな事家族の誰にも頼むことが出来ないから、泣く泣く自分でデバッグしていくのであった(笑)
(弟にも手伝ってもらったこともある。)


そして、一通り終わると感動ひとしおである。
ゲームが出来るのだ。


飽きてくると親父に、もっとコピーしてくれとせがむ。
が、そうそう出来るわけでもないので、コピー元の雑誌名を教えてもらい、本屋へダッシュして買ったのであった。
当時は300円だった。


中学に進学してクラブ活動とマイコン活動を両立?しながら、色んなゲームに触れていくのであった。
私の中で、一押しなのは、初代「信長の野望」かな。
あれは、面白かったなあ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン | comments (0) | trackback (0)
NHKが毎日毎日韓国が、気になって気になって仕方ないようです
どの内容も、私の受け止め方はアカヒ新聞に似た感じで、対話を重視しろ、日本側が折れろ、的に感じで不愉快です。
ちょっとSNSでも呟いたのですが。
徴用工を巡る問題から、NHK19時のニュースは、ほぼ毎日何かしら韓国の話題を取り上げます。
最初は、気にも止めなかったのですが、GSOMIA期限を巡る問題くらいから、いい加減鬱陶しくなってきました。
どの内容も、私の受け止め方はアカヒ新聞に似た感じで、対話を重視しろ、日本側が折れろ、的に感じで不愉快です。


先日は、韓国の観光客が減って日本各地の観光地が困っている。ような報道をしていますが、別に韓国だけが訪日客じゃありません。
香港や台湾、ベトナムやインドネシアのアジアやヨーロッパ、オセアニア、アメリカ大陸と多くの国が訪日客です。
そうした国々に来ていただくよう、日本各地の観光協会は、汗をかいてアピールしていくべきです。
そもそも、訪日観光と政治的問題は全く別問題です。


なぜ、ここを混ぜてきて、国家観の約束を反故する韓国に日本側が折れなければならないのでしょうか。
ここで甘やかしたら、また、慰安婦問題と同じ過ちを繰り返すだけである事を、NHKは見て見ぬフリをするのでしょうか。
NHKは韓国の広報機関なのでしょうか。
海外のニュースを取り上げるのであれば、香港のデモ活動やアマゾンの森林火災を取り上げるべきじゃないでしょうか。


本当に、今のNHKは韓国様が気になって気になって仕方が無いように思えます。
そんなに韓国のニュースは、要りませんわ。
韓国の話題なら、YouTubeでKAZUYAチャンネルでも見ますわ(笑)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | テレビ | comments (0) | trackback (0)
恐れていたことが起こりました

アマゾンのクラウドサービス「AWS」で大規模障害

先週末、クラウドシステムの大手Amazonが手がけるAWS(Amazon Web Service)で大規模なシステム障害が発生しました。
これにより、SNSの一つであるmixiやQRコード決済の「PayPay」、一部のスマホゲームアプリなど広範囲に影響が出ました。


クラウドとは自前のインフラサービスを持たず、クラウド業者にインフラシステムを預けて、運用固定費用を安く済ませる(これはほんの一部分)ことです。
システム屋からすれば、こうした発生リスクは当然考えて、システムの二重化を提案するわけですが、顧客がコスト増を嫌うため二重化をしないシステムを要求するんですね。
悪質なシステム屋となると、分かっていて提案しないケースもあります。


記事には3メガバンクや証券業界の影響が掲載されていますが、やっぱり金融機関ですね。
ちゃんと、システムの二重化で影響を最小限に抑えていたようです。
信用を失ったら顧客流出して、屋台骨が揺らぎますからね。


これを機会に顧客はクラウド一本によるリスクの影響をよく考えるべきでしょう。
システム屋が、なぜ、くっそ高い値段で提案しているのか、システム屋に質問しましょう。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | システム | comments (0) | trackback (0)
聖地巡礼もやり過ぎは禁物
夏休み期間中の発売もあってか、SNSを中心に聖地巡礼の投稿がアップされています。



ふらいんぐうぃっち第8巻をお読みになりましたでしょうか。
夏休み期間中の発売もあってか、SNSを中心に聖地巡礼の投稿がアップされています。
(繰り返し書きますが、ほのぼのストーリーですが背景がとても綺麗なんですよ。)


しかし、時折、「それはやり過ぎじゃないかなあ」と思う聖地巡礼があるんです。
ネット地図でマーキングして、世界に発信しているサイトがあり、登録された場所によっては迷惑がられるようなところな気がするんです。
特に住民が行き交う地域では、迷惑をかけるんじゃないかと思います。
普段、何も起きない時は良いのですが、不幸にもメジャーになってしまったりすると、そのネット地図を頼りに人が押し寄せるんじゃないかと思います。


そうなると今後、作者さんの現地取材が制限されてしまい、作品のクオリティーが落ちてしまわないか心配するんですよね。
メジャーになって地域の町おこしになれば良いのですが、現地と観光客の間で軋轢を生まれないかと心配します。


何事も程々に。
ミステリアスは自分一人だけのものにしてもらった方が良いのでは?なんて思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
WN-AX2033GR2のセカンド・インプレッション
この間に、ファームウェアのバージョンアップもしましたしね。



