•   Login
  •  
  •   Rss
  •   Rss2.0
  •   ATOM1.0
  •   Admin
  •   Top
  •   Home

クルーズ船も一つ間違えたら大変ですね
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。
パンデミック・アウトブレイクになりつつあるCOVID-19。

大型クルーズ船にたった一人?(複数人説も)の感染者のせいで、数千人が足止めを食らうなんて罰ゲームどころの騒ぎではありません。
優雅で豪華な旅が、地獄の旅へと変わってしまう。
と、毎夜のNHKニュースを見るたびにそう思うのでした。


そして、NHKニュースでは乗船客のネガティブな情報しか出しませんが、過酷な環境下で縁の下の力持ちに動いている乗務員も大変です。
それに感謝している乗船客もいるのに、ニュースのネタにならないからか不安を煽る事ばかりを流します。
頑張っている乗務員の姿も10秒でも良いから報道して欲しい。


持病がある人は、こうした旅行の際、1ヶ月分くらいの薬を持参しといた方が良さそうですね。
一昨日から、ようやく下船が始まりまして、マスゴミが一斉に押し寄せて取材していたのが、毎度の事ながらワンパターンだなあ。と。
NHKが京都に住んでいる夫妻を自宅まで追跡して、プライバシーもへったくりも全くないんやなあ。
取材に応じた夫妻も、今後のことを考えていなかったのかなあ。なんてちょっと心配しています。


他にも顔出しインタビューに応じた人も、顔バレしているわけで帰宅後にご近所さんからどの様な噂が出ないか気を揉みます。
こう言う案件は、被害者のプライバシーを十分に配慮した取材をしないと、二重の被害を生みだしかねないので気をつけてほしいものです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 旅行 | comments (0) | trackback (0)
年末調整や確定申告を通じて思うこと
まぁ、そう言ったところは、税務調査という官憲が査察に入るわけでしょうが、何万(何十万?)もある会社を抜き打ちに来るのは、宝くじに当たる確率よりも低いのではないでしょうか。
2001年に初めて確定申告をして、15年後にマイナンバーカードを取得してから毎年電子申告を始めています。
毎回思うのだが・・・


年々ややこしくなってきていないか?
年末調整の時もここ2~3年毎年何かしら変更があったりして、相方の収入申告もしなくちゃならなくなり、やっていて凄く面倒だなあ。と思うんですよ。
一般のサラリーマンですらそう思うのですから、自営業者は毎年の「売上」「経費」「利益」がかわらなくても、細かい税改正に対応しなくちゃならないから、気が狂いそうにならないのかなあ。と思います。
だから、私は独立には不向きなので、サラリーマンにしがみついていたりします。


昭和時代に「この領収書は交際費に入りません!」とか経理と営業が一悶着するドラマを見たことがあるのですが、今では、電子申告が可能ですから小さなミスは見落とされそうな気がします。
まぁ、そう言ったところは、税務調査という官憲が査察に入るわけでしょうが、何万(何十万?)もある会社を抜き打ちに来るのは、宝くじに当たる確率よりも低いのではないでしょうか。
100万円程度の売上をごまかしたところで、すぐに査察は入らないでしょうね。
税務調査官だって人数に限度があるわけですから。


ですから、収入と支出をきちんと確認するためにも、マイナンバーと銀行口座、キャッシュレス決済を紐付けて、国がすべてを把握する必要が有るのだと思います。
現在、サラリーマンの税補足率は100%と言われています。
毎年、年末調整をやったりしていますからね。
一番多かった(過去形なのが重要)サラリーマンが、これからどんどん減っていく時代ですから、この補足率100%の税収が先細っていきます。
その半分しか補足できていない自営業者、平均年齢66.7歳(2017年:出典はこちら)の第一次産業は補足率3割と言われています。
(「トーゴーサンピン」と言う奴です。ピンは政治家です。)
多分、7割の人が年老いて出納管理台帳まで手が回っていないのでしょう。
しかも、第一次産業の7割が脱税しても税収全体からすると微々たるもんなのでしょうかね。


だからと言って、税金は公平に負担すべきです。
簡単に補足できるサラリーマンだけを頼っていては、この先人口が減っていく日本では税収も先細りします。
自営業だろうが、第1次産業、第2次産業、あらゆる議員にも平等に収入を補足し、公平に税金を納めるべきです。

であるからこそ、毎年の確定申告は、日本国民全員がやるべきだと思うのです。
しかも、電子申告でね。
そして、AIが不審な収支を見つけたら税務調査対象としてピックアップし、効率良く脱税犯に追徴課税をすることが望ましいと思います。


