•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

PayPayは良いところまで行くのだけど・・・
ソフトバンクが展開しているPayPay。
ソフトバンクが展開しているPayPay。
奇抜なアイデアは、私の中で他のキャッシュレス決済と比べてダントツの1位なのですが、いかんせんインフラが脆弱すぎて、自分が使うには躊躇う決済手段なんですよ。
未だに私のキャッシュレス決済は、d払い一択(他はクレジットカード)なのですが、使える店舗は圧倒的にPayPayなのでd払いも頑張って欲しいと思うのです。
PayPayの凄いところは、加入する人も負担が少なく、入金も条件次第では0円でしかも翌日払いなので、商売する人にとっても安心出来る決済事業者です。
PayPayの事業者負担が少なくするには、

・入金先銀行をジャパンネット銀行にすること

ただ、それだけなんですよね。シンプルイズベスト!
d払いの入金は、月末締め翌月15日払いと15日締め月末払いの2回なんですよね。
入金手数料が掲載されていないのは、加盟店手数料(3.24%)に含まれているのかな?

PayPayがパーフェクトになれないのは、インフラが脆弱すぎると言う事なんですよ。
盛大なキャンペーン時に、決済するとき支払えない事象が起きるんですよ。
私の知る限り過去2回やらかしています。
(昨年12月と今年の10月)
明らかに負荷試験を行わずして導入してきたことが分かります。
そして、1回目のトラブルから1年も経たずして再度アクセス集中による決済ダウンを起こしたのは、経済原則からしてやっちゃならないんですよ。
信用が一気に失われますからね。


これだけ、●●Payが濫立すると、消費者側としてもどれを選択にするか迷いますよね。
もし、他人からどのキャッシュレスQRコード決済が良いのか聞かれると、「好きなのにしたら良いよ。」と答えます。
LINEをメインで使っているなら、LINE Pay。
メルカリなら、メルペイ。
と言う風な感じです。


私は、dポイントを貯めているので、d払いをチョイスしています。
でも、このd払いもキャンペーンの回を重ねるごとに、だんだんしょぼくなってきているので、自然消滅していくのかなぁ。なんて危惧しています。
その点、PayPayは、キャンペーンを打つときが派手なのですが、物凄くシンプルなんですよね。
d払いの場合、キャンペーンを打つとき必ず参加するバナーをクリック、或いはタップしなければならないのですが、PayPayはそう言う細かい作業は一切不要。
会員になっていれば自動的に対象となるんですよ。
ドコモは、そう言う所を見習って欲しいですね。


私の願わくば、PayPayのようなキャンペーンと参加条件。
そして、d払いのような強固なインフラ。
これらを組み合わせると最強のキャッシュレス決済になるんじゃないかと思います。
明らかな無い物ねだりですね(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
GO-TCHAが使えない=Pokemon GO Plusも使えないらしい
GO-TCHAが使えなくなりました  -- 2019-10-11 Friday。
先週、こう言う記事を書きました。
GO-TCHAが使えなくなりました  -- 2019-10-11 Friday

その後、Twitterで見るとどうやらGO-TCHAだけでなく、Pokemon GO PlusやモンスターボールPlusも使えないらしい。
ここにそう言う情報がありました。

確認されている不具合


と言う事は、アプリ側でアップデートをしたら解消されると言う事か。
なら、まだ希望はありそうですね(^^)





記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::ネットワーク型 | comments (0) | trackback (0)
渡くんのXXが崩壊寸前(8)
前巻で紗月が実家に帰るとこから始まる。



2019年10月04日発売
2019年10月04日購入
2019年10月04日読了

前巻で紗月が実家に帰るとこから始まる。
相変わらず流されまくりの直君ですが、ここまで流されっぱなしに裏山・・・と言うかどうかと(笑)
これまで紗月の生い立ちが分からなかったのですが、この巻で少し明らかになりました。
けど、内容は物足りない感じですかね。

お奨め度:★★★☆☆

記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | アニメ・コミック | comments (0) | trackback (0)
今日でブログを始めて15年
ところが、早々に撤退すると言う事で、次の移転先を探していたところ、NTTデータのドブログという、素人集団のとんでもないサービスに手を出してしまいました。
になります。
いや~、早いもんですね。
当時は手探り状態で始めたのですけども。