アイ・オー・データ機器の無線LANを買う  -- 2019-07-25 Thursday


導入してから1ヶ月が経過するので、そろそろセカンド・インプレッションを書こうと思います。
この間に、ファームウェアのバージョンアップもしましたしね。


と言っても、これと言って書くことが少ないんです。
前回の記事で、ブラウザ上で本機のIPアドレス設定が、何度やっても更新出来なかった件ですが、ファームウェアによって解消されました。
変更点はこんな感じ。
Ver.1.02 → Ver.1.10(2019/07/24)
・OCNバーチャルコネクトに対応しました
・セキュリティを向上しました
・VoIPアダプタがIPアドレスを取得できない場合があったのを修正しました
・VNE自動切り替え機能に対応しました
・衛星放送干渉回避機能に対応しました
・HTTPSサイトのネットフィルタリングに対応しました
・設定画面の動作を修正しました。

設定画面の動作修正が入ったようですね。


ファームウェアのバージョンアップで、特筆すべき点はIPv6接続サービス規格の一つでもある「OCNバーチャルコネクト」に対応したことですね。
これにより、国内主要プロバイダーのIPv6接続サービスは全て対応したことになります。

もうひとつ、衛星放送干渉回避機能というのも気になります。
読んでみると、2.4GHz帯で4k/8kの放送受診設備(パラボナアンテナ)があると、何か影響を受けるみたいです。
それを回避するために「自動」で設定すると、適宜チャンネルを変えてくれるみたいです。


1ヶ月間運用してきた面では、1度だけ1次的に繋がりにくくなったそうです。
そのため、強制シャットダウン(電源コードを抜く)して再起動をしたそうです。(相方の自己申告で実施)


あと、AndroidでのVPN接続が出来ない事かな。
ポート解放したりしているのですが、「接続に失敗しました。」と言う無情なメッセージが出てしまいます。
う~ん、何が原因なのか、ログが残らないからサッパリわからん。。。


細かい点で気になったことと言えば、これまで、ブルーレイレコーダーを経由するイーサーネットコンバーターと無線LAN親機間の速度が、300Mbps程度だったのですが、これが、1.3Gbpsに変わったことで、Dimoraでレコーダーの番組データを読み込む時間が大幅に短くなったような気がします。
ブルーレイレコーダーにある番組を書斎のPCで見ることも出来ますが、転送速度が20Mbpsもあれば十分なので、1.3Gbpsは完全にオーバースペックです(笑)


総論として、これまでAtermで十分と思っていましたが、WN-AX2033GR2もコスパ的に十分な機能を有しています。
今秋から登場するであろう次世代規格Wi-Fi6は、私の予想では当初、2万円~3万円という価格帯で出してくるのではないかと予想します。
速度差は圧倒的だと思いますが、コスパ的に11acと比べると悪いと思います。
なので、完全に枯れている11acのこのタイプあたりで十分じゃないかと、私は思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ハードウェア::パソコン周辺機器 | comments (0) | trackback (0)
各新聞社の見出しは時折悪意が見られる
これは、右派左派、中道に限った話では無く、新聞の部数やネットのクリック数を稼ぐために、わざと読者の気を引こうと悪意の見出しがある。
これは、右派左派、中道に限った話では無く、新聞の部数やネットのクリック数を稼ぐために、わざと読者の気を引こうと悪意の見出しがある。
例を挙げればキリがないんだけど、本当にこいつらは、正しく読者に伝えようとする努力をしているのか?と思うことが頻繁にある。


幸い、各新聞社がドメインのネット記事では、滅多に見かけることはないのですが、YahooやGoogle、MSNのニュースサイトになると気を引こうとする見出しが多いことに気付く。
一番酷いのが、見出しと記事の内容がまるっきり正反対なヤツ。
こう言うのに引っかかってしまうと、物凄く萎えてしまう。
まるで、キャッチセールスに引っかかった気分になる。


精神状態が比較的良い時でも、「くそ~欺されたか~。クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!!」でかなり落ち込んでしまう。
でもって、メディア全体(一括り)に対する信頼が徐々に落ちてくる。


時々、私の中で「お?これいいな。」と思う記事に出遭うときがある。
でも、最近はそう言う記事に出遭うことがゼロに近いくらい酷い見出しが多い。
圧倒的に誤解を招く記事が蔓延しているから、良記事が駆逐されている。


例えば、日韓貿易問題。
どこの新聞社も韓国への輸出規制という報道を行った。
しかし、世耕経済大臣は、Twitterなどで再三表明している。
今回は、輸出管理規程で優遇措置の見直しであると。
別に韓国に対して輸出をしない。と経済産業省は言っていない。と。
でも、未だに一部の新聞社では、【規制】という言葉を使っている。
もう、殆ど悪意の記事に近い。


もう一つ、ある企業がこれから成長する分野の新サービスを開始で華々しく記事にされるのだが、1年後、決算報告書で多大な赤字を出すことが分かると、その新サービスを否定的な形に切り替わる記事になる。
あれだけもて囃したのに、カメレオン的な手のひら返しには、毎度毎度感服してしまう。
それにより客が遠のきサービスが終了してしまっては、(今はそれ程影響力がないけれど。)新聞社が新サービスを殺したのと同義である。
これでは、成長もクソもあったもんじゃない。


提灯過ぎる記事もどうかと思いますが、読者に考えさせられるような記事を書くことも大事じゃないかな?
と思います。
でも、そうすると読まなくなってしまうか。


さじ加減が難しいですけど、見出しを読んで内容でガッカリするような記事だけは、本当に何とかしてもらいたいですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (2人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31