でも、毎年毎年小出しに税改正するから、確定申告するのも面倒くさくなるんだよなあ。
それが狙いだとしたら、本末転倒だと思うんですけどね。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
フレッツ東西もようやく開始
10GbpsLANのスイッチングハブ(と言うべきか?)が8ポートで4,000円台に、5Gbps/10GbpsLANボードが1,000円台にまで下がってきたら、我が家の家庭内LANも10Gbps化への更新となり得るでしょう。
最大10Gbpsの「フレッツ 光クロス」が4月1日提供、月額6300円、NTT東西

NUROやeo光が先行している10Gbpsサービスが今春から開始されます。
遅きに失する感じがあるのですが、端末側の有線LANポートや無線LAN規格のaxが浸透していないので、これから普及すると言う事ですかね。
価格的にも、まぁ、そんなもんでしょ。と言う感じで、NUROやeo光に比べると割高感が否めませんが、とびきり高いと言うほどでもないと思います。
フレッツ光が開始したときは、1万円くらいいってましたしね。


さて。
これまで、サービスが開始される(エリア対象内になる)たびに乗り換えていたのですけども、今のところ乗り換える見通しはありません。
まぁ、エリア対象内になるには、来春くらいまで待たされそうですし、今の速度でも十分満足していますし、なんせ昨年Wi-Fiルーターを買い換えたりしたので、家庭内LANの10Gbps化の投資に時期尚早と判断しました。
10GbpsLANのスイッチングハブ(と言うべきか?)が8ポートで4,000円台に、5Gbps/10GbpsLANボードが1,000円台にまで下がってきたら、我が家の家庭内LANも10Gbps化への更新となり得るでしょう。
有線LANは、ケーブルがすでにCAT6なので取りあえず大丈夫です。
理想は、CAT6Aなんですけどね。


現状の速度に不満があるなら、すぐさま乗り換えた方が良いでしょう。
想像にしか過ぎませんが、フレッツ光ネクストとフレッツ光クロスのネットワーク収容は違うと思いますから、空いている状態なので占有に近い速度が出るんじゃないかと思います。
あくまでも想像ですから、保証はできませんけどね。


また、接続方式が当初、IPoEなので従来のPPPoEではないところがキモですね。
対応しているプロバイダーが限られそうな感じです。


それにしても、ネーミングが今一つだなあ。
フレッツ光→プレミアム→ネクスト→クロス・・・障子のクロスを想像しちゃったよ(笑)



記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | インターネット | comments (0) | trackback (0)
給湯器の凍結
毎夜のニュースで、今夜は厳しい冷え込みになります。
そう言えば、給湯器の配管凍結を防止するために、風呂にチョロチョロとお湯側の水を流していたことがありましたが、今シーズンは今のところありません。
昨年は、1回くらいやったような記憶があるのですが、ふと思い返しました。


そういや今の給湯器にしてから、1度も凍結した事無いのんとちゃうか。
(最初に住み始めたときは、何度か凍結したことがあった。)


と。
毎夜のニュースで、今夜は厳しい冷え込みになります。と言われたり、明日の予想最低気温が0度以下になる。と言われると、必ず風呂の栓を抜いてチョロチョロと出していました。


そんなある日、既に保温時間を過ぎて自動保温解除されたタイミングで風呂に入ったことです。
「今夜は冷えそうだが大丈夫かな~?」
なんて事を考えていたらですよ?


凍結防止のため配管を温めます。
なんてメッセージが出たんですよ。


( ´゚д゚`)えーーー


ですよ!今の給湯器にして、間もなく10年を迎えるのですけど、そんな機能が備わっていたのを先日知ったんですよ(笑)
「俺、今まで何やってたんや・・・_| ̄|●」 ←私の心境


10年近く前のエコジョーズ対応の給湯器は、凍結防止機能が備わっているのです。
なので、これを機に寒い冬でも放置することにします!


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 季節::冬 | comments (0) | trackback (0)
2019年確定申告
例年はもっと早くの2月頭に終わらせるのですが、今年は若干の遅め。
今日から確定申告受付開始ですね。
私は、電子申告で先々週末に済ませました。
例年はもっと早くの2月頭に終わらせるのですが、今年は若干の遅め。
と言うのも、会社の持株会の配当金が2月中旬くらいに来るので、どんなに急いでやってもやり直しになるんですよ。


て事を、昨年学んで待っていたのでした(笑)
青色申告じゃないのですが、経費やらなにやらは、日頃まとめているので問題なし。
昨年の世帯収入は、大幅に悪化してしまったので、納める税金が年調から更に戻ってきます。


っと、最後にマイナンバーを入力するのが面倒くさい。
ので、今年は未記入で提出しました。
別にやましい事をしているわけではなく、世帯全員分入力しなければならず、私だけじゃ受け付けてもらえないからです。
毎年申告時に入力していたから、今年はええやろ。
そんな軽い気持ちで出しました。


7月頃に税務調査が来たら、カカッテコイ!щ(゚▽゚щ)
ブログのネタ確定ですから(^^)


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (3人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)
久し振りに当たる!?いいえ、キャンペーンです
まぁ、それについては後日レポートしたいと思います。
シャープさんからプレゼントが届きました。

シャープからのプレゼント


はて?