ところで、この「なんでもや~3店目~」の「3」にはちゃんと意味があるんですよ。
昔から読んでいる人なら、鼻で笑われるレベルですが、この「3」は引越をした数を表しています。

もう、ブログで検索する気もないのですが、初代はmsnがhotmailと連動してブログサービスをやっていました。
ところが、早々に撤退すると言う事で、次の移転先を探していたところ、NTTデータのドブログという、素人集団のとんでもないサービスに手を出してしまいました。
この手痛い失敗を経験して、「もう、他人に頼らず自サイトで運営する!」と決意をして、ツールを手に入れたのが今の「ぶろぐん」と言うツール。
開発元が終了宣言をし、最近、LinuxのOSをバージョンアップしたらツールがメインで使っているPHPも一緒に上がってしまい使えなくなり、独力(つーか、ggrks精神で!)でPHP7へソースコードを変える羽目に(笑)
ソースコード変換は、エラーログから検索して書き換えるだけだったので、トライ&エラーで何とかなった。

と言う事で、これからも宜しくです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
GO-TCHAが使えなくなりました
実は、もう一つ持っていて、こちらは、Xperia X Compactと再接続をしたところ、無事繋がることが出来ました。
実は、Pokemon GO Plusが今年の2月頃に壊れ、これを買いました。



結構、使いやすくてバシバシ使っていたのですが、先週の10/5のアップデートでバッサリ切られてしまいました。
モンスター捕獲とポケストップのアイテム補充にはうってつけのアイテムでしたが、アプリから拒否されてしまってはどうすることも出来ません。
また、アプリから互換品に何か細工をしたのかわかりませんが、互換品からスマホへの電波出力を強制的に停められてしまいました。
(何度長押ししても切り替わりません。)




このようになってしまったので、一旦電池が切れる(完全放電)までして、それから再充電をして使えるかどうかを待ちます。
電波を出し続けないから、なかなか放電しないのよね・・・(笑)
ダメだったら、私のPokemon GO活動は終わりですね。
実は、もう一つ持っていて、こちらは、Xperia X Compactと再接続をしたところ、無事繋がることが出来ました。

そのもう一つのGO-TCHAで私の持っているAQUOS SENSE 2と雷神で、再接続を試みたのですがダメでした。
う~ん、この違いは何なんだろうか。
もしかして、バチモンを掴まされたのかな?(^^ゞ
散歩の動機付けには、一番効果のあったゲームでした。
レベルMAXまで行きたかったなあ。。。あとちょっとなのに(笑)

これで、スマホでゲームをするのは、卒業ですかね(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ゲーム::ネットワーク型 | comments (0) | trackback (0)
新たな道を走ることは新発見に繋がる・・・こともある
その帰りは、R171だったような気がするのですが、もう10年以上前の記憶なので覚えていません。
だいぶ、日中の暑さが和らいできて、バイクでツーリングするには良い季節になってきました。
最近、北摂界隈をツーリングしても、同じルートばかりで飽きてきました。
しかし昨年、台風の影響で国道173号線が通行止めになり(今は暫定開通)、一部開通するまで旧173号線を走る機会があり、とても新鮮に感じました。


そして思ったのです。
新しい路を走ると、新たな発見がある。と。
車の免許を取得してから、日本国内をまぁまぁ走り通しましたけど、高速道路を含めて新しい道を走ると言う事は、新たな発見やワクワクするものがあります。


例えば、実家と家の往復ですが、お急ぎなら阪神高速。一般道なら中央環状を経由するのが定番でした。
しかし今、自宅近くを新名神高速道路が出来たので、出来る限り急いで行くならば、そっちルートもアリですね。
ちょっと道がややこしいですけど、慣れるとショートカットになるのでは?なんて思います。
そういや、ネットフレンドが高槻に住んでいたとき、実家からの帰りにちょっと寄らせてもらったのもありました。
その帰りは、R171だったような気がするのですが、もう10年以上前の記憶なので覚えていません。
R171は、交差点や信号が多く快適に走ることが出来ないので、よほどのことがない限り使いません。

こうして色んな道を開拓することで、頭の中にインプットされて選択肢が増えていきます。
ただ、ザックリとしたルートしか記憶に残らないので、細かいところはナビと併用になりそうです。