と思って一瞬考えたのですが、すぐに浮かびました。
先月、4K対応テレビ買って申し込んだやつやと。

キャンペーン


これっすね。
5,000円分いただきました。
シャープも大変なのに太っ腹だなあ。と思います。
これで、あの4K内蔵液晶テレビは49,800円で購入したことになります。
安い!安すぎる!


それにしても、スマートライフは全然活用していないですわ。
スマホはスマホ。
テレビはテレビ。
連携したいけど、制限がありすぎてね。
まぁ、それについては後日レポートしたいと思います。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: (1人)
Posted by いぐぅ 06:00 | 懸賞/ギャンブル | comments (0) | trackback (0)
町内循環バスの存亡
なんでも、平日9時~17時迄は運行を取りやめ、事前登録によるアプリからの呼出でオンデマンド乗り合いバスになるとか。
の危機だそうです。
なんでも、平日9時~17時迄は運行を取りやめ、事前登録によるアプリからの呼出でオンデマンド乗り合いバスになるとか。
正直、平日日中帯のバスがどれほどの利用が有るのか分かりませんが、数年前から危機感を煽っていただけに、ついに現実が訪れたようです。


私は賛成か反対かと問われると、バス会社の立場からすれば賛成です。
利用者側からしても、オンデマンドにした方が日中好きな時間に呼びつけて乗れるのだからいいんじゃないかな?と思うのですが・・・
どうも、ウチの地区周辺は反対の声が大きいようです。


ここで言う反対の声が大きいというのは、人数が多い意味ではなく文字通り声の大きい人です。
タウンミーティングが先日9日と、次の23日にあるのですが、あいにく私は予定が入っているため出席することができません。
将来、自分の住んでいる地区がオンデマンド乗り合いバスになるなら、それはそれで別に良いかと思うので、反対する気もないので欠席承認をすると思います。
気になるのは、オンデマンド乗り合いバスの料金ですね。タクシーと変わらない値段であれば、別にオンデマンド乗り合いバスなんて要らないですね。


このオンデマンド稼働率が、バスよりも頻繁に呼び出されたらどうなるんだろうか。
何台設置して、どこに待機するのか。
今の老人世帯は、スマホやタブレットを持ち合わせても登録に辿り着くのは極僅かとみている。
この辺が関門なんだけど、料金設定と利用者数が順調に増えたら、普通のバスよりも利便性は物凄く上がるんじゃないかと思う。
しかし、多くの人が利用した結果、なかなかオンデマンド乗り合いバスが来ないと言う事になると、サービス低下となり得るのでそこが気になるところですね。


実は、この循環バス。
最初の話しでは、自動運転による実験モデル地区とどこかの新聞で読んだんですよ。
(ネットかな?)
それがいつの間にか、オンデマンド乗り合いバスに変わったので、そう言う意味では私はちょっと残念な取り組みだなあ。と思うのでした。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
情報のPUSH型とPULL型の(私なりの)活用
PULL型と言うのは、PUSHの逆で引く。
PUSH型と言うのはそのまんま、押す。
情報の押し売りみたいなもの。
一番分かりやすいのは、テレビや新聞がそうですね。
あれは、典型的なPUSH型情報装置。
テレビではネットを経由したデータ双方向がありますけど、殆ど生かされていない。
昭和時代からそのまんま。
それいがいにも、ダイレクトメールやポストに投函されるチラシなんかもそうですね。


PULL型と言うのは、PUSHの逆で引く。
情報を引き出す。
一番分かりやすいのは、インターネット検索。
GoogleとかYahoo!ですね。
思い浮かんだいくつかのキーワードを推考して、探し出して知識を得ます。
こちらは平成中期から一般的ですね。


で、私なりの活用方法は、PUSH型情報装置から得られたものをPULL型情報装置で幅広く見ることですね。
PUSHもPULLも片方向なので、情報が偏ってしまいます。
Twitterなんかは、この両方向を兼ね揃えた素晴らしいツールだと思うんです。(現時点では。)
ただ、Twitterは基本PULL型(気になる人をフォローする)がメインなので、あまり偏った人ばかりをフォローすると、井の中の蛙になってしまいます。
なかなか難しいのですが、意に反する人のリプライが来たときは、ブロック覚悟でフォローしてみると良いでしょう。
特に著名人なんかが良いかと。