今年も、ツーリングで北摂をグルッと走り回ってみようかな。
その時、気になっているルートを走ってみようと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
やらせレビューがようやく取り上げられました
そこで、上記の記事にも書いてありましたが、サクラチェッカーというサイトです。
“やらせレビュー”のリアル


ちょうど、NHKニュースを見て興味があったので見ました。(そのあとのクローズアップ現代でもやっていたようで、そっちは見逃しました。)
以前から、当ブログでも書いていたように、Amaznoのレビューはこの4~5年で滅茶苦茶劣化しました。
得体も知れないメーカーの商品にレビュー評価がやたらと高評価で、そしてその商品の価格帯が平均よりも大幅に安い低価格。
そして、届いた商品は開いた口がふさがらない程の品質。


マーケットプレイスなら泣き寝入りするところですが、Amazon倉庫からの発送であれば返品時もAmazonが持ってくれるので安心です。
手続きの面倒くささはあるけれどね。


NHKニュースを見たときは、中国のビルの一角に大量のスマートホンとサーバーが設置されていて、そこからAmazonの評価を大量に作成しているという。
これを見たとき、私は「すげぇ。そこまでしてやるのか。」とある意味感心してしまいました。
中国からの投稿はインターネット制限が厳しくて出来ないのでは?と思いますが、OPEN VPNで日本国内にアクセスしてしまえば簡単に突破できちゃいます。
だから、中国からの投稿を規制しても意味がありません。


やっぱり、複数アカウントを作成可能にすることに問題があると思います。
せめて、クレジットカードかキャッシュカードで1アカウントと制限するべきではないでしょうか。
もう少し拡大解釈すれば、マイナンバーカードとアカウントの紐付けですね。
これをすれば、複数アカウントを作成することが殆ど難しいと思います。


さて、多くの人がレビュー記事を読んで購入に踏み切ると思いますが、こうしたやらせ記事が多いのであれば、どう判断すれば良いか分からなくなると思います。
そこで、上記の記事にも書いてありましたが、サクラチェッカーというサイトです。


以前、32GBのUSBメモリ5本入りを買ったけど、どれもクソだったので返品した。と言う記事を書きました。

怪しいUSBメモリ32GB5本入りを買ってみた  -- 2019-08-21 Wednesday

この商品のURLをコピーして、サクラチェッカーで調べてみるとこんな感じで出ました。


サクラチェッカーの結果


殆どがサクラレビューだったんですね。
このように結果が出るので、皆さんもAmazonで購入するとき、「ちょっと見かけないメーカーだけどレビュー記事が多いし、どうなのかな~?」と一呼吸を置いて、サクラチェッカーのサイトで調べてみて下さい。
後悔しない買い物を!(^^)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (5人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ニュース | comments (0) | trackback (0)
こう言う返礼品もありやね
台風などで被害の農産物、ふるさと納税で支援。
台風などで被害の農産物、ふるさと納税で支援

ふるさと納税で過度の返礼品で問題になっているのもありますが、こう言う自然災害で商品の流通に乗らないものを、返礼品とするのは好感が持てます。
地元自治体が機動的に動いてタイアップ。
そうすれば、食品ロスを防ぐし、地元自治体には税金が入るし、農家にも補助金としてはいるし、一石三鳥になりますね。
毎年出来る話では無いのですが、ある程度保存が利くものであれば、こう言う方法は全然有りだと思います。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
死人に口なし・・・とは言え・・・
この元助役の惜しいところは、既成マスメディアへ金品を配らなかったことですかね。
関西電力の一連の事件。
最初は、原発マネーの還流かと思っていたのだけど、ネットとテレビを見ていると、どうやらそうでもない様子。
関電役員は、断っても断っても送りつけられ、しまいには恫喝されてしまって仕方なく受け取っている。と感じられる。
そう、相手がその手の人間ならば。





その手の人間を公に隠して、マスメディアが報道するから凄くタチが悪い。
ネットとは真逆の方向に報道しているので、そう言った点では面白く読み取れる。


ところで、大阪市の松井市長は、第三者委員会に元大阪市長の橋下徹氏を推薦している。
橋下徹氏も、自身のTwitterで厳しくチェックすると言っている。
ネットでは、童話が話題になっているのですが、果たしてそれをちゃんと報告するのでしょうか。
そして、それをちゃんとメディアが報じるのでしょうか。
このあたりも注目すべきところです。

あと、マスメディアの報道しない自由で秀逸だったのがこれですね。





それから、なんでも警察元幹部にも金品を贈っていたようですね。
それなら贈収賄が成立すると思うのですが。
この元助役の惜しいところは、既成マスメディアへ金品を配らなかったことですかね。
もしも配りまくっていたら、きっと既成マスメディアはだんまり状態だったと思いますね。
もしくは、童話関係だから何もしなくても既成マスメディアはダンマリを続けているか。
報道をしない自由を貫くか。

あぁ、やだやだ。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
FIT3 1.3G・L Honda SENSING
先週、自身のHPに公開しましたが、あまりHonda SENSINGについて実体験しなかったので、補足で書き足します。
先週、自身のHPに公開しましたが、あまりHonda SENSINGについて実体験しなかったので、補足で書き足します。

FIT3 1.3G・L Honda SENSING


ちょうど、高速道路を走る機会があったので、思いっ切りHonda SENSINGを堪能しました。
実車は、1000kmを超えたくらいの距離での評価です。
(今後の学習で変わる可能性があります。)


やっぱり目玉は自動追従機能。
これは私の感覚ですが、落第点ですね。
ハッキリ言って、運転手は勿論、同乗者は落ち着かないですね。
ハラハラします。

前が空いている状態で、115km/h(デジタルメーター目測)でセットしました。
前方300m先(目測)に追いついてきました。
どのあたりで減速するかな~?と思って、右足をフットブレーキに添えていたのですが、50m~100mくらいの距離(目測)でGがかかるくらいに減速しますね。
エンブレで徐々に速度を落とすのかな?とほのかな期待をしていましたが、スマートな落ち方ではありませんでした。


90km/hくらいまで減速した後、車間が100mくらいに開くと速度を上げて一定の距離を維持します。
前の車が速度を上げると、追従機能が働いて速度が上がりますが、最初に設定した速度以上は出ません。
速度の上がり方も、前車によりますが急激に離れると、私の感覚では急加速します。
追越車線で後続者がいる場合は、急加速が正解の選択ですが、まぁ、それをするくらいなら走行車線に戻れ。ですね。

また、走行車線で自動追従で速度を抑えられた状態で走行中、追越車線から追い抜かれた車のあとに入るとき、車線変更するときも一瞬、前車がない状態が生まれるので加速します。
なので、タラタラと走行車線から追越車線に移ると、ちょっと危ないかも知れません。
(私の場合、100mくらいの距離をかけて車線変更します。長いように思いますが速度が出ているときは、あっと言う間ですよ。)


前車がトラックであれば、最高速度95km/hなのでそれに追従すると、かなり運転が楽になると思います。
しかし、前車がサンデードライバーだと速度にムラがあるので、ブレーキがかかったり加速を繰り返すので落ち着きません。
自動追従機能も考え物だなあ。と認識を改める私でした。


それと、急な割込が入ると衝突危険のアラームが鳴ります。
そうそう頻繁にありませんが、結構鬱陶しいかも知れません。
だって、人間の反応の方が「あ!割り込まれた。」と思って一呼吸してから、ピピピピ・・・とアラームが鳴ります。
この一瞬が命取りになりますので、この辺はまだまだ発展途上だなあ。と思います。


車線維持支援システム(LKAS)は、これまでも経験済みなのですが、この機能は良いと思います。
カーブでもちゃんとハンドルが、「これ以上切ったらアカンで~。」と重くなります。
過信するのは恐いですが、ちゃんと真ん中を走る事が出来るので、これは活用していくと良いと思います。
ただ、一般道でやると左側の路駐を避けるときに妨げることになるので、使わない方がベターです。


誤発進とかウッカリ発進、衝突防止自動ブレーキは、正直言って恐くて出来ないので、これらの機能は試していません。
いや、これらの機能は、いざという時なので、体験しない方が良いでしょうね。


と言う事で、主に自動追従機能について書きましたが、私の運転経験からすると、全然スマートさが無くハラハラしちゃうレベルです。
今後の改善に期待ですね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | クルマ・バイク::試乗記 | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31