アナログの世界では、クレジットカードの明細書は未だにデジタル化していません。
必ず郵送でもらうようにしています。
あと、銀行の預金通帳もデジタル化していませんね。
株式口座は完全にインターネット・電子化していますが、年間取引報告書は郵送でもらっています。
完全にPUSH型ですね。


なんで、アナログ世界はそうしているのかというと、デジタルにするといちいちログインしに行かないとダメです。
そう言うのは面倒くさいので、一方的に送ってもらって開封してチェックするんです。
毎月届くのが分かっているので、確実と信じているからです。
そして、2年くらい経過したらシュレッダー行きです。

とは言うものの、クレジットカードのデジタル化は、CSVでダウンロード出来る仕組みがあるんですよね。
取りあえず、そう言うのも数年前からダウンロードして、データベースに取り込んで何か役に立てられないかな?
と目論んでいます。漠然としているので、まだ、データベースに取り込む事すらしていないのですが(^^ゞ


双方向に活用できるようになると、より世の中を面白く知ることができ、知識の幅が広がりそうです。


記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
格差を付けることは良いけれど・・・
三菱UFJ銀行、一律のベア廃止 20年春闘、実力本位にかじ。
三菱UFJ銀行、一律のベア廃止 20年春闘、実力本位にかじ

銀行が未だに旧態依然の給与制度にちょっと驚いた。
とっくの昔に実力本位制度になっている我が社からアドバイス?(にならんと思うが。)


・明確な基準を掲げること
・昇格だけでなく降格も導入すること
・評価に私情を持ち込まないこと


まぁ、挙げるとキリがないけど、だいたいこの3つ。
特に評価に私情を持ち込まれると、バレたときに会社の評価制度は一気に信頼を失うし、下手すると優秀な社員が辞めてしまう。
もしくは、そのチームや担当、事業部のモチベーションが上がらず、結果的に全体としてマイナスになりかねない。
人が人を評価するってのは、物凄く難しくてしんどい。
会社によっては、相対数が決まっていて、ほぼ横並びの成績である社員でも優劣を付けざるを得ない場面も出てくる。


経済の心臓とも言える銀行が、行動評価、成績評価で行員の給与を決めてしまうとなると、多く融資をして高い金利で回収できた行員が優秀とするなら、かんぽ生命のような悲劇を生みかねない。
担当している会社の規模が大きく成長し上げた行員こそが評価すべき制度にしないと、押し貸しや貸し剥がしのような悲劇が目に見える。
窓口業務なんかはどう評価するんだろうか。
やはり、金融商品の勧誘が評価基準になるのだろうか。


銀行の業務と言っても、多岐にわたるから評価もそれぞれ変わるだろうなあ。
とにもかくにも、格差を付ける評価基準は、麻薬のような制度であるから運用にあたっては、労使共にきちんと確認して欲しいなあ。
行員のモラルハザードが起きることが一番怖いです。


続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | ざれごと | comments (0) | trackback (0)
IMFは分かってて言っているのかな?
消費税段階的引き上げをとIMF。
消費税段階的引き上げをとIMF
消費税を上げることに反対をするつもりはないのだが、サラリーマンが払っている社会保険料がどれほどの負担になっているのか分かっているのかなあ?
と言いたい話。

自営業や無職は知らないが、サラリーマンが払っている社会保険料とはおよそこの4つ(40歳未満は3つ)。
・厚生年金保険料
・健康保険料
・雇用保険料(公務員は除く)
・介護保険料(40歳以上が対象)


確かこれらは、労使折半(労働者=サラリーマンと使用者=経営者)が国に納めている。
この中でもとびきり負担が大きいのは、厚生年金保険料。
平成初期の頃は労使併せて12%を折半していたけど、今は50%増の18.3%を折半している。


これを無視して、社会保障費の増大により消費税を上げろと言われると、ちょっと「え?」と思う。
消費税を20%にする代わりに、厚生年金保険料を平成初期頃の基準にしてくれるなら、私は別に構わないと思っている。
もちろん、保険料と税金の割合は、1:1から1:2ないしは1:3にするべきである。


企業にとっても社会保険料は重荷です。
健康保険財政も悪化の一途だし、社会保険の仕組みを抜本的に変えなくちゃいけない時期かもしれませんね。



続き▽ 記事を評価してください(★1つ=悪い、★5つ=良い)
この記事の平均評価: 未評価 (0人)
Posted by いぐぅ 06:00 | マネー | comments (0) | trackback (0)

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29